2018年2月14日 (水)

雑記

オリンピック開催中である。ただ、今回のオリンピック、会場として冬季五輪開催に相応しい気候条件の地だったのか?気候条件の考慮した会場の設置だったのか?というと、通常の冬季五輪と較べると違和感アリアリである。
運、不運の影響が大きく出るような会場設置、競技時刻というのはアスリートに対して如何なモノか?という気がする。
また、南北統一云々はどっちでも良いし、北を参加させるのも構わないが、競技者は兎も角、応援団、管弦楽団は関係無いのでは?という気がする。意味が見えない。アスリートのみ受け入れるというのが本来の姿で、応援団、管弦楽団っていうのは五輪とは全く関係無いような気がする。

話は変わるけど、この時期というとニュース、ワイドショーは多くのアスリートが登場して五輪解説をされており、プロ、専門家の声が聞こえるのは非常に有り難い気がする。
やはり、その世界で生きている人の声、その世界に拘る人の声、生き方というのは貴重で有用というものである。
この部分で考えれば、色んな人をテレビ等メディアで見るけど、本業というか、属する世界を或る意味極めた人というのは、話に説得力を感じるし、そういう声が聞こえるのは有り難いと思う。最近テレビで良く見る大衆演劇の座長の梅沢富美男さん、コメディアン、芸人、漫才師等なら志村けんさん、タモリさん、内村光良さん、明石家さんまさん等だ。
そういえば、最近は芸人の方の露出が非常に多いというか、多すぎるけど、露出している芸人さんでも漫才、芸といった本業が見えなくなっている人も少なくない。本業である世界から遠ざかり、ニュース、ワイドショー、博識番組のMCでしか見えない人というのは、すこしばかり違和感を感じる事が多く、話やコメント自体が、先の本業の世界を大事にしている人のそれと較べると、少々、浅く面白味に欠ける印象が強い。
公共の電波から届く話というのは、できれば、扱う話題における専門的な視点であったり、話題に対して精通した人の声というのを届けて欲しい気がする。どうでも良い浅い話自体は、耳障りが良いかも知れないけど、何も残らないように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

書斎は四畳半

自宅で自分の書斎は子供に部屋を取られたので、四畳半の納戸だけ。ここに、パソコンが4台、コピー機を兼ねた複合機、本棚、カラーボックスを3台利用した書棚、革ジャンの衣装棚、ロード2台、ピスト2台、スポルティーフ2台、小径車が2台で合計8台、室内整備用の工具セット類が収納してある。

自身としては、究極のスペース効率を達成しているように思う。

何と言っても自転車の収納が究極的と言える。

ラックに縦吊りしたのがピスト、スポルティーフ、ロード、スポルティーフ、その下に並べてあるのが、ロード、ピスト、小径車三台という構成。

最近は、断捨離とか、そんな言葉が流行っているけど、狭い場所に如何に空間を効率的に利用するか?の方が個人的には関心がある。

捨ててモノを減らせば、当然、片付けは楽になるけど、捨てないで整理するというのは、整理整頓の本質のような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

サタケ製作所

この会社のCMが印象的。
米粒の中にダイヤモンドを混ぜて、分離器で取り出すCM。
米粒を落下させながら画像診断してダイヤモンドを見付けたら圧縮空気で弾き出す、、、、

非常に懐かしい感じ。

っていうのは、今からさかのぼること30年前、大学の授業で工程設計という必須科目があったのだけど、そこで講座の助手の人がサタケ製作所に持ち込んだアイデアが、米粒のサイズを画像診断して圧縮空気で弾き出すというアイデア、、、

1987年当時、聞いた時は、そんなこと、可能?って思ったのを覚えている。

しかし、それに着目して開発を続けた結果が、今のCMとなっている。

この装置自体は、もう少し前に開発されていたけど、少なくとも20年以上は開発されてきた訳だ。

それとは別に、海水中微生物のカウント装置を実用化したという話を2年前に聞いたけど、この着目はさかのぼること8年前くらいの話。

諦めずに6年の歳月を費やして実用化した訳だ。

開発とは、アイデアの実現に執念を燃やせるかどうかの良い例である。

こういう会社を見ると、、、、正直、非常に羨ましい気がする。直ぐ諦める、誤魔化す、撤退する、パクル、真似する、他に乗っかる、、そういう会社とは、恐らく空気感が違うんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

