« 超ハイレスポンス | トップページ | アルミポリッシュ »

2021年1月15日 (金)

チョット可哀想、、、

菅さん、チョット可哀想、、、、
今のメディアの煽動状況から言えば、感染封じ込めに強攻策を講じる程に、世論の支持を得やすいのも確か。
多くの知事もそんな感じ。

しかし、経済活動を自粛させて緊縮状態にすればする程、支援金をばらまかないと無理。
そして、支援を受ける側は、支援して貰って当然という思考回路になっている。

予算が無尽蔵にあって穴埋め不要ならば、支援金を無限にばらまく政策はありだろうけど、それは出来ない相談だろう。

メディア、コメンテーターの多くが、緊急事態宣言が遅すぎるとか、今の政策を見て、市民を含んで対応が遅すぎるの大合唱。

まぁ、過去を見て、遅すぎたとか、そういうのは誰でも出来る簡単な事。

そう考えると、逆に自粛を最小限にして、、、、と踏み止まってきた姿勢は、世論とは反するかも知れないけど、苦渋の決断だったのだろうとも思う。

経済を停めるの最小限にして、感染を抑える、、、、この答えを見付けるのが大変なんだろう。

今は、経済を停めてでも感染を抑えるというのが、多くの意見だけど、それなら誰でも出来る判断でもある。難しいのは経済を停めるのを最小限にして、、、ということ。経済を停めずに感染を抑える秘策、社会実験でも良いから、誰もが納得出来て同調出来る方法を見出すのが政治家の仕事の筈、、、、難しいのかなぁ、、、、

個人的には、飲食を停める必要、外出自粛を訴えるのも違うような気がする。
飲食業に営業時間の短縮を求めるのではなく、営業形態を変えるように要請し、それに必要な経費を支援するという取り組みを行うべきのように思う。
テーブルは全て個室形態にするとか、カラオケでは歌う場所は密閉ブース限定にするとか、客の理性が飛ぶのを防ぐのであれば、アルコールは個室形態での提供に限定するとか、そういう方向を徹底すべきのようにも思う。宴会禁止、全室個室化、、、それで感染がどうなるか?というが、一番関心があるところ。

不要不急の外出自粛、、、、確かに効果的だろうけど、その前に実験すべき策は残されているのでは無いだろうか?

|

« 超ハイレスポンス | トップページ | アルミポリッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超ハイレスポンス | トップページ | アルミポリッシュ »