« この御時世で、、、 | トップページ | チョーク »

2020年8月17日 (月)

インジェクション+キック

SR400とか、普通に存在している。
ただ、インジェクション車をキック始動するにはバッテリーが不可欠。
インジェクションを駆動して昇圧させるための電源が必要だからだそうだ。
バッテリー上がりでウンともスンとも言わない場合、押し掛け対応は不可能とのこと。
勿論、キックスターターが付いていてもキックスタートは出来ないそうだ。

ただ、年式によってはバッテリーレスのFIも存在する。モトクロッサー等に装備されている。
まぁ、バッテリーが無いだけで、機器を作動させる電源が無い訳ではない。コンデンサー等がバッテリーの変わりを担っている訳だ。

インジェクションでも電源がある限り、キックスタートも押し掛けも可能。ただ、電源であるバッテリーが最低限の電力を供給出来なければキックスタートも押し掛けも不可能ということ。

今の時代、インジェクションを毛嫌いするのもナンセンスだけど、融通性等を考えると、やっぱりインジェクションで無い方がなにかと心配が少ないのは確か。

|

« この御時世で、、、 | トップページ | チョーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この御時世で、、、 | トップページ | チョーク »