2012年12月16日 (日)

世論調査の違和感

新聞、テレビの行う従来型世論調査、それから、ネットの世界での政治投票、、、結果の違いが激しすぎる。却って気になる。

新聞、テレビの無作為電話での世論調査では、自民党が頭一つ抜け出て、維新(太陽、みんな)中心の第三極が追随、やや遅れて民主党。

しかし、ネットの調査では、テレビ、新聞では無視されているかのような『国民の生活が第一』が圧倒的多数で40~50%の支持を得ている。その半分以下に自民党、その他は壊滅的で民主党は、小政党並、、、

http://seiji.yahoo.co.jp/vote/result/201211180001/

この違いは酷すぎないか?

無作為抽出では、投票に行かない人も含まれている結果、そして、電話を掛けた時、つまり週末に自宅に居た人の結果、、、、政治投票というのは、ネットで投票している人で会社員、、、逆に、投票に出掛ける人の結果。

さて、どっちを参考にするか?

自民党に関する印象、、、、あまりにも酷い大風呂敷のような気がする。それと右傾化が激しい印象。

民主党に関する印象、、、、言う事、やる事が全く逆、、、意思決定のプロセスが少数幹部による方法で、共産圏の一党独裁機関的な印象。

石原維新に関する印象、、、、尖閣の問題にしろ、過激発言ばかりで、核の話を含めて右傾化を通り越した極右の印象。

生活に関する印象、、、、メディアに取り上げられていないので声が聞こえないが、少なくとも、大同小異という言葉による離合集散から離れた所に居る印象。

特に不思議なのは、、、マスコミの世論調査で支持政党で0%レベルの『国民の生活が第一』、、、しかし50人レベルが留まっている事実。ホントに0%なら、、、第三極とか、小政党に抜かれて無くなっても不思議でない筈だが、、、現時点で存在している。その違和感が大きい。ホントに支持が無いなら今の政治状況なら消えている筈だろう、、、、しかし、報道上は支持が無いとされていても団結している姿を理解するには、与えられるマスコミ報道だけでは自身を納得させる事が出来ない。
そして、見付けたのが、ネットでの政治投票、、、

この記事を書いている時点で、、、橋下さん支持は棚上げ状態。太陽と組まなかったら一票を投じようか?と思っていたけど、、、、、支持率の違和感を感じて情報検索し、その前後の石原さんの言動、橋下さんの抽象的な話ばかり聞いた今の段階では無い。
自民党は政権公約発表における様相を見ると、、、昔と変わっていないし、民主党の誓約書云々における論法は少数幹部による意思決定+形骸化した議論で統率を測るのは、一党独裁国家の意思決定プロセスに被る。

この記事には、状況の変化毎に感じた事があればコメントを追加していく予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

そうなの?

 専門職、技術職、中間管理職の死亡率が上昇?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000030-mai-soci

 そう言えば、後輩世代の悩みを聞いた事がある。管理職になりたいけど、、、、辛そう、、、、管理職になって所得を安定させたいけど、、、、土日が無くなりそう、、、、現実、そういう立場になって心的疾患を患っている人も居るし、先輩では、重大疾患(悪性腫瘍、癌、脳梗塞、心筋梗塞、、、)で命を亡くした人も少なくない。

 これが現実なのか?

 同日の記事で、面白い記事が、、、ウォールストリートジャーナルの記事だけど、

http://jp.wsj.com/Life-Style/node_447546?mod=WSJSeries

 これだ。出世に拘ると、自分時間のコントロールが難しくなる、、、、それで、価値観を変える人が増えたとか、、、

 そう言えば、先日の会議に出席する中間管理職の体型、、、、金型で作ったかのような体型、、、皆、なで肩、猫背、ポッコリお腹、、、、、その崩れ度合は、年齢に比例した状況、、、、

 結局、健康と自分時間をトレードオフして収入や役職を得ているのか?

