2021年4月15日 (木)

ピーピピピ

PC運用中、突如画面がフリーズ、そしてブラックアウト、リセットさせて再起動を試みると、表題のように『ピーピピピ』で起動しない、、、、電源を何度か弄ると起動、、、しかし、再び不安定に、、、、

これ、ビデオカードのビデオRAMの不具合が原因のようだ。

ビデオカードを交換すると、安定する。

高性能、高発熱のビデオカード程寿命は長くない様子。

最近組んだPCはファンレスのカードを使っておりトラブルは皆無。

しかし、昔組んだ、GEFORCEの9600GTとか、GTX550Tiとか、RADEONのHD2800とかは結構不安定になる。

交換の際には、その時点で選べるファンレスカードをチョイするのが良さそう。

GT1030、GT730、この辺りのカードが安心。

ゲームゴリゴリするのでなければ、廉価カードで十分。

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

サウンドブラスター AUDIGY FX

先日、予備機のi7 3930K機の音源が死んだ。ASUSのRampageⅣのオンボード音源だ。チップは生きているけど、ショックを与えると音が出たり消えたり、、、、デバイスマネージャーからは認識しているので、恐らく端子とマザーの接触不良っぽい。

分解して修理するのも面倒臭いので有り余っているPCI-Eスロットに後付け音源カードを加えることに。
で、選んだのは、表題のクリエイティブメディアのサウンドブラスターAUDIGY FXである。サウンドブラスターと言えば、PC98時代に選んで依頼、AT互換機でもSB64PCIとかSB Live!とか、そういうの依頼である。

ネットで探して選んだのが、この時点でAUDIGY FXというモデル。価格も安く、ブランドも聞き慣れているのでチョイス。Amazonで2800円。パッケージ版で製造は2019/8のようだ。で、カードを装着すると、普通に認識。その後添付CDでアプリケーションを入れると、音源が音を出さない、、、、アプリケーションマニュアルを観ると、対応OSはVista、Windows7?で、Windows10の表記無し?
そこで、アプリケーションをアンインストールすると音が出る、、、、ただ、再生ファイルによっては途中で音が消える、、、、

怪しい、、、

そこで、再度アプリケーションをインストール、、、当然、音は出ない、、、今度はデバイスマネージャーで状況をチェックすると、異常は無い、、、ただ、音源系のドライバーの更新を行ってみると、アプリケーションインストール前は最新だった筈だけど、インストール後は最新では無いようだ。そこでドライバ更新を行うと音が出るようになった。

そして、再生途中で音が途切れていたファイルの再生を試みると、今度は無事に再生可能、、、

このカード、装着しただけでも音は出るけど、ファイルによっては音が消える。その場合、添付アプリケーションをインストールした後に、デバイスマネージャーを起動してドライバ更新をチェックする必要があるみたい。

このデバイスマネージャーで!マークがあれば気付くけど、無ければスルーしがち。今回の件は、カードを指した段階では最新のドライバーが組み込まれるけど、CDからインストールしたらドライバが恐らく最新ではないモノに置き換えられる。これが原因。Windows10なのにCD自体がWindows8用だったりするとあり得る話。大事なのはドライバである。そこで取り敢えずデバイスだけは最新に更新する、、、この作業が重要ということ。改めて認識したところである。

まぁ、Windows系OSでの基本的なチェック項目。

それにしても、、、オンボード音源がトラブルを起こす事もあるんだ、、、、その事自体にビックリである。

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

予約投稿

SNSにアップする記事、入力即アップ、、、それはしない方が良い。
入力時、書き手というのは高揚感があるだろう。それ故に、いろんな影響を含めて拙い場合もある。
そこでお奨めなのが、入力は別のエディタで行い、或る量が溜まったら管理画面で文章のコピペで移す。そして、アップ時刻をタイムラグを置いて指定する。これが良い。

記事は製作しても、SNS管理画面への投稿は別のタイミングで行い、そしてアップ時刻は大きな時間的なラグを与えて予約投稿する。

これがベスト。

最近は画像にも記録時刻とかGPS情報も残る場合がある。リアルタイムだと、何処にいる?も特定されかねないけど、予約投稿で公開に数ヶ月とかのラグを与えれば、そういう情報の即時性は失われている。過激な私感も予約投稿することで、途中でアップを止める判断も出来る。

何でもかんでも、入力即アップ、、、それはしない方が良い。

自身の場合、2019年秋現在、ルーティーンで作成する記事に公開期日は2021年春である。1年半も先の事。別にそれで構わない。そもそも、ブログ記事なんて人に見せるものではない。後から見直して記憶を蘇らせる日記みたいなもの。公開されようがされまいが関係無い。

