« 実物大、、、、 | トップページ | 昭和の車をいつまでも、、、 »

2024年2月29日 (木)

レザージャケット

革ジャンは楽しい。フルシーズンで愛用している。
冬場で市内移動では、薄手のジャケット、秋冬で山間部にツーリングに出掛ける時は厚手でキルティング入りのジャケット。走るエリア、季節によってチョイスしている。

春夏シーズンでもレザーウェアは着用。勿論、真夏の炎天下はパスだ。

春夏シーズンには、基本的にパンチングレザー。ジャケットもパンツも然りである。

但し、プロテクター入りのパンツとかブルゾンの着用頻度は低い。プロテクター入りというと、所謂ツーリングである。チョイノリの際にはプロテクター入りは着用しない。

ところで、ジャケットといえば、ライダースのダブルのタイプもあれば、スタンドカラーのシングルのタイプもある。ダブルのブルゾンはバイクに乗る時に着る事は稀。ブルゾンの場合、ベルトが付いているのでバックルでタンクを傷つける可能性もあるし、胸元を閉めて着るのも違う感がある。バイクに乗る時はシングルのタイプが多い。冬場はカラー付き、春夏秋はカラー無しのタイプ。

状況によって使い分ける事が多い。

ところで、最も安いレザージャケットと言えば?試した事はないけど、一番安いレザー製品ってどこ?
一般には、リューグーレザーとか、モトフィールド辺りの製品が1万円台~2万円台と安価だけど、更に安いのが数千円レベルで流通しているもの。

リプロダクトレザーという古着からレザーを再生利用した製品。これ数千円と更に安価。

ネットで見ると、結構流通している。

まぁ、値段で考えればアリかもしれないけど、ライディングジャケットとして使うには少々微妙かもしれない。

ライディングジャケットとしてならば、やっぱり立体裁断されているジャケットが望ましい。立体裁断されているというと、バイク用品メーカー製、安価だと南海さんとかだろうか?

街着として使うなら、立体裁断されていない普通のジャケットでもOKだろうけど、その場合、リプロダクト品よりも冒頭のリューグーレザーとかの方が新しい分良いかも知れない。

自身、リューグーレザーとかモトフィールドさんの製品も嫌いじゃない。特に、春夏モノのばあい、パンチングレザー、内張もメッシュ、革も薄めということで、夏向けなら悪くない選択肢だと思う。ただ、秋以降の製品の場合は、頑丈なレザー製品の方が好き。

|

« 実物大、、、、 | トップページ | 昭和の車をいつまでも、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実物大、、、、 | トップページ | 昭和の車をいつまでも、、、 »