2018年3月30日 (金)

スタンバイディスク5からディスクミラーに!

自宅の画像編集マシンとして運用しているP6Tのi7機、2017年の春にVistaからWindows7に入れ替えた。
暫くは、内容アプリは、そのまま使っていたのだけど、表題のPowerXのスタンバイディスク5は、Windows7に完全対応では無かった様子。
当初は普通に運用していたのだけど、バックアップスケジュールを変更しようと思っても、それは不可能な事に気付いたのだ。

そのため、サポートサイトを確認すると、Windows7対応版がダウンロード可能ということで、ダウンロードサイトに行ってみると、すでに配布は終了。問い合わせると、サポートも終了とのこと。

結構気に入っていたのだけど、凄く残念。因みに、我が家のWindows7はHomePremiumなので、ソフトレイドには対応していない。ただ、そのためだけに、Windows7をUPGさせるのも面倒臭い。

システムをバックアップするのも、保守作業で起動等の手間を考えると怠い。今更RAIDを組むのも面倒臭い。理想は、スタンバイディスク5のような入れ替えだけでスタンバイ可能なシステム。

で、探し当てたのが、アーク情報システムのディスクミラーというソフト。これ、基本はスタンバイディスク5と同じような構造で、定期的なスタンバイディスク作成、ソフトレイド的なミラーリングディスクの作成が選べる仕様。随時性を取ればミラーリングディスクの方が良いけど、ミラーリングは、ディスクアクセスが元とバックアップが同じ頻度で発生するので、故障の時期が同時期にやってくるような気がするので、週一のディスクスタンバイ操作を実行させるスケジュールで運用している。

ディスクミラーは、スタンバイディスクほどの設定の自由度、コピーの速さは無いけど、不思議と、システムのハングアップの頻度が大幅に低減している。そういう意味では安定度が高いので嬉しいところ。

ディスクミラーについては、もう少し、設定の自由度が在れば嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

PentiumⅢ

化石的なCPUだけど、インテル初のギガヘルツ越えを達成したCPUシリーズ。全盛は1999年頃、カッパーマインが登場した頃のモデル。
カッパーマイン登場前のPentiumⅢ世代といえば、Katmaiの時代だけど、この時代のM/Bは結構不安定で故障が多かった。
しかし、カッパーマイン登場後にリリースされたM/Bは安定度が高く、性能的にもまずまずで満足度が非常に高い製品が多い。
我が家では、デュアル構成のCUV4X-Dを導入以来、殆どトラブル無しである。途中、グラボを何回か交換したくらいで未だに運用中である。
2001年頃、CUV4X-DでPentiumⅢの1GHzのデュアル構成が定番化してずっと使っている。途中、予備機を製作した時もCUV4X-Dで、これも未だ安定稼働中だ。2007年の段階では既に型遅れだったけど、PentiumⅢが安価だったこともあり、子供用練習PCには、GA-6VXD7でPentiumⅢの1GHzデュアル機を横置きデスクトップで製作、更に、データ保管用PCにGA-6VTXDでPentiumⅢ-Sの1.4GHzデュアル機も運用している。結果、PentiumⅢの1GHzオーバーのデュアル機が四台稼働中である。

因みに、後のPentium4世代のマシンとしては、PrestoniaのXeon2.8GHzのデュアル機、Core世代のマシンはノートPCがあるくらい。初代i7マシン迄空白となっている。

ブラウザは最新のFireFoxで使っているけど、取り敢えず、大きな不満は無い。
ただ、PentiumⅢの1GHzデュアル機では、処理がさすがに厳しいという印象。PentiumⅢ-Sの1.4GHzなら大丈夫という感じ。HDDのコピー前に久しぶりに動かした感触としては、悪くない。業務で使っているPentium4の2GHz機よりも快適な程。ということで、これは残しておきたい。

この世代のマシンの資産が大量にあるので、一気に処分というのは未だ考えていないけど、少しずつフェードアウトさせる事も考えている。

取り敢えず、先に記載したように書斎で使っているCUV4X-DマシンのマザーをGA-6VTXDに交換する事辺りから始めて、PentiumⅢの1GHzデュアル機を少しずつ引退させたい。引退させる理由はOSがさすがに古い。魔改造のWindows2000ならOKだけど、XpのSP2以前は厳しい。Windows2000も魔改造したものを複数面倒見るのも面倒臭い。最低でもXpのSP3、VistaのSP1以上のOSは必要。

