« 安部内閣 | トップページ | テクトロのキャリパー »

2020年9月 3日 (木)

石破さんの人気はホント?

ニュースでは石破さんが国民に人気!って空気感が強いけど、果たして、そうなのか?
確かに、防衛大臣の頃は、これもアリか?って思っていたのは確かだけど、安部内閣で入閣打診を断って以来、微妙に違う感が強い。
あの物言い方、極稀に聞く程度なら気にならないけど、メディアへの露出が増えての、あの論調、そして内容は、現政策の批判のオンパレード、本能的、直感的に受け付けられない。
政策云々よりも、言い方で拒否反応を示す人の方が多いような気もするのだが、、、、
個人的には、しゃべり方云々以前に、韓国寄り過ぎる考え方が同調出来ないので、その時点でアウト。

個人的には、このところの発信力、発信内容から考えると、河野防衛相が一押しだけど、安倍政治の持続という意味を考えると、この次か?とも思う。そうであれば、菅さんの一択だろう。
ただ、思うに菅さんは最後の最後迄立つ気持は無かったような気もする。

その場合、石破さんと岸田さんの対決になったのだろうけど、そうなると現政権を引き継ぐと名言する岸田さんが勝てるか?というと微妙。その微妙な空気感を感じた大勢の意向に添う形で立たざるを得ない状況となり、その責任感故に立ったのだろう。

岸田さん、人は良いのだろうけど、実務を確実に処理するという実効能力に疑問符がある。恐らく、優しすぎるのだろう。それは会見での喋り方にも現れており、断定的に物事を話す事が出来ていない。それでいて結論が見えないから、周りは任そう!という気にならないのではなかろうか?

石破さんは、喋り方がダメ。否定論調に固執しすぎて、否定の理由を長々と述べて否定語で文章が構成されている。聞く側は、自分が否定されているような気になるし、今が総てダメと言われているような気になる。そうすると、聞く側も嫌気が差すし、ネガティブな印象となる。生理的に受け付けない人が多いのでは無いだろうか?

菅さんは、必要な事しか喋らないけど、言葉が完結で断定的。この言葉の句切り方は非常に判りやすい。小泉さんや安倍さんのような陽気な空気感は感じないが、だからと入って陰気とはならない。石破さんの空気感は陰気が漂っている。菅さんの場合は、陰気ではなく、言葉が簡潔なため実直という印象になる。婦人の姿勢も、菅さんの実直さを際立たせているように思う。

三人の候補を眺めると、マスコミが言う程、石破さんに人気があるとは、到底思えない。

ネットでは河野さんの人気が突出しているし、自分もそう思う。そして、河野さんが無いので在れば、今なら菅さんというのはベストなチョイスなように思う。

ところで、一般には名前が出てこないけど、自身は、小野寺さんが結構好き。防衛相辺りをやって貰いたい。

|

« 安部内閣 | トップページ | テクトロのキャリパー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安部内閣 | トップページ | テクトロのキャリパー »