 しかし、、、現実問題、安定した収益環境を破棄したり、諦めて、自分時間をコントロールして健康に留意して、、、、となると、それをするには、やはり先立つものも必要な訳だ。

 そこそこの安定を確保した上で、心(趣味、家庭サービス)と身体(完全なる健康体、体力維持)の健康を保つ活動を可能とする時間を生み出しながら生活する、、、口で言うように簡単ではない。加齢と共に、心身を健全に維持するための必要な時間は、確実に増加する。その時間を生み出すと、ワークの部分をミニマムにする必要があるけど、そうなると、ライフを維持する資金が不足する、、、、この収支関係を良好に維持するのは、非常に難しい。

 ここ数年の自分流の健康維持を行った結果、不惑四十代で二十代、三十代の時代並の体力を維持し続けるには、、、、毎日3~4時間程度の相応の負荷の運動が必要、、、、これは、実績からの確信。具体的には自転車漕ぎを1500km/月、水泳を15km/月、筋トレを一日1時間、ストレッチも一日1時間という量だ。それで睡眠時間、休息を確保した上で家族サービスとなると、、、、価値観を飛躍させないと実現不可能だろう。旧来の価値観に従うと、プライオリティーに従って配分する訳だけど、理想(的なワークライフバランス)の実現は不可能のように思える。

 個人的には、最低限度のワークで最大の収益性を求めるという考え方。それを肥やしにライフを最大限度楽しむという事。但し、実践は極めて難しい。理想は、年収で最低でも一千万円以上、その上で、土日祝日完全休日、年間の自由休日(世間で言う消化可能な有給休暇)は最低でも月1日の12日以上、更に、平日は完全定時退社、、、戯言だけど、これが理想。恐らく、この条件を具現化するには、リスクを負う自営業くらいしか思い浮かばないけど、、、、

 そういうのをリアルに実現するには、行動によって生み出す価値が、唯一無二であり、絶対価値を有するモノで無いと無理。何を生み出すか?それは他人がやっていないか?パクリでないか?オリジナルか?と、そういうモノでないとダメだろう。オートメーションの一部的な機能で代替可能な事なんかでは、夢は適わない。自由時間を最大にして高い収益を得ようと思えば、他に選択肢は無いだろう。
 基本、時間の切り売りとなるような、安請け合いはしない事だ。大事なのは、収益力の高い価値は何か?それを探し当てる事だろう。

 最近は、自分の趣味と健康を保つという事もあるけど、自分の子供に自分流の物事の考え方というか、取り組み方を時間を掛けてしっかり伝えると言う事をしっかり行っていきたい。健康維持とか育児の部分では時間短縮っていうのは原則不可能。費やした時間に比例した効果が得られる世界だから、、、、ライフワークバランスでいうと、ライフの部分が更に大きくなる訳で、それを得るために収益性を相当に高い状態を確保しておきたいところ。ワークタイムを更に短縮して、インカムというかプロフィットを更に高める工夫が必要だ。

 まぁ、無理の効く間にスパッと管理職になって、自分だけの不可侵領域を作る。そして、不景気が続く中でも収入が残業時間に左右されない特性を活かして過ごす、、、それが一番。管理職という環境に潰されるのでなく、管理職のメリットを最大限活かして乗り切る。それが大事。リスクを負って高収益自営業を目指すか、リスクを排除して適度な収益を得るような不可侵領域の管理職を目指すか?が、生き残る術だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

多くの人の本音でないの?

 給食食材に東日本産を使うな!、、、、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110822-00000504-san-soci

 これが一部の意見かのような報道だけど、、、、これが多くの人の本音では無いだろうか?ぶっちゃけ、春以降の買い物パターンは我が家でも、そうなっている。
 基準値以下は安全だから、ガンガン買って、ガンガン食え!って論理が間違い。基準値以下という表現と未検出は違う。

 基準値以下にするために、野菜を思いっきり水洗いして測定してみたり、魚を三枚に下ろして身だけで計測したり、汚染原乳を清浄原乳と混合して計測したり、、、、そういう話が漏れ出てしまった今、誰が何を信じるか?というと、その判断の結果が冒頭の表現なら、それは当然の結末であって風評なんて批判する側が大きな間違い。

