2019年6月15日 (土)

空母いぶき、続きを見た。

木曜日、月初めに爆破予告で途中中断した映画、『空母いぶき』を無料招待券で鑑賞した。
終わりの30分迄は見ていたはずだけど、思いの外、忘れている。

で、最後迄見た訳だが、、、、、まぁ、ストーリーが進行中の原作を一本の映画に纏めるというのは、そもそも無理がある。それでも映画として完結させるためにストーリーが作られているのだが、最初の途中まで見た感想に輪を掛けて、最後迄見ると、これは題名こそ『空母いぶき』だけど、話の構成やストーリーは全く異なるモノ。話の収め方が少々稚拙的すぎるというのが辛口ながらの感想である。

最後のシーンは、『沈黙の艦隊』的カラーを無理に突っ込んだために、逆に物凄い違和感を感じるような結末である。

原作のストーリーは、なんか有り得る?的な気持ち悪い感じと、そういう設定のストーリーを形にするのは良いの?的な気持ち悪さを感じたし、これを映画化するとなると、原作で相手国となっている中国を刺激すぎるのでは?とも思ったけど、映画を見ると、ストーリーは有り得ない。相手の存在も有り得ない。相手の背景と武力の関連性も有り得ない。有り得ない尽くしで、リアリティも何もない完全に考えられない話で、この手の映画の伝える危機感、恐怖感はゼロというのが正直な印象。

話を纏めるための設定が、究極の有り得ないである。

まぁ、原作者の色んな漫画作品、着眼点は良いけど、ストーリーの進行毎に展開を作ることが出来ず、ひたすら危機に向かうような設定。また、作者自身も、画の構成等では、著作物の引用等で物議を醸しだしてきている人でもある。言ってみれば、ホントの意味での伝えたいオリジナリティが見えづらいというのが感想である。着眼点は良いけど、進行は危機を煽るだけ煽って、行き先、着地点が判らなくなるというパターンが多い。
名作と呼ばれる『沈黙の艦隊』ではあるが、あれは最後の結末がやっぱり究極の有り得ないであり、物語の前半にあった面白さが消え失せている。そんな理由で、『空母いぶき』も原作がコミック化の第四巻迄は見たけど、その後の展開から、危機を煽るだけ煽るという方向性を感じ、『沈黙の艦隊』と同じ傾向のラストだろうなと思い、途中から読むのを止めたけど、それでも話の前半、コミックの第二巻くらいまでは面白いと思ったのだが、今回の実写映画作品は、原作者の唯一の魅力といえるストーリーの着眼点の時点で、有り得ないがスタートしており、個人的には、一言でいって残念な映画というのが結論である。

| | コメント (0)

ゴジラの有るべき姿は?

ハリウッドゴジラ最新作、映像的な迫力はさすがのCGだけど、ストーリーはかなり厳しいというのが個人的感想。
まさか、最後にラドンとかが、悪代官の如き、『へへ~ぇ』とひれ伏すのは有り得ない。

で、何故にこんなゴジラが大金を掛けて生まれたのか?を調べるためにオリジナルゴジラを最初から見てみた。

ゴジラの原点は初代ゴジラだけど、ゴジラ人気を確実なモノにしたのは、『ゴジラの逆襲』以降のシリーズ。第二作以降は、対決モノとなる。特に、四作目の『モスラ対ゴジラ』迄は、ゴジラは悪役だったはずだけど、以降の作品はゴジラが正義の味方、ウルトラマン的になっている。ゴジラが正義の味方になって以降、キングギドラ、メカゴジラといった人気キャラクターが登場している。ゴジラが正義の味方になるのは、これが勧善懲悪の子供向け映画になったということ。その後、何度かゴジラは本来の悪役になったり、色々と立ち位置を変えてきた。

そういうゴジラシリーズのゴジラの立ち位置をしっかり受け継いでいるのが最新のゴジラだ。

また、ゴジラには色んな対決怪獣が登場しているけど、ゴジラのような存在意義が感じられる怪獣も実はかなり少ないのが現実。
対決怪獣の多くは、ウルトラマンシリーズで毎回登場しては退治される敵の宇宙人、怪獣的存在。

やはり、ゴジラ映画というと、ゴジラにしろ他の登場怪獣にしろ、現実の危機を具現化した映像としての存在と関連付け出来るような存在にしないとダメだろう。ゴジラ映画は色々あるけど、初代ゴジラを越える映画は登場していないというのが正直な感想。

