2019年1月17日 (木)

動画撮影機材の変遷

最近はドライブレコーダーが普及している。その機能を包有する形で流通しているのが最新のアクションカメラ。アクションカメラが主流だけど、アクションカメラと呼ばれるモノが普及し始めたのは2014年以降、ドライブレコーダーの機能を包有した形の製品になったのが2016年以降登場の製品だろう。
アクションカメラというと、防水機能を持ち内蔵リチウム電池駆動が基本構成。現行世代品は、これに外部給電でループ撮影を自動起動という機能が備わっている。
いってみれば、単車用のドライブレコーダーが現行アクションカメラに相当するような仕様だ。
アクションカメラ以前というと、2010年以降に普及し始めた機材が外部給電でループ撮影、自動起動というドライブレコーダーだ。ドライブレコーダー以前というと2003年頃登場の乾電池駆動のムービーカメラである。これは本格的なデジタルビデオカメラとは異なる低画素の動画を撮影する低価格機材で、手軽な動画撮影を安価に行えると言うことでヒットした製品である。
ムービーカメラは2003年頃登場し、2010年頃迄グレードアップした製品がリリースされていたが、ムービーカメラが二輪、四輪の車載映像撮影用に使われいるのが主で、ドライブレコーダーの登場と共に市場からフェードアウトしている。
ムービーカメラが注目を浴びたのは、何と言っても2003年登場のIO-DATA製のAVMC211という機種だろう。ムービーカメラとしては全世代で最もコンパクトな機種の一つ。単三乾電池2本駆動で軽量コンパクト。単車での撮影には持ってこいの機材である。事実、IO-DATAの当時のサイトではバイクライフに楽しみを拡げるという特集が組まれていた。
また、ネットで見つける事が出来た車載動画の多くがAVMC211の登場が発端となっている。ムービーカメラは、その後機能を増やしたが、形状が車載に不適な形状となったり、大型化することで魅力が乏しくなり、結果的にAVMC211から始まったMotionPixシリーズを上回る製品は登場しなかったように思う。

自身も2004~2010年に掛けて、AVMC211、縦型のHSC-S1、横型コンパクトなVS-FUN、赤外線での暗視撮影が可能なVS-FUN IR、CCD素子を使ったGroovy EMDC110といった機種を調達したけど、結果的に一番良かったのは最もコンパクトなAVMC211である。他の機種は安価に調達したけど今一というのが結論である。敢えていえば、走行動画を撮影する時にCMOS機では不可避だった画像の歪みが発生しないCCD機であるGroovy EMDC110/EXEMODE DZ301という機種だ。これはCCD機だけど難点はフレームレートが15fpsと低く、単三乾電池4本駆動でサイズが非常に大きく重たいということ。単車では使いづらく、四輪向けという事。

当時、ムービーカメラではCMOS機とCCD機ではCCD機の方が歪みが少なく暗所が撮影出来るということで、ドライブレコーダー世代に移行して調達したのが三ツ葉商事のEMDV DR.9という機種。最低照度0.01Luxから撮影可能ということで暗所に強いのが触れ込みの機種だ。当時の他のドラレコの多くはCMOS機で暗所での撮影映像には大きな差があったことを覚えている。当時のドライブレコーダーはループ撮影で連続録画というのがスタンダードにはなっていない時代。フレームレートも30fpsに満たないモノが少なく無い時代だ。
ただ、ドライブレコーダーは2012年頃から急激に進化して、連続録画、自動起動が標準となり高解像度化、高感度化が進み、GPS連動、前後カメラと多機能化して現在に至っている。
DR.9を暫く使った後に、寿命を迎えた頃に選んだのが夜間撮影もそこそこ可能なCANSONICのCDV-280という機種。なお、後方撮影では天井にコンパクトに装着可能な薄型なドラレコということで、KEIYOエンジニアリングのAN-R001、AN-R012という機種。その後、CDV-280が不調になったということで、今は機能的に既に完成されているという判断で、国内メーカーの廉価機種でユピテルのDRY-FH23という機種に落ち着いている。
ドライブレコーダー自体は、世間の注目が集まる前の2010年頃から利用しており2015年以降は、前後に設置して今に至っている。最近は前後ツインカメラとか360°カメラの機種もあるようだけど、安価な機種を二台装着する方が価格と信頼性の面で良いという判断である。2017年以降はドライブレコーダーというと、多くの車が装着しており、一般化した装備になっている。

