« 自転車の走行音 | トップページ | OHVのバイク »

2023年11月21日 (火)

このところの体重

70kg台を計測する事が増えてきた。ほぼ70.8kgで一定である。昨年迄は73kg台を記録する事もあったので、トータルで2kg強程減ったかも、、、、

まぁ、2005年からのダイエット生活で最軽量時で63kgを切る事もあったから、それに比べるとまだまだ重たいけど、ここ数年は筋トレ重視だから63kgなんて体重にはならない。

ただ、73kgで体脂肪率が12.5%程度である。悪くないけど、60kg台の方が嬉しい。

なぜなら、、、70kg台というとデブの象徴的な数字だからだ。

特に、最近は新調も縮んできて、元々172cmあったのだけど、最近は169.XXと言うこともある。となると、70kg台ってのは有り得ない。やはり、このくらいの身長なら60kg台に留めたい。ただ、今の筋肉量で60kg台を実現するには体脂肪率で9%前後に留める必要がある。73kgで12.5%なら体脂肪は9kgチョイである。これを6kgに落とす。すると、70kgという体重で6kgの体脂肪、これなら体脂肪率は8.5%である。ここを目指せば良い。

ということで、この一年は昼間のポタリングを小径車からロードポジションのバイクに変更、ローラー台も高負荷タイプに変更して地道な取り組みを進めてきた。

その結果、去年迄の10年間は確実に増えてきた体重が久しぶりに反転減少に、、、で、最近は70.8kgという数値。遂に70kg台を安定して示している。なお、体脂肪率は9%台(後半だけど)だ。
脂肪量として6.5kg程度ということだ。

あと1kg未満、数百グラム程度を減量したら、60kg台に突入、恐らく体脂肪率で9%前後を安定させるようにしたら数年来の目標達成である。

まぁ、焦らずにノンビリ、確実に着実に落としていく、、、これが基本。因みに、今年は運動後だけど最軽量時で69.5kgを記録したこともあるので、不可能じゃない。

還暦前にデブの象徴である70kg台からの離脱を図りたい。

ただ、最近はベンチプレスで挙げることが出来る重量も増えてきている。数年間なら100kg程度だったのが110kgとか、、、ダンベルベンチプレスも片側30kgだったのが今は35kg。それでも筋肉痛が、、、って事も無い。実際、筋肉量も増加、基礎代謝も増加している。そんな中で体重を落とすって、かなり厳しいのだけど、着々と体組成が入れ替わっているのかも、、、

還暦になった時に、体脂肪率で9%、体重で60kg台、これを何とか実現したいものである。

今年は、ここ数年の取り組みによる結果が初めて数値として現れた年とも言える。

|

« 自転車の走行音 | トップページ | OHVのバイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車の走行音 | トップページ | OHVのバイク »