« 今時の教習所というか、、、 | トップページ | ロック »

2020年11月17日 (火)

JISテーパー、ISOテーパーの記事

最近、大昔に書いたスクエアテーパークランクの記事へのアクセスが多い。
まぁ、どうでも良い。
記事を作成したのが、もう6年も前だ。あの時代以上に四面テーパーのクランクを採用した市販ロードバイクは減っている。特に15万円以上のモデルでは皆無かもしれない。

しかし、個人的には四面テーパークランクが大好き。現行スポーツサイクルならピストも四面テーパーが基本だ。最近はプレスフィットBBとか色んなのが有るけど、個人的には普通なのが好き。更に言えば、四面テーパーでもカートリッジBBよりも大昔のカップアンドコーンタイプの方が好き。玉あたりを調整出来るのが嬉しい。更に更に言えば、超大昔のコッタードクランクの方が好き。

その理由は?というと、今時のシマノ発端のキャップレスデザインのクランクは軸長調整が出来ない。四面テーパーの場合、微調整は出来ないけど、軸長が違うBBが販売されているので調整できるのが嬉しい。今回、折り畳み自転車のチェーン脱落防止等を目的に軸長の異なるBBに入れ換えたけど、これが出来るのは大きなメリット。ただ、コッタードクランクの場合、コッターピンを打ち込む時、クランクの固定位置を片側で最大2mm程度の調整が可能。この2mmというのは、両側で言えば軸長で最大4mmの調整代を持っているということ。これ、非常に便利。

学生時代、プロダイクランクのコッタード版を探して装着していたけど、これで微妙な位置調整を行って組んだ事がある。この調整が可能っていうのは、とても便利なのである。

まぁ、猿でも組み付ける事が出来るカートリッジBBや、今時のキャップレスBBも悪くないけど、個人的には、いろいろ調整出来る方が嬉しい。

いまや四面テーパーのクランクは10万円以下のスポーツ自転車とか一般車のみ。カップアンドコーンタイプとなると、激安大衆車のみ。ホント言えば、カップアンドコーンでも高品質なクランクが欲しい。因みに、ピストでは101mmの大昔のBBを使っている。これ寿命が10年以上だ。なお、同じ101mmの軸長のBBでもシマノとサンツアーではベアリングのスパンが異なっている。シマノのBBはベアリングスパンが少し広くなっている。
ハープにはシマノのBBとシマノのクランク、シルクR1にはサンツアーのBBとスギノのクランクを組み合わせている。

しっかりしたカップアンドコーンのBB、見付けるたびに買ってストックしている。まぁ、暫く大丈夫だろう。

|

« 今時の教習所というか、、、 | トップページ | ロック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今時の教習所というか、、、 | トップページ | ロック »