« 皆やってみれば良いのに、、、、 | トップページ | 自転車の楽しさ »

2021年10月27日 (水)

色んな陰謀論あるけど、、、

最近はワクチンの有害事象がSNS等で数多くアップされる。その数の増加と比例して陰謀論もまことしやかに唱えられる。
陰謀論の最たるものが人口削減計画とか、、、ワクチンは何種類か存在して上級国民にはビタミンとか生理食塩水しか打ち込まれず、普通の国民がワクチン接種されているとか、、、そんな話が飛び交っている。

ワクチン自体がリスキーという面では、実際の人口動態推計から今年は異様に死亡者数が多い事実と社会環境を照らし合わせると否定出来ないと思うし、ワクチンの認可に纏わる検討会での厚生労働省の報告書を読むとワクチンには危険な物質が含まれて、リスクがある事も欠かれている。そんな訳で決して100%安全なモノではないという認識。

しかし、だからといって人口削減計画とか上級国民は無事という陰謀論が存在しているとは思わない。思うのは純粋にワクチンはリスキーということ。更に、陰謀論が事実としても、そうならば有名人とか議員とか公務員だけが残っていて社会が回るか?というと、有り得ない。故意か偶然か知らないけど、兎に角、新型コロナウイルス感染症が始まった。それに対して、何とか感染を食い止めようと多くの人が動いたのは事実だろうと思う。そして、多くの人の努力の成果で何とかワクチンが生み出されたのも事実だろう。ただ、ワクチンが思ったように働かないというのが今の状態の様に思う。ワクチン作った人も接種推進した人も、接種した人も、、、、恐らく良かれと思って摂った行動なのは間違いないだろう。そういう所までに陰謀論は存在しないように思う。
敢えて、陰謀論が存在するとすると、、、、やはり、夏以降に現れだした兆候、そう、古いアンドロイド端末でのデバイス検索で人の動きと連動してデバイス検知すると言う事。ワクチン接種率が高まる程に顕著な状況であり、こればっかりは、医学的な意味があるとは思えないので、これに関しては陰謀論的な何かが潜んでいるような気もする。

ただ、ワクチンのリスキーさは当初多くの人が考えていた以上に深刻な事態を引き起こす可能性が潜んでいるような気もする。日本の様に、短期間で大量の人数に接種を進めていると、万が一、良くない影響が表れるとしたら、同時多発的に良くない状況が発生しかねない。そうすると、それこそ医療逼迫とか、急激な人口分布の変化を来しかねない。
ワクチンにリスキーさが伴うと判っていたのは事実であり、そうならば、万が一の事を考えて、良くない影響が表れたとしても医療体制で対応出来る数に留めるべく、もう少し、ゆっくりと慎重に状況を見極めながら接種を進めた方が良かったのでは無いだろうか?

それこそが、万が一のリスク回避というかリスク管理の在り方のように思う。前のワクチン大臣とか首相のイケイケドンドン的なやり方、成功すれば良いけど、読みが外れる場合のしっぺ返しが強烈となりかねない。そうなると、間違いなく社会が破綻するように思う。

第五波で終息すれば万々歳だけど、接種先行国が二回接種70%近辺に到達後2ヶ月してから大変な事態に陥った事例があるけど、そうなった場合、人口の多さから考えると日本の状況は先行国のような事態で留まらない可能性も有り得そう。

|

« 皆やってみれば良いのに、、、、 | トップページ | 自転車の楽しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皆やってみれば良いのに、、、、 | トップページ | 自転車の楽しさ »