2018年5月21日 (月)

昭和63年

映画「孤狼の血」を見に行った。

背景は、広島、呉、昭和63年である。

この昭和63年というと、自身には記憶に残る年。

大学の学部を卒業した年である。この頃は?というと、峠に入り浸り、常連と連んで峠を登ったり下ったりして一日100km以上走る事もあった。

そんな単車ライフを過ごす一方で、当時の大学生活というと、合コン三昧である。大学の研究室の電話を連絡先にして、色んな女子大と合コンをセッティング、週に2~3回のペースで合コンしていた。

当時のコースというと、始まる前に、居酒屋で男だけで腹ごしらえ。その後のコースと言えば、
広島なら薬研堀のワインバーのような洋風居酒屋で一次会、二次会は四十人の盗賊のようなカラオケパブで二次会とか、アービスとかコートダジュール、キサクラブのようなディスコで一次会、二次会はカラオケパブとか、そんなパターンで遊んでいた。
因みに、大学生は住処が東広島、遊ぶところが広島市、、、ということで、エンドレスである。最後は毎回ではないが、鷹野橋とか、加古町とか、そういう宿泊所へ、、、なんて事は普通だったような気もする。
先日、その界隈を車で通ったけど、当時の宿と同じ宿が廃れながらも未だに営業していて、懐かしさを覚えたり、、、
ハズレ日は、ブリンプクラブとか、ビーズバー、ジガーバーで反省会開いたり、酒に飲まれたら、猫まんま、サテンドール等で音楽聞いて酔い冷まして撤収だったり、、、

当時の軍資金は?というと、広島の大学生の定番で、塾講師、家庭教師中心に、薬研堀、流川界隈のショットバー等でバーテンのバイト、カラオケパブでのバイトで補うというパターンだ。

夜の街というと、週に4~5日は出掛けていたような時代だ。

夜の街というと、そういう学生合コンで出る以外は、峠の常連で連んで、二輪、四輪で八丁左回りとか、二輪ではグループ同士の諍いも少なくなかったけど、二輪と○公の喧嘩も結構派手だった。記憶に残っているのは、カマロに乗って水中銃で喧しい二輪を追っかけ回すヤバイ人とか、、、そういう喧噪が強く記憶に残っている。

当時は、流川に繰り出す連中でもグループ通しの諍いで、血だらけになったり、或いは、一晩、檻の中で頭を冷やされたり、、、、そんなのは結構日常である。

自身の記憶では、あの時代が一番印象に残っている時代。

「孤狼の血」では、暴力団対策の法律云々の前夜という話だったけど、時代的には風営法も施行される時期で、ディスコの営業が「G」以外では午前零時で終わったりという時代で、時代が今の時代に移る時期だった記憶がある。

映画で描かれていた当時の喧噪は、記憶の喧噪に近い感じ。路地の奥では暴力も少なくなかったし、大人と子供の喧嘩も普通だった。

この映画、滅茶苦茶面白い。当時の遊んだ街の記憶が蘇る。

因みに、当時大学生だけど、同級生には、映画のモデルになったかも知れない団体に大学出で入った連中も何人かいたし、そういう団体の息子がいたりして、大学生ながら、背伸びした店で遊ばせて貰った記憶もある。当時の記憶を呼び起こすと、、、、会員制の○○クラブ、流川のクラブ○晶あたりは、綺麗なバニーさんや、ホステスさんが印象的。

当時は、そういう所で知り合った後、日を改めてバイクで二ケツして帝釈峡とか、そんなところ迄遊びに行ったりして色んな思い出がある。

あの時代、一番面白かった。

当時の色んな出来事を思い出させる、イイ映画だったように思う。

因みに、こういう時代、一緒に連んだ連中は、今なら50代半ば世代が多い。

残念ながら、今の周りには同じ世代は居ない。チョット下連中だったり、チョット上連中だったりして、こういうバブル前夜の過ごし方をした連中が居ないので、実はチョット違う感があったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

北には効いている

制裁を緩めない事を主張する日本への風当たりだったり、米政権のタカ派ボルトン氏となえるリビア方式へのあからさまな嫌悪感、、、、

北は制裁が相当効いているのかもしれない。

甘い言葉で制裁を緩めてくれそうな相手には、甘い言葉の囁きを繰り返し、相手の気持ちが緩んだところのタイミングで、更に譲歩を引き出す交渉術を駆使。

そうでない相手には、強行な態度、、、

判りやすい対応だ。

恐らく、中間選挙等で実績が欲しい米側が折れて核廃棄と経済制裁緩和を段階的に行うという方向に行くんだろう。

今回の流れは北のストーリー通り。北の善人ぶりを世界中にアピールして、北が平和を作り上げる主導者というイメージを植え付けたところで、米国を揺さぶり、米国が折れて経済制裁解除を狙っているのだけど、米国が折れず、北の要求を突っぱねたら、それはそれで、北の平和への活動を、米国のトランプがぶち壊す。トランプこそが平和を望まない悪者だと主張出来る。

