« 複数所有のススメ | トップページ | 自転車整備 »

2021年2月 9日 (火)

メモカメラ変更

携帯しているメモカメラ、遂にシャッタースイッチが上手い具合に動かなくなってきた、、、まぁ、接点部の寿命だろう。
今更、中古で同じものを買うのは無い。今のカメラはFujifilmのFinepixでA101というモデル。
今更ながらの120万画素だけど機能的に十分。メディアは古のスマートメディアである。

後継の携行メモカメラ、何にする?

割と良いのは超旧式のオリンパスのキャメディアC-120だけど、自転車掲載には単三電池4本は重たい。単三電池2本駆動でのストックは?というと、

FujifilmのQ1デジタル、KODAKのDC3800、C-123、CANONのA310の四機種。ズーム機を入れるとZ915もあるけど、これは一寸大きい。自転車に乗っけるから稼働部分の複雑な光学ズーム機は没。マクロ撮影を重視するからマクロが40cm以上となるQ1デジタル、C-123も没。となると、候補はDC3800かA310のどちらかである。以前はDC3800を使っていたので、今回はA310を使ってみようと思う。

因みに、本機はCCD不良で内部基盤を交換済み機体である。修理後はずっと使わずに保管していたもの。CANONカメラの良い点はカレンダー電池が交換可能なボタン電池という点。これは結構な美点。

出先で撮影というとスマホが普通だけど、自身は15年前スタイルである。これで十分。

個人的には、昔のカメラで撮影する、、、これ、結構お気に入りスタイルである。

その内、30万画素時代のカメラ迄戻るかも知れない。

|

« 複数所有のススメ | トップページ | 自転車整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 複数所有のススメ | トップページ | 自転車整備 »