2019年5月19日 (日)

何故に敢えて接近する?

今朝のオデッセイ、、、、ガラガラの広い道路で自転車を抜く、、、何故に、そんなに接近してかすめるように抜くのだろうか?

Odde1 

Odde2

https://youtu.be/jfDFBQFPUPI

 

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

露骨な進路妨害

今朝、ピストで川土手走行中、脇道からカローラアクシスが本線合流に一時停止もしないで、本線に突入。
広島530に53-77のカローラアクシス、運転者は50代後半~70代の婆さん。
そういう運転は無いだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=D-JkIwMu7js

一見普通、一見善人、一見常識人、、、そういう奴の方が大抵はマナーが悪い。法律に無知。
そういうパターンが多い。

前後カメラで撮影すると、良く分かる。

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

高齢者でもマナー無し、、、、

マナーの有無に老若男女は関係無い。
最近の若いモンは、、、、、というのも変な話。白髪の老人でもマナー悪い奴は悪い。

今日、印象的だったのは、資源ゴミの回収日。そこで目に付いたのは、アルミ缶をシート下のラゲッジボックスに詰め込んでいる老人の姿。

ヤマハのLMWだけど、スクーターのラゲッジに入れれる量なんて限りがあるけど、そこに空き缶を詰め込んでいたので印象に残っていたのだが、、、、

そのLMWを通り過ごして、暫く走行。信号が赤になったので減速して停止中、後方から凄い勢いでLMWがやってくる。さっきのLMWだ。

すると、躊躇無く、自分の車を追い抜いて停止線の前に出る。

ヘルメットの後ろから白髪が覗く、、、、さっきの回収ゴミの盗人だ。

すると、信号赤だけど、なんと信号無視、、、、年は70歳前後の老人だけど、、、有り得ない。

老人でもマナー最悪である。

https://www.youtube.com/watch?v=mgeA8dzVUQg

広島の交通マナー、良く無いなぁ、、、、

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

一時不停止、、、

車で路地を運転中、十字路に差し掛かる。こっちの車線には停止線は無し、目の前を横切る車線は、左から右への一方通行で、左から横切る前には停止線がありだ。

そこを15km/hで通行しようとすると、右の視線から速度を緩めない車、、、、

驚いたようで、こっちは停止したけど、その目の前で停まる、、、、っていうか、停まりきってないだろう、、、、

https://www.youtube.com/watch?v=h0khnuhL1Yw

アウディのTTだ。春日部ナンバーのアウディ、、、ぶつからなくて良かったけど、こういう奴、多すぎ。

車の一時不停止、自転車の並進、逆走、、、、クズばっかりだな。

因みに、正面ドラレコはユピテルのDRY-FH23、横は三つ葉商事のEMDV DR.9
DR.9はさすがに古い、、、、撤去かな、、、

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

支線から飛び出す軽四ハイトワゴン

ガンマに余ったドラレコKYBのDRE-200を装着した。
加速度センサー設定はアマアマ。

チョットした制動、進路変更で警報発令。

片側三車線道路を走行中、支線から一時停止もせずに、ありがちなハイトワゴン、パレットSWが飛び出してきたので、回避すると、警報発令。

https://www.youtube.com/watch?v=oKl10F9IvGU

軽四で、これ系の運転、きわめて多し、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

中年バカスク

車間距離、詰めすぎ。
自分の車の後方ドラレコはルーフに付けている。

遙か後方から接近して、車間距離1~2m、ハイビームで接近、、、、中年オヤジのスクーターだ。

車の後ろ、異様に眩しい。こういう二輪がいるから、普通に二輪に乗っている時、煽ってくる四輪が居る訳だ。

二輪のマナーが四輪のマナーを悪くして、、、そんな四輪を見ると二輪を煽りたくなる、、、そうなるんでしょう。

二輪は四輪に異様に接近する運転をすべきではありません。二輪の運転者は、特に車体のヘッドライトが高い位置にあるので、四輪に接近しすぎると嫌悪感を与える訳で、自覚すべきです。

http://replica2st.la.coocan.jp/video/scooter.wmv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

クラクション、、、、

今朝、出勤中、車で道路を走っていたら、小学生が横断歩道で待っていたので停止すると、

Cresta01

後方からクラクションを鳴らしながら横断歩道手前で減速停止中に追い越しを掛けてくる、、、、コイツはバカか?

