2020年10月16日 (金)

フィッシングメール

最近、とても多い。
楽天、アマゾン、三井住友カード、、、、、利用確認とかパスワード確認とかを促すメール。

これら、全部嘘。

そもそも、所有してないカード、登録してないサービスからメールが有ったりする。

他にも、運送会社からの不在通知メールとか、、、そもそも携帯電話メールを公開してないのに届いたり、、、、

後は、同窓会云々で問い合わせたい、、、とかのメールも有り得ない。

こういうメールで引っ掛かる奴が今時居るのだろうか?

ホントに重要な要件ならメールなんて手段で連絡は無い。

メール連絡で何かを促すのは、100%嘘。

大昔、ワン切りの電話が有ったけど、似たような感じか?

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

さすがにPentium系では、、、

Windows7サポート終焉に近づいた時に思ったこと。色んなプラグインが同時に動作しての使い心地の面で思うのは、さすがにPentiumIIIとか低クロックのPentium4ではストレスを感じるようになってきた。勿論、動画等々は最初から使ってないけど、ブラウジング等の基本的な作業で引っ掛かりを感じる様になってきた感じ。

PentiumIIIではデュアル構成、ギガヘルツでも厳しい。ただ、PentiumIII-Sの1.4GHzなら結構大丈夫っぽい。Pentium4ではHT未対応、2GHz以下では厳しい。Xeonで2.8GHzのデュアルなら全然大丈夫。シングルでも3GHzでも無事っぽい。

通常のcoreは厳しいけど、i7なら第一世代でも未だ大丈夫。970なら全然余裕。勿論、その後の世代の3930、4820、6950辺りも当然楽勝。

もうPentium世代は引退という感じ。まぁ、20年間運用できたという事を考えれば万々歳だろう。

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

ICONIA W510、寿命か?

最近、不調、、、、HIDのタッチパネルデバイスが動作不良、、、、更に、先日は修復不可能な状況で再インストールする嵌めに、、、、更に更に、昨晩も修復不可能な状態に、、、

原因は良く判らない。っていうか、判ったとしても内部部品を交換って感じにはならない。

通常の自作PCなら問題箇所と思しき部分の交換で対応できるけど、タブレットPCのようなモノは、なかなか困難。

これ、処分かな?

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

PentiumIII→Core2Quad

先日、解体してPentiumIIIの1GHzのDUAL機、余ったマザーで組み換える事に、、、
今度はCore2Quad E9550である。これまでXpで運用してきたけど、次は一応はWindows10である。横置きデスクトップで、周辺機器はそのまま移植。グラボだけ昔使っていたGeforce9600GTに変更する程度。
息子の部屋で稼働させる予定。

元々は娘が幼稚園~中学校の間に使っていた機械。高校入学時にASUSのWindows10のノートを与えていたので死蔵状態だったのだけど、この度再利用。横置きATXマザーという点で、或る意味貴重。電源的に厳しければグラボはGT710で使う予定だ。

この横置きケース、元々はPentium200MHz用のケースっぽいけど、未だ使える。

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

P4G8X Deluxeマザーの使い方変更

そもそも、このマシン、今使っているCUV4X-Dの代替に投入したモノ。ただ、既にブラウジングも殆ど行わないのでマザーを入れ換える事自体が面倒臭くなってきた。
最近、ネットアクセスはP9X79 Deluxe+i7 4820Kマシンで行っているからだ。
ということで、CUV4X-Dは古いデジカメをシリアル接続したりして使うのがメイン用途。このままフェードアウトさせる方向だ。

で、娘のGA-6VXD7が不要となったので、このケース内のマザーを入れ換える事に、、、、PentiumIII、1GHzでデュアルでも遅い。で、代替候補が二通り。
余っているのがGA-6VTXDだ。こちらはPentiumIII-S、1.4GHzがデュアルのマザー。これだとチップセットも殆ど一緒だから、そのまま交換でいける。
他の候補としては、CUV4X-Dの代替マザーとして調達して放置していたP4G8X Deluxeマザーだ。これはEPSON Endeavor Pro2000のマザー。Pentium4の3.06GHzとメモリーが付いた状態。これを利用するのもある。この場合、OSは入れ換えるけど、余っているOSとしてVistaが転がっているのでこれで良かろう。Pentium4で高クロックだけどNorthwood世代だからWindows10は無理。まぁ、Vistaで十分。Xpでも良いくらい。

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

転用、転載は、、、

インスタ、フェイスブックといったSNS、ブログを見て思うのは、、、、

最近、異様に画像をアップしているのが多い。

それは悪い事ではないが、その出所は何処よ?っていうのが結構多い。

インターネット上の掲載動画のスナップショット、画像転載、マンガやビデオの映像、スナップショット、他人の写真、、、、

著作権、肖像権的にやばくない?ってサイトも結構多い。

他のサイトのスナップショットを掲載して、それに一言加えるようなサイトもある。

正直、モラルを疑う。他のサイトへの意見なら、そのサイトにコメントすれば良さそうなものだが、そのサイトのスナップショットを掲載して一文を加えて掲載、、、一寸違う気もする。

転載や転用が、何でもかんでもダメという訳では無いだろうけど、明らかにダメだろうってのは確実にある。ニュースサイトのスナップショットは確実にアウトだし、マンガのページスキャンニングもアウト、映画のスナップショットもアウトだろうし、個人が私的に撮影して掲載した写真や画像を転載するのもアウトだろう。一般人の姿が映された写真なんてものを掲載するのも肖像権的にアウトだろう。

アウト、セーフの判断は、普通に生きていたら多分判るはず。でも、このアウト判断が厳しい人も結構居る。大抵の場合、若年層か高齢者、二極化しているように思う。

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

動画結合ソフト

最近のアクションカメラ、ドラレコというのは、小さなファイルを保存している。連続した一つのファイルではない。

ただ、これを通して見ようとすれば、結合してしまいたいけど、結合出来るソフトは案外選択肢があるようで無い。

無劣化で単純に接合する。UNIXのコマンドならCATコマンドのようなソフトは無いか?