 そもそも、枝野坊主の『直ちに生命の危険が脅かされるモノではない、、、、』という、あまりに胡散臭い会見を連発したのが疑念の元みたいなもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

そういう報道の仕方はダメだろう。

汚染物質の濃度が5万分の1に減った?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000068-mai-soci

そういう問題でないだろう、、、、
減った濃度が正常な状態の何倍か?、絶対値として、どれだけの汚染状態か?を記事にしろよ、、、、
その結果、元がどれ程に酷かったか?爆発直後がどれ程か?がハッキリする訳だ。

相対論で安全報道ばっかり、、、、聞き飽きた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

ココ調の説明の仕方

 月曜朝、フジテレビのココ調で子供と原子力のネタを放送していた。

 なんでも、千葉県と神奈川県の県境近辺の公園での線量測定、、、、公園の砂場が0.19μSv/hour、砂場の深さ10cmくらいの場所が0.20μSv/hour、公衆便所の裏の水たまり下が0.5μSv/hour、池の水が0.2μSv/hour、公園中央の丘の上が1.9μSv/hourだという、、、、

 それでテレビ解説では、全然、安全だからしっかり遊んでね!?

 でも、基準値を1mSv/yearとすると、0.114μSv/hourだから全部オーバーだろうに、、、、

 こういう報道自体に無理がある。安全の基準値を20mSv/yearなら大丈夫だけど、基本の1mSv/yearでは厳しい、、、、、

 そもそも、テレビでのフリップをμSv/hourとするところをmSv/hourと表記している事自体が怪しい。

 事実を伝えるだけで十分なのに、安全か否かを基準を不明確で伝えるのは無責任極まりない。

 チョット、めざましテレビに幻滅してしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

避難?

週末の朝まで生テレビの最後の方の話題。

田原総一郎さんが社民党の福島党首に『東京から避難した方がよい?』って問い掛けて、その回答に困る福島さん、、、、

流れ的に、既に東京から避難する人も居るという、、、、一時的なもんだろうけど、そういう意識が働く人も居る訳だ。

それもこれも、色んな情報が錯綜し、政府報道の大丈夫という話を信じない人が居るから。

政府官邸の報道といえば、鳩山さんの温室効果ガス削減目標とか、管のソーラー発電1000万戸とか、、、、この辺もビジョンの無いでっち上げ発言、、、、

内外から政府が信用を失いつつあるのが最大の憂慮すべき事態なんだろう。

それが首都圏脱出者が出るような雰囲気を作ったりに繋がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

そんな事は、、、、、

こんな話がニュースになるんだ、、、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110528-00000011-mai-soci

まぁ、サラリーマンだからなぁ、、、当人にしてみれば、こんな時にあんな事が起こる事は想定外だっただろう。

でも、今の段階でこういう話とか、注水がどうだったとか、、、そういう話はどうでも良いような気もする。

隠し癖がついてるから、こういう話もマスコミの格好のターゲットになるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

申し訳ないけど、、、

 原発事件が発生して2ヶ月半が経過。事態の深刻さばかりが報道されている一方で、土地、作物は安全という政府報道ばかり耳に付く、、、

 しかし、ここ最近の政府の状態を見てハッキリ決めた事がある。

 それは、、、、、食の安全を自分なりに考えて取捨選択しようということ。非常に広範囲に放射性物質が広がっている。茶葉からも検出、、、そんな状況で大丈夫だから、、、と言われても、それを即座に信用出来る状態に無い。

 原乳の放射線測定も地域毎に混合して測定という方法に変えたとか、魚は頭と内臓を取り除いてからとか、農作物は一度洗ってからとか、、、、そういう手順の変更が伝えられないままに、数値ばかり安全をアピールするような状況。

