2023年1月31日 (火)

我が家の状況からのワクチン感想

嫁も娘も息子も、、、、各々が属する社会では、新型コロナ感染者が多い。嫁のパート先、娘のバイト先、息子のクラスメート、、、、嫁と娘に関しては、パート先、バイト先の同僚は嫁、娘以外殆ど全員がワクチン接種を受けていて、全員が感染。そして、高熱にうなされて一週間以上体調不良を訴える人が少なくないそうだ。息子も仲の良いクラスメートの多くが感染して高熱となって多くがダウンして学校を欠席していたそうだ。

しかし、家族の誰もが、咳をしたり高熱になったりしていない。もしかしたら感染したのかもしれないが、見た目的には平常通り。これは自分も一緒。

サンプルは少ないけど、ワクチンを接種した方が、感染しやすく、感染してから症状が重く出ているのでは?という風に思う。少なくとも、我が家の場合、誰も顕著な発熱、咳、体調不良は訴えていない。ただ、周りの環境に晒されていたのであれば、もしかしたら感染していた可能性が高いようにも思うけど、仮にそうであるとすれば、症状って何が症状だったのか?というレベル。逆に、家族に自身が最近、塩素アレルギーや副鼻腔炎が改善したって話をすると、アレルギーの多い娘は、最近はアレルギー症状が出ないとか言っている。もしかしたら、感染して知らぬ間に治癒したと同時に、アレルギー症状が改善したのか?とも思える程。仮にそうだとすれば、コロナ感染って有り難いプレゼントでは?とも思えてしまう。そして、身近の未接種者にも話を聞くと、同じ感じの話をしてくれる人が少なくない。

逆に、一回でも接種した人ってのは、感染して結構発熱したとか倦怠感が長く続いたとか、そんな苦しかった話をしてくれる人が多い。更に、同居人家族に接種者が居る未接種者で感染した人の話を聞くと、39.7℃とか、結構な高熱を発熱して辛い思いをしたという人も居る。正直、接種者が周りの未接種者に影響を及ぼす(シェディング)事なんて、個人的には全く信用していないけど、そういう人が複数人居ると、そういう影響を喰らったのか?という風に考えてしまう。

当初は、ワクチン接種したら、新型コロナ免疫だけは強化されるけど、他の免疫が低下して他の疾病に罹患しやすくなるという話を聞いていたけど、最近は、一回でも打ったら1.8倍、二回で2.7倍、三回以上で3.4倍感染しやすくなるとも、、、そうなると、害しかないように思える。

ただ、ワクチンも誰かが一生懸命作ったモノ、最初の頃は少なくとも効果があったのか?とも思う。つまり、アルファ株、デルタ株の頃なら、それ様のワクチンなら効果があったのかも知れない。しかし、オミクロン株以降では、古い株様のワクチンの頻回接種ってのは、マジで百害在って一利ナシって事。実際、インフルエンザでは予測の外れたワクチン効果は期待出来ない。ならば、変異の速いコロナなら、ワクチンなんて99%が型遅れ周回遅れワクチンしか打てない。その時点で無意味って事。

ここ最近、河野太郎さんの反ワク糾弾のニュースを聞く。昔はワクチンに対しては様子見派だったけど、今は反ワク、嫌ワクよりの考えになっている。寧ろ、身内で接種している者が、とっても心配な感情を持っているというのが正直な感想。

| | コメント (0)

自律神経と免疫力

近年、自律神経と免疫力は深い関わりがあるということが明らかになってきている。
自律神経がバランスを崩すと免疫力が低下するとか、免疫力が低下すると自律神経のバランスが狂う。特に副交感神経の働きが衰えるとかという話。

で、ふと思った。先日、ハートセンターという心臓外科に見舞いで出向いたとき、そちらの看護士の方と話をしたことを思い出す。それは、2021年の夏頃から、ハートセンターを訪れる頻脈の患者さんが増えて、アブレーション手術を受けて脈拍を落ち着かせる30~50代の患者さんが激増したという話だ。他にも心筋梗塞、心筋炎で訪れる患者さんも激増しているという話。後者については、聞いた瞬間にアレの接種の影響か?と思ったけど、その後、アブレーション手術、つまり頻脈状態を落ち着かせる手術が増えたということは、患者さんの心拍数が異常に増加しているということ。これって、患者さんの副交感神経の働きが弱っているということなんだろうか?

