2024年3月 3日 (日)

水着の劣化

水着はポリエステルとポリウレタンの2種類の繊維から出来ている。ポリウレタンは、伸び縮みする伸縮性が特徴。モノによっては、ポリエステルの変わりにナイロンを用いるものもある。

プールで使うと確実に劣化するけど、その原因は、消毒剤の塩素。これがポリウレタンにとって、悪影響を及ぼす。塩素によってポリウレタンが劣化し伸縮性が衰えてたるんでくる…。見た目的には、生地が薄くなる、色褪せて、シースルー状態となる。理由は、ポリウレタンの繊維が切れ始め、繊維断面が白く表面に浮き出てくる。水着の場所的には、身体と水着の隙間ができやすい部位。お尻の真ん中辺、女性なら胸の谷間辺り。

繊維が痩せて生地が薄くなる、、、洗濯して干していると向こうが見える程のシースルー状態。こうなると、サッサと買い換えるのが大事。経験上、伸び縮みするフィット感の優れる水着程、早く劣化する感じ。伸び縮みしにくいタイプは色褪せてくるけど、シースルー状態にはならないみたい。

ミズノの水着はフィット感が優れるけど劣化は生地が透ける方向の劣化。アリーナの水着は伸縮は少な目でタイトな水着だけど劣化は生地が透けるのではなく色褪せる方向の劣化。ずっとアリーナを使っていて、ミズノに切り換えてフィット感に驚いて愛用していたけど、生地が薄くなり透けるのが想像以上で、再びアリーナに戻した。

ただ、競泳用水着というと、そもそもプールに入るための水着なのに、プールに必ず入っている塩素に弱いなんてビックリ。

塩素の力は強烈っぽい。スイミングキャップも同様に劣化させるし、ゴーグルのラバーバンドも劣化させる。もしかしたら、身体にも害があるかもしれん。

| | コメント (0)

プールの塩素とか

塩素かどうかしらないけど、自身、7歳頃からずっと泳いでいる。7歳~19歳、26歳~ずっと今まで。泳いでいるというか、プールに浸かっている時間は相当長い筈。

そのためかどうかしらないけど、血族内で比較して手足の体毛は一番少ないくらい。腕とか脚とか産毛程度しか生えてない。

明かな影響としては50歳過ぎて出始めた塩素アレルギー。泳いだ後、暫くして世間でいう花粉症のような症状が出る。長い場合は、翌朝迄でることもあるけど、大抵は、泳いだ後の数時間で収まるし、場合によっては一切症状が出ないこともある。

ただ、症状が出るとすれば、泳いだ後の1時間後から。そんな訳で塩素アレルギーがあるのは間違いない。

因みに、皮膚科で蕁麻疹が出た時にアレルギー検査をしたことがあるけど、花粉、金属等には一切反応しないことを確認。アレルギーとしては、ハウスダストに反応する可能性があるとの診断を受けている。

| | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

海パン

海パンの生地、長く使っていると、相当に薄くなる見たい。薄くなって生地のテンションも弱くなる。履いていると判らないけど、生地を引っ張ってみると、向こう側が透けて見える感じになる。生地をつくる繊維が痩せてきてメッシュっぽくなるようだ。

こういう状態になると、何時破れても不思議じゃない。

スイムで使っている海パン、プールの塩素が劣化の原因だろうけど、毎週泳ぐパターンで、寿命は3~4年っぽい。このスパンで交換、、、、

海パンも、、、安くない。

| | コメント (0)

2023年6月16日 (金)