 避難制限にしても1mSv/yearを辞めて20mSv/yearを適用、、、1mSv/yearっていうと、1×1000÷365÷24=0.114μSv/hrだけど、これにしたら関東地方は殆どアウトになるからだろう。そもそも都心部のモニタリングポストはビルの屋上。被曝線量は地面に近い所程高い。そうなると、ハッキリ言って関東地方全域にしても大丈夫?って事になる。その結果が茶葉やタバコの葉に現れている訳だ。

 これから梅雨時、、、、そうなると放射性物質事態が自然界の水の循環で局部に濃縮する。水の恵みで農業は成り立つ。その時点で、、、既に心配。

 魚介類にしても然り、、、水俣病等の例を考えると海で希釈されるなんて理屈が信じられる筈もない。魚は九州、山陰オンリーしか食べたくないというのが本音。秋にはサンマが食べられないかも知れない。

 正直、今の状態では何も信じる事が出来ない。そうなると、風潮拡大と非難されたとしても、自分としてはパスという判断に為らざるを得ない。オッサンの自分は兎も角、幼い我が子の事を考えると仕方ない。そういうモンである。

 今、現地の復興のために現地に出掛けようとか、そういう話で報道は盛り上がっているけど、、、、チェルノブイリの例を見ると半径300km圏内にもホットスポットと呼ばれるような高濃度汚染地域が広がっている。福島の状態は制御不能になっている燃料の量は、その比ではない。半径300kmというと、中央地溝帯(フォッサマグナ、静岡~糸魚川)より東で青森界隈迄が含まれる。大きな余震で不安定な燃料が従来に無いような拡散を引き起こす事態(具体的には水蒸気爆発)に到らないと信じるには、政府、東電は剰りにも信用出来ない。今の不安定な事態を持ち堪えるために現地で作業している方を思えば、軽率な事は言えないかもしれないが、それでも、東日本に出掛ける事も正直、震災前とは違った感覚である。

 状況の改善が一番望ましいが、今重要なのは政府や東電が国民の信頼を取り戻す事だろう。今の体制では、国民の経済活動も萎縮傾向に走るだろうし、そうなると、日本経済は完全にダウンしかねない。それが怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

何処まで持ち堪える?

 一応、浜岡だけ停止、、、、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110508-00000349-yom-pol

 しかし、、、、月曜朝の『みのもんたさんの朝ズバ』でも、他にも四箇所の原発は止めるべき、、、、そういう話が出ている。浜岡だけ停止とは言っても、マスコミ、ニュースでコメントを述べる評論家は国内の多くの原発の問題を指摘する。

 そうなると、世論はそういう方向に向いていく、、、、そうなると、日和見的な管政権は、国民の不安を取り除くのが内閣の使命、、、、そんな理由で、他の原発も停止要請しかねない。

 管も日和見、世論もマスコミに簡単に誘導される、、、、何とも言えない。この国は大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

そう言う事、、、

 警戒区域となって立ち入り禁止となっても未だ残る人が居る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000001-maip-soci

 でも、生活における住、そこに根差した生活から離れる事の出来ない事情を持っているというのが事実なのである。これが人の気持ちなんだと思う。こういう気持ちを汲む事が出来ないから、曖昧な表現で避難であったり警告になったり、計画的避難区域となったり、、、、そういう表現になる。そういう指定をしても、当該地域に対するケアが抜けるという失態を来すのは、やはり、人の気持ちが汲めていないのである。

 こうやって待避しない人を責めるのはナンセンス。これが人の気持ちなんである。そういう人の気持ちを汲んで待避が進むように取り組むのが行政の仕事なのだ。行政の指導を拒否するというのは、震災から1.5ヶ月を経過して行政が行ってきたケアに対する懸念、疑いが背景にあるのだ。避難区域指定段階で国から生活支援が為されたか?と言う事を、管や枝野は胸に手を当てて振り返るべきだ。

 人の心を動かすのは、人の心を真に思う行動の積み重ね以外無いのだ。

 気付かないだろうなぁ、、、、もう、辞めてしまえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)