ドライブレコーダーの機能の進化に併せて、その機能を従来のムービーカメラに移植した上で、駆動電源のリチウム電池化による筐体の小型化、防水化を加えたのがアクションカメラで、2014年頃から登場。これは動画投稿サイトへの投稿動画を撮影するために多く使われており、二輪車(自転車、単車)や屋外スポーツに多く利用されている。このアクションカメラをベースに単車用のドライブレコーダーも登場している。単車用ドラレコといえば2010年頃から登場しているけど、小型化、低価格化が進んで普及し始めたのは、アクションカメラが自動起動ループ録画機能を一般化し低価格が進んだ2017年頃からだろう。単車用ドラレコとしては2010年にKYBから、2013年にユピテルのBDR-1という機種が登場したけど、いずれも高価で普及には至っていない。2017年にはバイク用ドラレコとしては2万円弱のDAYTONAのDDR-S100が登場したが、四輪用に較べると未だに高価で本格的な普及とはなっていないのが現状。バイク用のドラレコなら安価なアクションカメラを利用すれば数千円で可能なので、こちらの方が普及しているのが現状だろう。

動画撮影用の機材は、これまでムービーカメラ、アクションカメラ、四輪用ドラレコ、二輪用ドラレコとあるけど、基本は同じモノ。現在は多機能化と小型化が進んでおり、市販されているものであれば、どんな用途にも使える状況だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

画像画質チェック

古いドラレコだけど、装着が終了したので、動作確認を兼ねて画質チェックしました。

BVR-01、DRE-200はSD画像(VGA)です。AC-02はHD画像です。

BVR-01、AC-02はCMOS、DRE-200はCCDです。

動画画像の精細度、認識度はSD画像のBVR-01がベストです。SD画像ですが、ナンバーも読みとれます。顔もしっかり映ってます。
AC-02はHD画像ですが、ナンバーの認識はやや厳しい感じです。レンズ自体が今一のような印象です。
DRE-200は大昔のデジカメ画像的です。レンズも今一です。ただ、ナンバー認識性はAC-02と同等というのが驚きです。
集音性能はDRE-200がベスト。次いでBVR-01です。AC-02は厳しいですね。

BVR-01、DRE-200は車体に付けっぱなしで時々確認という使い方です。AC-02は走る場所によって装着し、起動は更に限られた時だけとなりそうです。

昨日のカメラマウントも上手い具合に出来ました。これで、ここ最近の単車レコーダー遊びは終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

アクションカムマウント

単車の後方撮影用のドラレコのマウントは昨日全完了。
SVはMio MIVUE128、BTはBVR-01でこれは正月休みに完了済み。CXはDRE-200で昨日完了済み。

一方で、試行錯誤で使っていたアクションカムであるGEANEEのAC-02は取り外した。

で、このアクションカムを任意のタイミングで撮影するのに使う。

そのために、マウントが必要。これ、本来はサイクルコンピュータであり、自転車のパイプハンドルにマウントすると丁度良い。

そこで、、、、、BTとCXにマウントを装着。

使ったのは、自転車のランプアダプターを利用。これ、LEDヘッドライト、サイコンをマウントする別付けの丸パイプアダプター。これを二種類調達。一つは日東製、一つはDIXNA製、これにホームセンターで軽量アングル用ステーを調達。バックミラーの取り付け穴にステーとして製作。CXはマスター別体右レバーのミラー穴にDIXNAアダプターをステー経由で取り付け。マウントは水平マウント。BTは純正左レバーのミラー穴にステーを90度曲げて日東アダプターを取り付け。

