« やりすぎ集中砲火 | トップページ | 大事なのはデザイン »

2021年2月11日 (木)

ドロップハンドルで下り坂なら

握るポジション、ドロップハンドルなら下ハンだ。
自分はピスト以外では、レバーのグリップ上から小指から制動させるようなパターンで下り坂でブレーキは握らない。
下ハンというと、一般的には使わないけど、急勾配の山地越えでの長い下り坂では100%下ハンである。

以前、街角下ハン野郎は嫌い的な記事をアップしたけど、下ハンは下り坂では凄く便利。

何が便利?というと、親指と人差し指の間でバーを握って人差し指からの指を引く事で制動させる下ハン握りが安全安心操作性に優れると思っている。

上から握ると、振動等姿勢の変化で体重が掛かってブレーキのコントロールが不正確になったりするし、長い間制動させるには握力が効きにくいから。

そして、下りのワインディングでは姿勢を低く前に構える方が安定して曲がる事が出来る。下ハン握りでは姿勢は前にいってもハンドルに力は掛からず、サドル上に体重を残したまま重心を下げる事が出来る。これが大きい。

長い下り坂で手をつっぱらかせて上握りで下りているのを見ると、一寸怖い。

|

« やりすぎ集中砲火 | トップページ | 大事なのはデザイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やりすぎ集中砲火 | トップページ | 大事なのはデザイン »