« 鉄製荷箱を付けて再試験 | トップページ | フレームカラー »

2023年11月29日 (水)

溶接、慣れてきたので、、、

単車のパーツで溶接作業に慣れてきた、、、、ということで、最近は自転車のパーツも溶接したくなってきた。

先ずは、2005年式のボードウォーク、、、これ、リアメカの取付がアクスル前方という特殊なタイプ。このフレーム、死蔵しているけど、リアメカのハンガーを通常位置、アクスル後方側に溶接してみたくなってきた。死蔵品だから、失敗してもOK、、、これ、悪くないかも、、、、

それから、もう一つは西DAHONとかオ・モイヨWWのフロントメカ取り付け用アダプター。これ、ステンレスを板金加工して製作していたけど、今なら直付け用フロントメカのハンガーを調達して取付面をフレームに合うように削った上で溶接しても良しか?

その方が随分とシンプルになるし、軽量化にもなる。

以前は溶接作業は躊躇していたけど、最近は気分的に随分とチャレンジングというか、そんな感じ。

少なくとも、DAHON系のフレームに付いては、そういう加工も有りか?とも思う。

|

« 鉄製荷箱を付けて再試験 | トップページ | フレームカラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鉄製荷箱を付けて再試験 | トップページ | フレームカラー »