これにAC-02をマウントしてみた。

実際に試走すると、視野角170°のレンズでも車体が入り込むことなくイイ具合に撮影出来ている。手元でスイッチ操作出来る位置なので、峠オンリーとかで撮影可能。ユニットも防水なので安心。脱着も簡単。

アクションカムマウントの製作費用は、日東アダプターが1000円、DIXNAアダプターが700円、アングルステーが150円×2、合計2000円。これでアクションカムがイイ具合にマウント出来た。

なお、SV、ガンマのようなセパハンカウル車には搭載予定無し。理由は、、、、邪魔くさいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

DRE-200の取付

さて、CXにはGEANEE AC-02を外してKYBのDRE-200を装着する。
どういう風に装着しようか?と思案しながらDRE-200を見ていると、これ、リング上のアタッチメントで本体を固定しているけど、固定角度が自在に変更できるようだ。構造的に非常に合理的。
カメラ本体は昔ながらのサイズで小さく無いけど、アタッチメント部分の専有エリアは最小限。それ故に、マウントする時は本体を車体に密着して装着する事ができる。マウント込みで考えるとトータルではコンパクトな印象。
タンデムバーのサイド部分にマウントを直付けして装着すれば、飛び出し最小で目立たないように装着出来そう。

本機の画角は110°らしいから、カウルサイドに装着してもカウルが映らないエリアと角度を選んで装着したい。これ、防水構造だから安心。BVR-01系の簡易防水カバーとは異なる防水なのは安心だ。

こういうデジタル機材、今時のモデルの方が遙かにコンパクトだけど、チョイ前のモデルの方が細かい箇所がしっかり作ってある感じが強い。結構良さそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

アクションカムも悪くないか?

2016年頃迄のアクションカメラというと、スポーツ撮影に特化した動画撮影装置だけど、多くがループ撮影に対応せず、USB給電で自動撮影開始というモードを持っていなかったのでドライブレコーダーの代用には不向きだったけど、近年のモデルは殆どがループ撮影に対応し、USB給電開始で撮影開始というモードを備えているので十分にドライブレコーダーとして使うことが可能である。
また、本来のスポーツ撮影用の防水ケースが付属しているので、二輪車用のドライブレコーダーとしても活用可能となっている。

4K解像度のモデルでも最近なら3000円台から選ぶことが出来るので、こういうのをドラレコとして使うというのもアリである。

給電連動でループ撮影が出来るのなら、殆どドライブレコーダーと同じである。ドライブレコーダーのみという訳ではないけど、ドライブレコーダーとの違いといえば、GPS測位の有無、振動衝撃センサーの有無くらい。勿論、アクションカメラでも、そういう機能を有するモデルもあるだろう。実際、ドライブレコーダーとして使う場合、GPSや衝撃センサーは必ずしも必需機能とは言えないので、アクションカメラでも十分使えると言えば使える。下手なドライブレコーダーを買うくらいなら、ダメもとでアクションカメラを利用するのは選択として悪くない。少なくとも、四輪で利用するなら何の問題も無い。繰り返しになるけど、給電連動でループ撮影出来る機種限定の話だ。

ただ、二輪車に使う場合、アクションカメラの利用がベストか?というと、個人的には判断としては少し考えるところがある。二輪車というと車体自体が元々コンパクト。そして設置場所というのは限定的。二輪車でアクションカメラを使うのであれば、個人的には前方視界をライダー目線で撮影する場合に限る。
そして、ライダー目線で走行映像を撮影する必要を感じない自分からすれば、アクションカメラを二輪のドラレコとして使うというのは、微妙に選択から外れてしまう。

他の記事にも書いたけど、自身が二輪車で撮影機材を装備するのは、万が一の事故、事件に巻き込まれた時の証拠映像の確保が目的。つまり、後方撮影するのが目的なのである。
後方撮影する場合、自転車の場合は、後方からの幅寄せ、進路妨害を撮影するのが目的だから車体全部から右斜め後を撮影する様に配置。単車の場合は、単車の存在を軽視して異常接近する背後の車両を撮影するために、車体後端部に配置する。

