2021年3月30日 (火)

孤狼の血、三部作

映画で嵌った孤狼の血、映画を見た後に、直ぐに原作の孤狼の血を購入して読んで、同じく直ぐに凶犬の眼を読んだ。

孤狼の血は、映画、原作とも満足出来る面白さ。取り扱う事件、登場人物の人間関係共に納得の仕上がりで実に面白かった。
続編の凶犬の眼についても、孤狼の血での主人公亡き後、どういう展開になるか?を見ていたけど、新たな主人公の成長の様子、取り扱う事件と人間関係は実に面白いものであった。

凶犬の眼が発売された当初は、続編の暴虎の牙が新聞連載が始まったばかりで読むことは出来なかったが、連載完結で発売された小説を読んで思ったのは、結論からいうとチョット残念な展開。前作、前々作での行き詰まる展開に較べると、チョット違う感が強い。

この夏、孤狼の血の続編が映画化されることとなっている。一応、見に行く予定ではあるが、映画化されるのであれば、凶犬の眼の範囲での映画化で在って欲しいというのが素直か感想。

第三作の暴虎の牙は、孤狼の血の前の時代と凶犬の眼の後の時代の物語で構成されているのだが、その構成は良しとしても、取り扱う事件の設定や登場人物の人間関係という面では、前二作に及ばないというのが素直な感想。特に、後の時代における扱いについては、個人的には、少し物足りないという思いの方が強い。孤狼の血の仕上がりが秀逸だっただけに、チョット残念。

まぁ、極妻等、コレ系の題材を扱った作品も、続編を重ねる毎に無理が生じるパターンが多い。まぁ、コレ系の作品に限ったことではない。どんなジャンルの作品も続編を重ねる程、微妙なパターンが多いのは事実。

| | コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

BGよりもモトチャンプの方が、、、

創刊以来、ずっと呼んでいるのがMr.BikeのBG誌。ホントはBG誌より普通のMr.Bikeの方が好きだけど、廃刊になって久しい。で、BG誌を呼んでいるけど、振り返ってみると、記事の内容は大昔からのリピート的なモノ。旧車カスタム、旧車インプレ、、、、旧車素材はZ系、カタナ、CBあたりが中心。稀に不人気ツイン、2ストローク、、、、ネタ的には尽きてきた感じ。

ただ、BGは年末付録の次年カレンダーが好きなんでずっと買っている。

最近は、BGだけでなく、モトチャンプも買う事が多い。モトチャンプネタといえば、スクーター、カブ、250cc以下の軽車両を特集している事が多い。記事ネタとしてはBG誌の方が趣味に近いけど、記事の内容的には、個人的にはモトチャンプの方が面白い気がする。

80年代を振り返れば、ローカル誌でFUSEって雑誌があったけど、アレくらい地元に近い雑誌の方が面白いかも知れない。

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

今更漫画だけど、、、

時折、読み返す。もうアラ還のオッサンだけど、読むのは80年代初頭の漫画。40年前だ。
読むのは、しげの秀一さん、楠みちはるさん、永井豪さん、松本零士さんの漫画が多い。乗り物系だと、しげの秀一さん、楠みちはるさんだけど、全ての話が面白いか?というと、そうではない。

しげの秀一さんだと、『バリバリ伝説』オンリーである。それも前半部分が面白い。後半になると少し違う感がある。その後のヒット作である『イニシャルD』は違う感が大きい。更に、その後の作品は読んでもいない。

楠みちはるさんだと、『あいつとララバイ』、『湾岸ミッドナイト』である。その後の作品は絵が上手になっているけどストーリー的に嵌らない。やっぱりこの2本である。逆に遡る『シャコタンブギ』、『J物語』は面白い。

この二人の作者のストーリー、比較すると心情的には楠みちはるさんの方がしっくり来る。

因みに、永井豪さん、松本零士さんの作品はブレークする前の作品が面白い。永井豪さんだとマジンガーZ以前の作品。グレートマジンガー以後は違う。松本零士さんの漫画も銀河鉄道999以前の作品。それ以後は少し違う。永井豪さんの漫画だと学園モノ、松本零士さんだと、おいどん系が面白い。

