2021年4月17日 (土)

ケータイの電池

恐らく、我がケータイの電池は次は入手不可能でしょう。
もし、電池が消耗して使えなくなったらどうするか?

最悪、電圧の同じリチウムイオン電池パックを購入して、端子位置と外径寸法を揃えた形状に加工して装着するというパターンかと思います。

先日、自転車用のアクションカメラの内蔵電池が消耗して満充電での撮影時間が30分以下になりましたが、内部に格納できるサイズのリチウムイオン電池パックを購入して、形状を整えてハンダ付けして組み換えたら、元の2時間という撮影時間を超える撮影が可能になりました。

ということで、外径寸法さえ抑えれば、多分製作可能かと思います。

まぁ、今回調達した予備電池が健全であれば、少なくとも3年程度は延命出来るでしょうから、そういう事態には陥らないとは思います。でも、最悪、そういう方向で対処出来そうです。

| | コメント (0)

みんなスマホに換えたので、、、、

家族、みんなスマホに換えたので、、、、自分も、、、
電池パックを注文しました。

娘がiPhone、嫁がAQUOS、息子がGALAXYに換えました。息子が換えたのは先週で、3Gのキッズケータイからの機種変更で5Gのモデル。

そんな訳で自身もケータイをアップデート。具体的には電池交換です。

我が携帯はガラホとよばれる携帯電話でスマホに非ず。使い勝手に不満はありませんが、電池の保ちが今一、、、、昔は3.5日使えていたのですが、今は1日です。電池がアウトですね、、、でも、問題は、この機種の電池が入手困難、、、、、モノは京セラのTORQUE X01という機種、電池はKYF33UAAなんですが、最近、何処も売り切れです。電池が無いのは困りものということで、ずっと探していましたが見つかりません。

先日、Amazonを眺めていたら在庫1個で見つけたので購入しました。かなり割高でしたが、無いモノは仕方在りません。購入しました。

電池の保ちが気になり始めた昨年はネットでも流通していたので、その時に買っとけば、、、と若干の後悔。

でも、入手出来たのでヨシとしましょう。

まぁ、電池が4年で交換となったので、後4年使えれば御の字です。

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

二輪ドラレコライフ

バイクでは、前、斜め右後方、後の三方向、自転車では斜め右前方、後の二方向、これをアクションカメラで連続撮影している。使っているのはWATPRCA3というデュアルレンズカメラである。バイクの場合は、これにBVR-01を後方撮影に利用している。

撮影行為自体結構慣れてきた。因みにWATPRCA3は手動による撮影ON/OFF、単車オンリーのBVR01についてはメインキーに連動した自動撮影である。

記録映像は全部保存しきれないので、基本は上書き消去。気になる事象があった時のデータだけ保管というパターン。

これまでのパターンを整理すると、基本、煽られる事はない。
ただ、自転車の場合は、車道走行中に遙か後方から追い付いてくる自動車が側方間隔ギリギリ、30cm未満をかすめて抜いていく事が割と多い。これは、明らかに嫌がらせ。
後は、自転車=遅いという概念か、本線走行中にギリギリで脇道から合流してきて進路を塞ぐパターン。これが多い。

単車の場合はどうか?というと、真横右隣から、車線内の単車を弾き出すような進路変更が割と多い。後は、本線走行中に右折、横切り、合流で進路の前に割り込む車が多い。自転車と違って単車は速い。それを無視して合流してくる連中が多い。
本線車輌に制動を強要するような割り込みは勘弁願いたいけど、単車自体が小さいので遠くに見えるからだろう。

まぁ、二輪対四輪で事故になると、場合によっては二輪側の意見は完全無視で四輪ドライバーの都合だけで事故処理が行われる場合もある。そういう時、万が一の事態に備えて映像を保存しておくっていうのは、とても大事。

最近は単車にもドラレコっていうのは認識されつつあるけど、さすがに自転車では、、、である。それ故に、この記録は結構重要。

ただ、自転車の場合は、対四輪というよりも、挑発的な自転車の接近と後方での動きに驚かされる事も少なく無い。何にしろ、何かあった時、映像をチェックするのは結構楽しい。

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

メモカメラ変更

携帯しているメモカメラ、遂にシャッタースイッチが上手い具合に動かなくなってきた、、、まぁ、接点部の寿命だろう。
今更、中古で同じものを買うのは無い。今のカメラはFujifilmのFinepixでA101というモデル。
今更ながらの120万画素だけど機能的に十分。メディアは古のスマートメディアである。

後継の携行メモカメラ、何にする?