登場怪獣としては、ヘドラ、ビオランテくらいは、そういう存在として見られるけど、正直、他の怪獣に存在価値は無いような気がする。キングギドラは人気かもしれないけど、あの存在が、ゴジラを勧善懲悪子供向け映画でのヒーローに仕立てた張本人とも言える。メカゴジラも然りである。宇宙怪獣だとか、宇宙人が作ったロボット怪獣だとか、正直、今見ると生い立ちが厳しすぎる。現実の危機を映像化したヘドラ、ビオランテ以外で、まぁ、他の映画としてみればモスラ(原水爆実験海域に存在する島由来)くらいは理解出来なくもないけど、なかなか他の怪獣は厳しい。

やはり、ゴジラ映画で個人的にじっくり見られるのは、初代ゴジラ、ヘドラ対ゴジラ、ゴジラVSビオランテがベスト。次いで、84ゴジラ、シンゴジラ、モスラ対ゴジラくらいだなぁ、、、、

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

コジラ

この度、新しいハリウッドゴジラが上映される。
当然、見に行く。
ただ、ハリウッドゴジラは、微妙にゴジラ感が違う。
自身、そもそも、CGゴジラよりも着ぐるみゴジラが好き。CGゴジラもオーソドックスなゴジラの延長にあるシン・ゴジラの方が好き。

ゴジラ映画、様々あるけど、全部好きという訳ではない。好き嫌いの理由に一貫性があるものではないけど、ゴジラシリーズに登場する怪獣は、基本的に或る程度のリアリティと存在意義、発生理由が欲しい。突拍子も無さ過ぎるのはチョット厳しい。そして、登場するのは怪獣であって生物ではない。生き物感が溢れるゴジラはチョット違う。

ということで、自身の好きなゴジラのベスト3は、次の通り。
1.初代ゴジラ
2.ゴジラVSヘドラ
3.ゴジラVSビオランテ
次点.84ゴジラ、シン・ゴジラ

映画としては、ゴジラVSキングコングは何故か好き。ゴジラ映画ではないけど、空の大怪獣ラドンも好き。

ハリウッドゴジラは、ジャンレノゴジラ、最近の対決系ゴジラも、どっちも生物感が漂い過ぎ。ゴジラといえば、訳の判らない存在。生物でもないかも知れない存在というのが怪獣の基本。そう考えると、今一。

それ以外のゴジラと言えば、対決モノが定番だけど、対決相手が微妙すぎる。メカゴジラも何度も登場してキャラが変質し過ぎ。キングギドラも然り。ゴジラ系に仲間のミニラとかジュニアとか登場して人間となれ合いすぎるのも違う。怪獣が会議して一致団結するとか、ギャグポーズを決めるとか、、、訳わからん。怪獣で不気味で、、、、というのが理想。登場怪獣は時代を映した存在であって欲しい。ゴジラと怪獣は時代の不安や危険を具現化した存在であって欲しい。ゴジラや怪獣を具体化することで、恐怖を実体化させて物語りを作るのがゴジラ映画の本質では無いだろうか?

そう考えると、やはり、ゴジラ、ヘドラ、ビオランテ、、、この辺りの存在が際立っている。大きなクモ、カマキリ、トンボとか、キングギドラやオルガのような宇宙から来たとか、未来人とか、巨大ロボットとか、ゴジラ細胞が怪獣化したとか、、、もう、意味不明。

そうはいっても、ゴジラ本、結構買っている。解体新書、ゴジラシリーズ詳細解説本、シン・ゴジラの厚い本、、、、一通り持っている。ゴジラファンなのは間違いない。

そういう意味で、ゴジラの訳判らない感満載で不気味な設定のシン・ゴジラは近年のゴジラの中では秀作だと思う。新しい怪獣、設定の登場を期待したい。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

TZ-DCH2810不調

ケーブルテレビのSTB、特定のチャンネルで受信状況が悪い、、、、
ある周波数帯のチャンネルの受信が不良、、、、地デジパススルー部分、BSデジタル部分、CSの一部は正常、、、、

もしかしたら、ノイズの影響?

