2018年10月13日 (土)

Windows2000のマザー交換

今更ながら、これを行う。マシンはCUV4X-DからP4G8Xへの交換。周辺機器類は完全移植の予定。

ただ、マザー交換するだけでは、Win9X系のOSとは違って起動出来ないのは目に見えている。ブルースクリーン等を来す。

そこで、、、、納戸に転がっていたATA-133のカードを利用。

先ずは、CUV4X-DにATA-133カードを装着。すると、システムにドライバーが組み込まれる。

次は、このATA-133カードにHDDを繋ぎ変えて起動を試みて正常に起動する事を確認する。

そして、P4G8XにはATA-133カードを装着し、そこにHDDを接続しておく。なお、BIOS設定で、起動順位を内蔵IDEを最後にしておく。

そうすると、ATA-133カード側のHDDから普通に起動し、HDD内のシステムにはM/B用のIDEコントローラが組み込まれて再起動する。

再起動後、電源を落として、HDDをATA-133からオンボードIDEに繋ぎ変える。

これで終わり。

なお、Xp以降のOSの場合、認証作業が再び必要な場合がある。

また、今回の作業では、元のHDDと同容量のHDDを準備して、HDDコピーして複製のドライブを使って実施。
入れ替え後、問題が無ければ、本来のディスクで同じ作業を再び繰り返せば問題無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

マシンUPG

現在、リビングで運用中のP6Tマシンは、昔お世話になったPCショップの元オーナーさんに、最新の仕様でパッケージの見積を依頼している。i7の7820X+X299マザー辺りで計画しているけど、これはこれとして、実は自分用のマシンも見直そうと検討中。

自分用のマシン、既に時代遅れも甚だしいPentiumIIIマシンである。1GHzのDualとは言え、さすがに古い。組み上げたのは1999年頃だ。基本、調子は悪くないけど、最新のブラウザ、プラグインの動作条件にCPU側にSSE2が必須となってきた現状では、PentiumIIIマシンでは厳しい。勿論PentiumIII-Sでもダメだ。我が家にはPentiumIIIのデュアル機が溢れているけど、PentiumIII-S機以外は引退かもしれない。

ただ、一から全部リフレッシュして作るのは面倒臭い。マザーの入れ替えのみで済ませたい。OS的にはWindows2000でも不満は無いからだ。色んなデバイス、特にレガシーデバイスを大量に運用しているので、環境はそのまま移行するのがベスト。単純にSSE2対応で極力古いマシンが理想。出来れば、OSのインストールも行いたくない。入手はオークション辺りで中古マザーの調達で対応したい。

でも、PentiumIII世代で現状のCUV4X-Dを超えるマザー、マシンは殆ど存在しないので、Pentium4世代から選ぶ事になる。勿論、CPUとかFUNを新たに買う気もない。マザーに引っ付いているモノを選びたい。メモリーに関してはマザーに付属していれば規格はどうでもよいけど、無いならばPC133に対応した超旧世代機が良い。

HDD、グラボ、CD-ROM等はそのまま引き継ぎたい。つまり大昔のATA仕様が理想。今のSATAは不要。

で、見繕うと、マザー+CPU+FUNの構成だとP4Bが理想。マザー+CPU+FUN+RAMの構成だとPentium4世代機ならOKだ。理想はP4G8X DELUXE辺りだろうか?Core世代だとSATAとかになるのでNG。Windows2000が楽に動くのが良い。繋ぎ変えてドライバの部分修正だけで動かしたいのである。大掛かりな移植作業はお断り。

因みに、10年程前に導入したコンパックのW6000は2.8GHz駆動のXeonのDual機だけど未だストレス無く稼働中。このレベルの速度で十分。

よって、自分用マシンのUPG予算は2000円。これで探したい。
因みに、インストールをゼロからやるなら、手持ちの余剰部品で作るのが安上がり。在庫パーツとして新品のCore i7 4820KとFUN、マザーはASUSのX79 Deluxe、SATAのHDDが転がっている。ただ、この世代のマシンは旧OSで運用するのは厳しいから見送りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

