« アレ打ちまくった数年後は? | トップページ | パンク予言 »

2021年10月31日 (日)

シート角よりも、、、

もしかしたらQファクターの方が動力伝達率を高めるのに効果的かも、、、、
シート角を変えて、踏み方を変えてペダリングをしていて思った。

最も高い伝達率を感じるのは、立ち漕ぎ、座り漕ぎ含めて、車体を左右に振って漕ぐ時。右のペダルを踏む時は車体を左に倒す、左のペダルの時は右に倒す。
そう、この状態は、ペダルと股関節が鉛直直線上にある。この時、一番力が伝わっている。

これは、、、、、シート角を変えて、ペダルを踏む位置を変えた時よりも感覚的に顕著に伝わる。

これならば、、、Qファクターを極力タイトに設定する方が良いのでは無いだろうか?

エンメアッカのロードフレームでは、ラ・クランクを用いて市販品最小のQファクターのセットを使っているけど、このロードバイクの走りやすさの一端には、このQファクターの短さも少なからず影響を及ぼしているような気がする。

|

« アレ打ちまくった数年後は? | トップページ | パンク予言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アレ打ちまくった数年後は? | トップページ | パンク予言 »