2020年10月 8日 (木)

握力と寿命

なんでも、握力が少ないと寿命が短くなるそうだ。逆に言えば、握力が強いと寿命が長いということ。
握力の大小というのは、全身の筋肉の多少に連動しているということらしい。

因みに、国内最高の握力の持ち主は166kgの握力を持っているらしい。

まぁ、こんな握力は有り得ないけど、、、、

因みに、この調査によると、65歳未満で男性で39.5kg以下、女性で23.5kg以下だと握力不足による寿命が短くなるというデータに相関するらしい。

握力の強化には、ほうれん草を食べるとか、スクワットをするとか、色んな方法があるそうだけど、握力を強化するために、何かするってのは、何だか違うような気がする。

握力を強化するのではなく、日常生活の結果、握力が備わるから寿命が長くなると考えるのが普通のような気もする。

まぁ、日々の運動で全身の筋力を隈無く鍛えるようなメニューをルーティーンで行っておけば問題無かろう。全身の筋肉を強化すると、肝臓でIGF-1が多くあるというのが鍵らしい。これが多い人は、結果的に握力が強くなるもの。因みに、IGF-1というのは身体全体の筋肉を高めるモノであると同時に、健康状態を示すバロメータなんだそうだ。

つまり、握力を鍛える運動をするのではなく、全身の筋肉を鍛える生活を行うと、結果的にIGF-1の濃度が高まり結果論として握力が高くなるとのこと。

まぁ、日頃から運動をしっかりして、体内のIGF-1濃度を高める生活をしておけば良いとのことだそうだ。

| | コメント (0)

口腔ケア

これ、あらためて大事って思う。
なんでも、歯周病菌が体内に侵入し、認知症の原因物質が脳に蓄積して記憶障害が起きることが判ったそうだ。

認知症といえば、アルツハイマー症、この原因物質がアミロイドβという物質で、これが蓄積すると認知症に陥るというのは随分前から言われている事。

また、歯周病の原因菌やその毒素が血管を通じて体内に侵入することで、アミロイドβが体内でつくられ、脳に蓄積することが判っていたが、更に詳しく仕組みが解明されたという。その仕組みとは、歯周病菌が、異常なたんぱく質が脳に蓄積することを早める事だそうだ。

つまり、認知症の発症を抑制するには、アミロイドβの生成と蓄積を抑制することが重要であり、そのためには歯周病の原因菌が歯茎から体内に入る事を防止することが重要ということ。

歯周病といえば、歯周ポケットが拡大し、その中に汚れが蓄積し歯周病菌が繁殖するという事で進む病気。これが進行すると歯槽膿漏になり歯を失う訳だが、歯を失うだけでは済まないのである。

30代以上になると、定期的な口腔ケアで、歯周ポケットが深くなるのを防止するように務める事が大事。

因みに、自身は30代から月一回の口腔ケアに通っている。そこで磨き残し由来の歯石の定期的な除去、消毒、コーティングを継続している。通い始めでは、歯石が付着していることがあり、歯周ポケットの深さが4mmという箇所もあったけど、今は歯石は無し。歯周ポケットの深さも2mm弱。先日は歯科医推薦の賞でクオカードも頂いたりした。
最近は、歯磨きしすぎで歯茎がダメージを受けている箇所もあるので、歯磨きは程々に、、、と注意されているような状態。少なくとも、歯周病菌が大量繁殖ということは無い。

今や60代になると7人に1人が認知症だそうだ。そっち側に入るのを防止しようと思えば、30代から定期的な口腔ケアに通うことをお奨めする。自身、還暦が見えてきている年齢だけど、取り敢えず、認知症の危険因子となる歯周病菌の繁殖については、抑制出来ていると思っている。

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

骨量平均値

骨密度の測定は簡単ではないけど、推定骨量なら体組成計で推し量る事が可能。タニタの体組成計で表示される尺度。その数値の意味は以下の通り。
その骨全体に含まれるカルシウムなどのミネラルの量を「骨量」といいます。 正しくは「骨塩量」といいますが、タニタでは一般的に用いられている「骨量」と表示し、脂肪以外の組織(除脂肪量)との相関関係をもとに統計的に推定した「推定骨量」を表示します。

