2024年6月20日 (木)

高病原性鳥インフルエンザは起こるかな?

覚えている人は少ないけど、新型コロナウイルス騒動が起こったのは2019/12からで、2020年に世界的に大騒動となった。

でも、これはEvent201(2019/10/18)で『新型コロナパンデミックシミュレーション』というシナリオ動画が公開されている。

因みにHPも公開されている

https://centerforhealthsecurity.org/2019/johns-hopkins-center-for-health-security-to-host-event-201-a-global-pandemic-exercise

である。実際にシナリオ通りに現実の世界は動いたのだ。

そして、、、、、2022/10にはWHO、ゲイツ財団、ジョンズホプキンス大学等が、2025年のパンデミックをシミュレーションしている。このシナリオでの要点は、
・若者、子供の致死率が高い設定
・誤情報対策の強化が鍵

実はこれもHPがある。

https://centerforhealthsecurity.org/our-work/exercises/2022-catastrophic-contagion/index.html

である。因みに、高病原性鳥インフルエンザは致死率25~50%と報道されているし、6月の閣議では誤情報を取り締まる体制が閣議決定されている。

高病原性鳥インフルエンザの機能獲得変異研究、IHR規則改訂の強行採決、mRNAワクチンの供給体制の確立状況、情報統制に必要な法整備、パンデミック時に地方自治体の自由度を奪う地方自治法の改正等々が着々と進められている状況。タイミング的にバッチリな感じ。

今年の後半辺りに世界の何処かで鳥インフルエンザがヒト-ヒト感染して、来年辺りに大騒ぎになるのかな?仮にそうなったら、、、これって仕組まれたシナリオと考える方が自然だね。でも、仕組まれたなら、減らされる人のターゲットって決まっていると考えた方が自然。ターゲットは免役が低い人でしょう。高齢者、持病のある人、小さな子供、、、そんな感じ。でも、それだと人は減んない。ディーゲルの予測だと、日本の人口は2025年に1億人になるとか、、、それは多分関係無いけど、仮に人がグッと減らされるとしたら、まぁ、戦争は無い。大地震も無い。在るとしたら、この感染症。でも、高齢者と持病のある人と、小さな子供だと足んない。致死率が25~50%で、人口が1億人とかになるんだとしたら、、、やっぱ、何らかの処置が施されて免疫が低下している人がターゲットって感じかなぁ、、、、免疫が低下するかもしれない、施された処置っていうと、思い付くのは、、、アレしかない。
アレって、相当長く身体に影響を及ぼし続ける可能性があるって話。怖い、怖い。

| | コメント (0)

2024年6月19日 (水)

鳥インフルエンザウイルスの機能獲得変異研究

表題の研究が研究者の間で注目を集めているという報道が以前なされていた。
その際には、研究のリスクを正統化出来るか否かが論じられていた。

以下、引用(natureダイジェストより)

鳥インフルエンザH7N9亜型は、2013/3に中国で始めて報告され、少なくとも134人が感染、43人が死亡している。ただ、ヒトからヒトへの感染は確認されておらず、ニワトリや家畜との接触を通じたヒトへの散発的感染のみに留まっている。

そこで研究者は、遺伝子操作によって哺乳類における感染性と病原性を高めたH7N9亜型ウイルスを作成する研究を進めようとしている。NatureとScienceに同時掲載されたCorrespondence論文で、エラスムス医療センターのRon Fouchier、ウィスコンシン大学マディソン校の河岡義裕らが将来のパンデミックの可能性評価に役立つと主張している。ただ、この研究では、組み換え株の流出によってインフルエンザの大流行のリスクがあるという。

上記のような論文で、2012年にフェレット間で感染する鳥インフルエンザH5N1亜型の実験室株をFouchier、河岡が作成した事で起こった論争が再燃する可能性がある。・・・・

