« 四月の死亡数、出生数 | トップページ | 低回転キャブ車 »

2022年7月 7日 (木)

ホントにスパイクタンパク質だけ?

少し疑問がある。
それは、初期の新型コロナウイルスでは、ACE2受容体にウイルスのスパイクが結合して細胞にウイルスRNAが送られて、取り込まれたRNAを含んだ宿主DNAによってウイルスが産生されるというもの。これならば、感染者中にはウイルスが大量に増殖して、これが他者に様々な経路で感染していくというのは理解出来る。それ故に、感染による免疫不全状態が広がっていくのも理解出来る。

しかし、最近囁かれている接種国で見られる新生児、乳幼児のウイルスの重複感染による重症化。一部には、接種者の母体中の物質が新生児、乳幼児に運び込まれたことが原因との話。しかし、母体側が仮に接種したとしても、接種したのはmRNAであり、そのmRNAが消滅していたとすれば、運び込まれる物質は、mRNAを取り込んだ宿主DNAが産生したスパイクタンパク質だけということになる。

スパイクタンパク質の影響というと、血栓を作るというものの他に、DNAの修復機能を阻害して免疫を低下させるとか、癌を誘発したり進行を速めたりといった様々な弊害が指摘されているが、これ自体が永遠に作られなければ、その影響はスパイクタンパク質が消失する迄の期間に留まる筈である。

最近聞く新生児や乳幼児への影響が、ホントに恒久的な影響なのかどうかは?接種によって作られたのがスパイクタンパク質だけかどうか次第なのだろう。

mRNA自体が移動しない限り、そして作られているものがスパイクタンパク質だけである限り、直接接種していなければ、その影響は期間限定的と考える方が自然ではないか?

|

« 四月の死亡数、出生数 | トップページ | 低回転キャブ車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四月の死亡数、出生数 | トップページ | 低回転キャブ車 »