リメイクアニメ

アニメといえば、美少女キャラが必須のようだ。特に最近のアニメは、殆どが性的描写、特徴を過激に表現したようなキャラクターが必ず登場している。登場するキャラクターは、作品が異なっても、殆ど同じデザインで違いは殆ど見付けられない。一言で言えば、皆同じである。
昔のアニメでは、登場するキャラクターは作品毎に特徴があったけど、今は作品が違っても皆同じだ。マジンガーZ、宇宙戦艦ヤマトがアニメでリメイクされて話題になっているけど、このようなアニメでも残念ながら登場するヒロインキャラは、今時のキャラクターと同じようになっている。

興味深いのは、このようなアニメでは、登場する機材のモデル以上に、登場するヒロインキャラのフィギュアが大人気ということ。このフィギュアが人気という現象は、少なくとも、昔のアニメの時代には無かった話である。

リメイク元のマジンガーZ、宇宙戦艦ヤマトで、当時のモデルといえば、超合金Z、パイルダーのミニカー、ヤマト、アンドロメダのスケールモデル程度であり、女性キャラのフィギュアなんて存在しなかったように思うけど、今は、ヒロインキャラのフィギュアがメインだ。

これは、昔のアニメは、小学校低学年向け、今のアニメは大人向けということの表れだろう。

このようなヒロインキャラがフィギュア化したのはいつからか?といえば、調べてみるとガンダム、エヴァンゲリオン辺りのようだ。この辺りの作品から、アニメの視聴層が高年齢化して中学生どころか、高校、大学生以上、下手すれば社会人が初回放送を見るようなったのだろう。最近は、戦艦、戦車、単車を女性化したアニメも好評らしいけど、視聴層の多くが成人となっている。

思うに、リメイク作品、息の長い作品のアニメのモデル化製品にヒロインフィギュアが欠かせないのは、そういう客層を見込んでの事なのだろう。

考えすぎかも知れないが、前記事で、単車のカスタム、整備を自分で行わないのは、そういった工具、機械の扱いに慣れていないのが理由という風に考えたけど、小中学生で自転車の分解、改造、高校生で単車の改造、分解という風な時間の過ごし方をせずに、アニメやコミックと多くの時間を過ごしてきたからかもしれない。

今時のリメイクアニメが刺さる世代というのは、視聴した時代が小学生の頃の世代なら理解できるけど、実際のアニメ作品を見る世代は、物凄く年齢層が幅広く、そして、関連アメニティでフィギュアが人気というのは、そういう作品を幼少期以外で見る人が多い事を示しているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

Nintendo Laboの提案したVR

Switchの新しい遊び方、、、、、ビックリである。
段ボールを使う事で、様々な形態のコントローラーを実現する。その段ボールコントローラーに多機能のジョイコンを忍ばせて、段ボールコントローラの動きをジョイコンで捉える事で、操作方法自体を擬似的に現実に近付けるゲームを提供。いってみれば、インターフェースの形態を実体験に近付けたタイプのVRと言える。
目に見える情報をVR化してきた今迄のVRとは違い、操作体系をVR化させる方法。それを段ボール工作によって作るという驚きの発想。

出されたモノを見れば、なるほどね!って思うけど、これを思い付いた企画者の発想力、独創性に感嘆させられるばかり、、、、非常に素晴らしい。

これなら、ゲームに嵌る子供を見て思う親のストレスも、相当に小さくなるような気もする。

段ボールインターフェースを進化させて、ユーザーサイドでは、このゲームインターフェースの構造を、更にリアル化させるために、段ボールではなく実際のモノに置き換えて、それにジョイコンを組み込むという作品がユーザー側から示されていくだろう。

