« 今時のアニメ映画 | トップページ | 低出力程、、、 »

2020年8月27日 (木)

小径車なら

その特徴があるもの。これがベスト。小径車ならではの長所があるようなモデルが好み。
端に車輪が小さいだけ、、、これって、実際の車体寸法はフルサイズと一緒。そういうモデルは、デザイン上の嗜好以外に機能的に選択する意味が判らない。

伝統的なミニベロ、細身の小径タイヤ、ドロップハンドル、、、、そういう伝統的な構成も多いけど、そういう自転車を選ぶなら、個人的には普通のフルサイズのスポーツ車で良いと思う。
小径車を選ぶなら、ホイールサイズが小径故のメリットがあるような自転車とか、小径車ながらフルサイズに負けない機能をプラスαで実現しているような、そんな自転車が好み。

例えば、小径車といえば折り畳み。小径車というのは全長に締めるホイールの長さの占有率が低い。フレーム部分が長い。フレーム部分が長いということは、フレーム部分で折り畳む構造が作れるということ。折り畳みでコンパクトにするという目的があるなら小径車は大いにアリだと思う。

では、折り畳まない小径車ならどうか?というと、小径故のネガをオリジナリティで対応しているようなのが良い。フライデー、BD-1、モールトン、タルタルーガタイプS、、、こういう自転車は小径のネガを独自の工夫で対応している。その対応の成果を味わうという意味でアリだと思う。

我が家の小径車、基本は折り畳める。それ以外は、独特な構造を持っている。個人的には車輪が小さいだけの小径車っていうのは興味が持てない。

|

« 今時のアニメ映画 | トップページ | 低出力程、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今時のアニメ映画 | トップページ | 低出力程、、、 »