引用は此処まで。

という訳で、鳥インフルエンザの機能獲得試験ってのは基本的には可能ということは間違い無い。

そんな中、最近囁かれている、致死率50%を越えそうな新型鳥インフルエンザによるパンデミックは間違い無く起こるという報道が気になる。正直、そんなに簡単に起こるのは間違い無い!なんて、普通は誰も言わないし、これ迄も言われてこなかった。しかし、最近、突然にそういう声が出ている。あまりにタイミングが良くないか?タイミングが良いというのは、後述の状況が同時に進行しているからだ。
コロナの事は誰もが忘れつつあるのに、mRNAワクチン工場が国内で立て続けに稼働可能な状況になりつつある。もうワクチンなんて必要性は誰も感じていない筈だが、秋からはレプリコンワクチン接種が始まるというのが既定路線になっている。更に、パンデミック等で政府権限を強めるような地方自治法の改正が為されたり、WHOでIHR規則改訂が強行採決されたり、更には緊急事態条項が憲法に盛り込まれようとされている。

何だか、違和感アリアリ。

でも、ここからは勝手な想像だけど、既定路線ってのは既にばらまかれるって事?と考えたりする。でも、このタイミングが意図的なのであれば、、、、あんまり恐れる事は無いのかな?って気もする。ホントにヤバイものだと、皆が皆、リスクに曝されるけど、そんなリスク、意図した側だって御免だろう。超勝手で、楽観的な想像だけど、致死率50%とかってのも脅しのような気もする。この致死率50%ってのは特定の条件を満たした人がそうであって、条件外の人にはどうでも良いのか?という気がするのだ。この特定な条件ってのは、、、、想像するに、免疫が弱っている人。具体的には超高齢者、持病を抱えた人、乳幼児、、、、それから、何らかの処置が為されて気付かぬ内に免疫力が低下してしまった人、、、、具体的には、最近、帯状疱疹とかRSウイルス感染症とか、人食いバクテリアとか、、、そんな感染症に備えないといけなくなった人なのかなぁ、、、と、、、

何らかの処置ってのは、ここ二三年で多くの国民が施されたアレ、、、、

最近、アレ打って多くの人が二年程度経過している筈だけど、アレで誘発されたかもしれない血栓で不調を来したり亡くなったりする人が多い。○○梗塞、例えば脊髄梗塞なんて滅多に聞く疾病と違う筈だけど、そういう人が複数いるのもおかしい。アレって処置された人には相当長く影響していても不思議じゃない。アレは怖い。

逆に言えば、アレしてなければ、恐れる必要無い、、、そんな気もする。

以前、例えばコロナ前は色んな陰謀論については、間違い無く陰謀論で踊らされている人とか反ワクチン本なんて、読む価値無いし、全部陰謀論だと思っていた事もあるけど、今は違う。色んな状況から、陰謀論ではなく陰謀があったのか?と少し思い始めている。そう思うと、最悪、上述のようなストーリーが強ち間違いとは言いきれない。

ということで、暫く静観していく予定。これから一年以内に鳥インフルエンザが起これば、これは間違い無く人為的。そう思わざるを得ない。三年以上、何もなければ、それはそれで良かったと思う。

どうなるかな、、、、

| | コメント (0)

2024年6月18日 (火)

死亡率最大50%の伝染病がやってくる!

と、米国疾病管理予防センター(CDC)のロバート・レッドフィールド前局長が高病原性鳥インフルエンザの大流行は時間の問題と警告。

これは起きるか起きないか?ではなく、何時起きるか?が問題で、死亡率は25~50%との説明。因みに、新型コロナウイルスの死亡率は僅か0.6%との事。

米国では3人がH5N1型の高病原性鳥インフルエンザに感染、メキシコではH5N2型に一人感染後死亡。オーストラリアでも人感染が確認されたという。

ただ、この新型インフルエンザは、如何に発生したか?とか、新しい伝染病のパンデミックシュミレーションが行われた?とか、その際の対策指針が決められた?とか、色んな事が囁かれている。これに意図的な関連があると言えば、陰謀論に毒されていると言われたりするけど、それが陰謀論だったのか、陰謀だったのかは、そういう事態が生じて暫く経たないと判らない。