ただ、現実的に1年半というのは先過ぎるかもしれない。待機記事が1日2本だから、365×1.5年×2=1000本以上、、、、アホだな。

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

怪しいサイト

ネットショッピング全盛だけど、未だに怪しいショッピングサイトがある。
怪しいショッピングサイトといえば、一見、普通のショッピングサイトだけど、よく見れば怪しさ満点である。

過激な迄の値下げ率、更に、ラスト一品限りを謳ったりしている。

ネットショッピング、行うなら、大手(アマゾン、ヤフー、楽天)のショッピングサイトからの購入に留める方が利口。

まぁ、全商品70%オフとか、、、そんなの有り得ない。

| | コメント (0)

2021年1月29日 (金)

PCは極力シンプルが

パソコン、構成は必要最小限が使い易い感じ、、、
元々、増設の鬼的なところがあった。
発端はPCが未だ高価だったころ。PC98の時代。この時代、何かしようと思えば兎に角増設が基本だった。CPUの高速化、HDD容量の拡大、、、、これでCPUはODP等を搭載、HDDはSCSIのIDが許す限り拡大、ビデオカード、グラフィックオーバーレイカード、MPG再生支援カード、サウンドカード、、、、、という感じ。
この名残でPC/ATを製作。その初代機の流れを今でも使っている。CUV4X-Dだけど、CPUは2個、メモリ目一杯、此処までは普通だけど、ドライブはATAのHDDが二台、SCSIのHDDが二台、ATAの光学ドライブが2台、SCSIのリムーバルメディアドライブが1台、ビデオカード、サウンドカード、増設USB・・・・と色々であった。
しかし、古くなると起動エラーが頻発、結局、SCSIのHDDは撤去、ビデオカードも低消費電力型、その他不要なモノをカットして比較的安定している。

この二代目に作ったのはVISTA時代だけどP6T+i7である。こちらもビデオカード、チューナーカード、キャプチャーカード、光学ドライブ2台、HDDは3台、、、と結構な構成だけど古くなるとエラーが頻発。

その後、Windows10の時代からは、メモリこそ多目だけど、ビデオカードはファンレス、ドライブは多くてもHDDが2台迄、光学ドライブは1台、それ以外無しというシンプル構成。

で、印象は構成、増設がシンプルな程、長期安定という傾向。増設が多いのは電源負担が多いためか、機器を遮断したら安定というパターンだったりするので、結局は要らないモノは削除というのが一番というのが感想。構成をシンプルにすると起動終了も迅速。今の構成だと起動は10秒以下、終了も10秒以下である。VISTA時代では起動に1分、初期の自作AT機では起動に2分とか要していたので全然違う。

結局は、シンプルイズベスト、、、、今更ながら実感している。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

おちさつ

こういうサイトがあるそうだ。
ヤフオク等で出品IDや落札IDを調査出来るサイト。
これを使うと、IDが何を落札したか?がモロばれ、、、、、

別に誰が何を買おうと関係無いけど、最近、ネット掲示板で話題のスレッドがあるけど、そのスレネタの人の言動不一致が笑える。この状態が『おちさつ』でモロばれ。

スレネタの人は、ブログでの自己アピールが凄いのだけど、このアピールが殆ど虚飾に彩られた状況というのがバレバレだったのだけど、最近は、『おちさつ』で、殆ど全ての主張が虚飾に彩られている事が暴かれている。

チョイ、悲惨、、、、、

ネット世界でのアピール、別に真実である必要は無いかも知れないけど、見栄を虚勢を張って攻撃的すぎると、チョットした隙間から嘘が暴かれる。こういう嘘を暴くのが、表題のような『おちさつ』のようなサイト。

しかし、この『おちさつ』ってサイト、スゲェなぁ、、、、

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

SCSI MO

SCSIドライブ、基本的に使っていない。
ただ、一番古いPCにはSCSIカードがついて、HDDとMOがぶら下がっている。大昔はSCSIで運用していたけど、十数年前にATAに入れ換えて、そのままデータドライブとして繋ぎっぱなし。因みに、カードはAHA29160だ。これに外付けの640MBのMOも繋がっていた。
ところが、この古いPC、ある日起動時にSCSIドライブが一つ認識出来なくなった。原因は内蔵のSCSIのHDDドライブが御臨終したからのようだ。
そこで、もう使わないからという判断でSCSIカードとドライブを撤去したのだが、、、色々整理しているとMOディスクが結構沢山ある。色々バックアップしたものもある。
で、気が付くと、、、、MOドライブは今は全くない状態。

どうするか?

