« MT車をもっと、、、 | トップページ | 今チョット欲しいデジカメ »

2023年8月22日 (火)

東芝アレグレット

わが家の古いデジカメの一つ。
東芝のデジカメで、アレグレットPDR-2とPDR-5という機種を持っている。

PDR-2は二つ折り構造で、一方がノートPCのカードスロットに差し込める構造。更に、スマートメディア対応というもの。パンフォーカス、液晶モニタ無し、フラッシュ無しというシンプルなカメラだけど非常にシンプル。電源は割高だけどコンパクトな電源、CR-123Aで使う仕様。今の視点で見ても相当にコンパクト。
このカメラは1997年発売。
僅か30万画素だけど、結構気に入っている。画質云々を言えるものではないけれど、今撮影しても映像は昭和から平成初期の風景に見えてしまうような色作りである。

PDR-5も同じく二つ折り構造、カードスロット対応、スマートメディア対応と基本はPDR-2と同じ構造。PDR-2に対してはバックライト無しながら液晶モニターが装備されている点。ただ、それだけのために、ボディサイズが大型化したのが残念。

この二台、20世紀、デジカメ創成期の時代のモデル。未だに機能している。

結構、お気に入り。

因みに、PDR-2のライバル機種、三菱電機製のDJ-1000というコンパクトフラッシュ対応、単四電池2本で駆動する超コンパクトデジカメもある。これも結構楽しい。この機種の難点は、、、、画像フォーマットが特殊過ぎること。

そんな訳で、偶に取り出して使うのはPDRシリーズが多い。

|

« MT車をもっと、、、 | トップページ | 今チョット欲しいデジカメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MT車をもっと、、、 | トップページ | 今チョット欲しいデジカメ »