因みに、新型コロナウイルスについてはどうだったか?というと、これは流行の初期段階において、やはり陰謀によるものだと訴える人が居て、それを陰謀論と否定する人も居た。この時も、やはりパンデミックのシュミレーションが行われていたり、開発間もないワクチンについての噂が陰謀だとか陰謀論だとか、色々言われていたのも事実。未だ、コロナ対策において陰謀があったか否かの部分の答えは出てないけど、最近の流れは、あれは陰謀だったという説の方が理に適っているかのような状況になりつつある。

新しいインフルエンザが流行するかどうかは知らないが、、、個人的な感想は、それに纏わる陰謀論ってのは、陰謀論と否定するのではなく、そういう陰謀が働いているのかな?という風に思いそう。特に、人感染するように人為的に作られたとか、その辺の話は特にそう思ってしまいそう。

| | コメント (0)

2024年6月15日 (土)

若くて、元気の良い人が、、、

血栓の影響で体調不良とか、そんな人が非常に多い。
血栓症って、、、血液がサラサラじゃない人、血管が硬くなった人、、そんな人が抱えるリスクと違う?

脳梗塞、心筋梗塞に聞き慣れない脊髄梗塞とか脊椎梗塞とか、、、、

そんな血栓症が、若くて元気な人を襲っている。前日迄元気に活動していたのが、突然動けなくなるなんて、、、、、

急激な体調不良とか麻痺とか、、、そんな血栓って言うのは、正直一気に血流を遮断してしまうような巨大な血栓でも出来たのか?という感じ。

若い人、元気な人に血栓が原因と疑われる症状が突如襲ってくる、、、常識では考えられない。

こんな事がここ二三年急増。少なくとも3年以上前では聞かなかった話。

で、この三年間で聞くようになった言葉、それがスパイクタンパク質。これが血管内に溢れると血栓を作る、、、そんなスパイクタンパク質、何時から在ったか?というと、昔は聞いたことがない物質。これも三年前以降の話。この三年でスパイクタンパク質と関連するモノって何か?というと、それは、、、、、アレだ。そう、みんなが接種した奴。

アレ接種したら、スパイクタンパク質が作られるようになる。それが徐々に継続的に続く。一定量越えると、、、、それが血栓になるのでは?

アレ打ってしまってたら、、、持続的、継続的にスパイクタンパク質が増え続ける。それが許容限界に達したら、血栓となって○○梗塞とか、そんな形で現れる。それは事前に予期出来ないモノ。一種の時限爆弾みたいなもの。そうとも考えられる。かなり怖い。

ましてやアレは、DNA汚染されていたとか、mRNAの影響は長期に渡るとか、そんな話。打ってから2~3年経ったから大丈夫、、、とは言えないかも。体操おにいさんも最後に打って3年とか経過している。関係無いなら気にする程でもないけど、関係無いとも言いきれない。怖い。

| | コメント (0)

2024年6月14日 (金)

脊髄梗塞

聞いたことがない病名。何でも、脊髄の血管に血栓が詰まって引き起こされるらしい。体調不良、半身麻痺、そんな症状だそうだ。そんな聞いたことがない病で、活動休止報告されたのが元NHK、体操のお兄さんである佐藤弘道さん、、、、他にも宮崎由加さん。こちら、ハロー!プロジェクトに所属する女性アイドルグループJuice=Juiceの元メンバーとの事。佐藤さんは55歳、宮崎さんは30歳、、、まだまだ若い方。血栓で○○梗塞なんて、自分の印象では60代以上の高年齢層で、不摂生が祟って生活習慣病等の持病を患った人の病気って印象がある。若い宮崎さん、スポーツマンの佐藤さんに血栓なんて、、、普通、出来るのか?