とは言いながら、PC9821もラスト一台が動体保存中。ただ、さすがに20年選手のPCはそろそろ引退だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

次期メインマシン

さて、リビングで運用中の我が家のメインマシン、P6T+i7のマシンだけど、2017年のVistaのサポート切れのタイミングでWindows7にアップグレードさせて、夏の段階で起動ドライブがOS起動毎にディスクチェックが掛かるようになったので、そのタイミングでHDDを交換したのだけど、そろそろ更新時期。このメインマシンはP6T登場のタイミングで導入したもので、組み立ては2008年である。当時、お世話になっていたレッドサン(店長さんは、その前がコムショットの店長さん)で調達したもの。

因みに、我が家のメインマシンの系譜は、その前が1998年に製作したFW-6400GX/WSというモデルで、途中2001年にM/BをCUV4X-Dに交換、その前が1994年に調達したPC9821Anである。
どのマシンもリビングに設置するということで、チューナーカード、キャプチャーカード、機種によってはオーバーレイカード等を装備していた。

Windows7の寿命も近付きつつあるし、アプリ、拡張カード類は新しい時代のOSに未対応のモノも少なくない状況。ということで、そろそろ次世代機を調達したいところ。

基本は、今のマシンからの入れ替えとなるので、新世代のチューナーカード、キャプチャーカードを現時点におけるハイエンドに近い構成に組み付けるパターンになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

システムの入れ替えの許容範囲

WindowsパソコンでHDDが不調になる。そんな時、壊れ掛けたHDDからデータを新しいHDDに移し、HDDを交換して起動すると、割と簡単に起動出来る。
これは、Windowsの世代でいうとVistaでもWindows7でも可能だ。

このようなHDDの入れ替えは可能だけど、果たして、周辺機器はそのままでM/Bの入れ替えは対応できるだろうか?

少なくとも、Windows98世代では可能だったけど、Windows2000移行では、違うブランドで同じチップセットのM/Bの入れ替えでは行った事はあるけど、それ以外で行った事はない。

ただ、PentiumⅢ-S機、M/BはGA-6VXD7だけど、これをを書斎での常用機にしようと考え中だけど、あわよくば、PentiumⅢ機、M/BはCUV4X-DとM/Bだけ入れ替えて運用してみたいような気がしている。

取り敢えず、PentiumⅢ-S機のHDDを大容量HDDに入れ替える計画で、入れ替えた後に今更だけどVistaをインストールしようと思うけど、それとは別に、CUV4X-DのHDDをGA-6VXD7に組み付けてどうなるか?を見てみようと思う。勿論、M/B以外の移植可能な周辺機器は全て移植する予定。M/Bのチップセットが1世代違うのが気掛かりな所だけど、大昔にi815マザーで移植した時は上手く行ったので、これがどうなるか?が機になる。CUV4X-DはVT82C694XDPというチップセット、GA-6VTXDは、SystemチェックではVIA694X/686Aと出る。基本はVIA Apollo Pro133のチップセットである。上手い具合に動いてくれれば嬉しいけど、果たしてどうだろう。

取り敢えず、CUV4X-DのHDDをドライブコピーして、そのコピーを使って起動確認するパターンから始めて見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

ドライブコピーに

PentiumⅢ-S機のHDDを内容そのままに、大容量のHDDにコピーすることから始める。SATAのドライブだと、ドライブコピースタンドが流通しているので、これを利用するのが便利だ。我が家のP6T機では、不調の起動HDDをエラースキップさせながら別のHDDにコピーして、コピーしたドライブを常用で運用している。
P6Tでは、起動HDDを週一のペースで、『ディスクミラー』というアプリケーションを使ってスタンバイバックアップディスクを更新している。