その原因というのは、もしかしたら冒頭に紹介した患者さんの免疫力の低下が引き金になっているのではないだろうか?

自身の心拍数は平常時で45bpm程度で非常に落ち着いているけど、頻脈状態を訴える患者さんの心拍数は平常時で100~130bpmとかららしい。

アレを打った人は、自身の心拍数を測ってみると良いかも知れない。通常なら60~90bpmくらいが平均値。しかし、何もしていないのに100bpm以上で、場合によっては140bpmとかになっていたらヤバイかもしれない。

因みに、自身が140bpmというと、ピストバイクライドで35~40km/hで比較的高速で巡航ライドしているとき。
ただ、140bpmでも、本人的にはしんどいという自覚は少ないかもしれない。

アレ打って前進の疲労感とか倦怠感を訴える人が多いと聞くけど、そういう人たちは、心拍数が高くなっているかも知れない。

アレ打って体調不良を感じてる人、自身の健康チェックに心拍数測定してみると良いかも。

| | コメント (0)

2023年1月28日 (土)

ワクチンの効果

ワクチンを打ったらコロナに対する免疫は高まるけど、それ以外のウイルスや細菌や体内の異常細胞に対抗する免疫は著しく低下する、、、そう言われていた。

しかし、最近は、ワクチン打てば打つ程、コロナ自体に感染しやすくなり、重症化しやすくなるとか、、、、二回打ったら2.6倍、三回打ったら3.4倍感染しやすくなる、、、そういう事が判ってきた。

これを考えると、打って良い事、一つもない。

更に、最初は打ったmRNAは十数日で消滅するとも言われていたけど、化学修飾されて脂質ナノ粒子でコーティングされており壊れにくくなっているので長期間体内に残る事も明らかにされている。打った場所の細胞で抗原となるスパイクタンパク質を産生するだけとも言われていたけど、実際は筋肉の隙間に打ち込まれたワクチン成分が筋肉の収縮にるポンプ機能で胸腺に送られリンパ管を介して全身を駆けめぐる様になる事も明かとなり、何処の細胞でmRNAが取り込まれるかによって、mRNAを取り込んだ細胞が産生するスパイクタンパク質によって症状が現れるとの話。心臓で取り込まれると心筋炎、心筋梗塞、脳で取り込まれると脳卒中、脳梗塞、眼で取り込まれると視力低下、失明、、、、実際、高知大学の報告では、ワクチン接種後に帯状疱疹を発症した患者の皮膚の異常部を調べると、漏れなくスパイクタンパク質が検出されたという。mRNAを取り込んだ細胞が、そこでスパイクタンパク質を産生すると、それが原因で当該部位付近で血栓を作り様々な症状を呈するということ。

打つ程に、ワクチン成分が全身を駆けめぐり、何処でmRNAが取り込まれるかによって、色んな症状が生まれる。打てば打つ程、全身でリスクが高まるということ。打ち込んだmRNAは十数日どころか、壊れにくく改造されているので長期間全身を駆けめぐる。そして、mRNAを取り込んだ細胞が、何時まで残るのかは、探す限り見付からない。

ただ、相当に長い時間差、具体的には数年単位後に後遺症的症状や致命的な結末を引き起こすと言われている事を考えると、相当に長期間体内に残り影響を及ぼし続けるということだろう。

