« 打ったら感染しても大丈夫! | トップページ | 自転車と単車、趣味の両立 »

2023年4月22日 (土)

癌用ワクチンは如何?

この度のmRNAワクチン、ファイザー製、モデルナ製ともにDNAが混入している。その混入率は、製造過程で取り除くべき上限設定値の数十倍、数百倍も含まれているという。その中にはSV40ってDNAウイルスが含まれており、これが癌発生に寄与するという話。
そして、SV40というのは本来コロナウイルスの製造おいて必要性は認められないとも言われている。

これが意味する事は何か?

何故に、mRNAウイルスの製造段階でSV40が含まれているのか?という疑問。本来、不要である筈だが、、、

そう考えると、このSV40こそがワクチン本来の目的ではなかったか?ということ。実際、mRNAワクチンの重症化予防効果、感染予防効果、死亡抑制効果ってのは全く無かったというのが定説化している。それよりも、寧ろ接種すると、LNP(脂質ナノ粒子)は肝臓、胆嚢、精巣、卵巣に集積して癌発生リスクを高めるという話とか、修飾ウリジンmRNAによるTreg細胞を誘導することによる免疫抑制で、癌進行を速める事も明らかにされている。様々な副反応と言われている症例の中に癌という言葉が引っ掛かる。

そこに来て、SV40って癌に影響するような言葉が非常に気になる。

ワクチン自体の成分で、そもそも癌リスクが高くなる上に、癌化しやすくなるようなDNA迄含まれている。これって、偶然とは思いづらい。このコロナワクチン、一回でも打てば目的を達成しているのでは無いだろうか?ワクチンを打つ事で、接種済み者は、ほぼ永遠に癌化リスクが高められているのでは無いだろうか?癌を流行させるのが目的とさえ思えてくる。

そもそもmRNAワクチンってのは癌用のワクチンとして期待されているけど、そのワクチンが大量に売れるためには、癌が流行しないと話にならない。癌を流行させるには、癌になりやすくさせる事が重要。多くの人の癌リスクを高める。そのための第一段階がコロナウイルス感染症で脅して、ワクチン接種を世界中で進める事だったかのようにも思える。

今回のワクチン、癌を起こさせるため、、、そのための序章のようにも思えてくる。

殆どの人がワクチン接種済みだけど、癌の発症数が今後どうなるか?注目である。

|

« 打ったら感染しても大丈夫! | トップページ | 自転車と単車、趣味の両立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打ったら感染しても大丈夫! | トップページ | 自転車と単車、趣味の両立 »