2018年2月21日 (水)

ジャンクデジカメ処分

創成期のよく判らないデジカメ、結構好き。
世間的にはゴミみたいな機種が多いけど、そのゴミみたいな機種を昔から少しずつ集めて遊んできた。
しかし、オモチャ故に耐久性に問題があって、使えない機種も少なくない。
使っている内に壊れたり、、、ということで、問題を抱える機種を、この度は思い切って廃却することにした。

電源が入らなくなったE-100RS、筐体が割れて電池固定が出来なくなったWS-30、WS-30SLIM、DC-80、ズームユニットが壊れたDX3215Zoom、CCDを使ったムービーカメラであるEMDC-110、液晶が壊れた初代ジーニー等々合計8台。

何れのカメラも2000年頃のモデル。性能的に見るべきモノはないけど、限られた性能に特化して作られたオモチャカメラだけど、その割り切りというのは、オモチャの立ち位置を弁えた潔さが感じられて、どれもお気に入りの一台だ。

まぁ、同系のカメラを他にも大量にストックしているので、これからも気が向けば、思い出したように遊ぶ事が出来るので大丈夫。

高性能なスマホが撮影ツールで定着しているけど、低性能なオモチャカメラ、創成期のデジカメというのは、逆に魅力的。ハード特有の癖が映像に残る。この独特な絵作りは、高性能なカメラで映した映像を加工して人為的に得たモノとは違うモノ。

未完成の中に味を求めるという付き合い方では、オモチャデジカメとか、創成期のデジカメというのは、未だに魅力を失わない個性を有していると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

E-100RS引退

ずっと愛用してきた連写デジカメであるE-100RS、今回も運動会で使おうか?と思いつつ準備していて気が付いた、、、、電池を入れても、ACアダプターを使っても、電源が入らない、、、いろいろチェックしたけど、ウンともスンとも言わない。
まぁ、モデル的には2002年頃のモデル故に修理するのも今一。まぁ、画素数的に150万画素というのは、既に今時ではないのかもしれない。
ということで、廃棄処分。

で、ストックしているデジカメに交代。
連写用デジカメとしてストックしている機種は、二台。
一つは、2008年モデルと古いけど、単三電池が使える最後の連写機とも言えるキャノンのPowershot SX-1ISというモデル。連写能力はE-100RSに及ばない秒間4コマだけど、連写中でもコマ送りながら映像がブラックアウトしないので、割と使えるのが特徴。連写で追っ掛けるならE-100RSがベストだけど、SX-1ISも使えない事はない。

もう一つは、2009年モデルと古いけど、こちらも単三電池が使えて、秒間40コマを誇る超高速連写カメラ、カシオのハイスピードエクシリムEX-FH25というモデル。連写能力がずば抜けているのだけど、電子式手ぶれ補正で光学式手ぶれ補正を搭載していないのが難点。望遠でフレーミングして被写体を捉え続けるのが難しい。更に、連写後の書き込み時にブラックアウトするので、連写連続で被写体を追い続けるのは実質不可能。
これは、止まった被写体を狙って、ある瞬間を捉えるためのカメラという感じ。

因みに、何れも小改造を加え、SX-1ISではテレコンのTCON-17を、EX-FH25ではTCON-14を接続できるようにしてある。SX-1ISでは560mmだから×1.7で952mm迄、EX-FH25では520mmだから728mm迄延ばせる。因みに、SX-1ISではフィルター部にアダプターを設置しているので重たいTCON-14Bではレンズエラーが発生して使い辛いので、軽量なTCON-17を接続。EX-FHはボディ側から接続しているのでTCON-14Bで丁度良い。

今時、コンパクト望遠連写+単三電池駆動というのは存在しないので、この二択からの選択。

スペック的にはEX-FH25だけど、フレーミングの問題からSX-1ISを使ってみたけど、、、、やはり、E-100RSの使い心地には敵わない。

SX-1ISをもう少し使って見て、上手く取れるようになればOKだけど、ダメならE-100RSを再度探すかも、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

携帯電話、換えて良かった。

先週の日曜日に携帯電話を機種変更した。
娘のスマホ交換の序に、自分は携帯の機種変更。

これまでは富士通F001、今回は京セラのX01である。3Gガラケーから4Gガラホだ。

交換の理由、電池の保ちが悪くなったから。これまで、満充電して2日でアウトだったけど、今回のは一週間経過で未だ40%、、、、最高である。

まぁ、使っていないからかもしれないけど、電池の保ちが良くなってラッキー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

未だにガラケー

娘が携帯の機種交換、奴は遂にスマホ。まぁ、周りの友人の所有状況を聞くと、スマホ、携帯無しがクラスの1/3、2/3の内で8割がスマホ、2割がガラケーとのことで、どうやら相当にストレスが溜まっていたらしい。

ところで、自身のは、未だにガラケーである。今の機種は2010年からだから、丸7年経過である。当然3Gケータイである。これ、海外で使えなくなるそうなのと、電池が1日保たなくなってきたので、交換することに、、、、

で、今時だから、スマホ、、、とはせず。今回もケータイである。基本、使わないので全然十分である。

ただ、機種が一回り大きくなったので、サイズに併せて最低限サイズの携帯ホルダーが使えなくなったのが誤算。

今回のガラケーも、最低5年以上は使う予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

解像度

最近のカメラ、テレビ、ビデオ、、、多くの映像媒体を扱う機器の解像度が大きくなっている。
テレビでは4K、カメラ、ビデオもHDが普通といった状況。

しかし、個人的には、未だに昔ながらのSD解像度で十分という意識である。

中には、大画面テレビなら4Kとかの高解像度必須という意見もあるけど、正直、4Kが生きてくるような55インチクラスのテレビを見るとしても、テレビの直前で見るなんて考えられないのだ。

