2020年8月26日 (水)

今時のアニメ映画

3DCGを駆使した映像表現。立体的で実写映像を上回る鮮明さとコントラスト、動きも遠近感も非常に洗練されて素晴らしい、、、、そう思ったのは、こういう3DCG映像が出た時だけ。

逆に、最近は食傷気味。リアルな3DCG表現だけど、登場キャラクターはデフォルメされた漫画キャラ、これは非常に違和感を感じる。

一方で、今時のキラキラ映画みたく、3DCGではなくとも写実的な画像をアニメに落とし込んだ映像表現も微妙。登場アニメは作者の個性が見えない美男美女キャラ、、、これも今一。

アニメ映画で面白いのは、キャラクター表現に作者のカラーがしっかり出ていて、完全に平面的な漫画の延長でも良いけど、そういう画像。
手塚治虫、石森章太郎、永井豪、松本零士、赤塚不二夫、、、、そういう昔からのアニメの方が面白い。純粋に思う。

作者キャラを活かしたアニメであって欲しい。正直、お色気ものだと、今時の美少女系よりも、ハニー風だとか、メーテル風だとか、サイボーグ009ノ1とかの方が面白い。

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

今年の24時間テレビ

無観客で行われた24時間テレビ、どうかな?と思っていた。ということで、例年なら視聴しないけど、今年は少し視聴する時間が長かったように思う。

で、思ったのは、例年より良かったような気がする。

例年通りにつまらないのは、深夜のダラダラした時間帯。一方で、関心して見たのは、高橋尚子さん主導のチャリティマラソン、これは結構良かったように思う。
他にも堀ちえみさんの舌ガン克服後の初歌唱とか、田中理恵さんの床演技とかは良かったように思う。

トータルで考えると、例年より楽しめたというのが個人的な感想。

チャリティマラソンの在り方、これまでのマラソンよりも良かったのでは無かろうか?今後の存続の仕方に大きなヒントが与えられたような気がする。

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

特撮ヒーロー

色々居るけど、昭和から長く続いている系統を見て、これなら!と思えるものと、これはチョット、、、という風なモノがある。
まぁ、感想は世代毎に違うだろう。
定番といえば仮面ライダーシリーズ。ただ、個人的に仮面ライダーとして納得のシリーズといえば、1号、2号迄。V3以降は厳しい。何だか違う感が強い。V3も最初は面白いけど、途中から無理を感じる。昭和末期から平成ライダーというと育児の関係で子供が小さかった2000年代初頭は少しは見たけど、微妙、、、、
やっぱり、仮面ライダーは1号、2号迄のような気がする。V3が登場したところで物語りを終えた方が良かったような気がする。

次はウルトラマン。ウルトラマンで面白いのは、やはり初代ウルトラマン、ウルトラセブン、百歩譲って帰ってきたウルトラマン。此処までだろう。ウルトラマンA、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ、、、やはり、シリーズが進む毎に設定が厳しすぎる。個人的に一番好きなのはウルトラセブン。物語も出色。今見ても見られる。

巨大ロボットといえば、マジンガーシリーズ。ただ、面白いのはマジンガーZのみかもしれない。グレートマジンガーの造形はカッコイイけど、グレートマジンガーはマジンガーZの最終回の登場だけで良かったような気がする。グレートマジンガーからグレンダイザー、、、となっていくと、意味が見えない。マジンガーZの世界観を色々拡張した漫画シリーズも意味が見えない。この系統はマジンガーZのみ。

宇宙戦艦ヤマトも初回の作品以外は厳しい。ガンダムといえばファンが多い作品だけど、ガンダム自体に関心が無い。その後の色々な巨大ロボットものも然り。

特撮系で忘れてはいけないのがゴジラ。ゴジラの場合は、善悪のハッキリした対決モノは今一だけど、社会に訴えるテーマがリアルタイムな作品は新しい作品も好き。上述の漫画系は初期作品に偏るけど、ゴジラは初代ゴジラ以外だと、対ヘドラ、'84ゴジラ、VSビオランテ、シン・ゴジラは結構好き。

昔の漫画、映画、、、、今見ても楽しい作品は結構ある。

| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

ランボー・ラストブラッドは、、、

コロナ自粛明け早々に、ランボー・ラストブラッドを見に行った。
一段とグロイ演出だけど、トータルで見ると、結論は最初から判っている。これは、、、、

ランボーというと、大統領から勲章を受けた伝説の兵士。最初は州兵、田舎の警察を相手に一人で粉砕した強者。殺すも生かすも手加減を知り尽くした兵士。その後、国家の軍隊の一小隊以上を一人で粉砕し、敵地から帰還する程の勇者である。相手がヘリだろうが戦車だろうが容赦ない強者である。