発想が発想を呼ぶ、、、、そして、次に何かが生まれる、、、、任天堂、すげぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

イイ物

とは何か?
ある人に聞くと、新しいモノがイイ物だという人もいる。意見を聞くと、新しいモノ程、新しい技術で出来ている。新しい技術はイイ物だと、、、、、
まぁ、聞いた相手が悪かったかもしれないが、個人的には、そうは思わない。

イイ物っていうのは、長く使われ続けるモノ、長く作り続けられるモノ、これがイイ物だと思う。

長く作り続けられるというのは、作り続ける事が出来る商品が競争力を維持している事でもある。

単車なら、基本設計が古くても、非常に長い間作り続けられてきたエンジンっていうのは、やはり、イイ物という気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

スマホ、、、、

スマホが常識化した時代だけど、自分はスマホは使わない。
でも、スマホユーザーは物凄く多い。

で、使わない自分から見た素朴な疑問。

それは、、、、車の運転中に迄、スマホ操作に緊急性があるか?とか、信号待ちで青信号に気付かずスマホ操作をずっとしているドライバーもいるけど、そこまでして見たいモノが存在するのか?とか、歩きスマホが問題となっているけど、徒歩の移動中に周りが見えなくなる程熱中して行う必要性があるか?というところ。

そんなに、四六時中操作しなければならない理由、其処まで即時性の価値がある情報があるのか?というのは、物凄く疑問。

ネットの閲覧なら、もっと大画面で処理能力の高いPCを留まっている場所に配備しておけば楽だし、車の移動中の行き先検索ならカーナビで事足りる。
遊び場所を検索するとしても、移動しながら検索する必要性も無い。

でも、外出すれば、100%の確率で移動中スマホ操作する人を見る。

未だ、疑問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

RCC試験放送

最近、ラジオを聴く習慣となっている。
夜はテレビよりラジオが面白い。

そんなラジオといえば、深夜放送が流れている。これ、大昔からオールナイトニッポン、走れ歌謡曲が流れているけど、これは月曜~土曜までだ。

日曜は、午前1時で終了。

しかし、驚いたのは、午前1時から試験放送と称してエンドレスで音楽を流しているのにビックリである。

エンドレスで音楽が流れているなら、それはそれでOKで、放送終了とは思えない。放送が終了した他の局では、『ピー』って言っている。RCCでは放送終了で試験放送で音楽、、、、試験放送という名前の番組みたいな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

物減らし

単車も自転車も、PC、カメラ、、、、チョット、物が増えすぎ。
物を整理する、、、これって大事なような気がする。

物を増やす意味を考えると、増やした物が、最後はどうなるか?を考えると、増やすことよりも、ある時期からは減らす意識を持つ必要もありそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

煽られたら、、、、

大人気ないので、つい応対してしまう。
テレビ等での対応では、やり過ごしましょう的な評論が多いけど、意味もなく突然だと、やはり、『カチン』と来る。

昨日アップしたフィールダーの場合、車間を詰めまくってくるので、MT車の特性を活かして、ダブルクラッチでローに入れてエンブレで大きな減速幅で対応したりして、遠のけたり、後方車載映像でアップしたり、偶然走行していて遭遇するというのは、生活リズムが似ているから遭遇する訳で、再度遭遇したら、逆にプレッシャーでも掛けてやろうか?と思ったりもする。

煽られても、相手にしない、、、、これが理想なのは判るけど、なかなか、そうもいかない。

煽り、接近っていうのは、別に四輪に限った事ではない。単車に乗っていても、自転車に乗っていても、バリバリ接近してくる人は結構居る。

自転車では、ピスト走行時にはロードに、ロードでヒルクラ時は電アシに追われる。単車では、郊外に抜ける峠道を通過しているだけの場面で、トラッカー風の走り自慢バイクに追っ掛けられる事がある。車の場合に限らず、自転車でも、単車でも、気配を感じたらサッと逃げるけど、、、、逃げるというのは、基本、相手にしているということ。ホントは良くないのだろうなぁ、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