割と良いのは超旧式のオリンパスのキャメディアC-120だけど、自転車掲載には単三電池4本は重たい。単三電池2本駆動でのストックは?というと、

FujifilmのQ1デジタル、KODAKのDC3800、C-123、CANONのA310の四機種。ズーム機を入れるとZ915もあるけど、これは一寸大きい。自転車に乗っけるから稼働部分の複雑な光学ズーム機は没。マクロ撮影を重視するからマクロが40cm以上となるQ1デジタル、C-123も没。となると、候補はDC3800かA310のどちらかである。以前はDC3800を使っていたので、今回はA310を使ってみようと思う。

因みに、本機はCCD不良で内部基盤を交換済み機体である。修理後はずっと使わずに保管していたもの。CANONカメラの良い点はカレンダー電池が交換可能なボタン電池という点。これは結構な美点。

出先で撮影というとスマホが普通だけど、自身は15年前スタイルである。これで十分。

個人的には、昔のカメラで撮影する、、、これ、結構お気に入りスタイルである。

その内、30万画素時代のカメラ迄戻るかも知れない。

| | コメント (0)

2020年12月 2日 (水)

電子機器の内蔵電池

最近活用しているデュアルレンズアクションカメラ、先日、内部の集音マイクが機能しなくなったので分解してみた。
すると、マイク配線が外れていたので配線を処置出来る長い配線に変更してハンダ付けして修理した。
その際、内部で目に付いたのがリチウム充電池。
これ、電子工作用のリチウムイオン充電池っぽい。配線2本で基盤と繋がっている模様。

これなら、、、内部電池が消耗して機能しなくなっても、分解して電池交換は出来そう。

電子工作用のリチウムイオン電池、500~1,500円程度で流通している。これはUSB、つまり5V電源で充電出来るタイプだから一般的な3.7Vの電子工作用電池パックっぽい。容量は200mAh~1,500mAh程度である。まぁ、電池の保ちが悪くなったら、分解して電池パックのサイズ、容量を見た上で交換すれば良さそう。

こういうモノを利用すれば、何とかなるだろう。

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

WATPRCA3のマイク壊れた

先日、WATPRCA3を装着して、CX、BTで走行した。
映像を抽出して気付いた、、、それは、BTでの撮影画像は無音、、、、、何度か本体を降って撮影を試みたり、スイッチ、電源を動かしたりしても変化無し。無音である。
音声録音が出来ていないだけで、動画等は撮影出来ている。

そこで、筐体を分解すると、、、中から集音マイクユニットが外れて居る。

で、どこから外れた?が判らない。

で、正常なWATPRCA3を分解してみると、基盤のどの部分に付いていたか?が判明。

基盤を取り外そうとすると分解がかなり面倒臭そう、、、そこで、基盤は付いたままハンダ付け。ただ、線が短すぎて足らないので線だけ別に長い線で付け直してみた。

すると、無事録音機能も復活。

モノとして、大したものではない。ただ、何とかなりそうなのは何とかなりそう。それから、内蔵バッテリーも似たようなモノを準備すれば、交換も出来そう。

取り敢えず、復活出来て良かった!

| | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

ループ撮影

ドライブレコーダーでは、ループ撮影機能はやっぱり大事。
一杯になったら撮影NGというのも走行毎にデータを保存していれば大丈夫だけど、HD画像だと簡単にデータがメモリー内で一杯になる。