四作目こそ、相手はゲリラ的な軍隊だけど、こちらも軽く蹴散らしている。

そう、ランボーは一人で戦いのプロである軍隊であろうが、ゲリラであろうが関係無い程の強さを発揮するのだ。

そんなランボーの相手、、、、今度は、街のチンピラである。ヘリも戦車もバズーカ砲、ロケットランチャーも無いのだ。普通の鉄砲が相手である。

相手の人数も百人に満たない。最後の先頭シーンでは車列が十台程度。つまり50人にも満たないチンピラである。

勝てないはずがない。瞬殺だろう。

相手が決まった段階で、映画のクライマックスに主人公が危ない的なドキドキ感はゼロである。どこまで残虐に相手をなぎ倒していくのか?どんなリンチで地獄を見せるのか?しかないのが見え見えである。ましてや、敵地に乗り込んで戦うのではなく、自分の庭で自分の仕込んだトラップのある完全にホームでの戦いである。相手が気の毒過ぎる。

国家、軍隊相手に闘えるランボー、これに戦う相手が名も無きチンピラである。勝負は端から見えている。関心は、如何に残虐にいたぶるように仕留めるか?である。

街のチンピラ、選んだ相手が悪かった、、、、そんな映画である。

ただ、ランボーの殺人マシーンとしての表現を示すモノとしては悪くない映画だ。

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

怪獣映画の怪獣

怪獣映画といえばゴジラだ。
ゴジラには色んな怪獣が出てくるけど、出てくる怪獣全てが好きか?というと、そうではない。
怪獣自体、古い怪獣、新しい怪獣と様々。ただ、古ければOKで、新しいのはNGという訳ではない。一般的に人気があればOKで、不人気だからNGという訳でもない。

ゴジラといえば、人気怪獣ならキングギドラとかメカゴジラがある。ただ、キングギドラもメカゴジラも、正直、物凄い好き!という訳ではない。自身、幼稚園時代、小学校時代は?といえば、キングギドラもメカゴジラも好きだったように思うけど、今はそれ程でもない。

正直、そもそもキングギドラという宇宙から隕石の形でやってきて破壊の限りを尽くすというのも無理がある。メカゴジラも色んな時代のゴジラに、色んな形で登場しているけど、正直、微妙、、、、まぁ、メカゴジラ機龍で出てきた釈由美子さんは良かったけど、、、

怪獣というものの取り扱いが気になるところ。そもそも、ゴジラは核への警鐘をゴジラに託している側面が強いように思う。そう言う意味では、人間の活動で神の領域への侵害による畏れを実体化したのが怪獣という印象。そういう面では、公害被害の警鐘的なヘドラであるとか、バイオテクノロジーの行き過ぎへの警鐘的なビオランテというのは納得の存在。ゴジラ映画が社会性を持った大人の映画となるか、或いは、娯楽映画に留まるかの分かれ目というのは、それぞれの時代の人間活動への警鐘的な役割を担うか否かに掛かっているように思う。

ビオランテ以降の対決モノのゴジラ映画というと、和製ゴジラ、ハリウッドゴジラ共に娯楽映画の域を出ていない。ゴジラ単体でゴジラ自体を災害の象徴的存在として示したシンゴジラの方が、元祖ゴジラに近い印象を受ける。
新しい映画程、映像的に迫力を感じるけど、映像的な迫力よりも、大事なのはストーリーだと思う。

今度、オリジナルのゴジラ脚本でも作ってみようかな?コンセプトは現代社会の行き過ぎた状態を怪獣の姿に名を借りて、、、、

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

感染者は語る?