ジオシティーズも終了

Yahoo!ジオシティーズ、3/31で終了だそうだ。2000年頃から始まったホームページサービス、遂に終了とのこと。
そこで告知を見ると2019/3/31で終了とのこと。

ホームページサービスの終了といえば、ニフティの@homepageサービスも終了して久しい。ニフティの場合は、後継のla.coocan.jpに以降する事が可能だったけど、ジオシティーズでは、後継という訳ではない他のホームページ運営会社を紹介する方法だ。

今の時代、ブログ形式のサイトがメインで、ホームページ形式のサイトは流行らないのかもしれないけど、コンテンツを時系列で増やす必要のないものは、ホームページの方が便利のような気もするけど、サービスが終了するというのは、そういう情報の必要性、需要というのは少数派なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そもそも電子機器は、、、

面倒臭い。パソコン、パソコン通信、インターネット、メール、スマホ、SNS、、、、と、いろいろと電子機器及び、それを使った新しい様式が生まれて久しい。

ただ、、、基本的に、どれも面倒臭いし、極力、そういうモノに投資するのは避けたい。

流行り廃りがあまりにも速く、それに投資するのを躊躇する。色んな機器、色んなサービスが登場しているけど、基本的な部分では不変である。プラットフォームが変わったり、小型化が進んだり、高速化が進んだりして鮮度を保っているだけで、鮮度が落ちれば市場での評価は一気に失われている。

共通するのは、基本は情報のやりとりである。情報というのは、非常に価値がある反面、情報だけでは糞みたいなものである。情報というのは実体に付随して初めて価値が生まれるモノ。逆に言えば、実体が存在しなければ情報は虚構的な存在に過ぎない。

実体と情報を比較すれば、市場評価が乱高下しないのが実体で、情報というのは先述のとおり評価は安定せず、むしろ失われやすい。時間の経過での評価傾向を見ると、希少性等で評価が高まるのは、情報よりも実体の方である場合が多い。

そういう訳で、自身は情報を扱う様式であったり、機器等には、最近は殆ど関心が無い。その必要性の有無の判断は、それを知らずとも生活が成り立つか否かである。知れば便利かもしれないが、知らなくとも不便を感じていなければ、敢えて利用しようという気にならないからだ。その世界において必要最小限と思える範囲の利用に留める場合が多い。

そもそも、情報というのが便利そうにみえるけど、情報というのは本来溢れて存在しているもの。電子デバイスで提供される情報というのは、多様な情報から利用者にとって必要だと思われる情報を抽出したもので、情報の大事さというのは、実は抽出した情報ではなく、情報を抽出する思考であったり判断力の部分である。そう考えると、便利すぎる機器を利用することで情報の判断力を失うというのが、一番恐いような気もするのである。

何処まで利用するか?という部分の境界をしっかり判断しなければ、そういう機器が無ければ何も出来なくなる可能性を感じる事が多い。そういう意味で、そう言うモノの利用は最小限に留めるというのが基本的な考え方となっている。まぁ、時代遅れかもしれないが、必要性の判断は、他人が利用しているからというのではなく、自身の行動における不満の解消が見込めるからという判断が必要。勿論、メリットを受ければデメリットも発生するので、そのメリットとデメリットの評価の比較の上、採用するかどうか?を決める事が大事だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

動画初投稿、YouTuberか?

基本、稀に視聴するだけで、アップする事はなかったけど、この度、小さな動画を少しアップしてみた。
操作は簡単である。

これで、ユーチューバーか?(笑)

基本、著作権の問題もありそうなんで、音楽は使わない。引用画像も使わない。

オリジナル撮影映像だけ。また、投稿するのは、自分が驚いた映像、基本、恐怖体験映像だけ。

一つは、ギリギリで抜いていくキャラバンの接近映像
https://www.youtube.com/watch?v=le7zI9GVtG4
これは、ピストで走っている時に、後方からギリギリに抜かれてドキッとした映像

もう一つは、脇道を逆走して飛び出してきてドアミラーを落としていく自転車
https://www.youtube.com/watch?v=D9l7_uiidCY
これは、脇道から逆走飛び出しで接触してきた自転車。保護者的には車が100%悪いと逆上、、、