4kmスイム

今日も定時退社。毎年、夏になると、ロングスイムにチャレンジする。その準備として、通常ノンストップ3kmスイムするところだけど、今日は少し延長。

泳いだ距離は4kmである。4kmノンストップ、所要時間は85分。午後5時15分から泳ぎ初めて6時40分迄泳ぎ続ける。

50代後半のオッサンにしては、体力在る方だろう。

泳ぎ終わって、今日も話しかけられた。

『何故に、休まずペース一定で泳げるの?』

答えは

『もう30年近く泳ぎ続けているから習慣ですかね、、、』

すると、その方は、

『去年位から続けて泳げなくなって、息が上がる』とのこと。

自分よりは若そうだけど、そうなんだ、、、

続けて

『周りも長時間泳げてた人が泳げなくなったんだ』

との事。

『コロナでプールが休館で泳ぐ頻度が減ったからじゃないですか?』

って答えたけど、答えになってない、、、と言ってから気付いた次第。

最近、体力が減った人、周りに多い気がする。何故かな?

| | コメント (0)

2023年5月31日 (水)

スイムで3km以上泳ぐと、、、

最初に泳ぎ初めて数百メートルは疲労も無いので普通に泳げる。

しかし、その後は少し疲労感を伴ってペースも上がらない、、、、

しかし、しかし、、、更に泳いで2km以上の距離になってくると、逆にペースが上がる。上がるペースを測ってみると、泳ぎ初めて数百メートル段階よりもハイペース。疲労も感じない。

何故にそうなる?

自転車とか筋トレでは、最初が元気で少しずつダウンしていくけど、スイムに関しては、最初より後半の方が身体が良く動くし、疲労感も感じない。

何某かの理由があるのだろう。

| | コメント (0)

2023年3月12日 (日)

体力

運動は楽しい。ただ、運動する時は一人がベスト。誰かが絡んでくるのはチョイ嫌。

自転車(朝ピスト)では、極力人と遭遇しない夜明けの時間帯に走っているけど、2~3時間程度走っていると、どうしても遭遇する事がある。

特に、追っ掛けられたりすると嫌、、、、基本、無視だけど、そういう場合、99%が背後にピッタリ付けられる。これがウザイ。特に、脚自慢っぽいローディだけど、付いてくるだけなら誰でも出来る。付いてこられるのは、とってもウザイ。
付いてくる奴は、オッサンローディよりも高校生自転車部員っぽいのが多い。

ただ、言えること、、、、高校生で還暦間近のオッサンに付いていくのが一杯っぽいのであれば、ロードレーサー乗りとして素質がアウト。自転車で競技ってのは諦めた方が良い。

自転車に限らない。プールでも似たような事はしばしばある。

レーンを一定のペースで泳いでいたら、往復無し、物凄い勢いで泳いで追い抜いていってプールサイドでターンせず『ゼイゼイ、、、』。何往復かした後に、やっぱり片道だけ激泳して追い抜いていって、プールサイドで『ゼイゼイ、、、、』と、、、速いのは判ったから、休憩しながら勢い良く泳ぐなら、わざわざ追い越さなくても良いタイミングがある訳で、その時に泳げば良いものの、わざわざ追い越すタイミングで片道激泳する人も居る。

正直、ウザイし面倒臭い。こっちは、25mプールなら最低でも60往復をノンストップで泳いでいる。60往復を55分というペースで泳いでいるのだけど、激泳後にバテバテでプールサイドの壁面で場所を占拠して休憩するってのは、邪魔物以外の何者でもない。

連続してずっと泳いで、ペース違いで抜かれるのであれば、ターンのタイミングで幾らでも譲るつもりなんだが、そういうのも出来ない。

そういう人は、他の人が泳いでいる時も同じ感じで、わざわざ抜いて、、、って泳ぎ方。

自転車、水泳に限らず、恐らくランニングでもだろうけど、わざわざ抜いて、、、、、でも、抜けきれず的な人、多すぎ。多分、体力自慢なんだろうけど、止めて欲しい。結果的に、途中で止まったり、抜けきれず失速するってのは、体力が無いってこと。

正直、還暦前の自分から見れば、お爺さん相手にその程度なら、もう止めたら?って気しかない。

| | コメント (0)

2023年3月 1日 (水)

塩素アレルギーでも、、、

先週はプールで泳いだ後、アレルギー症状(くしゃみ、鼻水)で数時間止まされたけど、今週は何も無し。塩素アレルギーが発症したからといって、常にアレルギーが出る訳で離さそう。
サマーシーズンの長水路50mプールでは泳いでも何にもならない。
短水路25mプールの場合、症状がでる場合がある。勿論、でない場合もある。