ということで、アンテナ線にハイパスフィルターを入れてみると、、、、

思いがけず、受信不良が改善。

ビックリ、、、、こんな事もあるんですね。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

出川哲朗の充電させてもらえませんか?の影響は、、、

これ、面白い。広島では不定期で土曜日の午後に放送。2019年の春は平日の昼間に再放送も、、、、

今、番組の中で一番好き。

充電バイクの旅、、、、これの目の付け所が良い。ゲストとディレクター、出川哲朗さんの三人で日本全国を旅する番組だ。

野球シーズンは土曜日が飛び気味、、、これ、リアルタイムで見られのはテレビ東京を放送する地域だけ。広島はリアルタイムでないのが残念。

でも、見れる放送は極力見る予定。

我が家の息子も嵌っている。

息子は、これまで単車は乗りたくないって言ってたけど、この番組以降、大きくなったらバイクに乗るとか言っている。良い影響だ。

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

4K8K

4K8K放送開始、、、でも、今のところ、興味ない。

部屋が今より広くなって、設置するテレビが60インチくらいを使うようになると欲しくなるかも知れないけど、それでも様子見で良いかな?的。

大画面テレビを今までと同じ視聴距離で見るなら、画素毎のブロックが気になるかも知れないけど、遠くから見ると画素単体が確認出来ない。

部屋が広くならず、視聴距離が変わらない限り、テレビのサイズは大きくても40インチもあれば十分。普通にみるなら32インチでも十分。

そうなると、、、画面画素数自体も然りだけど、高画素数自体が必要無い。

ということで、自分的には4K8Kは現時点では物欲対象にならない。

現時点で、映像コンテンツはHDどころか、SD解像度、つまり30万画素の昔仕様で十分満足している。プライベートで見る時の画面は15インチ以下、車だと7インチ程度、、、、となるとSD解像度で十分。データサイズ等を考えても全てを大きくすることにメリットを感じない。

4K8Kに行くのは、、、、テレビにチューナーが内蔵されて、対応のデッキが登場して、普及が広まって、価格がこなれて、、、、その後に型遅れ買い得品が登場してからで良い感じ。

事実、液晶テレビを投入したのも2012年以降で、それまでは大昔のプログレッシブスキャンのハイビジョンブラウン管だったけど、今考えればそれで正解だったと思う。液晶パネル自体、出始めと2010年以降の製品では随分と違う。4K8Kも出そろって競争で切磋琢磨して、安くなってから、、、、それで十分だ。

新しい規格、カテゴリーの製品、、、、登場しても性能が熟成されて完成度が高まるのに数年~十年程度要する。カーナビ、ドラレコも然り。DVD、BDも然りである。パソコンでもそうだ。新しい規格で新登場っていうのは、価格性能比的には今一だ。

買うなら、、、、2020年以降、オリンピック後辺りの方が良いような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

歌謡ポップスチャンネル

70年代、80年代のアイドルソングベスト10/20が、毎月のように色んな歌手の括りで放送されている。
当初は、ベスト20で、松田聖子、中森明菜、中山美穂、小泉今日子の括りで繰り返し再放送されていたけど、今はベスト10で月毎に新しい括りで放送されている。

それまでは、懐メロドライブミュージックがお気に入りだったけど、ミッドナイトハイウェイ編は新鮮だったのだけど、エリア編になると同じ楽曲の組み合わせが変わるだけど、新鮮味に掛けて、今はスルーしている。

ということで、今は上述のアイドルソングベスト10/20の方がお気に入り。
ただ、70年代、80年代のアイドル特集というと、そろそろネタ切れかもしれない。
まぁ、90年代もあるだろうし、アイドルソング以外の歌謡曲をそれぞれカテゴライズしてアーティスト毎に紹介するパターンもあるだろう。

この歌謡ポップスチャンネルの番組は、結構お奨め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

ホラーでないゾンビ映画『マギー』

チョット古いけど、アーノルドシュワルツェネガー主演のゾンビ映画、『マギー』って作品をCS放送で視聴した。
アーノルドシュワルツェネガー×ゾンビといえば、肉体派の正義のヒーローが武器を使ってゾンビをなぎ倒して世界を救うというイメージになりがちだけど、本作は、それは一切無し。
登場するゾンビの数も非常に少ない。ゾンビ自体は、バイオハザードシリーズに登場する俊敏で破壊力抜群のゾンビとは違う。一番最初の昔のゾンビ映画に近い緩慢な動きの弱いゾンビである。
まぁ、ゾンビ自体が、俊敏かつ殺傷性の高い生き物という設定自体が本来からすれば間違い。ゾンビというのは死体だから死後硬直等で動きが緩慢でなければならないので、本来のゾンビが登場している訳で、こちらのゾンビが正解とも言えなくもない。

それ故に、緩慢なゾンビ×シュワちゃんなら、シュワちゃんの圧勝である。初代ゾンビでは、緩慢であっても大量に発生したゾンビ故の恐さがあったけど、本作では緩慢なゾンビが僅かに登場するだけで恐さは一切無しである。