この二回はホント、驚いた。特に、逆走自転車のヒステリックな保護者の理不尽な言動にはビックリ。ボイスレコーダーで記録しときたかった程。

煽り運転とか、暴走についてイラッとしたものは、これまでスナップショット画像のみ公開していたけど、イラッとする度合が酷いもの。つまり、悪意に満ちた、或いは、意識が激しく欠けた運転者、つまり自己中心的な度合が極端な場面は動画も公開する予定。基本、未編集でそのまま公開する予定。

広告収入も何も期待しない。晒すだけである。それ故に、他者の撮影した映像は利用しない。

動画をアップするという意味では、ユーチューバー?、、、但し、広告収入無しなら違うのか?

まぁ、どうでも良い。

動画を見ると、ダラダラ長いのが多いけど、自身は、スパッと結果が分かる数秒に凝縮した動画だけ掲載する。

なお、メインサイトにも掲載中

http://replica2st.la.coocan.jp/video/video_index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

電源交換

リビングの映像編集用PC、最近調子が悪い。
半年前、HDDは入れ換えたけど、ブルースクリーンにフリーズ、、、、更には、起動時に「ピーピピピ」、、、、

これって、もしかして電源?

ということで、5年ぶりに電源交換しました。GOLD PLUSの電源で、今度は850Wから1350Wに増量しました。

結果、今のところ、安定しています。

電源劣化で不安定化、、、、結構あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

インターネットラジオ

最近、ラジオを聴く事が多い。
でも、ラジオっていうのは、どこでも聴けるけど、聴く場所によって受信状態に差異が出やすい。
受信手段は基本は電波だけど、今時はインターネットで受信も可能。
最近は、家庭内なら無線LANでWi-Fi受信も可能なので、受信環境に優れるインターネットラジオっていうのは非常に有望。

今の時代、スマートホンがラジオ代わりになるけど、そうではなくて、家庭で据え置き利用が可能なインターネットラジオがあれば便利。
インターネットラジオといえば、パソコンで聴けば済む話だけど、パソコンっていうと、見た目、スピーカー、電源騒音等で少々面倒臭い。

インターネット受信が出来る据え置きラジオがあればベスト。ネット受信なら録音システムも不要。タイムシフトで聴く事が出来るなら機能を特化できる。

スマホとは違った形で、見た目ラジオ、受信はネット、そういう専用機が欲しい。

今選べるリーズナブル機種は、ネットラジオでも全国のコミュニティ放送局に限定されていたり、海外のネット局限定のモノが殆ど。

ただ、そういう要望の人は少数派故に出てくる事は無いかも知れない。

もう少し、radiko端末が沢山出てきて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

無線のマウス

我が家では、リビングに設置してある画像、動画編集用のi7マシンと、年賀状印刷の専用機となっているデュアルXeonマシンの二台がキーボード、マウスが無線式である。

線が無いのは良いけど、電池寿命が今一である。キーボードの方はマシだけど、マウスの電池寿命が短すぎるような気がする。

まぁ、使い方、保管の仕方に問題があるのかもしれない。

i7マシンの方はエレコムの製品だけど、概ね1ヶ月でアウト。Xeon機の方はマイクロソフトの製品で、概ね半年でアウト。

まぁ、交換すれば良いのだけど、突然、反応が悪くなって動きづらくなる。電池が消耗したら電池交換を促すメッセージでも出ればよいけど、判断は動きが悪くなるという症状で、メカ的に故障?と思うので厄介。

ニッケル水素電池に切り換える方が良いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

スタンバイディスク5からディスクミラーに!