これらのコミック本は復刻本を含め結構所有している。売る気は無い。

漫画、時間を置いたら何度読んでも楽しい。

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

久々、モトチャンプ

この雑誌、最近は原付特集が多い。まぁ、昔からだけど、結構好きな雑誌。
モトチャンプといえば、モトライダーの派生雑誌だったはずだけど、今やモトライダー自体が消滅している。

このモトチャンプ、近年は2019年の頃から度々購入している。そして、今年も購入した。

その理由は、、、、

年末の号には来年のカレンダーが付いているから。モトチャンプのカレンダー、近年はカブを扱うカレンダーが多い。これが気に入っているのだ。

因みに、

Mr.Bike BGも同様に購入。これも絶版車のカレンダーが目当て。

今年も、モトチャンプ、BGの両方を購入。BGのカレンダーは書斎に、モトチャンプのカレンダーは寝室に使っている。このスタイル、近年はずっと続いている。

更に前は、因みに、2018年迄はモトチャンプではなくロードライダー誌をカレンダー目当てで年一購入してたけど、残念ながら休刊。モトチャンプはロードライダーの後釜って感じだ。

最近は、出入りの本屋さんにライディングスポーツ誌が置いてないので買えてないのが残念。

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

きりひと讃歌

これ、手塚治虫さんの初期の漫画。
この初版本をブックオフで見付けたので購入。
最近、色んな漫画家の作品の初期の作品を読む事が多い。大ヒットする前の色んな試行錯誤の作品、これが面白い。

手塚治虫さんの漫画は初期の漫画の方が個人的には好きだ。復刻のコミック文庫を何冊か購入してきたけど、普通サイズの初版本を入手したのは初めて。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

RACERS

このMOOK本、創刊以来、殆ど購入し続けてきた。例外はオフロードレーサーの特集はパスしているくらいだ。
ただ、Vol.52でNSR500Vの後はRACERS外伝ということで、チョット違う感を感じて購入をスルーしていた。その後は、取り扱うRACERが無くなったのか?ということで買わずにいたのだけど、、、、気が付いたら復活していたようだ。

復活の序章は2019年のVol.54、NR500前編だったそうだが、気が付いた時には既に在庫無し、、、かなり残念。Vol.55はNR500の後編で、取り敢えず、後編は購入したところ。

このRACERS、対象となるレーサーが80年代初頭からのGPレーサー、耐久レーサーが中心。自身が単車好きだった時代のレーサーがターゲット。当時のエピソード、単車の詳細な図解が掲載されており、購入に値する本だと思う。

因みに、昔は月刊オートバイ、モーターサイクリスト、ヤングマシンも全て買い集めていたけど、1998年頃を最後に購入は見送っている。Mr.Bike、Mr.Bike BGも買っていたけど、Mr.Bikeは廃刊、BGは今でも買っているけど、保管は行っていない。BGは最近は少し違う感がある。やや金持ち親父の道楽本のように為ってるように感じる。最近はBGよりもモトチャンプの方が面白い。

オートバイ関連の雑誌、80年代に較べるとかなり減っているし、最近の内容は、どうもオッサンに寄りすぎ。旧車万歳は判らないではないが、それで価格が高騰し過ぎるなら、イイ迷惑だ。

そういう意味では中古市場への影響度とは無関係のRACERSってMOOK本は悪くない。

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

二輪、四輪の雑誌

昔は定期的に沢山買っていたけど、最近は不定期で買う程度。
二輪では、Mr.Bike BG、四輪ではベストカーを買う事が多かったけど、最近は、四輪はホリデーオートを買う頻度が高くなってきたような気がする。
ホリデーオートは背表紙が付いてチョット上級移行した感じもあるけど、付録や特集に興味の湧く記事が増えてきたのが理由。

別冊子の付録なんかは、結構楽しい。

雑誌といえば、基本は最新の情報主体だから、雑誌が古くなると価値は失う。しかし、扱う情報対象が最新ではない場合、必要な情報があれば価値は保たれる。

昔は購入した雑誌は長期間保管していたけど、最近は長くても半年程度で処分する事が多い。稀に関心のある特集が組まれていれば別だけど、そうでなければ処分は早い。ただ、Mr.Bike BGとか今時のホリデーオート誌は、懐古特集があれば、保存期間が長くなる。

ただ、それでも置き場は限られているから、余程な情報で無ければ最終的には処分となるが、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)