2020年3月30日 (月)

起床時刻

生活リズムを守るのは大事、、、平日の起床時刻は午前6時50分、週末は午前5時50分。週末が早起きなのは、早朝ピスト走のため。夏場で午前6時台前半スタート、冬場で午前6時台後半スタートである。日の出の時刻で調整している。

普通なら休日はゆっくり寝るのが一般的かもしれないが、運動習慣を身に付けて以降、朝は早起き。当然、前日の就寝時刻も午前零時台である。平日前の就寝時刻は午前1時台だ。

ただ、こういう生活を十数年続けてきて思うのは、朝、グダグダ過ごすのもチョット良いかな、、、という気持ち。

学生時代といえば、予定の無い休日の朝は、お日様が高く登っても起きない、、、そんな感じだったけど、今は違う。

若い頃、年寄りは早起き、、そう言って笑っていたけど、年寄りになって初めて判った。

それは、歳を取ると健康第一で、そのために行うべきは?というのが見えてくると、どうしても早起きになる。

まぁ、早起きすると時間が有効活用できる。そういう意味で無駄がない。

ただ、無駄を楽しむ余裕、、、、これも必要な気もする。生活リズム、また何処かで変わるかも知れないなぁ、、、、。

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

鼻水垂らして学位授与式?

県立大の学生、卒業旅行でフランス、スペイン等旅行だって、、、、この時期に?
人体実験の実践か?

挙げ句、鼻水垂らして学位授与式出席って、、、、

あれだろ。四月の入社式、出れないだろ。隔離病棟だと、、、、内定取り消されるんと違うか?

常識ないからアウト判定されるぞ。

自営業の40代女性もアウトだ。熱が39℃迄上がって、翌日、友人とゴルフ?更に続いてゴルフ?

自営業だと、あんた友達無くすよ?常連客も無くすよ?

噂だと胡町界隈とか、、、

しかし、、、卒業旅行に欧州、鼻水垂らして学位授与式とか、原因不明で高熱になって知人とゴルフとか、、、ありえねぇな。

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

コロナ対応

公的施設の利用は、市内でコロナが出るか否かで判断している。
そもそも、繁華街、ショッピングモールには出掛けないので関係無いけど、公的施設といえば、スポーツセンター類を利用している。
市内に出れば、遭遇リスクがあるので、発表されたら利用は見合わせようと考えている。
場所が何処か?次第だけど、中区、東区辺りだったら当面見合わせになりそう。

本日、県内四例目、市内二例目のコロナ、どこか?が問題だな。

中区在住40代女性、廿日市と東広島の屋外スポーツ施設を利用したそうだ。微妙だ。

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

神戸大学大学院の告発教授

なにか違う。煽ってるだけ感が強い。
クルーズ船での対応については、その時点でも書いたけど他に選択肢が無かっただろうし、結果論的に、下船者を核とした国内での感染拡大は抑えられている。
それに異を唱え、動画アップ、一方的に削除、、、その後の丁寧な説明も行わず、、、、またメディアに出る。出る方も出る方だけど、出す方も出す方。見るだけでウザイ。なにか違う感がある。この人。

ヒステリックに持論をまくし立てて専門家と言えるのか?現場に招集されないやっかみ感が強すぎるようにさえ見える。

| | コメント (0)

クルーズ船ツアー

今の時期、通販番組で豪華クルーズ船による世界一周旅行クルーズのチケットを販売斡旋している。
1日1万円台、窓付きツインで185万円、バルコニー付きで330万円だそうだが、、、、誰か買うのかな?

紹介する番組も凄いけど、買う人が居れば、それも凄い。

まぁ、今の時期、欧州、東南アジアに旅行する人が居るから、売れるのかなぁ、、、。

| | コメント (0)

経済インパクトのダメージ回想

物心付いてからの経済インパクト、回想してみると、、、
最初はオイルショック。この時の年齢は8歳というところ。正直、実感も何もない。何が起こっていたかも記憶にない。微かな記憶と言えば、旧広島市民球場北側にあった広島県立屋内プールに水泳を習いにバスに乗って通っていた時、バス停で中東で戦争が起こってガソリンが高くなるという大人の会話が頭に残っている程度だ。
その後、第二次オイルショックとか、円高不況とかの景気後退局面があったけど、ショックという程でも無く印象としては希薄。

次のショックといえば、バブル崩壊。バブル絶頂は1990年、これ大学院修了年度。就職活動といえば、色んな大企業を回っていたけど、どの企業もお車代を頂いたし、会社訪問では昼食でも御馳走を頂き、晩ご飯ではレストランに連れられていったりして過度なもてなしを受けていたのを覚えている。バブル崩壊は1991年からだけど、社会人一年目において、そんな実感は皆無。就職した企業の業界が世間の景気動向とずれているためか不景気は殆ど感じていない。っていうか、1988年から学生で起業した塾経営が軌道に乗ったのが1989年以降、卒業後も1996年頃迄携わっていたので、個人的には懐が潤っていた。学習業界と縁が切れたのは1998年だけど、90年代以前の年収を超えたのは2010年代後半迄掛かっている。それ故に、バブル崩壊期の世間の苦労は知らない。世間では山一証券廃業、拓殖銀行破綻等々色んな破綻があったけど、個人的には遠い話感が強い。

