« マツダMXとか | トップページ | 拇指球? »

2020年10月15日 (木)

カーボンパーツ

そう言えば、プレジャーボートが廃船になった後、処理に困る、、、、そういう話が話題になった事がある。
プレジャーボートといえば、FRPである。ガラス繊維強化プラスチックである。これが処理に困る廃棄物ということ。
一般に複合材料というのは、分別を含めて処理に困る事が多い。
そういえば、最近は炭素繊維強化プラスチックが多くの産業分野で使われている。釣り竿、ゴルフクラブ、最近では自転車フレーム、部品、更には航空機の機体、翼材料だ。

これの処理はどうするのだろうか?

高温で焼き払うしか手立てはないような気もする。中途半端に粉砕するというのは、飛び散る短繊維で思わぬ被害を生み出しかねない。

今の先端材料として持てはやされるカーボン繊維複合材料、処理を考えると今一かもしれない。

個人的には、機械を作るのであれば、用途に応じた金属を選んで金属材料で作り上げる、、、これがベストのような気がする。

|

« マツダMXとか | トップページ | 拇指球? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マツダMXとか | トップページ | 拇指球? »