そんな気がする。因みに、脊髄梗塞って、有効な治療法が無いとか、それで下手すると半身不随等が続くことも、、

でも、最近、訃報をよく聞くけど、その原因が○○梗塞、、、今後、○○梗塞で後遺症を負ったり、亡くなったりする人、増えることはあっても、減ることは無さそう。これからが本番かもしれない。

| | コメント (0)

2024年6月13日 (木)

訃報の多さに思う。

あまりにも多い、、、、気のせいか?気にしすぎか?
この多さ、一昨年、2022年から爆発的に増加している。
因みに、日本人の死者数は2021年から戦後最大を更新し続けている。2022年は十数万人も前年から増加、この傾向は2023年も続く。そして、2024年も発表のある3月迄で過去最多。

この死者数増加が始まったのは2021年の夏以降。2021年の夏以降に起きた国民的イベントというと、そう、接種だ。この接種以降、死亡者数増加は止まらない。接種が収まった2023年に連動して死亡者数増加が収まれば、接種と死亡は短期的影響に限定的とも考えられるけど、接種が進まない2023年以降も増加傾向は変わらず、死亡者数は高止まり状態。
そして、2024年は更に訃報が多く、死亡者数は増大していくような予感。
これって、接種の影響が接種直後の短期的な影響だけではなく、接種後ずっと続く長期的な影響では無いだろうか?

やっぱり、、、、一度でも打ってしまったら、ヤバイのと違うか?

そんな気がする。何だかんだ言って、とっても気になる。接種が進まず、コロナが過去のモノとなっている今、日本全国で接種する薬剤の製造工場が多数建設されており夏から秋にかけて製造開始される見込み。誰も打たないのに大量生産体制が整う。更に、何十年に一回しか起こらないと思われるパンデミックを煽って、パンデミック対策を各国に強制するための枠組みが出来つつある。その上、H5N2型の鳥インフルエンザが人に感染して死亡したなんてニュースも流れている。これって、、、、何だろうね。

何某かのストーリーに則られている感じを受ける

仮に、コロナから間髪入れず新たなパンデミックが発生し、建設中の工場で生産された薬剤を接種しまくる状況になったら、何が起こるんだろう、、、、、

タダでなくとも、最近は帯状疱疹、RSウイルス、麻疹、、、、いろんな感染症の危機を煽り、予防接種を斡旋しているけど、予防接種が必要っていうのは、もう免疫ばブッ壊れているからではないか?とも取れたりする。

免疫がブッ壊れた人ってのは、次のパンデミックで、、、、もしかしたら、ジ・エンドになるかも、、、、鳥インフルエンザの人感染での致死率は40~50%って言われてるけど、そんなに亡くなったらヤバイ。恐らく、亡くなる条件ってのが在るはず。それって、前回のパンデミックの際に接種したか否かが、その条件になっているのかな?なんて考えたりする。

まぁ、他人事だから気にはならないけどね。

敢えてこんな記事を書くのは、、、今月中に誤情報を徹底的に取り締まる事が閣議決定されるから。誤情報って、政府の判断と反する情報。政府の判断が正しい、、、とは限らないのにね、、、どうなるんだろ、これから、、、、

| | コメント (0)

2024年6月11日 (火)

予約投稿タイムラグ

さて、このブログの記事は毎日二本が予約投稿というのが基本。二本以上の場合、三本目以降が当日投稿というもの。で、現在アップされている記事は、いつ頃の記事?っていうと、、、見返すと、丁度ワクチン接種を迷っている頃だから2021年の夏前くらいの記事っぽい。今が2024年だから丁度3年前である。3年前、、、、ワクチン接種をどうするか?を考えていたみたい。
で、答え合わせだけど、2024/6現在、ホント、打たなくて良かったと思っている。当時、確かな確証が有った訳ではないが、なにやら胡散臭さと怪しさ、それにリスクを感じていたのである。その頃アップしたHPの戯れ言を見ると、戯れ言ナンバー424番の記事『今、旬の話題といえば、ワクチン、どうする?』である。