言ってみれば、ここで登場するゾンビというのは、人格や人間性を喪失し野獣化する不治の病に罹患した患者というイメージ。そういう人格を失う対象に如何に接するか?というのがストーリーであり、実は主人公はシュワちゃんではなく、人格を失いつつあるゾンビ病の患者の葛藤を描いた作品なのである。患者の重症化に伴い人間性を失い野獣化する状況への葛藤で示す態度や行動の変化が鍵と言える。その心の変化に、シュワちゃんの演ずる近しい人が如何に野獣化症状の進行に影響を与えるか?が見所なのである。

そういう意味では、シュワちゃんの演ずるゾンビ化する娘の父親と、ゾンビ化しながらも父親に守られる娘の関係性を見るという意味では、悪くない作品のように思う。

個人的には、この『マギー』という作品は、結構、お気に入りである。不治の病として『ゾンビ』を選んだのは、現実的な病名で憶測や批判を浴びるリスクを考えれば良いチョイスだと思う。また、ゾンビを本来のゾンビとして定義して登場させているのも好感が持てるのである。そもそも、俊敏に走って集団で襲ってくるゾンビっていうのは、やりすぎ感ハンパ無いし、その定義自体が冷静になって考えれば有り得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

24hテレビ、チャリティマラソン

今年の企画は、みやぞんによるトライアスロンタイプの企画。
土曜日に見て初めて内容を知ったけど、納得する部分が多い。

今回の設定に賛否を唱える人が多いけど、安全面を最重視して進行するなら、納得の方法と思う一方で、設定距離以上に厳しそうな印象。

まずは、スイム1.5kmとのことだけど、これ、湖の中で作ったレーンを周回して1.5kmを稼ぐとの事で、往復して泳ぐのは結構ダルイ。島から島とか、島から本土といったスイムでは思わないけど、同じ場所をぐるぐるというのは、泳ぐ側からすると、正直、ダルイ。
1.5kmを55分というのは、ペース的にはゆっくりだけど、泳ぐのが苦手な人なら、それでも大変なのは間違いない。個人的には、良く泳いだと思う。

次、バイクの60kmだけど、これも3時間58分で完走とのことだけど、これも専用トラックをひたすら周回するとのこと。これ、一周で60kmのコースと違って、景色も変わらないし、思った以上に厳しそう。まぁ、安全面を考えると、クローズドコースで距離を稼ぐのは納得だけど、周回走行で60kmは、、、、、なかなか大変。

最後が100kmランだけど、炎天下、それも40℃が予想される中で100kmは歩くだけでも大変。
今晩ゴールできるか?というところだけど、安全面を最重視して進行させるなら10時間なんてありえない。途中、休憩を入れて20時間は必要かもしれない。

本格的なアスリートが行えば、もっとタイムは短いのかもしえないけど、事故は絶対に許されない、混乱も招いてはならない、、、、となると、今回のコース設定は納得だし、想定タイムも納得のような気がする。

時間が長い事に、大した事ない的な意見を言う人もいるけど、30時間以上の設定にすれば、その分、寝ずに起きておく時間が長いのは、炎天下での運動という事を考えると、やはり厳しい。100km走るだけでも大変。バイクもスイムも、短いショートコースをぐるぐる走るのは、モチベーションの維持も大変。

怪我無く、事故無く、ゴールする事を祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

BS洋楽グラフィティ

NHKのBSで深夜に放送されている番組。60年代~90年代のMVが放送されている。関心があるのは80年代、90年代である。80年代では全部で15回、90年代が5回である。60年代、70年代は良く判らない。

で、80年代、90年代を録画して視聴している。やっぱり、80年代、90年代といえば、高校、大学、大学院時代で、一番洋楽に嵌っていた時代。その時代の音楽がMVで流されている。これは、結構お気に入りだ。

音楽番組は、CSで歌謡ポップスチャンネルとかMTVが放送されているけど、これらの番組で気に入った番組は、気が付けば録画している。
CSの歌謡ポップスチャンネルの中の、『懐メロドライブミュージック』のミッドナイトハイウェイ編はお奨め。各地方のローカル道路のバージョンもあるけど、ミッドナイトハイウェイ編だけは録画済み。
似たような番組では、『新・完全走破 高速道路の旅』もお気に入り。

最近は、80年代音楽を聞いて過ごす事が多い。

恐らく、歳を取った証拠。昔を懐かしみだしたら、、、、人生も後半戦。隠居モードみたいなもんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