« アベレージ比較 | トップページ | プレミア価格? »

2020年11月26日 (木)

ビジネスボックス、便利

BT1100にベンチュラのキャリアベースを装着し、通常はグラブバーだけど、ツーリングにフラットラック、買い物にスポーツラック+ビジネスボックスという形で装備を変更している。
そこで、スポーツラック+ビジネスボックスだけど、このビジネスボックスはホンダのカブ用のスチール製のビジネスボックスをチョイスしている。300mm×400mm×300mmサイズ、容量で39L程で十分な容量。

通常のトップケースでは、ケースが半割れで使い辛いけど、ビジネスボックスは蓋が上面のみだからモノをしっかり入れる事が出来るのが便利。
ただ、ビジネスボックスはスチール製故に、少量のモノを入れると中で暴れすぎる。
そこで、内側に薄手のスポンジを貼り付けて転がり回ってもケース内で衝撃を受けないようにしている。これ、市内移動でコンビニによって雑誌を入れたり、弁当買ったり、菓子買ったり、、、それがとても便利。

ただ、見た目は強烈に格好悪い。まぁ、BT自体がカブみたいだからリッターSS等に装着する事に較べれば随分マシかも知れない。

ビジネスボックスは完全な直方体形状だから、球体形状に較べるとモノを入れる時にデッドスペースが生まれにくいのもメリット、ただ、難点はキャリアの積載可能重量の上限が5kg程度。つまり、ボックスに入れる事が出来るのは比較的軽いモノに限定される。ぬいぐるみ程度なら問題無いけど、雑誌だと十数冊程度だろう。弁当なら10人前弱くらいだろうか?
ホントなら原付、スクーターにビジネスボックスを付けるのが理想的だけど、環境的にチョイノリでもバイクに乗る時間は貴重であり、その貴重な時間に乗るなら原付よりも重量車の方が乗ってる感が味わえる。ただ、セパハンバックステップのバイクで買い物に言っても持ち帰るのが難しいので、こういう時はBTのようなバイクは便利。そんなBTにビジネスボックスが付いていれば便利さは倍増する。

ただ、言えるのは、間違いなくオッサン臭い。まぁ、オッサンが乗るのだから問題は無い。

|

« アベレージ比較 | トップページ | プレミア価格? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アベレージ比較 | トップページ | プレミア価格? »