ところで、ワクチンを打ったら免疫が低下するって話も結構聞く。

先ずは、良く聞く『抗原原罪』って言葉。これって何よ?というと、『最初に打ったワクチンの対象とするウイルス(抗原)の記憶が免疫システムに残り、その後、ワクチンを打っても最初のワクチンが対象とした抗原に対する免疫しか強化されない事をいいます。つまり、コロナでは同じワクチンを繰り返し打つ事で、初回のワクチンが目標とした免疫細胞がひたすら強化される一方で、変異ウイルスに対する備えが手薄になるということ。』更に、人体の免疫細胞のキャパシティは決まっており、コロナワクチンを打ち続けると、初回ワクチンが目標とした免疫細胞だけが強化され、他の病原体に対する免疫細胞が少なくなる。つまり、コロナ以外の病気にも罹りやすくなり、病状の進行も加速すると考えられる。つまり、コロナワクチンを接種すると自然の抗体産生が妨げられ、全般的な免疫システムが低下するということ。これによって、他の感染症、日和見感染症が多発、癌発生確率が高まり、癌の進行が加速する可能性もあるという。

他にも、抗体依存性感染増強(ADE)のリスクも疑われている。ワクチン推進側の言い分としてはADEは認められていないそうだけど、各所から危惧の声が上がっているのも事実。因みにADEとは、ウイルス等から身体を守る筈の抗体が、免疫細胞などへのウイルスの感染を促進。その後、ウイルスに感染した免疫細胞が暴走し、症状を悪化させてしまう現象の事。

専門的な事は良く判らないが、ワクチン接種が始まって以来の様々なデータがワクチンが必ずしも正解では無かった事が強く疑われるのが現状だろう。

やはり、多くの人が声を上げている超過死亡。これもワクチン接種後急増しているのは事実。接種開始以前は、超過死亡というのは殆どゼロだったことを考えれば、接種が始まった2021年で7万人弱、2022年途中の段階で10万人オーバーというのが異常としか考えられない。更に、最近の帯状疱疹、心筋炎の異常増加も然り。そして、ワクチンの接種回数の増加に伴う感染者数、死亡者数の異常増加というのはワクチンに効果が全く無い事を示している事を否定する事が困難な状態。

これまでの経緯を見ると、ワクチン接種開始直後に、ワクチンを否定する論は全部デマと言われていた事が、殆ど正解だったと考える方が自然、、、、

当時、デマとして一蹴されていた、チップが埋め込まれるとか、そんな話も、案外正解だったというオチになりそう、、、。

| | コメント (0)

打ってないのは、、、

確かに、励みになる。色々面倒臭い事や、怠い事に直面しても、アレ打ってなかったら、それだけでラッキーって思う。あんなもん打った状態で、最近の色んな情報に晒されると、、、正直、精神的に病んでしまいそう、、、或いは、打ってない人に攻撃的に為ったりしかねない。

少々の嫌な事は、打ってなかったという事実で随分と忘れる事が出来る。

| | コメント (0)

2023年1月26日 (木)

ワクチンでの心配事、、、、

打って直ぐの急性期の副反応とか、打って二週間以内での副反応とか、そんなんじゃない。一番怖いのは、年単位で訪れる副反応。
打って直ぐってのは、スパイクタンパクとか免疫低下とか、そんなんじゃない。mRNAを守る脂質ナノ粒子的なモノ。こういうモノが長期的に身体に影響を及ぼす事は無さそう。異物故に、身体が耐えれば、少しずつ排出してくれそう。
しかし、脂質ナノ粒子で守られて分解し辛いように改造されたmRNAが細胞に取り込まれた後。mRNAを取り込んだ細胞が抗原となるスパイクタンパク質を作るらしいけど、そういう自分の身体で異物を作り続けるようになった後、どうなるか?って部分。そういう細胞が何時まで身体に残るのだろうか?これが限定的な期間ならば、その期間が経過して生き残っていれば良いのかも知れないけど、その期間が有期か無期かの情報も無い。この改変された状態が長期的に続いたとして、それに対する身体の反応がどうなんだろうか?
怪我とか中毒ってのは、期間で言えば限定的な被害に留まるけど、今回のワクチンの影響の期間が非常に気になる。短期で限定的ならいざ知らず、半永久的となると洒落にならない。
これが、未だ不活化ワクチンとかなら未だマシだったのだろうけど、何故に、よりによって細胞を改造するようなmRNAワクチンなんかなんだろうか、、、、

