« 360°クランクパラツイン | トップページ | タイヤの太さ »

2023年5月16日 (火)

ケブラービード、最大径は?

サイクリング用自転車で計画しているホイール、リムではETRTO630、所謂27インチサイズのホイールを検討している。
因みに、このホイールに対応出来る折り畳み可能なケブラービードのタイヤといえば、パナレーサーのスーパーハード(折り畳み)というタイヤが適応する。

こちらのサイトを見ていると、折り畳めないけど更に大きなETRTO635、所謂28インチサイズのタイヤを発見。こちらはスチールビードで折り畳み不可能な一品。商品名はシンクロRという商品っぽい。

折り畳み可能な最大径のタイヤは?というと、現状はETRTO630、27インチのタイヤみたい。

まぁ、この程度の差なら700Cを選ぶのが普通なんだろうけど、数ミリの違いで汎用性を選ぶのであればオーダーの意味が無い。最低でもETRTO630だろう。あわよくばETRTO635の28インチを選びたいくらい、、、、ただ、28インチでケブラービードという選択肢が無いのであれば、まぁ、仕方ないのか?

でも、、、、ETRTO635があるなら、それでやってみたい気もする。

ただ、現状見つからないんで、将来的にホイール組み換えを考慮の上でETRTO630を前提とすることになりそう。

まぁ、このサイズのシティサイクル用タイヤでケブラービードが存在している事自体が脅威とも言える。

|

« 360°クランクパラツイン | トップページ | タイヤの太さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 360°クランクパラツイン | トップページ | タイヤの太さ »