この場合、設置場所のスペースが大きな問題となる。

自転車の場合、設置場所はハンドルのバーエンド部。ドロップハンドルの下ハン位置のバーに平行に設置。転倒時の破損を考えると、ドロップハンドルの下ハン位置の空間に設置するので横幅の広いボディはNGである。ハンドルバーの幅程度の細身の筐体のロガーが必要である。

単車の場合はどうか?といえば、車体後端部に設置。設置したものが日常の使い勝手を阻害しないとなると、車体に添わせて極力コンパクトに配置するのが必要。タンデムバーあたりから出っ張った形で取り付けるのは如何にもで格好悪い。ウインカーステーに取り付けて車体に添わせるだけとか、タンデムバーに沿わせた形で極力コンパクトに設置するというのが理想。

となると、給電連動でループ撮影開始という機能に加えて、筐体自体が進行方向で幅の狭い形状であることが望まれるのである。形状的には、CATEYE辺りのLEDヘッドライトのような形状が理想。横幅は3cm程度が理想。大きくても5cmは大きすぎる。高さ的には2cm~最大で5cmくらい。マウントを加えても+2cmが限界。ただ、奥行きというか長さ方向はソコソコOKという形。つまり、砲弾型のフラッシュライト的な形状が望ましいということになる。

この点で多くのアクションカメラは後方撮影用ドライブレコーダーとしては形状が理想から外れてしまうのである。多くのアクションカメラは、横幅が6cm以上、高さが4cm程度、厚みが2cm程度という形状。非常にコンパクトではあるけど、防水ケースを取り付けてマウントを加えると、横幅が名刺サイズに近い大きさとなる。

こういう形状だと少なくとも自転車のバーエンド部には搭載し辛い。単車の場合も前方撮影用にハンドル周り、メーター周りにマウントするなら問題無いけど、車体後端のテールカウル近辺、リアウインカー近辺にマウントするには大きさ的、形状的にスマートさに欠けて、周りから見て如何にもカメラを搭載している的に見えてしまう。それはチョット避けたいところ。

まぁ、後方撮影ではなく本来的に前方の乗り手目線の映像を撮影するならば、この給電連動でループ撮影が開始するモデルであれば悪くない選択だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

DRE-200の電池交換は?

さて、ジャンクで入手したKYBのドラレコDRE-200だけど、内部電池が完全に死んでいる。充電しても充電されない。この電池は、単三サイズのニッカドバッテリーを2本パックしたもの。HHR210AHA09という汎用電池だけど、探した限り、市場では流通していない。電池の仕様は、2.4Vで2080mAhという仕様。
で、この単三サイズのニッカドバッテリーを探すと産業用バッテリーでAHA210AAC48というものがある。こちらは1.2Vで2080mAhという仕様。これを2本繋げば一応は出来そう。
このニッカドバッテリーは+端子、-端子にリード線が取り付ける事が出来る構造。ということで、これを2本調達することにしてみた。
これで、元々のHHR210AHA09を解体し、コネクター類、結線類を移植してDRE-200が再起動可能か調べてみる。
果たしてどうなるか?

一番良いのは、普通に乾電池で駆動出来ればよいけど、まぁ、電池交換出来る構造なのは有り難い。最近の専用のリチウム電池のモデルは電池が終了したら手の施しようが無いので、それに較べるとマシ、、、、

これで生き返れば嬉しいところ。果たして、どうなるか?

