« ウルトラトルク | トップページ | ライムグリーン »

2023年7月20日 (木)

ワクチン後遺症?コロナ後遺症?

この違い、ハッキリしないけど、今の新型コロナウイルスは全てオミクロン株以降のもので、全て喉鼻粘膜における感染。武漢株等のACE2受容体に結合する感染形態とは異なるモノ。感染形態が違うと、ウイルスの体内への侵入度合いも変わってくる。
そもそも、コロナ感染による後遺症の殆どは、ACE2受容体に結合して細胞感染した結果にもたらされたモノ。喉鼻粘膜による感染というと先ずは上気道感染してから、そこを突破しなければ細胞感染には辿り着かない。身体の免疫が機能すれば、細胞感染には至らない訳で、細胞感染によって体内にウイルスがばらまかれることもなく、ウイルスの侵入によって様々な弊害をもたらすスパイクタンパク質もばらまかれることも無い訳だ。

ワクチン後遺症かコロナ後遺症か知らないけど、これらの後遺症というと心筋炎とか蕁麻疹等皮膚疾患等々で、それら発言部位には漏れなくスパイクタンパク質が検出されている。つまり、スパイクタンパク質が作られなければ後遺症にはならないという事。

という事は、今後遺症で悩んでいる人ってのは、多くが体内を駆けめぐるスパイクタンパク質が原因ということになる。そのスパイクタンパク質が何由来か?というと、武漢株以前であれば、新型コロナウイルス感染による後遺症だろうけど、ワクチン接種が始まって以降というのは、武漢株以前のコロナウイルス感染かワクチン接種しか考えられない。更に、オミクロン株以降ではコロナウイルスは上気道感染が殆どであり、現在発症している後遺症というのは、殆ど全てがワクチン接種後遺症と捉えるのが自然だろう。

|

« ウルトラトルク | トップページ | ライムグリーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウルトラトルク | トップページ | ライムグリーン »