http://replica2st.la.coocan.jp/etc/covid19vaccines.htm

に記載しているのだ。今、読み返してみると、完全に正解とは言えないが、当時見送っていて、、、大正解。因みに、この記事のあとは、ナンバー436番の記事『ちょっと怖い新型コロナウイルス関連の話』である。

http://replica2st.la.coocan.jp/etc/corona_hiv.htm

である。ここの話も概ね正解。

自身、何にも知らない一市民だけど、直感的にこういうリスクを当時感じていたみたい。
直感って、結構大事だね。

今年に入って、、、、死亡者数が増加傾向が止まらない。ワクチンは殆ど打たれてないけど、死亡者数は高止まり。死亡者数最大、出生数最少、これは去年より酷い状態となるのは明確。これから、、、そんなに長くない未来、、、、打った人の大量死が進む、、、、そんな気がする。別に祈ったり、望んだりしている訳じゃない。それが自身の感じる未来。

どうなるかな?

因みに、最近書いている記事はいつ頃アップされるか?というと、、、2028年の秋冬シーズン頃にアップされる予定。4年半先ということ。タイムリーではないけど、4年後に読んだら答え合わせが出来る。

| | コメント (0)

2024年6月 4日 (火)

免役強化?

今朝の座談会?で、免疫強化の話がでた。そこでは、多くの参加者の意見は、感染症から身を守るために、手洗い、マスク奨励、そして免疫力を高める食生活、生活習慣を実施、、、まぁ、よく聞く言葉だ。

まぁ、確かに免疫力を高めるってのは重要。自身も食生活には注意しているし、生活習慣の中に継続的な運動ってのは勿論取り入れている。でも、手洗い、マスクを過剰に信仰って部分はチョット違う。

ワクチンや薬を信仰し予防体制もバッチリ、、、、そして、感染予防してるとか、、、まぁ、そんな話も飛び交っていたけど、自身は、このコロナ禍で使ったマスクはトータルで5枚。これは体裁の為に付けていただけ、、、、最近はずっとノーマスク。行動制限も行っていない。勿論、ノーワクチン、、、、これは家族で徹底している。

結果、、、、だれも感染してないし、体調不良も無し。何故か?という説明に、適度に色んなウイルスに暴露して免疫訓練を続けてきた成果だと思うと言ってみた。

今日は、未だにコロナは収まっていない。そして、感染者が症状が長引くなんて話になっていたけど、自身の意識はコロナ自体が始まってないという感じ。長引いている人、殆どがメディア扇動に踊った人ばかり。つまり、ワクチン打ってるし、、、

さて、今年はどんな年になる?

何かしらんけど、、、今年は新たな風邪が流行るんでない?

そうすると、アレブチ込んで免疫低下している人、ヤバイ状態を向かえるのでない?

そんな気もするけど、どうなるでしょうね?楽しみといえば、楽しみ。

今年はヤバイ感染症が流行らせられるって聞くけど、そんなもん流行らせられたら皆くたばる。そうはならない。ヤバイ自体に陥るか否かってのは、免疫が壊れているか否か次第のような気がする。自身、免疫は鍛えられていると思うので、あまり気にしてない。

でも、免疫が壊れてる人、壊れかけてる人ってのは、、、、ホントにヤバイ感染症が流行らせられたら、、、、簡単にポックリ逝くんではないか?

