« 女性白バイ隊員、、、、 | トップページ | 録音ラジオ »

2020年12月 2日 (水)

二輪でドラレコ

二輪車に乗っている時、最近はドライブレコーダーで撮影している。四輪とは違って後方メインである。まぁ、単車では前方もしっかり撮影している、、、、

この目的、単車は兎も角、自転車では後方から接近して追い抜いていく自動車が、どのくらいの側方間隔を空けて抜いていくか?をチェックしている。

ハンドルから手を離せば届くような範囲、側方で20cmくらい迄接近して抜いていく車も少なく無い。

最近では、自転車ひょっこり男とかで、自転車による煽り運転が話題だけど、どちらかというと、四輪からの自転車への妨害運転の方が遙かに多い。

歩道の無い車道なんかの場合、必然的に車道走行だけど、そんな状況でもギリギリ迄接近して抜いていく四輪も居る。稀に、対向車線からやってくる車がセンターラインをはみ出て真横をかすめて抜いていく四輪も少なく無い。

引っ掛けられたらお終いだけど、ギリギリに寄せてくる四輪というと、悪意も運転スタイルから明確に感じられる。今迄は、『あ~、やばかった、、、』で済ませるしか無かったけど、今なら、映像記録を提出してやれば危険運転としての取り締まり証拠情報として採用される事もあるそうだ。未だ、そこまではしていないけど、これが有るだけで随分と安心。

単車では前後撮影しているけど、どちらかというと前方カメラの方が大事。こちらのカメラでは、交差点通過中に無理に突っ込んでくる四輪、脇道から無理に合流を企てる四輪をしっかり捉えるのが目的。まぁ、脇道にしても交差点にしても四輪が強引に目の前に現れるというのは前提で走っているから事故にも問題にもならないけど、こちらも度の過ぎたリスキーな割り込みがあれば、当然、映像を提出するつもり。

運転する度に、自転車でも単車でも映像をPCに一時保管。ただ、保管しまくると容量を食うので、余程の事が無い限り、一定期間過ぎれば消去。

チョット苛つく映像については動画投稿サイトにアップ。相当に苛ついて被害を受けたような気になると警察に提出、、、、そういう感じ。

二輪に乗って嫌だな、、、って体験した後に、映像チェックすると、接近する四輪、割り込みする四輪ってのは、ドライバー的には普通の人の割合が比較的高い。そういうドライバーの多くは、恐らく二輪を意識してない、見えていないのだろう。見られていない、認識されていないというのは、或る意味、一番怖い事。

|

« 女性白バイ隊員、、、、 | トップページ | 録音ラジオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性白バイ隊員、、、、 | トップページ | 録音ラジオ »