« コロナ感染者どうなる? | トップページ | 空気圧落とし目で、、、 »

2020年7月31日 (金)

マウント剛性

BTとCXには右ブレーキレバー側のミラー台座にステーを介してDIXNAのサイコンアダプターを装着して、そのアダプターバーにカメラマウントを装着している。

イイ具合に装着されていると思っていたのだけど、映像を見るとBTの走行映像はグラグラ、、、よくよく見ると、アダプターとステーの固定が緩んでいる。ネジが緩んだ結果、グラグラになる。そしてカメラが首を振りまくる訳だ。

アクションカメラ系のマウント、基本は樹脂部品。そして、剛性自体があまり高くない。結果、鋭角的な振動を受けるとカメラが重量で結構ふらついている。

まぁ、それでも映れば良い程度の認識だから気にはしないけど、、、、取り付けて半年程度で場所によってはネジが緩む。定期的にチェックした方が良さそう。

|

« コロナ感染者どうなる? | トップページ | 空気圧落とし目で、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ感染者どうなる? | トップページ | 空気圧落とし目で、、、 »