2022年1月25日 (火)

チョロQ

そう言えば、昔のチョロQは完全プラボディに透明プラのウインドーを嵌め込む分割構造だったけど、最近のモデルは透明プラボディにウインドー部をマスキングした上で塗装仕上げとなっている。

塗装の方が安く出来るのだろうか?

まぁ、生産も日本から中国になっているし、一概に比較は出来ないけど、、、。

ただ、チョロQ自体は定番のスタンダードシリーズが廃盤になって久しい。

因みに、現行品はチョロQzeroというシリーズ。これは実車さながらのディテールを採用している。そして、窓とボディが別体パーツの組み合わせとなっているのが注目。
ただ、価格は初期の350円程から2000円前後とハッキリ言ってぼったくり価格。こうなると、、、もう買わない。

チョロQって、トミカのオモチャと同じくワンコイン以下で買えるから価値があったのになぁ、、、。

| | コメント (0)

2021年12月31日 (金)

超音波式犬猫撃退器のセッティング

これ、効果は微妙。
最初は効果抜群と思っていたけど、最近、撃退器の前を猫が普通に歩いていた、、、、

もしかして、反応周波数が合わないのか?

これまで、中庸の位置にせっとしていたのだけど、もしかしたらダメっぽい。

ということで、今度は、ダイヤルを目一杯右に回した状態にセット。

右に回すと大型の動物、左に回すと小型の虫とか鳥対応だそうだ。

猫、犬は中型と思っていたけど、もしかしたら、大型?

ということで、これからダイヤルを目一杯右に回して様子見だ。

| | コメント (0)

2021年10月20日 (水)

木製ヌンチャクは、、、、

これ、振りまわすと危険。後頭部に当たったりすると、結構痛い。
ということで、止せばいいのに、、、、、ラバー製も調達しました。

スポンジ製もあったのですが、あまりにも軽いのは一寸使い辛いという判断です。

これまで、木製を使っていたので、ソコソコの重量です。

しかし、、、スポンジ製は180g、、、、これでは軽すぎます。せめて500gは欲しいです。

といういことで、生ゴム製の600gのラバー製を調達です。

これ、結構楽しいです。毎日30分、嵌りますね。

| | コメント (0)

2021年10月19日 (火)

リサイクルショップでの値付け

これ、買う時に注意が必要。
場合によっては割高の事もある。
必ずしも割安、激安という訳ではない。
その瞬間に買うべきモノ、、、それは、基本、絶版商品。そして、長らく探していた商品。そして、その時点での流通価格相場を把握している商品、、、これなら間違い無い。

買っても後悔しないモノ、、、最低限、絶版商品で、逃した時の入手可能性が極めて低いモノ。この場合、価格が容認出来れば割高でOKなら買うべき。

ただ、、、、それ以外の場合は微妙。全く同じモノが無くとも同系のモノが在りそうなモノも少なくない。そういう場合、下手すると新品より高かったり、定価は安くとも流通価格より割高なモノも結構ある。

こういう場合、購入には注意が必要だ。

自身も何度か失敗した事がある。

| | コメント (0)

2021年10月 9日 (土)

ヌンチャク

これ、幼少期に見たカンフー映画で主人公扮するブルース・リーが使っていた武器として単純にカッコイイと憧れていた道具。
思い出せば、小学校の時に2本の木の棒に鎖を釘で繋いで自作して遊んでいたのを思い出す。振り回して遊んでいると、木の棒が後頭部に当たる等して痛かったので、お小遣いをためて、プラスチック製のオモチャのヌンチャクを買って振り回して遊んでいた。
小学3年生くらいだったように思う。

その後、少林寺のような中国拳法を一時期習っていたけど、道具を使ったモノには取り組まず、棒術を少々習った程度で終わっていた。

しかし、オッサンになって街のショップで見掛けたのが、練習用のヌンチャク。
これがなかなかイイ感じである。当然、本格的なモノではないけど、練習用とは言え、見た目はそれなりに格好良いし、振り回すのに適した重量、握り心地である。

ということで、これも日頃の運動に取り入れる事にした。

これまで、筋トレ、ローラー台後の整理運動として静的ストレッチ+蟷螂拳の演武動作を十数分行ってきたけど、これにヌンチャクを使った基本的な動作を加えてみることにした。

これが結構新鮮で楽しいのである。動き的にはぎこちなく、人に見せられるようなものではないけど、まぁ、続けていけば少しはスピード感も動作の流れもマシになるのではないか?と思っている。楽しみである。

| | コメント (0)

マグネット・ダーツ

ヌンチャクと一緒に買ったのがマグネット・ダーツ。ヌンチャクだけで買うのは少々気が引けたので、何か無いか?と思い見つけたのがダーツだ。

ダーツといえば、学生時代に出入りしていたプールバーの一角にコーナーが設けられていて、そこで遊んだくらいである。

ただ、このダーツ、結構面白い。プールバーといえばビリヤードで、ビリヤードの待ち時間中にダーツをして遊んでいたのだけど、ビリヤードよりもダーツに夢中になることが多かったのを思い出す。

