« ワクチン大好きなのかな? | トップページ | 高回転型エンジン »

2023年3月 7日 (火)

輸血したらどうなる?

今はワクチン接種していても輸血を受け付けて貰える。
ということは、、、人口の80%が接種済みとなると、今、輸血で調達される血液は80%が接種者の血液。つまり、血中にはスパイクタンパク質がブレンドされているということ。

まぁ、非接種者はスパイクタンパク質自体を体内で産生している訳ではないので、何れはスパイクタンパク質自体が無くなっていくモノだとは思うけど、果たしてどうなんだろうか?                                     

打った人的には、そんなの関係ねぇ!なんだろうけど、打ってない人からすれば、そんなスパイクブレンド血液なんて入れたくねぇ!となるような気がする。

HIVが話題になった頃、HIV入り血液を使った輸血を行った人がヤバイ、、、、一種のロシアンルーレット状態だったけど、今度はもっとヤバイのでは?

単なるスパイクタンパク質入りなら大丈夫かも知れないけど、新型の二価ワクチンのように冷蔵で10週間も修飾ウリジンmRNAが保たれている場合、血中に修飾ウリジンmRNAが混じっていたとしても不思議じゃない。量は注射より微量かもしれないけど、怪しすぎる。

そもそも、輸血を受けるのも御免だけど、仮に輸血するなら未接種者の血液じゃないと、、、、個人的には嫌。

|

« ワクチン大好きなのかな? | トップページ | 高回転型エンジン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワクチン大好きなのかな? | トップページ | 高回転型エンジン »