自宅の画像編集マシンとして運用しているP6Tのi7機、2017年の春にVistaからWindows7に入れ替えた。
暫くは、内容アプリは、そのまま使っていたのだけど、表題のPowerXのスタンバイディスク5は、Windows7に完全対応では無かった様子。
当初は普通に運用していたのだけど、バックアップスケジュールを変更しようと思っても、それは不可能な事に気付いたのだ。

そのため、サポートサイトを確認すると、Windows7対応版がダウンロード可能ということで、ダウンロードサイトに行ってみると、すでに配布は終了。問い合わせると、サポートも終了とのこと。

結構気に入っていたのだけど、凄く残念。因みに、我が家のWindows7はHomePremiumなので、ソフトレイドには対応していない。ただ、そのためだけに、Windows7をUPGさせるのも面倒臭い。

システムをバックアップするのも、保守作業で起動等の手間を考えると怠い。今更RAIDを組むのも面倒臭い。理想は、スタンバイディスク5のような入れ替えだけでスタンバイ可能なシステム。

で、探し当てたのが、アーク情報システムのディスクミラーというソフト。これ、基本はスタンバイディスク5と同じような構造で、定期的なスタンバイディスク作成、ソフトレイド的なミラーリングディスクの作成が選べる仕様。随時性を取ればミラーリングディスクの方が良いけど、ミラーリングは、ディスクアクセスが元とバックアップが同じ頻度で発生するので、故障の時期が同時期にやってくるような気がするので、週一のディスクスタンバイ操作を実行させるスケジュールで運用している。

ディスクミラーは、スタンバイディスクほどの設定の自由度、コピーの速さは無いけど、不思議と、システムのハングアップの頻度が大幅に低減している。そういう意味では安定度が高いので嬉しいところ。

ディスクミラーについては、もう少し、設定の自由度が在れば嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

PentiumⅢ

化石的なCPUだけど、インテル初のギガヘルツ越えを達成したCPUシリーズ。全盛は1999年頃、カッパーマインが登場した頃のモデル。
カッパーマイン登場前のPentiumⅢ世代といえば、Katmaiの時代だけど、この時代のM/Bは結構不安定で故障が多かった。
しかし、カッパーマイン登場後にリリースされたM/Bは安定度が高く、性能的にもまずまずで満足度が非常に高い製品が多い。
我が家では、デュアル構成のCUV4X-Dを導入以来、殆どトラブル無しである。途中、グラボを何回か交換したくらいで未だに運用中である。
2001年頃、CUV4X-DでPentiumⅢの1GHzのデュアル構成が定番化してずっと使っている。途中、予備機を製作した時もCUV4X-Dで、これも未だ安定稼働中だ。2007年の段階では既に型遅れだったけど、PentiumⅢが安価だったこともあり、子供用練習PCには、GA-6VXD7でPentiumⅢの1GHzデュアル機を横置きデスクトップで製作、更に、データ保管用PCにGA-6VTXDでPentiumⅢ-Sの1.4GHzデュアル機も運用している。結果、PentiumⅢの1GHzオーバーのデュアル機が四台稼働中である。

因みに、後のPentium4世代のマシンとしては、PrestoniaのXeon2.8GHzのデュアル機、Core世代のマシンはノートPCがあるくらい。初代i7マシン迄空白となっている。

ブラウザは最新のFireFoxで使っているけど、取り敢えず、大きな不満は無い。
ただ、PentiumⅢの1GHzデュアル機では、処理がさすがに厳しいという印象。PentiumⅢ-Sの1.4GHzなら大丈夫という感じ。HDDのコピー前に久しぶりに動かした感触としては、悪くない。業務で使っているPentium4の2GHz機よりも快適な程。ということで、これは残しておきたい。

この世代のマシンの資産が大量にあるので、一気に処分というのは未だ考えていないけど、少しずつフェードアウトさせる事も考えている。

取り敢えず、先に記載したように書斎で使っているCUV4X-DマシンのマザーをGA-6VTXDに交換する事辺りから始めて、PentiumⅢの1GHzデュアル機を少しずつ引退させたい。引退させる理由はOSがさすがに古い。魔改造のWindows2000ならOKだけど、XpのSP2以前は厳しい。Windows2000も魔改造したものを複数面倒見るのも面倒臭い。最低でもXpのSP3、VistaのSP1以上のOSは必要。

とは言いながら、PC9821もラスト一台が動体保存中。ただ、さすがに20年選手のPCはそろそろ引退だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