ファイル形式にもよるけど、WMV、ASFのファイルならWMVTOOLというのがお奨め。

しかし、MOV形式のファイルに対応していない。これならUNITEMOVIEがお奨めだけど、これが確実に動作するのはVista迄。Windows7ではエラーが発生して結合出来ない場合もある。

そんな時、他に無いか?というと、これは本来有料だけど無料版も存在するBandicutというソフト。これは動作も速くエンコード指定無しで単純に結合出来る。稀にエラーが発生するけど、基本的に使用可能。

ただ、あまり知られていないけど、MOV形式のファイルならQuickTimePlayerだけでも可能。プレーヤーを立ち上げて、そこにMOV形式のファイルをドラッグすれば、それだけでファイル結合が可能だったりする。案外知られていない。

| | コメント (0)

ネット×高齢者

元々、インターネット上での発進といえば30代が多かったように思う。時代は何時か?というと1998年頃だ。Windows98SEでダイアルアップ出来るようになってからだ。
この時代、ネット回線に接続するというと、家長の権限でもあり、10代、20代だと厳しかったように思う。30代、つまり30~40歳くらいの筈。この頃、高齢者はパソコンが苦手というのが通念だったけど、、、、、

時は変わって2020年の今、あれから20年以上、下手すれば25年くらい経っている。
で、当時の30代は、、、今は50代半ば以上~還暦以上である。立派なシニア、高齢者である。

20年前の高齢者とは違い、今の高齢者はパソコン、インターネットが苦手ということは無いのだ。

ただ、やっぱり高齢者。基本は意固地。意固地で顔を見えない事を良い事に、ネット上で過激な主張をしている人は少なく無い。どんなジャンルで過激な主張があるか?というと、嗜好性が個人に帰結する趣味ネタだろう。

バイク、自転車辺りではシニア以上世代の意固地で頑固な主張が少なく無い。まぁ、自分のサイトもそういう傾向があるけど、それ以上に排他的で攻撃的なサイトも結構多い。

この攻撃性、度が過ぎると巨大掲示板辺りで格好の的になる。

ただ、インターネットという誰でも見れる世界での発言は、あまりに一方的で攻撃的で反感を買うような情報の発信は控えた方が良いような気もする。

無用な争いはしない方がよい。

そうは言いつつも、そういうのを見ると、つい読んでしまうのが悪い癖。

十数年前に、ガンマ改造で340km/h出て、竜洋で計測したとか、ワークスパーツ満載とか、ランス・アームストロング氏の乗り方を至高としてクロモリマンセーなロード論とかあったけど、今も似たようなのが結構少なく無い。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

データサイズ

80年代後半のパソコン、増設HDDはSASI40MB程度、利用メディアは5inchFDDで1.25MB、これがスタンダード。ただ、90年代に入るとのSCSI規格で80MB~160MB程度のHDDが登場、FDDも3.5inchになる。この頃、扱うデータサイズはテキスト系でKBオーダー。出始めた画像データもKBオーダーである。

その後、Windowsが登場、デジカメの高画素化が進む。2000年代に突入するころ、データサイズはMB台に突入するかどうか?と言う時代。

それが、今は、メディアはSDカード、マイクロSDカード、メディア容量はGBオーダー。それも32GBとか普通。PC側のHDD等もTBオーダーとなっている。

ただ、、、、、データを移す時、やっぱりGBサイズはGBサイズである。分のオーダーで時間が掛かる。この時、やっぱりデータサイズを実感する。

ファイルコピーは、基本は一瞬で終わって欲しい。1ファイルは長くても2秒迄。それ以上となると、チョットウザイ。メディアから読み込む作業も数秒以内で完了して欲しいけど、未だそう言う状況には無い感じ。

となると、、、結局、扱うデータはコンパクトなのが良い。画像データも100万画素+αレベルで十分。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

英字+数字のヤフオク出品者

新品の用品を格安に出品している。同じ写真で複数の出品だから、恐らくは新品の格安販売?とも取れる。形態的にはストア出品。
しかし、評価数が非常に少ないのが特徴。評価数の少なさと出品数の多さに違和感を感じる。

と言うことで、気になる商品があっても、そういう傾向の出品者オークションには入札しないのだが、少し気になったので、出品商品の動向をチェックしてみた。

すると、オークション終了後、暫くするとオークションは終了しても商品の評価は増えない。そして、落札者が殆ど同じIDというパターン。その後、オークションIDが停止中という表示になる。

興味深いのは、出品商品が同じで、似たようなIDでの出品が繰り返されるというパターン。

つまり、この出品者の取引は成立していないということ。そして、クレームによってIDが停止、、、これを繰り返している。評価数をアップさせる入札はIDが共通であることから、一味が偽装入札と偽装落札ということ。これで、一般の入札者をフィッシングして代金をだまし取ってドロンと消えるパターンだろう。

ストア出品ながら評価が伸びていない、或いは、落札商品が同じ様なモノ、、、、というのは基本的に危険ということ。

まぁ、空気的に怪しいのは一目でわかるけど、これに引っ掛かって金銭をだまし取られているパターンは少なくないようだ。

ストア出品は利用することあるけど、評価の状態からリスクを見抜く目は必要だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