この症状発現の有無、自身の体調もあるだろうけど、プール自体の塩素濃度の高低の影響もありそう。

一番の理想は、こういうアレルギーなんて出ないのがベスト。

しかし、この症状、花粉症と同じような感じみたい。ということは、花粉症の人ってのは非常に気の毒。

| | コメント (0)

2023年2月13日 (月)

スイムの後のくしゃみ、鼻水、、、

これ、昔から悩まされている症状、、、最初は風邪?って思っていたけど、どうやら違うみたい。
これ、プールの中の塩素による鼻の中の粘膜への刺激が原因だそうだ。

これに悩まされる人は結構多く、これは塩素アレルギーが原因だという。

この塩素アレルギーを防ぐのに手っ取り早いのが、ノーズクリップという器具。これは、鼻を摘むもので、シンクロの選手が装着しているアレだ。

ただ、常時そういう症状に悩まされる訳ではない。何某かの解決策を探りたい。

| | コメント (0)

2023年2月 3日 (金)

短水路プール

25mプール、基本、手狭。上級者用のレーンは1レーンのみ。ここは高校生部活連中がハイペースで泳ぐので、基本パス。

中級者用遊泳レーン、ここは2レーンある。しかし、遊泳とは程遠い浮遊レベルの人も居る。

それはそれで構わないのだけど、全く進まない人も、、、、普通、大勢が泳ぐ。その場合、ターンする場所で後続から速い人がくれば譲るのが一般的だけど、全く譲らず、長い渋滞の列を作って泳ぐ人も居る。

レーンが少なく、泳ぐ人が多い、そして、ペースがまちまち、、、こういう場合、速い人は遅い人を抜く時は、壁のターン迄待つ、そして、遅い人は速い人が来れば壁のターンで先に行かせる、、、、これが常識というかルールだけど、遅くて永遠にどかない、、、こういう人がいる。

中年のオバサンに多い。

こうなると、殆ど泳げない。結構不便

| | コメント (0)

2022年11月26日 (土)

デブは嫌い、、、、

すべてのデブという訳じゃない。嫌いなデブとよく遭遇するのはプールだ。スポーツセンターのプールはレーンが区切られている。上級者レーン、中級者レーン、歩行レーンのようなパターン。4レーンくらいあるけど、泳ぐレーンは往路復路の場所が決まっている。そこを泳ぐ人がずっと泳ぐようにレイアウトされている。ただ、25mプールというと基本的に手狭。
その手狭な範囲を色んなペースの人が泳ぐ。当然、速い人、遅い人がいる。
どうしても、速い人が追いついて渋滞が引き起こされる。
その場合、どうするか?

一般的には、遅い人は後ろから速い人が来れば折り返しで譲る。速い人は遅い人を折り返しのタイミングで抜いていく。これが基本。

しかし、遅くて後ろに大渋滞を引き起こしながら譲らず泳いだり、長い休憩の後に、速い人がターンする直前に泳ぎ始めたり、そういう輩がいる。

そういう輩、99%がデブだ。デブ故に遅い。泳ぎにきていても成果が出てないからデブ。そんなデブ、狭いレーンを皆が使う時の心構えも出来てない。

そういうデブは嫌いだ。

同じレーンを泳いでいると、自分より速い人と遭遇すると、どのタイミングで追いつかれるか?は、普通にわかる。少なくとも、自分の場合は、自分よりハイペースで泳ぐ人と遭遇すれば、折り返しのタイミングで3m程度迄迫られたらターンで止まってやり過ごして泳ぐ。普通はそうだ。それ故に、遅い人に追いついてもターンするまでペースを揃えて譲られてからターンで先に行くパターン。

しかし、デブは違う、、、、、やっぱり、周りが見えてない。まぁ、周りが見えてないからデブのままなんだろう。兎に角、周りが見えないデブは嫌いだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