2020年7月15日 (水)

劇場クラスターといっても

一応、糞みたいなスタッフ、観客だったとしても、この御時世、一応はマスクはしていたんだろう。そして、密気味とは言え、観客数は絞っていたのだろう。

ただ、クラスターが発生したというのは、少な目の観客でマスクしていたとしてもダメだったということか、、、、

安全に過ごす秘訣、、、それは、人と会わない事。これに尽きるんだろう。

| | コメント (0)

広島コロナリターン

丁度三ヶ月前と同じ状況です。いや、四月よりも日々新たにカウントされる感染者が増加傾向。
東京由来からの、感染拡大だそうです。直近では、カラオケで感染、、、、今の時期、カラオケボックスに入り浸る感覚が微妙ですが、そもそも一度ピークが過ぎてから危機意識が消失してしまっているのでしょう。恐らく、だれもがそんな感じかも知れません。緩んだ状態でGOTOキャンペーンでブーストが掛かれば、一度目のピークの数倍の感染となるような気もします。

今年は、プロスポーツも途中で中断になるかもしれませんね。

| | コメント (0)

延期です。

同期の送別会、最近のコロナ増加傾向を踏まえて延期となりました。
そんな状況の中で、来週からGOTOキャンペーン、、、学校の野外活動、修学旅行、文化祭、体育祭、研修旅行が延期、中止の中でのGOTOキャンペーン、、、、
一度決めた事が回避出来ないのが今の政府か?

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

コロナにワクチンは無意味では?

皆が期待しているようだけど、無駄な努力っぽい気もする。
コロナっていうと、普通に風邪の一種。
そもそも、風邪にワクチンが有るか?っていうと、無い、、、、。
最近は、コロナ抗体は三ヶ月もしない内に消滅とか、、、
となると、ワクチン打っても持続しない、、、、となる。

コロナは風邪の一種、、、ならば、『パブロン』みたいな症状を重症化させない対処薬の方が大事なのでは無いだろうか?世の中はワクチン開発競争だけど、何か、方向が違うような気もする。『コロロン』みたいな症状改善薬に使えるモノを探す方が大事な気もする。

| | コメント (0)

若年もコロナ後遺症?

多分、コロナに後遺症は無い。コロナに感染して免疫が戦って治癒するまでに時間が掛かる人が、症状の悪化に患う状態が不可逆的なダメージを受けるか否かだろう。

ダメージを負う迄長引くというのは、免疫機能が頑張りきれない人、、、、つまり、ホントの意味で健康でない人ということ。

年齢の若い人程、持病のある人が少ないけど、潜在的不健康者は少なく無い。虚弱で不摂生、不規則生活者、喫煙習慣、飲酒習慣というのは、実は不健康要素にカウントされる。

スポーツ選手が無症状で早期治癒で後遺症無しというのは、健康だから。
一方で、夜の街で感染してウイルス消えても体調不良が持続するのは、不可逆ダメージを受けたから。理由は、通院習慣が無くとも、身体が虚弱で日常習慣ダメージが蓄積しているから。夜遊び大好きで、酒、煙草が離せない人がそうだろう。

或る意味、仕方ない。現在、若年層で無症状者ばっかりらしいけど、ウイルス消滅後も体調が回復しない、ニュースにならない後遺症を負う人が相当数現れそう。

まぁ、自業自得だろう。

生活習慣別の重症化率を集計して欲しい。喫煙習慣、飲酒習慣、肥満度、持病率との重症化率を集計すれば、年齢よりもハッキリと傾向が出るのではないだろうか?

恐らく、ブリンクマン指数と関連させれば、面白い傾向が出るのでは無かろうか?

| | コメント (0)

Go to キャンペーンよりもBy Buyキャンペーンしない?

来週からGotoキャンペーンだそうだ。
三密を避けながら、キャンペーン、、、キャンペーンって理由は集客。客を集めつつも、密を避ける、、、既に矛盾している。

それよりも、通販促進で良くないか?通販で、送料、手数料を政府負担で、商品金額のみで通信販売を促進する。大きな品物の送料、手数料が無料になると、結構大きな商品が大量に移動するのでは無いだろうか?人を動かさずモノを動かして経済を回す、、、これが正解でないか?

ネットの世界では個人情報のセキュリティが問題。それでネット決済、クレジット決済が普及しないけど、今こそ、政府が個人に上限付きプリペイドカードを割り当てたらよくないだろうか?言ってみれば、プリペイド式クレジットカード。これに入金した金額分を決済に使えるような仕組み。このカードを全国民に割り当てたら、そこに給付金なりを入金するのも良し。そこから他の口座に移し替えるのは個人の自由で、そういうカードを割り当ててネット決済を広く安全に国民に普及させて、平行して上述のようなキャンペーンでもすれば、個人へのカード割り当てに対する抵抗感は反対の無さそう。

マイナンバーカードの口座ヒモ付けよりも、個人に金額上限付きプリペイド式クレジットカードを割り当てて、ネット決済等を促進させる方が良くないだろうか?

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

世代隔離策か?