さて、PentiumⅢ-S機はどうか?というと、こちらはGA-6VXDという古いマザーで通常のHDDのインターフェースは昔ながらのIDEのタイプ。
これのHDDをドライブコピーするには、現在は、プライマリーのマスター、スレーブにHDDを、セカンダリーのマスターにDVDマルチを繋げているのでセカンダリーのスレーブにHDDを接続して対応する必要があるけど、この場合、フリーソフトのDRVCPYというアプリケーションがお奨めではある。ただ、少々面倒臭い、、、、、。PC98等では活用していたけど、今はその気にならない。

ということで、現在付けているマスターHDDを取り外してドライブコピースタンドでコピーする事が必要。

ただ、今時、IDEのドライブコピーツールは売ってない。自宅にあるのはSATAのドライブコピースタンドだ。ということで、IDE to SATAのアダプターを二枚調達して行う事にする。

コピー元のHDDは20GB、コピー先は120~160GBのドライブを使う予定だ。

さて、上手く行くかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

PentiumⅢ-S 再活用

昔のストックデータHDDアクセス用として死蔵しているGA-6VXDがある。
これは、PentiumⅢ-Sの1.4GHzをデュアル構成したマシン。ただ、HDDは20GBと13GBの今となっては寂しい容量。
因みに、OSはWindows2000のProfessional SP4が入っている。

これ、少しでも新しいOSに変更しようと、未使用のVista Businessに入れ替えようと画策したのだが、、、、一応、Windows2000からアップグレード可能なのでインストーラーを走らせるとフォーマット後に新規インストールしか出来ない仕様。

20GBのHDDにVistaは厳しい、、、、でも、160GB程度のHDDをぶら下げて、そこに新規インストールしても、インストール時にCドライブの20GBだからDドライブ以降にインストールされてセットアップ完了時の状態を考えると今一。
因みに、HDDを160GBに交換してノンOSの状態からDVDブートでインストーラーは起動は不可。

そこで、現行Cドライブ20GBを別の160GBにドライブコピーしてから、その160GBのHDDのWindows2000を起動させた後にインストーラーを走らせてVistaを起動するのが良いかも知れない。

上手く行けば、自分用のマシンをPentiumⅢ 1GHzデュアルのCUV4X-Dから入れ替えるかも知れない。

我が家では、、、、未だにPentiumⅢ世代が大活躍。デュアル機ならVistaでも割と普通に動く。

PentiumⅢのデュアルなら1GHzならストレスは無い。1.4GHzになると多分、相当に快適、、、、そんな気がする。メモリーもフル実装だし、移行を検討中。

自分用マシンはメールとFTPしか使ってないので十分。

ただ、、、、画像編集用に10年近く使ってきたP6T機、先日OSをVistaからWindows7に入れ替えたけど、Windows7のサポートが終了する頃には新調する予定。そうなれば、自分のマシンをP6Tにシフトする予定だけど、すくなくとも2年先。それまで、CUV4X-DをGA-6VTXDに交換するのも良いかも知れない。

我が家のメイン機の系譜は、PC9821An(1993年購入)→FW-6400GX/150/WS(1998年購入)→CUV4X-D(2001年購入)→P6T(2008年購入)と来ている。使用期間は5~10年だ。基本は調達時のハイエンドをチョイスしてきてる。

ところで、実は組み掛けで放置中のi7の4790も転がっているけど、これも何とかしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

WiFi混線の原因

一番の不調の原因は干渉。何処と干渉する?
を思い返してみる。

昨年迄は普通に繋がっていたけど、昨年末から頻繁に切れる事が増えてきた。

息子の友人が斜め向かいの家、そういえば、昨年末にスイッチを購入したとの話。
その頃から繋がりにくくなっている。

距離にして50m程、そう言えば、息子の話によると、その友人のWiFiも途切れる事が多いそうだ。

で、チェックすると、宅内に届く電波が結構沢山あるようだ。chを変えても効果は薄い。

結局、中継機を一台増やして対応した。

結果、途中で途切れる事が無くなった。

まぁ、原因が特定出来た訳ではないけど、WiFiが途切れやすい問題を抱えているならば、中継機を一台増やすっていうのは悪くない選択である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

