« AV50の悪のりカスタム | トップページ | VFR750K »

2023年4月11日 (火)

高校一年で行ったサイクリングでの記憶

この時は中学の頃から乗っていた通学自転車を使っていた。出掛けたのは広島から加計経由で浜田に行ったサイクリング。浜田に着いて海水浴を2時間程して、その後、再び山越えをして広島に帰るサイクリングだ。
一緒に行ったのは、近所の同級生。二人で出掛けたのを覚えている。

出掛けたのは、朝の4時。浜田に着いたのは10時頃だったと思う。それから昼迄泳いで、午後3時頃出発。自宅に到着したのは夜8時頃だった筈だ。

因みに、使った機材は、中学から乗っていた10段変速のロードマン。装備重量で20kgに迫る自転車だ。それでも普通に走っていた記憶がある。

この時の記憶というのは、乗り心地が悪いという印象が無い事。

そして、今は自宅に家族の電動アシスト自転車があるけど、どれに乗っても乗り心地が悪くないということ。

こういう記憶から、今は次に乗る自転車は、高圧でない、乗り心地が良い太めの実用タイヤでも悪くないという考え。実際には抵抗があるのだろうけど、それでも日帰りで300kmコースが問題無かった訳だ。

ということで、次は太めの低圧タイヤ、ただ悪路重視のブロックパターンとは違って舗装路用の普通のタイヤで良くないか?という印象。大径で普通の実用タイヤの調達性が優れるといえば、普通の27インチだろう。これに程々の1-3/8、1-1/2サイズを組み合わせるのが一番、最近、自転車なら、こういう組み合わせがベストではないか?と強く思う。

過去の色んな記憶を呼び起こして、次の自転車をどうするか?悩んでいる最中だ。

|

« AV50の悪のりカスタム | トップページ | VFR750K »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AV50の悪のりカスタム | トップページ | VFR750K »