Cresta02

そもそも、チョイ前から後方を走っている間、車間詰め気味、煽り気味で走っていたので気にはなっていた。

まさか、横断歩道手前で追い越しを掛けてくるなんて、、、、

http://replica2st.la.coocan.jp/video/cresta.wmv 

こういうバカが多すぎる。

車の挙動を見ただけで、敵意、悪意、イライラ、、、そういうのは直ぐに判る。

バカは嫌いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

煽りトラック

朝、7時過ぎにピスト走で走行中、何度も横に並んで、最後はずっとクラクションを鳴らすトラックに遭遇しました。

酷すぎるので、信号待ちで停めて通報しました。

http://replica2st.la.coocan.jp/video/aori_truck.wmv

https://www.youtube.com/watch?v=P-JXE30TzUM

パトカー二台、お巡りさん8人来ました。

事情を説明して、こういうバカが居ると危ないから、バカにルールを教えてヤレと御願いしました。

ジジィは、納得出来無そうでしたが、その後20分程度、説教を食らっていたようです。

Ossan

こういう時に後方ドラレコは役立ちます。

ナンバーもバッチリ映っています。広島45 み 86-48です。

コイツもリスト登録しておきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

横断歩道停止中に追い抜く老人

最近は、ドラレコ動画がニュース映像でも結構使われている。
ということで、煽り運転、危険な自転車等々、全て、積極的にサイトにアップする事にした。

地元スーパーの前の横断歩道、信号が無いので、歩行者が何時も渡れない。この横断歩道では歩行者が横断歩道を渡りたそうにしていると譲るのがモットーだ。
 しかし、この横断歩道で歩行者待ちをしていると、後方から追い越しを掛けてくるバカが居る。このラクティスは牛田早稲田4丁目7番地の武田商事が管理する駐車場の14番に停めてある車。

早稲田の学校に、用があって通った時に見た事がある車だ。
私の記憶力、結構、ハンパ無いのだ。

Ractis01

ナンバーも車種も、ドンピシャリである。この界隈の子供に勉強を教えに言った時に、危ない運転をするラクティスに何度か遭遇していたのだが、正にコイツだ。

運転者は75歳くらいの老人である。文句を言うと、酷い運転の自覚が全くないのが困りもの。良く見掛ける車で、何時も老夫婦が運転しているのだが、老夫婦でも運転は最悪である。
 因みに、後方撮影初めて最初に採集した糞運転者、第一号である。記念すべき標本だ。

http://replica2st.la.coocan.jp/video/ractis01.wmv

こういう奴も一度死んだ方が良い。っていうか、イライラの老害運転するなら免許は返納すべき。

まぁ、この動画、随分前だから、既に返納しているか?或いは、亡くなっているか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

空とぶタイヤ?空乗る自転車!

車でコンビニに買い物に行って、帰宅中、時速20km/h弱で走行中の出来ごと。
走る場所は道幅で5mの道路、センターラインは無し、走る位置は、左端から80cmの位置を走行中、前方のT字路に差し掛かった時だ。T字路は直進に左から枝道が合流する道で、直進路をゆっくり上っているのが自分の車。この時点において自転車と交差点角迄の距離が4m、自動車と角迄が3mだ。この時点での車の速度はGPS記録で14km/h、映像解析しても最高で18km/h程。

Sora02

次が自転車が視界に表れた瞬間。それぞれが1m弱進んでいる。

Sora03

T字路の手前3mの位置、枝道から下ってきた自転車が完全逆走で目の前に現れた。
ハンドルでの回避操作開始、自転車とT字路角が3m、車とT字路角が2m、距離で5m程だけど、車が回避しても自転車はそのまま突っ込んでくる。

Sora04

更に右方向に回避を試みるも速度を失っているので進路移動量は極僅かだ。

Sora05

次の瞬間、ドライブレコーダーの視界から消えて、車体の左側面をブレーキレバーの末端と前カゴをぶつけて擦り付けながら車体の左リアフェンダー位置で停止。事故の形態として斜め前方から横っ腹に自転車が突っ込んできたというモノである。ハンドル回避で車体を中央に寄せたけど、左ボンネットのウオッシャー位置と前方の塀の位置関係から判断すると、僅か30cm程だ。

Sora06

まぁ、正面衝突は回避したけど、自転車は逆走突進し、何もする事なくこう着状態でブレーキレバーとハンドルを車体に擦りつけながら転倒することなく停止、、、、
レコーダーの秒は同じで、自転車は車体中央部から後部に到達。車体長が4.2mだから、自転車は1秒間に進んだ距離は6~8mであり、自動車が進んだキョリは2~3mである。

つまり、この区間の平均速度は自転車が22~28km/hである。同じく自動車の平均速度は11km/hである。

衝突直前の最高速度は逆算しても20km/h未満、ドライブレコーダーで自分の車の走行速度は最高でも18km/h程、時間単位に移動する距離を計算すると、逆走しながら下ってくる自転車の速度は車体を擦りながら停止したとしても1秒間に8m以上進んでいる。減速速度を入れても1秒間の平均速度は22~28km/h程、突入時は初速で30km/hくらいだろう、、、、まぁ、下り坂で電動アシスト自転車を漕ぐと、そのくらいの速度には簡単に到達する。

この自転車、トマホークミサイル?テポドン?ノドン?って感じだ。

ブレーキレバーとステンレス製前カゴの攻撃で車体には一直線で前方から後方に、深い切り傷を受けた。

直後、自転車は基本的に損傷無しとの話で、中学生は塾があるから、すぐに立ち去りたいという。しかし、接触している訳で、警察への報告義務を怠る事は出来ないとの理由で、110番して警察を呼ぶ。まぁ、こういう事になると、怪我がないからと言ってスルーさせて車の修理代を自腹で払う気も無い。当然、保険を使う訳だ。ただ、本人的には警察に通報したく無かった様子である。

警察の事情聴取においては、双方の言い分があるけど、面白かったのは、当初は自転車はほぼ停止していたところに車が突っ込んできたとの言い分。その後、車が見えたので、冷静に進路を変えたら車が迫ってきたとの話、、、、話が二転三転、、、嘘吐きか?それとも、母親が恐いのか?