で、実際に電池が二本届いたので、HHR210AHA09を解体しました。見ると、単三に近い形状の電池が直列つなぎしてあるだけ。外観から何か制御用のチップらしき見えたのは単なるプレート。電池パックから出ていた三本線だけど、+が一本、-が二本だけ。そのリード線を外して、購入した電池パックを直列つなぎして、リード線を半田付け。最後は、テープで巻いて電池パックっぽくしてドラレコに装着。

因みに、元の電池は中国製、買った電池は日本製でした。

スイッチオンすると、キッチリ起動出来ました。設定も可能。このドラレコ、内部電池無しで外部からの給電では設定画面が立ち上がりません。内部電池が必須の様です。

30万画素、30fpsで15分単位ファイルをループ録画する仕様。振動、衝撃センサー付きで検定衝撃でファイルを保存する仕様。本体は大きめながら防水というモノ。録画の開始と終了は外部給電の開始と終了でスイッチ操作は不要という仕様。

GPSこそ無いけど、BVR-01と同じ使い勝手です。これ、GEANEEのAC-02よりイイ感じです。

次の連休、CXにはこれを装着しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積極的に公開

ドライブレコーダー画像、車には前方、側方、後方の三方向を撮影、自転車では後方を撮影している。

これまでは、公開は考えていなかったけど、今後は、積極的に公開しても良いか?と考えている。
基本は、スナップショットの画像公開に留めるけど、度が過ぎた場合は、動画で運用しているサイトで公開、更に酷い場合は、動画投稿サイトに投稿という方向だろうか?

撮影した記録、残していても仕方ない。ということで、これからは積極的に公開していこうと思う。

取り敢えず、動画投稿サイトに投稿したのは、脇道から逆走突進してきた自転車と、自転車をギリギリで抜いていくキャラバンの二つ。

因みに、撮影の目的は、四輪は無謀運転による被害記録の撮影、煽られの撮影、自転車の場合は、四輪からの嫌がらせ運転の撮影と、背後から一生懸命追っ掛けてくるロードバイクの撮影だ。単車での撮影が乗り気で無いのは、単車の場合、煽られる状況、嫌がらせを受ける状況が基本的に考えられない。理由は、嫌な気配を感じたら逃げれば即終了だから。また、後方から他の単車が追っ掛けてきても、街中では挑発に乗らないからだ。ただ、単車で撮影するとすれば前方視界の撮影だけど、自分の視界を撮影しても公開する事が無いので意味無いとも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

DRE-200

ジャンク品で、表題のレコーダーを調達してみた。
本機は、KYBの単車用ドライブレコーダー。30万画素+ループ撮影という仕様。
ジャンクの理由は内部電源劣化で電源が入らないそうだ。
因みに、USB接続してもスイッチは入るけど起動出来ない。

これ、内部電源はニッケル水素電池パックのようだから、通常の単三充電池を加工して装着して再起動を試みたい。

ドライブレコーダーに精細な画像はデータ容量からも不要っぽい。
少なくとも、ループ撮影出来ないとダメ。できれば、必要最小限容量の方が望ましい。
ということで、本機をセレクト。

一応は内部電源を外せるので、何とかなるかも知れない。何とかしてトライしてみたい。

生き返らせたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

CX+AC-02

CXにGEANEEのAC-02で走ってみた。
解像度設定は720Pで60fps、、、、アッという間に大きなファイルとなる。
これ、チョット使いづらい。

最近は高解像度、高フレームレートの画像が持て囃されているけど、こんなの不要だ。

個人的には、SD解像度、30fpsで十分。データ量が大きくなるのは後のハンドリングが煩わしい。

少なくとも、、、ドライブレコーダー、30万画素程度で十分なような気がする。

最近のアクションカメラ、ドライブレコーダーは、殆どが高解像度で、昔の標準解像度が選べないモノも少なくない。チョット不便な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

単車+デジカメ

BTにBVR-01、SVにMIO MIVUE128、CXにGEANEE AC-02を装着して徘徊してみた。
始動性の良いBTとSVにはイグニションONで即撮影開始のモデル、始動に手こずるCXは手動撮影開始のAC-02で撮影。

映像はどれもイイ感じ。因みにAC-02はカバーを外して、充電USBポートにシガー電源から給電している。結果、全車バッテリー電源駆動だから電池切れの心配なし。非常に使いやすい。

基本、付けっぱなしで問題が起きた時だけ確認するパターン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