どっちにしても北の損は無い交渉戦略。それに乗った南と米国が厳しい状況に追い込まれるというストーリー。

そういうストーリーをぶち壊すには、北の態度に流されず、当初の要求を折らずに屈服させる態度で出て欲しいところだけど、そこまでの度胸をトランプさんが持っているか?というと、期待は高く持てない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

北、来た

南北会談中止、米朝会談にも、、、

まぁ、こういうストーリーは分かり切っていたこと。驚く事でもない。

会談前に譲歩が引き出せれば会談に臨み、会談前に譲歩が引き出せなければドタキャン。

結局、モノが欲しいのだろう。欲しいけど、核放棄する気はない。ポーズで支援を取り付けることが出来ればラッキー的な感じに違いない。

支援を取り付けるためには、揺さぶりが必須、、、、その揺さぶりで、米韓が何処まで言いなりになるか?を調べているに過ぎない。

中止宣告で、F22とかB52を引っ込めるようだと、更に要求を突き付ける事が可能という判断で、核放棄を段階的放棄に変えて、更には、開発凍結、開発中断、当面の配備見送りという風にするんだろう。

こういう判断は、最近の流れで、トランプさんの自尊心を擽ることが出来たという確信を得たからに違いない。

北的には、トランプさんが誉められたいという思いが勝る筈だから、核放棄、核破棄のハードルを下げる事が出来る見込みを持っているのだろう。そのために、揺さぶりを掛けているだけだ。

ただ、トランプさんは、北の読みを超えて、実は、誉められたいというよりも、初心貫徹の厳しい姿勢でドタキャンされるのを実は願っているかも知れない。それを口実に攻撃して一気に叩き潰す、、、、そう思っていたら、、、面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

新潟県警

先日、県警の記事をアップしたけど、新潟県警っていうのは仕事が速いのか?
新潟の女児殺人死体遺棄事件での重要参考人から事情聴取が始まっているらしい。

遺体が見付かった場所、時刻といった条件、目撃者の少なさ、監視カメラの無さから問題解決の糸口に辿り着くのは簡単ではないか?とも思っていたけど、事情聴取に至る状態迄捜査が進んでいる様子。

地元の県警とは違い、なかなか優秀。

今朝の情報では、ランドセルに家族以外の指紋、鉄道柵に複数の指紋が検出というところまで。
この二箇所で採取した指紋で共通した指紋でもあったのか? そして、その指紋と一致する持ち主が居たのか?

事情聴取という段階に進んでいるのは、相応の証拠があったのだろう。

早期解決を望みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正恩の外交活動が活発。

最近のメディアの露出では、笑顔が印象的。そして、非核化、平和に率先しているアピールが凄い。

でも、数ヶ月前には、全く別の行動をしていただけでなく、、、、自分の兄を殺め、叔父を殺めていた残虐性の事実は消えない。

皆、そこんところ忘れているのか?

ただ、イメージを反転した露出アピール、、、、人の印象操作に極めて長けているのだろう。そして、多くの人が、その操作に誘導されて数ヶ月前迄の非道を忘れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

レザー製品

大好きだ。ブルゾン、パンツ、ボディバッグ、ウエストバッグ、ブーツ、グラブ、、、、、色々あるけど、どんな製品でもレザー製が選べる物は、なるべくレザー製を選んでいる。

重たいという欠点はあるけど、頑丈だし、長持ちするし、自分で補修出来るのが良い。擦れて色落ちしたり、破れを裏当てしたりすると、従来は表面に損傷が見えていたけど、今では皮革用塗料である『染めQ』を使えば、パッと見的には、気にならない程度に補修可能。

チョットしたサイズの修正なら、縫製なら縫い直す、リベット留めなら位置交換で自分で対応可能、、、これが良い。

レザーブルゾンのプロテクター部の修正、ボディバッグ、ウエストバッグの改造や修理が自分で出来るのが最高。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエストバッグ修正

携帯電話の機種交換を行った。丸7年を経ての交換である。交換理由は、電池の保ちが1日程度と短くなってきた事。3G携帯が海外使用が出来なくなる事。この二点。
これまでは富士通のF001というコンパクトモデル。今回からは京セラのTORQUE X01というモデル。前回のF001を選ぶ際には、3Gスマホと悩んだけど、今回はスマホは最初から眼中に無し。
今時の携帯は4Gで、外観が携帯、中身はスマホというのが仕様。まぁ、仕方ない。

で、早速持って帰って装備しようとすると、、、自転車乗車中に使うウエストバッグの携帯電話ホルダーに入らない、、、、F001に較べて厚みが増して、長さも増えている。厚みは兎も角、長さの関係で、携帯電話ホルダーの蓋が閉まらない。

