« 蕁麻疹?  #ワクチン影響 | トップページ | ニュー実用サイクリング車の構想(3) »

2023年4月21日 (金)

第9波

これが来る来るという話も聞こえてくるけど、これは起こるというよりも、アレを始めて起こすという感じかもしれない。

5月からの春接種が始まると、高齢者、医療従事者の多くは率先して接種するんだろう。接種したら、間違いなく感染が始まる。そして騒ぐというパターンか?

ところで、最新のニュースでは、新型コロナウイルスに対応するmRNAワクチンには、なんとDNAが混入していた可能性が出てきたとか、、、確定では無いものの、DNAの混入を疑わざるを得ないタンパク質が入っていたという。

これが入っていたとなると、、、正に遺伝子製剤で、接種者の細胞自体が改変されている可能性も出てくる訳だ。これが真実かどうか判る迄、接種自体を即座に中止せよという声もチラホラ、、、そして、打った人のロットナンバーと現状を直ちに調査せよという声も、、、まぁ、それが本来取るべき行動なんだろうけど、そんな事はスルーして春接種を推進するんだろう。もう打ってしまった人は、どうにもならないけど、仮にDNAが混入しているロットがあるんなら、それって、かなりヤバイかもしれませんね。今現在で何も起こって無くとも、将来的、長期的には、何が起こるか判らない。言ってみれば時限爆弾が身体に仕込まれて、その時限爆弾を取り除く事は永久に不可能、、、、怖すぎる話だ。

ただ、厚生労働省にしても政府にしても、ワクチンのリスク情報は当然持っている筈だけど、相変わらず打て打て状態。WHOとか、アメリカとか、スイスとか、そういう所では接種勧奨していない現状で、接種推進が我が国の状況。リスクを承知しても推進する理由、、、、

それって、やっぱり一度打ってしまうと、打つのを止めたらホントにヤバイ状態になることが判っているからではないか?と考えるのが普通。一度打っていても打つのを止めたらセーフなら、ホントにヤバイワクチンを打たせ続けるとは考えられない。ヤバイのに打たせるってのは、打ってしまったら最後、打ち続けないと延命出来ないというロジックが潜んでいると考えるのが一番自然な解釈。

これから数年、、、打った人がどうなるか?見物だ。

|

« 蕁麻疹?  #ワクチン影響 | トップページ | ニュー実用サイクリング車の構想(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蕁麻疹?  #ワクチン影響 | トップページ | ニュー実用サイクリング車の構想(3) »