最近、コロナ感染者が罹患後の症状の辛さを訴えるニュースが散見される。
三月の上旬~中旬に感染したと思われる30~40代の人が多い。何処で感染した?との話では、クラブとか飲食を伴うパーティとか、、、そんな回答。注意喚起の中、承知の上で出掛けて感染。本人はインタビューを受けられる程快復してるけど、彼らからの連鎖が今の事態を引き起こしているのが現実。漸く隔離終了したけど、仕事が大変とか言ってるけど、どうも違和感しか感じない。お気楽行動を多くの人がとったので、今の事態に繋がっている訳で、どうも発端だろ?という気しか湧いてこない。

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

DAZN

JSPORTSではジロ・デ・イタリアの中継が行われなくなってしまった。理由はDAZNが契約を取ったから。
DAZNっていうのはネットによる映像配信、、、この時点で視聴は諦めている。
中継はテレビで見る、、、、こういう習慣では、DAZNと契約するのはどうか?なのだ。

一応、DAZNもテレビで見る事は可能とされているけど、テレビ画面にネット配信された映像を映すだけである。前提はネット接続が無いとダメ。テレビとしての前提は、アプリ対応のスマートテレビである必要がある。しかし、そうでなければ、Fire TV StickというHDMI端子に挿すデバイスが必要。このデバイスは宅内WiFiで接続して映像をテレビ画面に送るもの。

まぁ、見た目的にテレビで視聴ということだけど、自宅のネット回線に余裕が無いと、正直厳しい。

ということで、我が家ではDAZN必須のジロ・デ・イタリアの中継視聴は諦めた。

現在、我が家のネット環境はCATV回線をモデムで受けて宅内WiFiで飛ばす回線と、別のプロバイダーの無線接続WiFi回線の二系統あるけど、宅内のネット接続機器が多すぎるせいか、時折、ネットが凝り固まる事がある。そういう時はネットの接続先を臨機応変に切り換えて対処するけど、DAZNを契約すると、更に厳しい状況となりそう、、、

ということで、現状はスルー。

テレビはテレビ、別の系統で受信して視聴する、、、これが理想。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

こんな番組があれば、、、、

お気に入りのテレビ番組、二つ。

一つは、ディスカバリーチャンネルのクラシックカーディーラーズ、エドとマイク、アントとマイクが旧車をレストアして転売する番組。
これ、非常に面白い。CS放送のみだけど、毎日欠かさず視聴している。最高。

もう1つは、ナショナルジオグラフィックチャンネルのカー・SOS蘇れ!思い出の名車、これも旧車をレストアする番組。

これも面白い。

こういう番組、日本の局でも作って欲しい。日本の旧車、旧バイクをレストアする。結構受けると思うんだが、、、、

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

フクシマ50

先日、講演会で、表題の映画の原作者の講演があった。講演会の内容は、、、フクシマ50、是非、見に来てね!的な話。ストーリーは東日本大震災で発生した津波で壊滅的な被害を受けた原発を危機一髪ですくったスタッフの涙の物語、彼らの活躍があったから東日本、いや、日本がすくわれたという話。そして、朝日新聞、毎日新聞がクソだという話、、、
話は1.5時間の予定が大幅に延びて2時間。内容は、、、自身が自分の小説のストーリーを読み上げる事を何度も繰り返しながらだから、内容は薄い。話の進行が遅い。

よく考えたら、本人は当事者ではない。当事者を取材して聞いた話である。なのに、当事者に成り代わってセリフを雄叫びをあげて説明する。気持が入ってない。そんな講演の中で、話の流れの中で随所に、既存メディアに洗脳されている?国民に注意を促し、諸悪の根元は新聞、メディア、、、、という論調。

正直、聞いていてウンザリ。

特定のメディアへの意見、非難、それは言いたい事は判るけど、言うべきでない。

それから、原発をすくったスタッフの活動については判らないではないけど、ちょっと美化しすぎ。話をそこで留めておけば良いけど、その先は、原発容認的な感じが強く伺える。

聞きながら、この人、超右?っていうのが感想である。

で、実際に調べてみると、超右で現政権賛同主義者的な人、、、ただ、問題は、この人の話を創立記念講演の講演者に選んだということ。一寸、、、、有り得ない。

これは、これに賛同する人が聞けば良い話のように思う。原発を危機から救った的な話は聞くけど、当時を思い出すと、初期段階における海水注入を躊躇して冷却が遅れた。初期段階の躊躇は、海水を炉内に入れると再生不可能となるので、時の経営陣が判断できなかったとか、、、、あるいは、危機対応で電源が失われてもクーラーで冷却出来るシステムがあったけど、使った事がないとか、オペレーティングミスで、その第三の冷却システムを途中の誤操作で運用出来なくなってしまったとか、そういう話である。

