« 初めて見た! | トップページ | ディレーラーテンション »

2021年1月16日 (土)

アルミポリッシュ

最近のロードバイクコンポーネント、昔ながらのアルミポリッシュの仕上げの製品が少なくなってきた。殆どが黒色である。
十数年前、リムやらクランクが黒いのを見てカッコイイと思った時期も在ったけど、今は黒色というと非常に安っぽい印象である。カーボンの黒も良いとは思えない。
結局、金属を磨いたメタリックな仕上げが理想である。アルミの鈍い光、ステンレス、チタンの鏡のような金属光沢、これが美しい。

特に、クランク、ブレーキキャリパー、前後メカ、、、、この四点はメタルポリッシュによるフィニッシュが望ましい。更に言えば、ハブボディもしかり、リムも然り、スポーク、ステム、シートポストも然りである。黒が許せるのは、キャリパーブレーキ仕様ならディープリムくらいだろうか?キャリパーブレーキならリムの制動面はアルミ地が出てるから、、、でも、ディスクブレーキでリム全体が真っ黒けというのは好きではない。

自転車、、、以前も述べたけど、これは『銀輪』である。銀なのだ。やはり銀というと金属光沢が必要不可欠だと思う。

|

« 初めて見た! | トップページ | ディレーラーテンション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めて見た! | トップページ | ディレーラーテンション »