« 久々長水路スイム | トップページ | お気に入りの調理器具 »

2021年6月26日 (土)

キルティングレス革ジャン

このところ嵌っているのが、中高生の頃来ていたタイプの革ジャン。
レザーブルゾンとは違う。所謂革ジャンである。袖口はニット、腰元もニット、ポケットは少な目、色は黒。特徴は多くの革ジャンとは違って、裏地にキルティング(中綿)は入っていない。レザーの内側は薄いナイロン生地が一枚。
キルティングタイプのレザーブルゾンは中に着込むことは必要ないけど、革ジャンでは一枚着ないと寒い。
ただ、革ジャンは脱いで畳んだり、丸めたりすると超コンパクトになる。ウインドブレーカーとか、ジャージの上着レベルのコンパクトさである。

このシンプルな革ジャンは厳寒期ではない春、秋に来ても熱くなりすぎないのが有り難い。

今の時代、ヒートテック等を着れば革ジャンで十分かもしれない。

最大のメリットは革一枚なので動きやすい。シンプルな事。これは結構大事。バイクに乗る時は防御性は期待出来ないので着るべきでは無いかも知れないけど、普段着には一番良い。

ダブルのライダース、ヨーロピアンシングル、或いは、中綿入り防寒ブルゾンとか、バイク乗り向けはバイクに乗る時は良いけど、それ以外では正直今一。ごつすぎる。動きづらい。普段着には、プロテクターレスの革ジャンが良い。

この度、二着程調達。結構、お気に入り。高校生の頃、愛用していたけど、こういう革ジャン、最近は殆ど見掛けない。形状的には80年代に流行ったMA-1と同じ様なデザインだけど、MA-1タイプは中綿入りで綿菓子みたいになるからNGだ。中綿無しの一枚物というのが大事。

|

« 久々長水路スイム | トップページ | お気に入りの調理器具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々長水路スイム | トップページ | お気に入りの調理器具 »