« 4スポーククランク | トップページ | ルイガノMVFの元、パシフィックリーチの進化 »

2020年11月10日 (火)

超弾性チタン

これ、眼鏡のフレームに使われている。チタンの眼鏡フレームは沢山持っているけど、同じチタンといっても随分と違う。
今使っている眼鏡フレームは、マルマン、NIKON、マグナフリップ、アミパラの4ブランド。マグナフリップだけは3本ある。
ただ、チタンフレームといっても、マルマンのチタンとNIKON、アミパラのチタンとマグナフリップのチタンは少し違う。

NIKON、アミパラのチタンは強力な復元力がある。まるでバネのようだ。
それに対して、マグナフリップのチタンは軽いけど柔らかい。それに対してマルマンのチタンは非常に固い印象。

恐らく、NIKON、アミパラのチタンはチタン・ニッケル合金なんだろう。
これは超弾性チタン合金といわれており、通常の金属の10倍に伸ばしても元に戻るゴムのような性質を持っているという。因みに、マルマンのチタノスは純チタンのフレームだそうだ。

個人的には超弾性チタン合金が眼鏡フレームには最適のように思う。

|

« 4スポーククランク | トップページ | ルイガノMVFの元、パシフィックリーチの進化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4スポーククランク | トップページ | ルイガノMVFの元、パシフィックリーチの進化 »