2017年5月26日 (金)

ストレッチ&ほぐし

首の動きの違和感、コリとも少し違う違和感、、、原因は、古傷だったのか?或いは、同じ姿勢を長時間続けたことが原因なのか?も今となっては特定し辛い状態。

整体、カイロプラクティック等々を尋ねるも、今一症状は改善せず。

そこで、首回し、筋膜剥がし、ダイナミックストレッチ、スタティックストレッチ、、、、色々行ってみた。

違和感は残るものの、取り敢えず、可動域自体は元に戻っている。

切っ掛けは、、、、居眠りでの首が後ろにガックンと倒れたことが切っ掛けだけど、取り敢えず、極力動かす事を心掛けている。

治るとも思えないけど、気にしなくても良い程度にはなって欲しい。

因みに、左の肩に違和感はあるものの、全可動域で右と同じだけの力は発揮できるし、普通に肩を大きく回すスポーツも問題無く出来る。運動中は違和感は全く感じない状況。

ジッとしている時に違和感を感じる状況、、、、

なんとか、定年退職までに治したいモノである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

痛みのカバー効果?

古傷、疲労痛、怪我痛、、、、いろんな痛みがある。
そんな痛みが身体の似たような箇所に重なって表れるとどうなるか?

別々の箇所のそれぞれの痛みが個別に感じられる訳ではないようだ。

自分の場合、古傷痛に疲労痛が近くで起これば、疲労痛だけが気になり、それまで気になっていた古傷の違和感は判らなくなる。疲労痛と怪我痛でも同様。痛みの酷い方の痛みが気になるけど、他方の痛みは判らなくなる。

ただ、痛みが判らないといっても治っている訳ではない。問題となる痛みが取れると、その痛みや違和感が再びやってくる。

不思議なモノである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

各種の痛みの治癒時間

筋肉痛が発生して取れる迄に要する日数は?といえば、1~2日以内。
疲労時に筋を違えて感じる痛みが取れるのに要する日数は?というと、3日程度。
負傷時の故障痛が取れるのは?といえば、症状にも依るけど1~2週間程度。

似たような痛みでも、普通に動かせるのに要する時間は大きく異なる。

これらの痛み、治る日数の違いによっては、実は故障だったりと、後から気付かされる事も無くは無さそう。

ただ、慢性的な違和感というのも確実に存在する。慢性の違和感というのは、痛くて動かせないとか、力が入れられないと言う事はない。違和感というか小さな痛みはあるけど、動かしたり、力を入れたりは普通に出来る。

痛みで動作が制限されるのも嫌だけど、回復可能なら、そっちの方が良い。
動作が制限されないけど、違和感がずっと残るのは、非常に不快である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

同じ姿勢は、、、

自転車や単車、乗車時の姿勢は、ほぼ固定される。特に自転車はそうだ。
このような運動を長期間行うと、考えようによっては体に良く無さそう。

基本、自転車に乗っている時は、全く違和感、痛みは感じないけど、最近思うのは、日常生活で首を大きく後ろに反らせたり、左右に振り返るような動きをすると、その動きを大きくすると首に痛みや違和感を感じるような気がする。

今迄、この界隈の動きは肩甲骨に受けた古傷が原因?という風に考えていたけど、その古傷痛と、この首を大きく動かそうとした時の可動域限界部付近で感じる痛み、違和感は古傷とは関係無いような、、、、そんな印象。

この違和感というか痛みというか、それを自覚したのを思い出すと、、、、3年前の冬だったと思う。この違和感を少しでも解消しようとストレッチを行っているけど、首回りの可動域一杯で動かす運動を行う事で、その違和感が解消出来ると気付いたのが半年前だ。
そのストレッチによって、違和感は残るものの可動域自体は確保出来ている。

考えてみれば、毎日1時間以上確実じ超前傾のピストバイクに乗り続けている。そうなっても不思議で無いのだ。

このところ気を付けて固定しがちな箇所をリラックスさせるようなストレッチを心掛けている。
運動を続けるのは大事だけど、それによって見落としているような部分も少なくない。運動し過ぎが恐らく原因だけど、そういう場合は色んな弊害が出てくる。この弊害、違和感は、何かのサインである。そのサインを見落とすと健康のための行動が逆効果になりかねない。注意が必要だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

ストレッチ

劇的な効果は無いけど、続ける事で確実に効果が得られる。
これ、古傷による痛み解消を願って行っている肩甲骨ストレッチの感想だ。

未だに違和感を感じるけど、違和感、痛みが原因で稼働範囲が制限されたり、力が入らなかったり、、、という不具合は感じない。
一年前は、動かす事が困難だっただけに、痛いながらも完全に可動域は確保出来ている。