大画面のテレビを見る時は、通常サイズのテレビより離れた位置から見る。すると、高解像度が表現する細部なんて、視力的に見えないので、やはり高解像度マンセーにはならない。

逆に、タブレットとかカーナビ等のモバイル端末の画面で見る場合となると、画面解像度自体が大きくないので、そうなってくるとデータの可搬性を考えると30万画素サイズのSD解像度の映像で十分ということになる。

車のカーナビ、別付けモニターで映し出す映像はDVDで昔のSD画像だけど、全くOKである。

映像保存用メディアではHD-DVDは消えてブルーレイが残ったけど、ブルーレイのデッキは持っていても殆ど使っていない。映像記録はほとんどDVDで記録する。DVDにSD解像度で記録するので十分だからだ。

最近では、自転車、バイクの走行映像やスポーツの映像をGoProを用いるのが流行りだけど、そこまでして映像記録を取りたいとも思わない。撮るとしても、昔ながらの低解像度のムービーカメラで十分という意識である。

何でもかんでも高解像度、高画素、、、そういう時代かもしれないが、極力、低解像度志向なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

未だにトイデジ、低画素デジカメ

デジカメが高機能スマホカメラな駆逐されて、デジカメ自体の存続が危ぶまれているけど、自分は未だに低画素カメラを愛用している。
メモカメラ用途は100~200万画素クラスの高画素?カメラだけど、それ以外だと30万画素の創成期のデジカメとか、トイデジを愛用している。

この創成期のデジカメとかトイデジっていうのは非常にコンパクトだから持ち運ぶ気になるのが大きいけど、それ以上に、帰宅してデータを抜き出さないと写り方が見えないのが最高である。

撮った瞬間に確認できたらワクワク感が無いけど、このトイデジは帰らないと判らないのだ。

更に、カメラによって思い掛けない色合いになっていたりして、これがまた楽しい。

機材に求めるモノは程々に、そして、この程度でOKという判断を付ける余裕っていうのがホントは一番大切なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

コンデジもアナログ化すれば、、、

最近、スマホのカメラ機能の高性能化によって、コンデジの存在価値が失われ市場から消滅しそうな状況になっているそうだ。カメラならではの機能による一眼レフ等の製品は市場に残っているけど、一世を風靡したコンデジは風前の灯火状態だそうだ。

コンデジの高機能化による小型化は、スマホへ機能が取り込まれるというのは当然の帰結のような気がする。

ただ、自身はカメラに求めるのは、後から見てから驚くワクワク感であり、今時の如何にも美しく撮れて、その場で確認出来るという利便性は期待していないので関係無いのである。

カメラの楽しさっていうのは、取った後に、こんなだったんだ!と喜ぶ部分であり、そういう意味で、液晶レスのトイデジとか、液晶表示とは異なった出力となる旧式のカメラが好きなのだ。未だに、創成期のVGAデジカメ、トイデジを愛用しているのは、そういう理由である。

ところで、そんなデジカメが今後生き残るには?というと、やはり、高機能化、緻密化とは一線を画した戦略が必要だろう。少なくとも、スマホに取り込まれないためには、物理的にスマホサイズでは実現出来ない機能を実現する事のように思う。

個人的には、カメラというのは本来はフィルムに焼き付けるモノである。そう考えると、今こそ、デジカメも昔ながらのフィルムを収める方向に戻るべきのような気もする。撮影は普通のコンデジ同様に行えて、撮った画像を確認出来れば良いけど、そこで撮った画像をフィルムに焼き付けるような機能でもあれば、案外楽しいかも知れない。昔のカメラはフィルムによって随分と雰囲気が変わっていたので、デジタル画像をフィルムに映すというDA変換であったとしてもフィルム媒体に転写できたら面白そう。フィルムスキャナーというのがAD変換だとすれば、逆にデジタル画像をアナログ変換出来れば、それはそれで一つの価値が生まれるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

抜けるような空

春、抜けるような青空、、、、
新緑と青空と朝陽の日差しのコントラスト、、、
久々にトイデジで撮影しました。
WS30という十数年前の30万画素機です。
20170423ws30_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

撮影習慣

スマホの普及で、SNS等に自撮写真等をアップする習慣が広まっているようだ。今時のスマホ、デジカメは写真情報に撮影日時、場所情報もあるので、そういうのを気楽にアップするというのに自身は物凄く違和感を感じる。

HP、ブログに写真をアップするにしても、そういう情報は特定出来ないようにするし、ましてや自撮で自分が移るような写真等をアップする等は一寸考えられない。
アップする場合は、大幅に年数が経過したような写真とか、GPS情報はおろか、日時情報も入っていない、なおかつ、モノを移した低画素な写真と決めている。

という訳で、この辺の今時の考え方、一寸理解しがたい。

自身は日常の一コマを掲載する場合、十数年前の低画素のトイデジ画像がイイ感じだと思う。映りの悪さが何とも言えないエフェクトを掛けてくれる。このエフェクト、最新のカメラと画像ソフトでは実現出来ない効果だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

久々吹雪

日曜日は、子供の珠算検定の試験会場送迎があるので、走れません。
で、雪が降ってましたが走りました、、、、。寒かったです。
寒そうな空ですね。

20170211ws30_6

山の上は雪で霞んで見えません。

20170211ws30_7

可部線鉄橋です。路面はウエット、土手はうっすら雪化粧。

20170211ws30_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