マジ、いい迷惑。

| | コメント (0)

毎年一回ずつ、、、

アメリカではワクチンを毎年一回ずつ打ち続けるかも、、、そんなニュース。
そんな事になれば、追随国家の日本でも、当然、そういう路線。
全体主義的な流れ、それからワクチン製造工場を国内で稼働、、、
そうなると、乳幼児なら母子手帳等で色んな接種を受けさせるのがデフォルトになっているけど、そんな感じで半ば強制的に毎年一回ずつ打たれ続けるのか?

ワクチン接種の強制圧力というか、マイナンバーカード作れとか、、、、
年金財政が厳しくなったためか、確定拠出年金制度で老後の財産は自分で作れとか、、、

なんだか、嫌な世の中になっていく感じ。

自分の親父世代、人生の幕を数年内に閉じる世代には悪くない世の中だったのかもしれないけど、今の世代にとっては、決して住みやすく楽しい世の中では無いような気もする。

| | コメント (0)

推計人口が更新されました

2022年の推計人口、久しぶりに集計してみました。

先ずは国内の推計人口です。

Japan_20230125123501

今月も快調に前年に比べて多いですね。

引き続き、都市部、平均年齢の若い県の人口動態から死亡者数をピックアップしてみます。

先ずは、東京都です。

Tokyo_20230125122301

次は、大阪府です。

Osaka_20230125122301

愛知県は、

Aichi_20230125122401

神奈川県が、

Kanagawa_20230125122401

兵庫県が、

Hyogo_20230125122501

広島県が、

Hiroshima_20230125122501

次いで、平均年齢が最も若い沖縄県は、

Okinawa_20230125124001

次は、平均年齢の高い県をピックアップしてみましょう。

島根県は、

Shimane_20230125122601

鳥取県は、

Tottori_20230125122601

と、そんな感じ。興味深いのは平均年齢の若い県では2022年の死亡者数が過去に比べると増えている。
しかし、平均年齢の高い県では、死亡者数が増加しているとは言いきれない傾向。

最近、高齢者が多く亡くなっているという話だけど、最近のデータが繁栄されるのは二ヶ月、三ヶ月後。
その時、どんな傾向になっているか注目だ。

 

 

| | コメント (0)

2023年1月25日 (水)

ハートセンターにて

数年前、母がペースメーカーの埋め込みを行った際に行った事がある。
その時、百台近く停める事が出来る駐車場はガラガラ、、、、誰も居ない。ロビーの待合室の椅子も埋まり具合は15~20%程度、、、結構、空いているな!って印象。

しかし、、、先月、母が亡くなったのもハートセンター。こちらに一時入院して二日目だったけど、その際に病院から連絡があって駆けつけた時は駐車場は満車。ロビーの待合室は椅子は全く空いていない。立って待つ人も、、、因みに、待っている人は30~50代が多く、60代以上の高齢者は少な目。

で、病室に入って看護士さんと話しをしてみた。最初に、『こちらの病院、こんなに沢山の患者さんが居るんですね!』と話掛けてみると、、、、2022年12月の段階で、去年(2021年)の夏頃から40代、50代世代で心臓の不調を訴える人が激増したとの事。
数で10倍どころではなく、それ以上に増えて大変との事。確かに、病院に車で乗り付けるというと、高齢者よりも現役世代なんだろうけど、そういう世代が胸の痛みとか、心筋梗塞とかで駆け込んで居るんだそうだ。

その時、ふと接種の事が頭を過ぎったけど、そんな事は言わずにフーンって言ってたら、逆に、ワクチンが始まって増えた感じと説明されたので、頷いて済ませたけど、そう思う人も医療現場では居るみたい。

| | コメント (0)

2023年1月24日 (火)