考えた末に、再度AHA29160を装着することに、、、そして、外付けMOドライブを解体してベアドライブにして内部の3.5インチドライブベイに装着してみた。

もう、小容量のHDDは使う事はないけど、まぁ、MOデータを採取する時の効きとしてはあっても良いか?という判断である。

いまや、ATAも化石だからなぁ、、、、。

| | コメント (0)

マシン構成

PCの構成、基本、不要な増設は極力控えるのが一番。そして、能力的に求めないのであれば、出来るだけ省電力構成で組むのが良いかも知れない。

起動が不安定になるのは電源の消耗が原因だけど、電源の消耗が原因となるのは消費電力が大きすぎる構成のためだろう。電源が消耗したとしても、構成的に電力消費が少な目だったら問題には至らない。

リビングで2006年以来使っているマシン、電源の交換は三度目だけど、光学ドライブが複数あったり、電力食いのビデオカードを使っていたりしていたのが原因。

故障の度に、光学ドライブを減らしたり、ビデオカードを省電力品に換えたりして延命して今に至っている。

1998年以来つかっている書斎の古いマシンもHDD台数も半減、光学ドライブも半減、ビデオカードもローエンド品に交換、、、、それによって安定度は飛躍的に向上している。

数年前に製作したi7の3930機、4820機ではビデオカードはファンレス仕様、ドライブは最小構成で組んでいるけど、そうなってくるとトラブルは殆ど皆無。

結局、構成をシンプルにするのが一番のようだ。

大昔、90年代半ばの自作PCブームの頃、PC98改造ブームの頃の流れで2000年代初期迄は結構フルスペック仕様としていたけど、そういう過剰装備はマシンを不安定にするだけ。

使う機能を満たせる範囲で極力省エネ仕様で組むのがベスト。

ただ、全てをローエンドにするとストレスが溜まるので、起動、終了、通常作業の高速性は保ちたいので、マザー、CPU、メモリー容量辺りは、時代なりのハイエンド近くで組みたい。

ゲームしないのでビデオカードを適当なので済ませるのが効いているっぽい。

正直、ビデオカード如きに100W以上の電力を喰われるのは御免である。

ビデオカードで好きのは、GTX1050Ti Kalm X、GT730、GT1030辺り。

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

掲示板、微修正

掲示板、殆ど廃墟状態だけど、稀に書き込みがある。
で、問題が発覚、URLリンクの部分。最近はhttpsが多く、httpを自動入力だと不具合が、、、ということで、この部分の修正を実施。

年に1~2回の書き込みだけど、まぁ、不具合は気付けば直す、、、、。

しかし、、、ホームぺージは18年、ブログは15年、長続きしているなぁ、、、。

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

Webike!

これ、とっても便利。
単車の純正部品が自宅に居ながらネット注文出来る。これは最高に便利だ。
パーツリストで部品番号が判れば即注文可能。

ただ、欠品情報も直ぐに判る。まぁ、無いモノは仕方ないけど、欲しいモノが見つからない場合の落胆も直ぐやってくるが、、、、。

昔は広島ならパーツセンターに出向けば、そこに車種別のパーツリストがあるので、そのパーツリストで番号を調べて、受付でパーツの注文が出来ていた。ヤマハなら東雲のマツダ教育センターの向かい、ホンダなら大州の今の田中電気工業近く、スズキなら祇園、カワサキなら出汐界隈、今の小笠原、チョイ前のファイナルの在った店舗、、、、そこで、パーツ注文出来ていたけど、地方の部品販売拠点が無くなってからは、結構不便していたけど、最近はWebike!を使えばネット注文出来るので助かる。

このサービスはずっと続いて欲しいモノ。

最近は、Webike!でパーツ検索して絶版部品だと判れば、パーツ名称でオークション検索、それでもダメならパーツ番号でE-Bay検索、、、、こうすれば大抵は見つかる。

大変便利である。

最近だとCXのスタータークラッチ周りのパーツをフロリダから調達。CXのクラッチケーブルは国内のショップの長期在庫品でGL500用をオーダーしたらピッタリ一致、BT1100でも欠品パーツをオランダのショップから調達したり、ドイツの中古パーツショップから調達したりしたりと、なにかと助かっている。

一昔前、ホンダのC200のレストア時には、遠方のショップに以来してオーダーしていたことを思えば手間が随分と違う。

イイ時代になったものである。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