« 灯火類増強! | トップページ | 一般自転車の限界 »

2021年11月16日 (火)

ラグもいいけど

昔は自転車のフレームの美しさは繊細なラグにパイプが差し込まれている形、ラグの作りが大きく影響すると考えていた。ラグは薄くシャープに作られている程美しい、、、そんな感じだ。更に、ラグがメッキで浮き上がらせた処理は非常に美しいと思っていた。

しかし、最近はそうでもない。

最近はラグレスのパイプ溶接構造のフレームも美しいと思うことが多い。勿論、溶接ビードがそのまま残ったフレームを言うのではない。溶接後にビード部を研磨してスムージングしてあるようなフレームだ。デザイン的には昔のロー付けラグラスと似たような感じだけど、TIG溶接でありながらビード部がスムージングしてあったりすると、これまた非常に美しいように見える。

ただ、全てのフレームに、この考え方が適応するか?というと、そうではない。

鉄系フレーム、クロモリとかハイテンの場合は、やはりラグドフレームでメッキ処理が美しいと思う。

しかし、非鉄金属系フレーム、例えば、チタンとかステンレスだと、ラグレスでビードスムージングタイプのフレームで金属素地をポリッシュ加工で磨きだしているようなのが美しいと思う。

あと、、、、最新のカーボンフレーム、確かに格好良く近代的で超軽量なのは判るけど、、、見た感じ、どうも好きになれない。どちらかというと、アルミの方が好み。アルミのヘアライン仕上げの方が好きだったりする。

|

« 灯火類増強! | トップページ | 一般自転車の限界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灯火類増強! | トップページ | 一般自転車の限界 »