« ランボー・ラストブラッドとマギー | トップページ | 次期ハイゼットカーゴは何時? »

2021年5月12日 (水)

突入の心理、、、

脇道、路地から主要道路、幹線道路に突入する。或いは横切る、、、、女子高生に多いパターンだけど、自転車に乗っている連中、全く躊躇無く交通量の多い広い道路に突っ込む、、、

この心理は如何なるモノなのか?

こういう脇道、広い通りに向かって下るというパターンも少なく無い。
脇道というと、隣り合う家屋の間というパターンも少なく無い。
家屋の敷地を囲っているブロック塀同士の隙間だったりする。そうなると、メインの通りから見ると完全に死角である。

路地、脇道からの突入、横切り、、、剰りにも多い。自転車側が一時停止は100%行わない。殆どが突っ込む。路地からの突入は道路を横切る方向だったり、主要道路の反対車線側に突っ込む場合だったりするけど、自転車は減速さえもしない。

この心理は何か?
広い道路に止まってくれると思っている和気で話さそう。自動車等が走っているとは考えていないのだろうか?もしかしたら、何も考えていないのかも知れない。

自分が自転車、単車を乗って路地、脇道から広い通りに出る時は、安全確認を怠った事は無いけど、自分が車を運転している側で飛び出す自転車を見ると、安全確認を行う自転車を見た事がない。

安全のために路地から直角に広い道路に合流出来ないような構造に出来ないモノだろうか?

路地から広い道路に出る時は、その部分に短いガードレールを設置して、それを避けて広い道路と平行に車体を向けた状態で無ければ合流出来ないようにしてほしい。

広い道路に対して真直角に突入出来ないように、何とか工夫を御願いしたいモノである。

|

« ランボー・ラストブラッドとマギー | トップページ | 次期ハイゼットカーゴは何時? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランボー・ラストブラッドとマギー | トップページ | 次期ハイゼットカーゴは何時? »