« コロナ感染者、その後 | トップページ | メッシュホースだけでも、、、 »

2023年7月12日 (水)

熱中症多発の原因は?

このところの猛暑で熱中症が増える、、、それは、まぁ熱いから、、、で理解出来ない事はない。

しかし、5月とか気温が30℃にも達していない時期から、今年は児童、生徒の間で熱中症が多発、、、、凄い違和感がある。

子供が春の日射しで熱中症になる?

熱中症って、体温調節が上手く出来なくなって陥る症状。

では、体温調節を司るって何処?

それは、、、、脳の視床下部。交感神経、副交感神経、内分泌等の司令塔。

視床下部の動作不良というのは、分泌するホルモンの調整不良が原因?視床下部の不調というと、脳出血?視床出血?

こうなるとどうなる?

発症すると、感覚障害、運動麻痺といった症状。

これ、、、アレ打ってから中高生がマトモに歩けなくなったり、動けなくなったりしている症状を連想させる。若い世代の運動障害、熱中症、、、、

もしかして、視床下部に張り巡らされた毛細血管にスパイクタンパク質が詰まり血栓をつくって出血に至るというのが原因では無いだろうか?

|

« コロナ感染者、その後 | トップページ | メッシュホースだけでも、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ感染者、その後 | トップページ | メッシュホースだけでも、、、 »