ということで、革製ホルダーを改造。これ、革製でバックル等もリベットで固定指定ある構造。で、このホルダーのウエストバッグへの固定方法と、蓋用バックルの固定位置の変更を行ってみた。

すると、、、、上手い具合に携帯電話ホルダーに収納できた。

機種変更初日は、携帯電話の収納場所をキーケース収納場所に移し、キーケースをウエストバッグ本体内に収納したのだけど、使い勝手が悪すぎたので、改めた次第。

このウエストバッグ+携帯電話ホルダー、入手して数年以上経過するけど、ベルトの交換、内部にキー固定用Dカンを追加、携帯電話ホルダーとウエストバッグ本体をスナップによる脱着に改造、、、、、これは、単車運転用のボディバッグでも改造を加えてきたけど、このように修理の機会を利用した自分用カスタマイズを加えて結構愛着が増してきた。

カスタマイズ、修理を施す毎に、物への愛着が増す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

広島駅

新しくなった広島駅、初めて行きました。

正直、殆ど変わってません。

そとからの見た目だけのチェンジです。今一ですね、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

今時の芸人、芸能人

基本的に高齢化が進み、ジャンル外への進出が著しい。
アイドルと一言で言っても様々だけど、個人的には例えば女性アイドルが可愛らしい格好でテレビに出るならば、年齢的には22歳が限界かな?という気もするし、男性アイドルがアイドルとして通用するのも、いくら歳を取っても30歳未満かな?という気もするけど、現実は違う。女性アイドルなら30歳でもOKな感じだし、男性アイドルなら40歳越えも普通。
感覚的には70年代、80年代当時からみれば10歳は高齢化しているような気もする。

女性アイドルといえば、山口百恵さん、ピンクレディー、キャンディーズ辺りをイメージするけど、あの辺りで引退、解散したのは、20代前半であり、活動期間はそれ程長くないけど、印象は鮮烈に残っているように思う。
個人的な感想としては、昔のアイドル、芸能人というのは天性の才能の持ち主、現代のそれは、必要なスキルを徹底的に叩き込んで作り上げられた人という印象である。
これが、活躍する年代に大きな違いを生んでいる要因のような気もする。
昔は天性故に既に競争力を持って売れる要素を持っているので若年時から闘える人、今は鍛えるために時間が必要で完成しなければ登場出来ないので、自ずと高年齢化しているのかもしれない。

最近は芸人、芸能人の不祥事、事件が少なく無いけど、普通に考えると何故に?というような事件も少なく無い。ただ、よくよく考えれば、一般社会で一般常識を身に付けたり、教育機関で一般教養を身に付けるべき時期に、そういう世界でそういう過ごし方をしていない人の方が多いようにも思う。本来、そういう時期において芸や歌のスキルの修得に全てをつぎ込んでいたとすれば、本来なら気付くべき事を気付く能力が育まれていない可能性もあるし、そういう環境故に、普通なら問題になる事に対する配慮不足であったり、甘えや奢りの意識が生まれていても不思議ではない。
様々な不祥事の原因に、酒を挙げている人もいるけど、そんなのも理由にはならない。

今のように、高い年齢になってもアイドル業が続けられる時代ならば、その年齢において本来身に付いて修得すべき観念や常識、風習を身に付ける必要があるようにも思う。少なくとも、公共の電波で影響力の高い存在であるならば、アイドル=憧れの対象であり、その対象として相応しい常識力を身に付けておくべき必要性があるようにも思う。

本来、若年時においては教育を受けて成長するものだけど、若年期に歌や芸の習熟、修得に全てを捧げるような生活をしていたならば、もしかしたら、その時期に身に付けるべき知識や常識が欠落している可能性も否定出来ない。本来、義務教育後の高等教育、大学教育において知識や常識を身に付け、社会にでるための体験的経験を積むのが多くの人の歩む道だけれども、そういう段階を通っていないのであれば、芸や歌が習熟出来たことで、それ以外の何かを忘れている可能性だって否定出来ないように思う。

三十路、不惑になってもアイドルという憧れられる存在であるならば、多くの人が身に付けてきた社会通念、一般常識、一般教養くらいは最低限身に付けて、問題を起こさず身を律することが出来る抑制力が無ければならないのでは無いだろうか?

