« 線状降水帯を作るのは? | トップページ | 広島の大雨警報は、、、 »

2020年7月10日 (金)

ヒルクライムテスト

完成したのでヒルクライムテストを実施。
従来との違いは、シート角を1.5°寝かせている。トップ長は-10mm、ハンドルハイトは30mmアップ、30mm手前。
重量変化は僅か。
クランク長は170mmから165mm、チェーンリング歯数は50-34Tから48-32Tにダウン。
後は共通。

従来のヒルクライム時の登坂速度は~18km/h程度。10周回の所要時間の最短記録は54分。通常時は56分程度。

新しいフレームでの登坂速度は20km/h+α、10周回の所要時間は52分。2分、120秒の短縮。1周回でいえば12秒、距離にして50mくらいか?登坂距離800mで50mの差っていうのは小さくない。

今回のロードは従来のロードでアシストバーを握った時の姿勢に近い。それよりも脚を回しやすくなっている感覚。

|

« 線状降水帯を作るのは? | トップページ | 広島の大雨警報は、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 線状降水帯を作るのは? | トップページ | 広島の大雨警報は、、、 »