ワクチンの答え合わせを期待

元々は打つのは自由意志。
しかし実際には協調圧力的に打て打て感が凄かったのが現実。
娘の大学では、嫌がって泣き叫ぶ女生徒を押さえつけて接種、、、そんな事もあったとか。勤務先でも管理職会議では、○○の社員なら打つように!という話が経営者からもあったし、、、実際、職域接種の案内では、数回もエライ人から電話があったりした。その度に断るのは非常に面倒臭い。

特に2021年というと打て打て圧力が強力だったのを覚えている。その後、メディアや著名人から、打たない人は有り得ないとか、そんな話が少なくなかったのを覚えている。

で、それから時間が経って2023年、今ではワクチン疑念の意見や、打って後悔って話もチラホラ聞く。ただ、相変わらず接種推奨の声の方が多数派。

さて、どっちでも良いけど、この賛否というかワクチンの真偽、正解不正解の結論を見てみたい気分。

勿論、非接種だから、そっちが正解という意見を期待するけど、勝手なモノである。接種が不正解という結論をどういう形で見たいか、、、、不正解の形というと、接種による惨禍が訪れるパターンもあるだろうけど、出来れば、接種推奨側からの懺悔的な発表を期待したい。惨禍が訪れるのは、少し困る、、、、それは、、、身内で接種している人がいるから。まぁ、もし身内に居なければ惨禍を見てみたいこともあるけど、やはり、それは出来ない。

ただ、現実に、接種推奨側、例えば、政府であるとか製造元から懺悔するような発表は有り得ない。あるとすれば、隠しようのない事態が訪れ、推奨側が懺悔を強いられるような状態しか考えられない。

正直、このワクチン施策、白黒ハッキリしないまま有耶無耶ってのが一番困る。何故かというと、将来、また同じパターンが起こりうるから。将来、再び愚策で社会が翻弄されないためには、今回の愚策が愚策と誰もが認識するような惨禍が起きる必要があるようにも思う。何故に、こんな事を思うかというと、2021年の同調圧には結構参る感じだったから。

さて、どうなるか?

| | コメント (0)

ワクチンとかコロナとか、、、

ワクチンの真偽について色んな推論が飛び交っている。
正直、ワクチンが正解か不正解か、誰の意見も適当過ぎる。どっちもどっち。正直、判らない。
ただ、判断の一つとして、ワクチン未接種で後悔している人の数と接種済みで後悔している人の数を比べると、、、、何となく答えが見えてくる。後者で後悔している人の声の方が多く耳に届く。
そんな訳で、自身は未接種で良かったと思っている。

あと、、、、感染したかは定かじゃないけど、恐らく、感染してしまったのだろうと思う。
因みに、不調時の最高体温は37.2℃、36.7℃くらいが2日続いた程度。半日程喉の違和感を感じたくらい。ただ、、、、その後、長年悩んでいた副鼻腔炎による就寝時における口呼吸での口の乾燥、、、、これが無くなった。鼻の通りが抜群。スヤスヤ眠れて口の乾燥も無くなった。その後、これとは関係無しで皮膚科に出掛けてアレルギーテストを行った。
その結果、、、、アレルギー反応が皆無になっていた。実に快調。
新しいウイルスに出会って自分の免疫が免疫の軍事訓練を受けたのかも知れない。結果、一段と強化されたのか?と考える程。大事なのは自分の免疫。それを鍛えるのが大事。自分の免疫に、適当なウイルス、雑菌が出会う事で免疫が強化されて身体が守られていく。NGなのは、自分の免疫をダメにしてしまうような処置。mRNAみたいなモノを打ち込むが愚の骨頂。己の免疫を殺してどうするんだろうか?

更に、最近思うのが一寸前に紹介されたディガールの予測、、、これ、西側諸国の人口が2025年に大幅減少する予測。日本では2500万人が減少、、、、なんだか、この通りになるような、そんな気さえする。最近、周りで多くの人が亡くなっている。

自分勝手な話だけど、アレ打った身内の将来はとっても心配だけど、これが他人だと、、、打った後に社会がどうなるか見てみたいと思っている訳で、言い換えれば、何かが起こる事を期待しているという風にも言える。考えてみれば、性格悪いなぁ、、、俺。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