東京の感染者数拡大は積極検査の結果。つまり、以前とは違うそうだが、地方は特に積極検査している訳ではないけど、感染者頻発傾向。これは、四月上旬の頃と同じパターン。
既に、第二波だろう。
報道的に、死者居ない、若者ばかり、、、、ということで、多くの人が他人事意識。つまり、緊張感も無い。恐らく、感染しても放置する戦略だろう。まぁ、高齢者への接触さえ行わなければOKかもしれない。里帰り、見舞いを一切禁止にすれば乗り切れるかもしれない。

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

コロナVS大雨

長引く梅雨前線の停滞、終わりは見えてこない。
警報出っぱなしで、どうなる事やら、、、、

一方で、最近はコロナ感染者数の増大も顕著。
特に東京都中心の首都圏の感染者数増大も著しい。
東京都は、連日の100人越え、昨日は224人、本日は240人オーバーだそうで、、、、、それでも医療体制は逼迫していないということで、華麗にスルー。国としてもGoToキャンペーン、、、

まぁ、コロナスルーに舵を取った政府、東京都の方針なんだろう。それは否定しない。

期待のワクチンだけど、感染者に出来た抗体は二、三ヶ月で消失。ということは、ワクチンで抗体を作っても同じく消失、、、ってなると、ワクチンでの効果は期待出来ない。

望みは治療薬だけど、それ以前に、コロナ広めて弱い人は亡くなってしまえ的な政策をチョイスしたのかもしれない。

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

線状降水帯を作るのは?

地形的影響なのかな?南西方向に向かって海が開けた地域、これが危険なのかもしれない。大量の水蒸気を蓄えながら陸地にぶつかる。南西方向から北に向けて絞られた地形が雨雲を集積しやすいように見える。

九州といえば日本列島西端。南部も北部も南西が海。東シナ海、南シナ海から湿暖流の流れが入り込みやすい。そして、山地に沿って雨雲が集積していく。
流れた湿暖流は南向き斜面に向かって雨を降らせ易いのが特徴で、今回の大雨も、そういう傾向。

南西に向けて海が開けた地域といえば、広島県も該当する。広島市北部豪雨では豊後水道から広島市西側、己斐地区から八木地区に掛けての急勾配の山地に沿って雨雲が大量発生している。市を形成する三角州の上流方向程、土地が絞られており、上流方向程被害が大きかった。西日本豪雨では、豊後水道から呉から熊野の大きな山塊の南側を沿うような雨雲で、熊野、矢野、坂、呉に掛けて大きな被害が生じている。

暖かく湿った空気が南西方向からダイレクトに入りやすく、奥に進む程地形がタイトになるエリア、そのエリアの南斜面が雲がぶつかりやすく雨が降りやすい。

因みに、雨雲といえば標高で400m以上に作られるらしいけど、急斜面で標高400m級の山が並んでいれば、それに沿ってぶつかる湿暖流が上昇して雨雲を更に発達させやすい。

南西方向の海に開け、背後に400m級の山地が壁のように連なる南向き斜面、、、、これが鍵かもしれない。急勾配で400m級の連なる山地というのは、大量の雨が沢に集まりやすく土石流を生みやすい。逆に、連なっていない背の低い100m級の山の場合、沢に集積する雨量の絶対量が大きくないので土石流に為りづらいのかもしれない。
広島であれば、黄金山の北斜面、比治山の北斜面、江波山、皿山の北斜面、二葉山の北斜面というのは、知る限り、土石流的土砂崩れを見た事がない。

個人的には、南斜面より北斜面の方が好き。

それは、実家が南斜面で、平成3年の台風19号では怖かったから。今は北斜面に移っているけど、台風の暴風は殆ど感じない。もしかしたら、台風以外でも南からの雨雲の影響も軽減されるのかもしれない。

| | コメント (0)

警報バザール

2014年8月20日の広島市北部豪雨、広島土砂災害の際には、物凄い雨が降って、ネットの降雨レーダーでも真っ赤というか、一部赤黒い表示が為されているにも拘わらず、警報も何にも出ない状態。ただ、雨の異常な降り方で、個人的には対処していた。
雨が降ったのは深夜1:00頃だったけど、住まいの地域では2:00には小康状態となり就寝したけど、翌朝は市北部を中心に大変な事になっていたのを鮮明に覚えている。
ただ、それでも広島市長は牛田の自宅でグッスリお休みだったそうで、、、、

その後、一寸した雨でも警報の乱発である。乱発しすぎである。直ぐに避難指示、避難勧告、、、、この程度の雨で?というレベルである。
当然、そうなると、警報がウザクなるので、意味が無くなるのだ。

次、2018年7月6日の西日本豪雨。ここでも警報は出ていたけど、正直、何故に全域で出す?というのが偽らざる感想。西日本豪雨では南西部の南側斜面で豪雨+大きな被害だったのだが、、、、、

で、2020年の豪雨では、早い段階から脅すような避難勧告、、、携帯電話もとっても五月蠅い、、、、ただ、避難判断はどうするか?という事では、ネットサイトの降雨レーダーサイトを見て30分後に明らかにヤバイとなると避難しようという判断で注視。すると、深夜の段階で、明らかに雲は衰えて、ルートが変わる事を確認。それで対応したけど、それで十分な感じ。

今の警報発信、度が過ぎる、、、、空振りが多すぎると、誰も信じなくなる。そして、警報は数時間前から出すのではなく、確実性の高い1時間前くらいから出すのが良いのでは無いだろうか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