そもそも裁判で取り上げられていたように危機対応を時の経営陣は軽視して対策を取らなかったとか、そういう話もある。

そういう前提で考えれば、危機的対応を余儀なくされたのは、それまでの後手後手対応の東電側の姿勢であり、部外者からみれば、それって、当事者は大変だっただろうけど、企業組織としては、時間が過ぎたからといって一方的に褒め称えるような事だったのか?は少々疑問である。当時の地震と津波が予測困難かどうか以前に、その事象が生じた時の対応にミスがあり、万が一の対応策に不備があったのが最大の問題であり、対応ミスと不備による対応不能が招いた事をしっかり認識した上で、当事者の行動をドキュメンタリー的に伝えるなら兎も角、それに乗っかって、他のメディア批判を行うのは有り得ない。

映画は面白いかも知れないが、個人的には、この映画だけは、絶対に見に行かない。

誘われても、、、ノーサンキューである。原作者の思想偏向の度が過ぎている。

福島第1原発による被害、相当に甚大だったのは確か。そして、その地域に住む人が不自由な暮らしを余儀なくされているのは非常に心が痛むのも確か。
特に、原発補助金の恩恵を受けることなく被害だけ被った地域の人達は特に気の毒。

個人的には、原発対策していても、結局は対策出来なかったという事実である。最悪、東日本が壊滅していたかもしれないなら、、、、それなら、何故に原発廃止に舵を取らないのか?が不思議。

ところで、このような事実をベースにした映画、それは戦争映画も含むけど、基本的に好きでない。それは制作者、原作者の思想的歪曲や一方への肩入れ等が入ってしまうから。

こういうのはドキュメンタリーフィルムだけでよい。あたかも事実のように映画で物語りを作る、、、こういうのは間違った思想、偏った思想を広めるリスクがある。

ダメだ。

仮に、これを題材にする映画なら、地震発生前の堤防かさ上げ議論がもみ消されてしまったとか、災害発生直後の災害対応マニュアルに則った対応が出来ていたか?反省点は無かったか?とか、その時の経営判断で行った海水注入の遅れを来したホントの理由は何だったのか?とか、そういう事実に基づいた反省点を明らかにする事で、同じ事故の再発を防ぐように作るべきだろう。

彼らが頑張ったから日本がすくわれた!めでたし、めでたし、、、ではない筈だ。

少なくとも、これは部外のジャーナリストが行うべきではないような気もする。本来なら時の経営者、当事者が懺悔的に作るべきのようにも思う。

今回の講演会、日本の歴史を学ぶ、、、も一つだろうけど、判ったのは、時間が過ぎた事件、事故、災害を美化して、みんなが頑張ったから今幸せがあるんだぞ!的な美化し過ぎストーリーが、時代が変わっても出来るところが歴史かな?

原発事故については、事故前対応策の無策状態とか、異常時対応の迷走とか、そっちの方が問題。利益優先的対応の果てにしか過ぎない気もする。

ぶっちゃけ、太平洋戦争の起こった頃と戦後の声とかも、彼の話を聞くとオーバーラップさせられる。

どうも、違う気がする。

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

空の大怪獣ラドン

これは昭和31年の東宝特撮映画である。ラドンといえば、ゴジラ、モスラの陰に隠れがちなキャラだけど、この特撮映画はなかなかの迫力、リアル感がある。
この特撮映画、現代のCGを多様した作品と違い、基本はミニチュアセットを使った撮影だ。
チョイ前は、ミニチュア作品と現代のCGを比較すれば圧倒的に現代のCGがリアル感が上回ると思っていたけど、不思議なモノである。実際に干渉すると、現代のCGよりも昭和31年、1956年の作品、つまり今より60年以上前のミニチュア作品の方がリアリティが上回っているような気さえする。

ミニチュア作品では明らかにミニチュアというのは判るのだけど、モノの破壊の状況、炎、風がモノを壊す時の質量感という部分では、CGよりもミニチュアの方が上回っているというのが直感的な感想である。

ミニチュア作品もテレビ特撮シリーズと映画では全く異なるけど、少なくとも、このラドンについて言えば、正直、シンゴジラよりも迫力があるような印象である。

山が崩れるシーン、鉄橋が風で落ちていくシーン、福岡の街中の建物が焼き尽くされるシーン、地面が割れて土砂が崩れ落ちるシーン、溶岩が流れ出していくシーン、、、、これらの迫力はCGを上回っている印象。溶岩の流れるシーンは、溶かした鉄を使って撮影したというから驚きである。街中の建物は1/25スケールで丹念に作ったモノ。非常に丁寧な仕事なんだろうと思われる。燃えたり、なぎ倒されたりするシーンは本物さながらである。

この手の作品、やっぱりCGよりもミニチュア、、、その方が良いような気がする。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