別に芸人、芸能人の活動に年齢制限が必要とは思わないが、少なくとも、年齢、世代に応じた常識力、一般通念、一般常識は身に付けるべきであり、今の時代ならば、若い世代から素材として育てる側の企業も、育てている人材に教育を受けさせるべきのようにも思う。

今の時代、例えば高校入試等ではスポーツに長けていれば勉強は程々で入試合格!なんて高校も少なく無い。まぁ、高校の知名度を上げればOKなのかもしれないが、その制度に乗っかって高校生活を過ごした人の多くは、本業たる勉学が疎かとなる場合も少なく無い。高校入試こそ、そこそこの特技でクリアできても、大学入試となると、少々のレベルでは推薦を受けて合格には至らない。特技を以て、それで次のステップに進めるというのは極僅かであり、逆に言えば、そうでない人の多くは、その特技たるスポーツ等では人よりも優れるかも知れないが、それ以外の部分で身に付けるべき知識や常識が欠けている場合も少なく無い。

人間の多様性の面で考えれば、色んな人が居るのが社会であり個性であるというのは理解できるけど、成人に達するまでに受けるべき教育には知識、常識、人格形成、社会経験の修得というモノも含まれており、それらを受けるのが高校、大学教育でもある。

そういう知識、常識の修得と社会経験を積んだ上での人格形成というのは、成人後に生きていく上では不可欠な要素なのは間違いないものである。そういう大事なモノを身に付けるべき時期に、それ以外のモノの修得に全てを捧げていたとすれば、そういうモノが欠落しているというのは仕方ないことかも知れないが、それが理由で、理不尽な事件や事故が起きているので有れば、今一度、社会において、世代毎にすべき事は何か?というのを考え直す時期に来ているような気もする。

芸能人の不祥事等を聞くと、根底に奢り、傲慢の意識が見え隠れするようにも思う。今話題の煽り運転にしても、それを行いたい衝動は理解出来るけど、度を越す行動がどんな結末に到るか?を考えれば、通常は自制が働くモノだけど、それが通用しないというのは、常識や法律よりも自分の衝動が上回る生活が染みついているからに他ならない。
組織や社会で過ごす上での調和や自制といった意識があれば、しょうもない事が事件化するというのは考えられないものである。

正直、義務教育というのは中学迄だけど、人格形成が未熟な十代では、常識、知識、社会経験を積みながらの人格形成にもっと重きを置いた仕組みを社会に根付かせる必要があるような気がする。

話は変わるが、最近はニュース、ワイドショーに限らず色んな番組のMCで芸人さんを見掛ける事が多いけど、個人的には、ニュース等を伝える番組では、伝えるべき情報が発生している世界の常識を等しい高さの目線で冷静に見て、的確な意見が言えるような人選の方が有り難い気がする。ニュース番組等でNHKが面白いのは、やはり、その道のプロたるアナウンサー、解説委員の方々が、その目線で的確に論じているように見えるからだ。話術的、或いは、話の振り的には芸人のスキルは上手いのだろうけど、情報番組では、振りよりも話の方に価値がある筈であり、それよりも目線や知識の方が大事のように思う。
80年代を振り返れば、ニュース、報道番組の司会者構成は、今とは明らかに違っているように思う。

スポーツ番組等々の解説、コメンテーターでも、可能ならば、その世界の経験者、第一人者の人の声や解説は有り難いけど、同じファン目線でギャーギャー騒ぐだけの話は、正直ウザイだけである。

影響力のあるメディアに登場する人に望むのは、やはり手本となるべき知識や常識を身に付け、その上での情報発信を期待したいし、情報を伝えるのであれば、その情報の発生する世界と同じ目線であったり、その世界で経験してきた専門的な目線で情報を伝えて欲しいように思う。

その為には、少なくとも伝える側は、年代に応じて、その年代で身に付けているであろう知識、常識、社会通念をしっかり身に付けて、相応しい人格を持った人であって欲しいような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

メイド・イン・USA

先の表題のスプレー、アメリカ製である。
日本国内に流通する製品といえば、日本製、中国等のローコスト生産が可能な製品、アメリカ等の割高な製品が多い。
無難なのが日本製。安くもないけど、高すぎる訳でもない。価格に見合った効果が得られる製品が多い。
メイド・イン・チャイナ等では、一般にチープ。一目見ただけで、大丈夫?的な事も、、、機能面でも、取り敢えず使えない事はないというレベルで、超高性能!ってモノではない。
メイド・イン・USA等では、割高感がある。割高故に購入する事は稀。購入すると、割高故に相当の効果を期待するけど、どちらかというとコストパフォーマンス的には日本製に及ばないと判断するものが多い。
しかし、稀に、割高だけど非常に満足度の高い製品に巡り会う事がある。

特に、用途毎に持っている使い方の先入観を覆すように使え、効果が抜群という場合に遭遇すると、満足度は非常に高くなる。

こういうモノに巡り会うのは99%が西洋先進国の製品。日本製では、まず遭遇しない。

やはり、真の先進国というのは、こういう常識を超越した製品が生み出される国なのかもしれない。

安かろう悪かろう、値段なり、、、、これではダメ。値段は別として、常識を越える製品、、、これが大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