因みに、ストレッチの効果というと、筋肉、腱に対するケア、、、骨とは違う。それ故に、レントゲン等では症状が確認出来ない部分。

そんなストレッチ、手軽な運動故に、つい忘れがちになるけど、そこを忘れずに続けて行えば、確実に効果が出るモノのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

首痛

日、単車のバッテリーカバーをPP材を溶かして製作していたとき、ずっと下を向いてヒートガン、コテを使っていたためか、首の付け根が滅茶苦茶痛くなってきた。
翌日も痛み、翌々日も痛い。

同じ姿勢で長時間集中して作業したりすると、結構ダメージはデカイ。

その一方で、そういう箇所のストレッチ、ほぐし動作は、その違和感解消に実に効果的である。

人間の身体、動かすというのが一番大事のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

違和感と筋力

左肩の違和感というか押すと感じる痛み、持病的な状態となっているのだが、不思議と、筋トレ時の重たいベンチプレスとか、或いは、長距離スイムを行っている時は、痛みも違和感も完全に無し。

勿論、完全に動かしていない就寝時も問題無し。

いつ問題があるか?というと、座って動かしていない時、、、、

この違和感、消すために、これまで整形外科、整体、整骨院等に出向いてみたけど顕著な改善には到らない。

これ、お爺さんになったとき、結構重大なハンディとなって襲いかかってきそうだから、なんとかしたいところ。

そう思って筋トレした結果、筋力によって左右で出せる力の差は殆ど無いのだが、違和感というか、微妙な痛みは残る。筋肉の鎧で、痛みを誤魔化せるというモノでもないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

ぎっくり腰とも違う、、、

先日、腰を痛めた。ただ、昔経験していたぎっくり腰とも違う。背骨の真後ろは異常無し。場所は、右の後ろ側で、やや上方、、、、

ここって何処よ?って調べてみた。

痛み方的に、筋肉とは違うようだ。場所的には、仙腸関節?

でも、この部分のストレッチは毎日行っているのだが、、、この違和感、ヤバイと思った時には、そのヤバイ動きを途中で辞めてもヤバイ状態はやってくる。

途中で辞めた直後は、取り敢えず動かすことが出来たのだけど、風呂入って、運動して、、、、で寝転がると、次の行動が出来なくなる。そして、一晩寝たら、、、翌朝、起き上がれない状態。立ち上がっても前屈みの姿勢が取れない。当然、しゃがめない、、、、相当に不自由である。

仙腸関節の捻挫、、、、取り敢えず、翌日は湿布で様子見。後、ストレッチ等でどうなるか?を観察したい。

ただ、この仙腸関節の捻挫らしき症状、過去に1、2回、数年前に経験したことがあるような気がする。

この仙腸関節の捻挫、デスクワークで崩れた姿勢を長時間摂るのが原因とも言われているそうで、正に心当たりがある。

治ったら、、、以後、気を付けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

怪我と痛み

左肩の後遺症で違和感はずっと残ったまま。
しかし、不思議なことに、ダンベルでもバーベルでも、或いは、水泳のような手の動きが必須のスポーツには何の支障もない。

違和感を感じても、普通に動く。これが不思議である。違和感、痛みで動きが不自由になるというのは良く効くけど、違和感、痛みがあっても、運動時においては左右が遜色無く普通に動く。

普通、痛み、怪我による違和感があれば、そういう動かし方を避けて、大きな負荷に辿り着けない事が多いけど、現状、左右の腕、肩の動きに差異は無いし、右肩以上の負荷を支える事も出来る。

違和感があっても、毎日ストレッチ~筋トレを行っていれば、案外、人間の身体は問題無く動くようだ。怪我を庇うという感覚にはならないみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

首のコリと痛み

首、肩にコリとか痛みを感じたら、、、そのまま、痛みを感じないような生活を続けていると、動かなくなる。そして、少し動かすだけで痛みを感じるようになる。

最近気が付いたのだが、首を大きく振り替えると、首の付け根が少々痛む。左右が痛かったのだけど、右が緩く、左が酷い状況だ

コリ、痛みの原因は不明だけど、発覚は自転車に乗って後方確認する際の違和感が発覚の切っ掛け。

これを回避するにために行っていることは、痛みを感じる分を、痛みが感じるのを承知の上で、大きくゆっくりグルグル動かす事。これを続ける。すると、痛みというよりか、心地よさに変わって問題の箇所が動くようになる。

我流対策は、筋膜はがし的な体操、ストレッチと首回しだ。多少は改善に傾向が見られる。首のストレッチ、肩甲骨のストレッチがメインだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