« ニップル | トップページ | DAHONの乗り心地の変遷 »

2021年3月 2日 (火)

パフォーマンスダウン

週末ピスト走を続けてきて思う事がある。
最近、明らかにパフォーマンスダウンしている。
先ずは疲労回復力。2005年頃から続けているけど、土曜70km+α、日曜30km+αの走行、これまで、普通に走ってたけど、最近、特に昨年辺りから、土曜は兎も角、日曜に出掛けるのが怠い。怠い理由は、、、、恐らく、疲労が抜けきっていないからだろう。
運動量は同じ、そして疲労が残るってのは、回復力が衰えてきたって事だろう。

更には、早朝走行コース、安佐大橋から安芸大橋に掛けての土手を追い風基調で走る時の到達速度に差が出ている。昔は固定ギアピストで55km/h到達が可能だったけど、今は?っていうと、相当頑張って50km/hレベル。1割程度ダウンである。

ここで筋力低下を実感。

筋力低下といえば、同じく固定ギアピストで最後の高低差100m、距離を800mのヒルクライムでの所要時間。数年前迄ならピストで70km走った後に、3分を切るペースで登坂できていたけど、今は相当頑張っても3分15秒程度を要する。

ここでも筋力低下を実感。

他には、持続速度だけど、これまでは36~38km/hで持続的にキープ出来ていたけど、最近は33~35km/hくらいが負担感が抑えられているレベル、筋持久力も低下しているんだろう。

まぁ、自転車を習慣付けて16年経過である。30代だった年齢も定年退職、還暦が見える50代である。衰えて当然と言えば当然、、、、

ただ、ベンチプレスでの1Repsの荷重、これについては120kgはキープ出来ているので、その辺は大丈夫。

このパフォーマンスダウンを如何に緩やかに抑える事が出来るか?

これが今後の課題。

|

« ニップル | トップページ | DAHONの乗り心地の変遷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニップル | トップページ | DAHONの乗り心地の変遷 »