そんなダーツ、定価の40%オフで売られていたので、つい購入したのであるが、

購入してトレーニングルームに設置して矢を放ってみると、、、これが面白い。

一寸した一時、一瞬だけで集中力を高めて遊ぶ、、、、こういうの、結構悪くない。

| | コメント (0)

2021年7月15日 (木)

チタンの時計

通常はステンレスベゼルのセイコーのダイバーを使っているけど、運動時にはチタンベゼルのカシオのウェーブセプターを使っている。
この重さの差、強烈である。ステンレスを日常使ってチタンに付け替えると、その軽さにビックリする。
一方で、チタンを使い慣れていると、ステンレスに付け替えると重量感にビックリする。

時計自体は軽い方が良い。

| | コメント (0)

2021年7月14日 (水)

クレヨン

といえば、罵り合い友達だったYさんが営んでいたショップ。海田でカワサキの空冷四発をメインに扱っていたショップだけど、友人のHクンが気胸で命を落として、程なくして白血病で亡くなってしまったのだが、、、、このクレヨンで扱っていたカワサキ空冷四発、、、結構好き。

カワサキ空冷四発といえば、Z750以上のZ1/Z2系~J系の大型四発、ザッパー系のミドルクラスの四発、400FX系の小さい四発と在るけど、マルチ嫌いの自分だけど、カワサキの空冷四発はどれも結構好き。

大型系なら750FX、ミドルならZ650Four、リトルならFXとゼファーχに何度か乗った事があるけど、空冷四発ながら低回転から頑張ってくれるのが印象的なエンジン。

それ故に、マルチに乗るならカワサキ空冷四発と決めている。

更に、シャフト駆動が好きだから、空冷四発+シャフト駆動というと、選択肢は一気に絞られる。

ピックアップするとZ1100A、Z1000ST、Z1100LTD、スペクター1100、Z750GT、スペクター750、Z550GTと一気に絞られる。好きなのはZ1000STとかだけど、多分、大きすぎる。
となると、現実的にはZ750GT辺り。これ、CXの後継機に考えると悪く無さそうな選択。

ツイン以外、教習車以外となると、シングルならSRX/FTだけど、マルチなら、この辺りのモデルが悪くない。

| | コメント (0)

2021年7月 3日 (土)

掛け時計も電波時計

子供部屋の時計を買い換えるということで、ニトリに出掛けた。
掛け時計、結構安い。1000~2000円程度で結構選べる。
大方決めて清算しようと思っていたけど、再度見て、電波時計が在る事に気付く。

で、買ったのは電波時計。

電波時計、針を回して合わせる事は無い。ボタンを押しておけば勝手に合う。

優れものである。

デジタル式置き時計の電波時計は一般的だけど、アナログ式掛け時計でも電波時計ってあるんだ、、、、。

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

狭い路地沿いは、、、昭和

AV50、ちっちゃいバイクだ。目線も低い。音も超静か。
ということで、町内徘徊のお供。

住まいは団地で目の前の道路の幅は5m以上ある。それ故に、家の建て替えが進んで10年も経てば様変わりする。
でも、住んでいる町内で団地とは違う集落も少なく無い。そういう集落では家と家の間の道路は激狭である。
町内で団地の無い昔ながらの集落エリアは沢沿いの道路が幅員3m未満。車が離合出来ない道が殆ど。この道路が集落の中心道路。この道路から左右に幅2m程度の道が100m程度伸びている。そして、その先は幅1mもないような路地が家と家の間に張り巡らされている。この路地は沢の突き当たりの山林の獣道、田畑のあぜ道に繋がる。小学生の頃はこういう道を探険がてら縫うように歩いて通学していた。こんな道を通っていたのは小学生時代、昭和40年代だ。成長と共に、こういう道は通らなくなる。自身が自動二輪、四輪に乗ると通る事は無い。しかし、記憶を遡ると幅員1m未満の道沿いに駄菓子屋があったりしていた。

昨年、AV50を再起動させてからは、町内徘徊に週末毎に出向いている。幅員2m未満の道をゆっくり走っていくのだけど、道沿いに建つ家は昭和40年代、1970年代と全く一緒。古くなっている点だけ異なる。建て代わるというより廃墟化している数多く家が見られる状況。

建て代わらないのは、所謂殆どが再建築不可物件なんだろう。しかし、その制約のお陰?で、完全に昭和が残っている。昭和探険しようと思えば、こういうエリアを見て回るのが一番。こういう場所を走っていると、ココには昔、例えばホンダZが止まっていたとか、色んな事を思い出す。

| | コメント (0)