今、良く使っているのは前後デュアルレンズ式のWATPRCA3というカメラ。バイクでも自転車でも使っている。前後の同時撮影が可能な点がメリット。残念なのはループ撮影出来ない事。自転車では32GB、バイクでは16GBのメモリーを入れている。電磁の保ちは2時間である。自転車では、土日で合計2時間撮影して容量に余裕あり。それでデータを回収しながら充電するという使い方。バイクでも2時間撮影してデータ回収して充電するのだけど、16GBの容量では少し厳しい感じ。

走行中、インジケータが点滅して電源が落ちる。最初は電池が無くなったのか?と思っていたけど、データ回収時に容量を見ると16GB中、15.5GB程度の容量を消費しており、結局、データが保存出来ず終了という動作のようだ。

まぁ、メモリーを32GBにすれば済むのだろうけど、データが一杯になったら順繰りに上書きしてくれる方が随分と便利だ。

自転車、単車に目立たずに装着するとなると縦長ボディのドラレコが嬉しいけど、残念ながら縦長ボディのドラレコは現状見当たらない。そのため、当分、本機を使うけど、ループ撮影が無いのはホントに残念なポイントだ。

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

スマホ大好き?

車や自転車の運転中、歩行中、、、、多くの人がスマホの画面を見入っている。
車ではダッシュボードに画面が見えるように設置し、合間を惜しんでスマホ操作している。個人的な印象としては、全く考えられない行動。

移動中という時間にまで操作して仕入れなければならない情報がそこにあるのか?というのは非常に違和感がある。

自身は、スマホは必要ないから使っていない。

ところで、スマホの利便性といえば、ラインを代表とするアプリ類の利便性だけど、先日、家族のスマホの機種変更に合わせてラインのアカウントの引継等を行ってチョット驚いた。

それは、古い端末から新しい端末にラインを以降する際に、SIMカードを新しい端末に入れて、古い端末にはSIMカード無しでも宅内WiFiでネットに繋がるといこと。そして、LINE以降の際の必要なパスワード等のやり取りが可能ということ。

つまり、端末の固有情報であるSIMカードが無くとも使おうと思えば使えるということ。

これって、端末側ではなくサーバー側に全ての情報が管理されているということだろう。電話番号を登録していれば、SIMカードの有無に限らず一応はアクセス可能ということ。これって、簡単になりすましが可能ということでもある。端末一台に番号が一つ割り振られて重複させないという通常の電話の形とは大きく違う訳だ。

こういう管理の形態で、様々な情報を載せて金銭のやり取りを含め信用情報を交換し合うというのは、個人的には有り得ない。特に、この端末、基本は常時接続状態、、、まぁ、常時ネット接続された小型PCみたいなもの。常に、何処かからアクセスされる可能性があるということ。リスクとメリットを較べると、敢えて必要という程のメリットを感じない。

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

車載カメラの運用

自転車用、バイク用のドライブレコーダー、常用しているのは、WATPRCA3というデュアルレンズ式カメラ。ピスト用とバイク用で各々別個で運用。バイク用では、一台のカメラを複数の車輌で共用。一方で、バイク用の後方撮影はBVR-01を各車種にマウント。

で、この体制で運用して思ったのは、、、車輌毎にカメラをマウントしていると、それぞれの記録をチェックするのは面倒臭い。マウントを共用してカメラを使い回す場合は、記録をチェックするという感じ。

トータルで考えると、もしかしたらカメラは使い回す方が記録チェックする可能性が高い感じである。

それぞれに機材を専用に配置するよりも、必要に応じて使い回す方が良いかも知れない。

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

コーティングを施工してみた。

娘のスマホ、機種変更した。アクオス・センスからアイフォンSE2だ。
で、別買いしたのは、スマホケースとコーティング。

このコーティング、元が液体だけど、硬化したら9Hレベルのコーティングになると言う。

auショップで4,000円だったけど、見た目的には、何の違いも無い。

ただ、ガラスカバー以上の硬度を5年程度持続するという。

なお、通常のガラスカバーと併用する事も可能だそうだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