WiFi中継機増設

我が家はCATVのインターネットである。ケーブルモデルで受けたのを、WiFiルーターで分配している。ルーターは一世代前のBUFFALOのWZR-1750DHP2というモデル。最新のモデルとは異なるけど、まぁ、似たような性能を持つ仕様だ。
因みに、CATVのインターネットは屋根裏から宅内に引き込んで、二階の納戸でWiFiルーターに繋げている。これで自宅内に分配する構造だけど、このルーターをスチールラック内に設置すると電波の届きが悪い、、、、で、ラック外に設置している。
宅内のネット機器はパソコン、ゲーム機、TV系、スマホである。パソコン、TV、ビデオ等は有線なので、無線でLAN端子用無線子機WLI-TX4-AG300Nを一階リビングに設置して、そこでTV、ビデオ、STB、映像編集用PCに有線LANで接続している。
このWLI-TX4-AG300Nは既に廃盤であり、二階の納戸から離れた部屋にあるパソコン、TV、ビデオを有線LANで接続するために使っているのが、WEX-300という無線LAN中継機だ。実質、WLI-TX4-AG300Nの子機的に使える。有線ポートを持ちながら、無線の中継機としても使える。

こういう構成だったのだ。この仕様で木造二階建て家屋の一階にも十分届いていたのだけど、最近、通信状態が不安定というメッセージがゲーム機に表示される頻度が増えて、ノートPC、スマホの通信が非常に遅くなってきた。

そこで、一階にもWEX-300を調達しようと調べると、、、、残念ながらWEX-300も廃盤。ただ、後継機でWEX-G300が登場。これは、有線LANが1Gに高速化。ということで、これを階段の降り口に設置。一階全体を中継機で強化することにしてみた。

すると、、、通信状況は一気に改善。通信が不安定になる事も無くなった様子。これで、当分安心である。元々不安定だったのが、不安定度合が増えた、、、恐らく、干渉だろう。干渉原因は、近くに似たような環境を作った人が居るというのも考えられる。他には、古い電子レンジ、2.4G通信の無線式操作機器類等もありうる話。

まぁ、取り敢えず環境は改善したので、暫くはこれで運用予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

AccessAnalyzer終了

軽量で目立たないアクセス解析ツールであるAccessAnalyzerがサービスを終了する。
アクセス解析自体を使う事は少なかったけど、その中でも素人向けで判りやすいAccessAnalyzerはずっと設置してきた。
まぁ、終了ということで、サイトのページからタグを全て消去した。
しかし、消去しても解析結果として表示される事が未だあるようだ。
これは、キャッシュへのアクセス等がカウントされているのだろう。その内、カウントは消えていくものと思われる。

新たなアクセス解析ソフトを使うか?というと、少々面倒臭いので使う可能性は低い。
GoogleAnalysisも一度使ってみたけど、使いこなすレベルには達しないし、軽くサッと見るには難解。Ninjaツールズも使い易いとは言えない。画面表示的には、テキストベースで必要な情報だけ軽くサッと見られるのであれば使ってみたい気もするけど、画面が凝って表示が遅いようなのは不要。使っているPCが旧式故にマシンパワーを食われるのが嫌というのもある。

ココログについては、ブログに標準添付のアクセス解析機能だけで十分な気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

ディスクバックアップ

HDDのバックアップにVista時代から愛用していたのが、StandbyDisk5だ。ただ、これアップデートさせないとWin7には未対応、、、、

この度、Windows7にアップデートした後に、StandbyDiskを再インストールするも、動作に大幅に制限、、、、PowerXのサポートに電話したけど、すでにアップデート対応データの提供も終了とのこと。

ということで、ソフトウェアRAID的な動きをするStandbyDiskを使うのは諦める事に、、、、、

ただ、バックアップは行いたい。でも、システムディスクのサイズは1TBと結構大きい。

更に更に、残念ながら我が家のWin7はHomePremiumなので、標準のソフトウェアRAIDは使えない。で、標準のディスクバックアップを使ってみるけど、バックアップイメージを作成するのに丸一日、、、、こんなモノは使えない。

システムがクラッシュした時に、待機HDDから普通に起動して使えるような楽なリカバリーシステムが欲しいけど、探してみる限り、StandbyDiskのようなソフトウェアは存在しない。一般のバックアップシステムならあるけど、こちらは、エラー時に専用の起動デバイスで起動してシステムを復活させるものという、、、、今一、面倒臭い。

さて、どうするか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