自身、実は、ディーゲルの予測ってのは少し信じてる。2025年に人口が一億になる。年内に2000万人くらい消える可能性、あるのでは?とも思ってる。まぁ、何事も起こらない平穏な一年を期待してるけど、、、

| | コメント (0)

2024年5月30日 (木)

ディーゲルの予測

これが出たのは2022年である。気になるのは日本の人口予測。2022年で1.26億人だったのが、2025年に1億人となるという予測。3年で2600万人が減少するということ。普通だと考えづらい。
最新の人口動態統計を見ると、今年の月平均で死亡数が14.5万人、出生数が5.5万人だから人口減少は9万人/月、年間でも100万人強。2024年最新の人口が1.24億人だから、今年、来年でこれだけ減っても1.22億人にしか減らない。予測は当たりそうにない。

でも、、、年間1000万人が減れば予測が成立する。年間1000万人というと月間で80万人強だ。今の10倍の勢いで減れば予測通りとなる。

出生数が減るといっても限度がある。となると、死亡者数が増加することしか可能性としては有り得ない。全く有り得ないと思うんだけど、、、、、心の中では、もしかしたら、、、、と思ってしまう。

それ程に、今年は亡くなる人が多い。

| | コメント (0)

2024年5月29日 (水)

出生数も激減中

これまで、2018年以降の死亡者数を人口動態総覧からピックアップしてきて2021年以降死亡者数が増加傾向、2022年で激増し、2023年以降は死亡者数が高止まりし続けている状態を紹介してきた。
で、今回は出生数をピックアップしてみた。
これも人口動態総覧からピックアップしたもの。データ抽出したのは2018年以降。2018~2020年の平均値も併せてプロット。それから2021年、2022年、2023年、2024年とプロット。若年層のワクチン接種が始まったのは2021年の夏以降であり、出生数に影響するとしたら2022年以降の数値がどうか?を調べるための比較だ。
すると、2021年は2020年迄と比べてみても、大幅な減少は確認出来ないけど、2022年からは顕著に前年度より出生数は減少。2023年も大幅に減少し、2024年も更に減少傾向は止まらない状況。
こんなに出生数が減少しているのはやはり不可解。2021年以前に比較すると月単位で平均で2万人程度は出生数が減少している。因みに、死亡者数も2021年度以降2万人強ずつ死亡者数が増加している。つまり、生まれてくる人が2万人減って、死ぬ人が2万人増えている。つまり、日本ではワクチン接種以降、毎月4~5万人の人口減少数が拡大している。ワクチン接種開始前は、死亡者数は月平均で11万人、出生数は7.5万人だから減少数は毎月3.5万人、年間で42万人減少、接種後最新の2023年は死亡者数が月平均で12万人、出生数が6.5万人だから減少数は毎月5.5万人、年間で60万人減少、今年は?というと、死亡者数は月平均で14.5万人、出生数は5.7万人だから毎月8.8万人である。ワクチン接種前の減少数が月に3.5万人だったのが今は8.8万人である。毎月5万人の人口が余分に減っているのだ。この勢いが一年間続くと、年間100万人オーバーの減少である。人口減少が急加速している。

人口減少数はワクチン接種開始前はもっと穏やかだったのだ。最近では死亡者数増加傾向、出生数減少傾向が更に強まっている。ワクチン接種の影響は今後長く残ると考えているが、その場合、年間の減少数は100万人規模になって不思議じゃない。もっと減少数は増えるかも知れない。10年で1000万人どころではないかも知れない。勝手な予測だけど、年間で300万人規模で減少しても不思議じゃない。ディーガルの予測では、日本人口は2025年に1億人になるとも言われている。この予測には、こういうワクチンの影響がもしかしたら想定されていたのかも知れない。

この変化はワクチン接種が始まって以降に見られる特徴。しかも、、、この傾向はワクチン接種タイミングと連動していない。出生数減少率が増大している様子である。

死亡数増加の傾向からもワクチン接種すると長期的に死亡リスクを高めるのでは?と考えていたけど、出生数が持続的に減少している状況を見ると、長期的に子供が生まれにくくなっている事を示しているように伺える。

やっぱり、ワクチンってのは一回打ったら、ずっと死にやすく、そして、ずっと子供が生めなくなるのかもしれない。

Birth

| | コメント (0)

より以前の記事一覧