2018年8月12日 (日)

真夜中のスーパーカー

地方NHKが製作したドラマ。トヨタ2000GTとLFAの併走シーンが話題を呼んだドラマだ。
まぁ、NHK製作のドラマ故に、ストーリーは優等生的な展開。未来の車が人工知能を持ち、自動運転が行えるようになる、、、、それを、基本的に肯定的に説明した話である。
まぁ、自動車メーカー提供のストーリーで、それを否定的に論じるドラマ等有り得ないから、ストーリーとしては当然といえば当然の展開。
ただ、こういうストーリーが企画で承認されて、一定の評価を得るというのは、そういう流れを受け入れるというか、そういう社会風潮が主流なんだろう。
車が生活の中で人の移動という部分を支えるために進化していく、そういう流れにスポットを当てたストーリーではあるが、そういう方向性というのは、車のオモチャとしての側面がドンドン失われるようで、やはり個人的には今一好きになれない。

正直、車や単車というのは移動のための道具ではあるけど、それよりも機械を操縦する部分に軸足をおいた接し方の方が、自分では大きい。
週末に、単車に乗ったり、車にカスタマイズを加えるのは、移動が目的ではない。乗り方の違いを感じたり、カスタマイズの結果を実感したりするために操縦しているのであって、結果的に移動しているけど、行き先は定まっておらず、走る場所は何処でも良い場合の方が多い。操縦したり実感したりした結果、結果的に移動しているだけである。

機械を自分の思い通りに、自分の好きなように扱う、、、これが、車や単車を動かす最大の理由である。操作法に指図を受けたり、自由度が奪われたりするのは、まっぴらゴメンである。

ただ、車の自動運転技術が進化して、エコ、安全方向に突き進んでいく一方で、パフォーマンスや楽しみを追求したモデルがリリースされているのも事実。ただ、そういうパフォーマンス志向、楽しみ志向のモデルが高額車だけでなく普及価格帯のモデルにもラインナップされていく事を願うばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

ライブラリー更新

車で視聴可能なDVDライブラリーを追加した。
先日まで行っていたのは『懐メロドライブミュージック』だけど、『ミッドナイトハイウェイ編』だけで終了にする。当初は、地域編を全部作っていたけど、曲目が被っているのと年代的に新しすぎるので辞めた。
その後、『80年代アイドルベスト20』ということで、『松田聖子編』、『中森明菜編』、『小泉今日子編』、『中山美穂編』を作成、更に『70年代アイドルベスト10』では『山口百恵編』、『南沙織編』、『榊原郁恵編』、『岩崎宏美編』を作成、最後はWOWOWで放送された『安室奈美恵Finally』である。
今後の予定は、洋楽ではマドンナの『レベルハートツアーライブ』、『モトリークルー特集』、邦楽では『70年代アイドルベスト10』の『石野真子編』、『桜田淳子編』、『ピンクレディー編』、『麻丘めぐみ編』辺り。
番組表には無いけど、出来れば『キャンディーズ編』、『Wink編』、『荻野目洋子編』、『アンルイス編』等も流れれば嬉しい。

これを車載して、車載から視聴頻度の低いモノを削除しようと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

WOWOWライブ

もうすぐ、安室奈美恵さんのファイナルライブがWOWOWで放送される。また、7月には初回放送で見逃したマドンナのレベルハートツアーライブも放送される。

これ、非常に楽しみ。しっかり録画して車中でも楽しめるようにしたい。これまで、ツアーライブはDVD化されているものは購入していたけど、売られていないモノは放送を録画して対応していた。マドンナのレベルハートツアーについては、YouTubeでマドンナ自体がアップしたモノを視聴出来るようにしていたけど、やっと放送される。
楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

県警

昨日、RCCの番組を見ていて一番見入ったのは、元RCCアナウンサーである煙石博さんの冤罪裁判。事件が起こったのは2012年、煙石さんが定年後の話らしいけど、不鮮明な防犯カメラ映像で犯人に警察、検察から仕立て上げられて裁判で無罪を勝ち取る迄の話が紹介されていた。それにしても、問題の封筒から指紋が検出されていない、映像解析で封筒に触れていない、現金を胸のポケットに入れたとされた服装を着ていない、、、、、等々の証拠があっても犯人と仕立て上げる取り調べの恐さを感じるモノ。
そもそも、封筒に現金が入っていたかどうかが定かでないのに犯行があったと断定している操作等々に非常に不可思議な点が多い事件である。
そもそも、定年退職した人、著名な人が、たかが6万円程度の金額を置き引き的窃盗をするか?というと考えられない。この66,600円を残していたという『宮澤』姓の女性の証言自体の信憑性も怪しい。
実際の取り締まりの状況はしらないが、番組の再現映像のような取り締まりが行われていたとすれば、県警の捜査能力のレベルが知れるようなそんな印象である。

こちらの県警と言えば、愛媛県松山刑務所から逃走した平尾逃走犯の捜査を向島て行った県警。平尾受刑者が潜んでいた空き家の捜索で逃走犯を見落とした上に、本州に逃走後も向島での捜査に一生懸命だったという。そもそも、逃走犯が確保されたのは、駅前インターネットカフェの店員からの通報によるもの。県警の捜査で確保したものではなく一般市民の協力が逮捕に繋がったモノで、その捜査能力ってどうよ?っていうのも感想。

更に言えば、一年前の県警では、証拠として保管していた9000万円の内、8572万円が盗まれて、未だに犯人を検挙出来ていないという。身内の犯行の可能性が高い場合、取り調べ自体が出来ないとも取られかねない状況が続いており、容疑者を浮上させる事自体が絶望的な状況とのこと。

そう言えば、廿日市の女子高生殺害犯の検挙でも、お隣の山口県警のお手柄で、該当の県警では、殆ど迷宮入り事件となりかねない状況だった訳だし、、、?

ここ最近は、ホントに大丈夫か?と思えるような捜査報道を聞かされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

シン・ゴジラの尻尾

映画館で視聴した時は殆ど気付かなかったけど、地上波で放送されていたのを録画して、その録画を見ていて気付いたのは、ラストシーンのゴジラが凍結後の尻尾の先端の造形。

人間のような骨格にゴジラっぽい背びれが付いた骨格が複数存在している様。一見、エイリアンにも見える造形の存在。この映像は、録画を見て初めて自覚した次第。

あれって、何だったんだろう?

途中、映画のシーンで肉片が落下しきたシーンがあり、その肉片から増殖するというストーリーが組み込まれていたことから考えると、ゴジラから見ると小さな個体である人間から複数の攻撃を受けて劣性に立たされる状況に応じた次の変態への示唆を表していたのかも知れない。巨大な生命体から、小型ながら多数の生命体に移行する事を予見しているようにも見える。

小型の人型ゴジラへの分割増殖への示唆が最後のシーンに込められていたのかもしれない。

ただ、シン・ゴジラでは続編は作られないということなので、この先がどうか?というのは全く不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)