その次といえばリーマンショック。これが2007年頃の話。世間の景気は悪かったけど、勤務先の景気はむしろ史上最高の売り上げを更新している頃で多忙を極めていた。忙しかった事しか記憶にない。ただ、忙しすぎて、もう忙しく動くのは辞めよう!と決断した頃。雇われ命令で動くのは程々にして、自分の考えたアイデアを市場化しようと決断したのがこの時期。リーマンショックで世界的には不景気だったのだろうけど、個人的な実感は殆ど無し。

その次が新型コロナウイルスによる今の世界同時不況。これが2020年。確かに勤務先でも業績の見通しは明るくない。ただ、自身の定年退職年齢も間近。カウントダウン状態だから、あまり気にならない。昇給が抑えられたとしても、今レベルで定年なら、それはそれでOKである。それよりも、リーマンショックの頃に考えた新しい技術がやっと市場化出来つつあるのが今。2008年頃発想し、特許化できたのは最近の2017年末である。これはインフラ技術を支える無注水軸受システムの基本特許。この特許を用いた製品をマネージする会社は親族が経営しているけど、親族も高齢。言葉は悪いけど先は長くない。このシステムを用いた製品はこれから十数年以上市場に供給していくけど、これが定年後のサイドビジネスになる予定。現時点では、出荷数量は多くないし、出荷金額的にも莫大な金額ではないけど、そこそこの量が一定ペースで出そう。製品は公的インフラ設備の基幹部品であり景気には影響を受けない。コロナショックで不景気が長くなっても、その影響は軽微だろう。

これからも、世間の景気後退でショックと呼べるような荒波を受けるかも知れないが、何となく、何の影響も受けないような、そんな気もする今日この頃である。まぁ、良く判らない。個人的には、もう贅沢せずに奥に引っ込んで慎ましく過ごしたい。それが出来れば多くは望まない。

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

K1観戦者が発熱

だそうだ。直ぐに検査する必要があるか?
直ぐに検査っていうと、優遇みたい。体調不良を感じたら申告した上で、自宅で二週間待機要請して外出を自粛させるので良くないか?二週間待機しても熱が下がらないなら、完全防護服のスタッフに連れて行かれれて検査を有料で受けさせて貰えば良いと思うけど、、、

| | コメント (0)

何故にこの時期に?

最近、国内感染者の多くを占めるのが海外旅行からの帰国者。

まぁ、感染しても死ぬと思わないと考えれば、海外旅行は普通のこと。

そうかも知れないけど、世間の空気を読むのは大事。

3月上旬~中旬に旅行、そして元気な感染者になって帰ってきたのなら、
序でに、無人島に二週間強制隔離して免疫作ってもらいたい。

海外旅行に行くのは自由だけど、ウイルスばらまくのは世間の空気が許さない。

そのリスクを抱える間は、無人島で謹慎するか、帰国時入国は待機すべき。

それが出来ず検疫拒否して彷徨くなんて、脳が腐ってるとしか言えない。

名前、隠す必要があるか?

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

生活保護的な対応は?

現金給付、消費税減税、、、色々言われている。
目的は、コロナショックで収入が激減した人を助ける?景気をV字回復させる?
良くわからんけど、V字回復は今言っても仕方ない。
今は、収入が断たれて生活が困窮している人だろう。
ならば、コロナショック前と後で給与明細を提示したら、ショック後の明細ベースで特例的短期的生活保護費相当額を支給するのが手っ取り早くないか?
勿論、金額は減少額を考慮しても良いだろう。
通常の生活保護費相当分は補償し、足りない分は無利子超長期での融資で良くないだろうか?
これなら、直ぐ出来そうだし、困った人も大幅に救えるような気がする。
生活保護相当額で生活不可の人が多いだろうけど、相当額分を補償、それ以上を、ある時払いの催促無しで融資が一番のように思う。

現金給付とか消費税減税は本来は行うべきでないだろう。今は人を集めない、買い占め抑止、人を集めて感染拡大させないのが大事だから、ホントは消費税増税しても良いくらい。コロナショック後に時限的に現金給付なり消費税減税なりするのが本来だろう。

| | コメント (0)

無症状は感染無し

武漢の新規感染者ゼロの根拠だそうだ。
ただ、政府判断でこれが出てくるというのは、これを根拠と出来る理由でもあるのか?
ウイルス自体の素性が判っていないと、こんな通達の元で世界に発信は出来ないのではないか?
素性が判っているから、今、収束傾向だと宣言出来ると取れない事もない。
となると、やはり、このウイルスは地域で蔓延して収束するのが2~3ヶ月というのは、誰かが判っているのかもしれない。
中国で3月末で収束アピール、ならば、やっぱり日本は4/20~4Eで落ち着く?
そんな気がしないでもない。

蔓延が故意だったとは思えないけど、ウイルス自体が人為的なモノだったのか?
仮にそうなら、蔓延させたとしても、ある期間で収束するように設計しないとダメだし、、、どうなんだろう?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