« BTとVFR | トップページ | ローダウンキット »

2024年2月27日 (火)

スーパーサイエンスハイスクール

息子が持って帰ってきた。何やら、学校で取り組むものらしい。
研究テーマを決めて、その研究を進め論文を完成させるというもの。
過去の先輩の論文集をサラッと読むと、、、これって、大学の卒論と一緒じゃん、、、、

これを高校生でやるんだ、、、、テーマを決める。そして、緒言を述べて、興味を持ったテーマで研究を行う。既知の論理を使って新しいモノを生み出すとか、身の回りの現象を解明して数値化するとか、、、そんなモノを行うんだそうだ。

高校生の段階で、エントロピーがどうたら、、、、そんな事をやるらしい、、、

これを高校2~3年に掛けて行うとか、、、研究は、広島大学に出向いて大学生、教授の力を借りて行うんだそうだ。

こんな事、普通の公立高校とかじゃやんない。っていうか、その辺の並の大学生でも無理でしょ。その辺のよくある大学って、卒論テーマにしても教授が与えて、教官の言いなりで実験して作文するだけってパターンが殆ど。大学院生でも、そのレベルが多い。現実問題、そんな感じで社会に出た大卒、院卒って、自分で問題提起して問題解決出来る人とか、常識では不可能な事を新しい知見を生みだして論文書いて特許迄出せるような人は殆ど皆無。1000人に1人も居ない。そのトレーニングを高校生からやる、、、、自分の高校時代からは考えられない。学校によっては高校生が皆、それをやる訳だ。息子の進路志望を聞くと、同級生の影響からか、東大だの、京大だの、、、そんな人が多いそうだけど、まぁ、環境に身を置くと、そうなるんだろう。こういう高校生が、そういう大学に行って、更に高度な研究をする訳だ。大学、大学院で、そういうトレーニングを積んで社会に出る、、、社会で活躍するには、、そういう人材が実力を発揮出来るようなステージじゃないとダメだろうね。まぁ、高校、大学、大学院と税金を使って人材教育をする訳で、その投資を回収するには、そういう能力を活かせる企業や大学じゃないと無理。人材集めって企業の大きな問題だけど、企業は、その資質に応じた人材を集める事が大事。糞みたいな企業が優秀な人材を求めるパターンは少なくないけど、そういう土壌があるかどうか、それを見つめる事が、企業の人事部門には必要かも、、、、

脱線したけど、最近の高校、凄い事をやるんだな、、、、関心するばかりだ。

|

« BTとVFR | トップページ | ローダウンキット »

コメント

おはようございます。コメント有難うございます。
上の娘は、高校大学と気楽に過ごして、こんな経験はしていなかったと思います。この制度の実施校、多くないんでしょうね。
まぁ、知識を身に付けるだけでなく、見に付けた知識を駆使して新たな知見を見出すのが大事。それこそが重要で、知識を身に付けるのは、そのための必要条件と考えると、本来は学生時代に知見を見出すプロセスのトレーニングを行うのが大事ということですよね。そういう意味では恵まれた環境に息子は進んだんだと思います。
私は、技術系ですが、エンジニアなら論文や特許は発表、取得するのが当然と思いますが、そういう人は少ないですね。勤務先だと、過去に実用新案は数名居たようですが、特許取得者なんて皆無です。大企業では、膨大な特許申請、取得をしているようですが、中小では殆ど居ないのが現状。皆が各ステージで新たな知見を生み出せるようになれば、この国の産業の発展も期待出来るのでしょうが、現状は厳しいですね。
スーパーサイエンスハイスクールのような制度を体験した高校生、まともな大学、大学院を修了するような大学生というと数%も居ないでしょう。その僅かな人材は、やっぱり、新たな知見や価値観を生み出す大企業に集中するという構図は、当分変わらないのでしょうね。

こんな学校がある一方で、中間期末といった定期考査を廃止して成績評価を自己申告で行うという学校もあるようで、両極端化が進んでいるのが今の日本の姿なのかな?

投稿: 管理人 | 2024年2月28日 (水) 08時18分

 私の娘も、すでに卒業していますが、スーパーサイエンスハイスクール実施校でした。これの本来の目的は、(文部科学省側の)新しい教育カリキュラムの模索だそうです。方式・内容は、各実施校で微妙に異なるようです。
 娘に関して言えば、稚拙ながらも、研究開発の工程を一通り体験したことは役に立っているようです。進学後も、ほんのわずかですが、有利に働いていたようです。
 ところで、このようなことがなかった私(多分壱元亭さんより少し上)の世代では、義務教育時代にどのような自学を行ったかが、社会において、新しい開発・特許提案を行えるかを左右していたようです。どんなに良い大学を出ていても、「私、特許は書けません」という人の多かったこと。まともな特許案を提案できる人は、小中学校時代から、自分のアイデアをまとめ、人に伝えることを行っていた人がほとんどでした。高校・大学での知識は、裏付けとして大切ですが、自分のアイデアをきちんとまとめて人に伝えることのできる能力こそ、高校以前に身に着けるべき能力・習慣が最も重要に思います。
 スーパーサイエンスハイスクールはとても良いものですが、願わくは、小中学校から、意見をまとめて発表する習慣をつけてほしいと思います。欧米の小中学校(相当)の授業の様子を伝え聞くところによると、間違っていてもよいから、自分の考えをまとめて発表することを求められているようで、うらやましく思います。

投稿: ひでさん | 2024年2月28日 (水) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BTとVFR | トップページ | ローダウンキット »