« 始動性 | トップページ | 機械仕掛け »

2021年1月 6日 (水)

51Tゲット

レイノルズ953ロード、11速化の準備と平行して10速使用時の懸念ポイントも少し解消中。
11速とする場合、カセットは14-28Tを使うので、アウターは現状クランクのラ・クランクの47Tで良いけど、10速の16-27Tで使う場合は少しロング側が不足。
FC-R700時代の50-34Tでも不足。
となると47Tは相当に不足である。トップギア1枚分失っている計算だ。

そこで、、、、、今の変速系はSTIではないバーコンで動かしているのでフロント歯数差は大きな問題にならないという自己責任で、チェーンリングアウターを47Tから交換することに、、、、

選んだのは、ラ・クランクの51Tである。従来50Tから較べると1T差だけど、既存47Tから較べると4Tアップである。

気持ちの問題だけど、少しだけ改善。

乗った感じの違いは殆ど判らない。変速性能的にも気にならない程度の変化。

チタンロードの非推奨の46-34TでもOKだから、ステンレスロードの51-31TもOKだろう。

少しずつ、怪しい仕様となっていく。

11速化を実施する時は、もしかしたら時代は12速時代になっているかもしれない。12速時代となると、OLDとかアクスル規格とかも変わるかも知れないね。

|

« 始動性 | トップページ | 機械仕掛け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 始動性 | トップページ | 機械仕掛け »