自分の言い分は、レコーダーがあるので、これを見て判断して下さいとの説明。因みに、ドライブレコーダーは、フロントウインドー中央、フロントウインドー助手席前、リアウインドーで撮影しているので、変な言い訳をせず、聴取では映像を見せて、この通りと伝える。映像の通りに説明して何の嘘もつかず、そのまんま報告。現場検証では、動画を収録して終了。速度、走っている位置、ハンドル操作の状態を画像を見ながら説明しただけだ。警官の意見としては、仮に事故にしても大した事にならないので、それ程心配しないようにとのこと。ただ、逆上した親の話は、『ふんふん』と聞いておいた方が良いですよとの事。

一応、実際は連続画像で見るとこんな感じ。

http://replica2st.la.coocan.jp/video/uso_sora.wmv

https://www.youtube.com/watch?v=D9l7_uiidCY

事故自体は物損事故で処理との事だけど、保険会社の一般論で責任割合については、見通し的には自動車が不利になるから7:3~8:2?という風に聞いていたけど、保険会社から、先方は百歩譲って9:1と言ってきたそうだ。先方の言い分としては、車が猛スピードで自転車に衝突したとの言い分だそうだ。正直、ビックリである。まぁ、直後に出てきた保護者がまくし立ててきた事を思えば、そういう事は想像出来なくもなかったし、基本、自身の懐は痛まないからどうでも良いけど、保険会社の交渉人的には、先方の提示してきた比率は飲めない数字のようだ。保険会社的には、相手が自転車でも5:5、譲っても6:4から交渉したいそうだ。

なお、保険会社には、証拠記録があればという事で、三箇所のドライブレコーダーの映像記録に加え、フロント側の高解像度レコーダーでコマ毎のスナップショット映像を写真出力して、0.1秒間隔の自転車映像を補助資料として提出している。 まぁ、基本は保険会社にお任せである。提出した三台のドライブレコーダの映像記録、それから衝突迄の0.1秒毎のスナップショット画像の情報を、先方保険会社等に開示しても良いか?の確認が来たので、全然OKという返事をしたところ。

自分としては、感情論抜きとして、第三者の客観的な目による冷静な判断が出るならば、それで進めて貰って構わないという判断だ。

ただ、その後の話では、保護者は、息子は嘘を言うはずがない、車がスピードだして突っ込んだに間違いないと話をしているそうで、動画、画像を提供するも、そんなものは信用出来ない!息子の話が、、、、との事。らちが明かない模様。交渉は全て保険会社に任せているけど、当方、先方の保険会社共に、先方の母親の激情に手がつけられないとの話。交渉員としては、本意ではないけど7:3迄譲歩しても良いか?との問い合わせを受けた状態。

まぁ、お腹を痛めて産んだ子供が愛しく可愛いのは理解出来るが、現場を見る事なく、子供の最初の言い分のみを根拠に、高ぶった感情で押し寄せるのは、正直、恐怖を感じた程。クレーマーママって印象だ。

色々聞くと、自分の自転車修理は保険適用外で、自転車の修理代を自腹で支払うのが死んでも嫌との事。その際に、アチラの旦那に話を聞くと、障害を抱えた子が居て、修理代を持ち出すのは厳しいとか、、、そんな話もしてくる。ただ、それは全く関係無い話なんだが、、、もしかしたら、その金額を埋めるために、ウォークマン等が壊れたとか、後から言ってきているのか?と勘ぐってしまう。まぁ、塾に通うのに、ウォークマンを持たせていたというのも不思議な話だが、、、、結局、一万、二万でも少しでもお金が欲しいという印象しか感じない。

ただ、親の立場として、或いは塾講師経験者の立場として一言いうならば、塾に通わせる子供がウォークマンを持っていくというのを容認するような教育をしているのか?或いは、少しでも被害金額を吊り上げるためにウォークマンを持っていった事にしたのか?ホントの事は知らないけど、どっちにしろNGな子育てだ。

子供の立場として、親がそういう事をしているのを見るのは、教育上、宜しくないような、そんな要らぬ心配もしてしまう。お金のためなら、少々の嘘はOKという姿を子供に見せてしまうので在れば、それは、将来の教育、成長に良い事は一つもないのだが、、、

まぁ、家族構成、出自、過去の近隣とのトラブル案件等を調べると、なるほど、仕方ないかも、、、という事実がザクザク出てきて、それもビックリ。

それにしても、怖いのは嘘吐き少年と、逆上オバサン、、、、これだけは要注意だ。

正直、当たり屋と一緒だなぁ、、、、

因みに、この時のオバサンの逆上度合いは、怖い話として記録に留める事にした。

http://replica2st.la.coocan.jp/etc/summer_terror.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)