その推定骨量は如何ほどか?平均値を紹介すると、

タニタのサイトでは、
男性
体重60.0kg以下:2.5kg
体重60.0~75.0kg:2.9kg
体重75.0kg以上:3.2kg
女性
体重45.0kg以下:1.8kg
体重45.0~60.0kg:2.2kg
体重60.0kg以上:2.5kg

別のサイトでは
男性
体重69.9kg以下:2.4kg
体重70.0kg以上:2.8kg
女性
体重50.0kg以下:1.9kg
体重50.0~60.0kg:2.1kg
体重60.0kg以上:2.3kg

だそうだ。あくまでも目安だけど、ほぼ近いところのようだ。

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

コロナ後遺症?

コロナウイルスっていうと、所謂、風邪の元。
風邪で後遺症、、、これは無いだろう。
後遺症ってのは、風邪を拗らして病状が深刻化して不可逆ダメージを身体に負ったのが原因。不可逆ダメージというと、肺の繊維化とか、血栓とか、そういう奴だろう。

病状の深刻化の原因はサイトカインストームとか言われているけど、所謂病状治癒に至るまでに時間が掛かりすぎるとか、持病との複合化とか、そんなのが原因。

高齢者とかは弱っているから判りやすいけど、夜の街を徘徊する若年から中高年ってのは、病院に通院していないけど、生活習慣病の予備軍的な人が多いのも事実。健康診断数値は悪くとも自覚症状が無い人達。これが重病化して、症状が不可逆的に悪化固定されているだけのような気がする。

運動不足で代謝が低い人。肥満気味で体内組成が良くない人。不摂生の連続で寝不足が慢性化した人。こういう人は簡単に病気になって治りにくい。結果、重病化して後遺症的になっているような気もする。

日々、よく食って、よく運動して、体内組成を健全にキープして、規則正しい生活して、酒も煙草もスルーしているような人なら、多分セーフなのでは無かろうか?

| | コメント (0)

ビアガーデン

ビアガーデンに久しぶりに行ってみた。
ビアガーデン、、、あのバイキング形式はあまり好きではない。並ぶ時間が長すぎるからだ。
屋上で風が吹くとは言え、夏である。暑い、、、汗掻きながらのビール、、、まぁ、好きな人は好きなんだろうけど、空調聞いたところで飲む方が好き。

それは兎も角、、、、

夏の屋外、お客さんは皆薄着、、、

で、思った。

利用者の99%はふくよか体型である。それで他人に迷惑掛けている訳ではないので非難も否定もするものではないが、正直、もう少し健康に気を付けた方が良いような、そんな気がする。

利用者年齢といえば、30代以上が殆ど。パッと見、痩せ形の人も居るけど、夏、薄着である。お腹だけはポッコリ出ている。40代、50代、60代と、その体型を続けていくと絶対不調を来す。

老後に元気に過ごすには、、、、30代でポッコリ突入は止めた方が良いような、そんな気がする。

お客さんで男性は、お腹だけポッコリ系の人が80%以上、しかし女性はお腹だけでなく全体が膨らんだ系の人が99%である。

なんか、凄い印象である。

まぁ、大きなお世話かもしれない。

良かった事は、あ~は、なりたくない。しっかり運動しよう!と思った次第である。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

首痛

最初に自覚したのが2013年頃。自転車に乗っていて首で振り向くのも苦痛な状況だった。これに対して、大きなストレッチを行い始めたのが2018年秋頃。その甲斐あって、2019年春には右方向に振り返る分は問題無くなってきた。ただ、左に振り返るのは相変わらず違和感。
それでも諦めずストレッチを続けていくと2019年春には可動域は戻ってきた。但し痛みはある。

その後も諦めずストレッチを続けると、、、、2019年夏には痛みは殆ど解消。目一杯限界に動かして力を入れると左右で違いが有る。ただ。通常の振り返り動作では痛みは無くなってきた。

実に違和感を感じて7年掛けて元に戻った感じ。

なんでも、諦めず、諄いくらいに継続、、、これって大事なのかもしれない。

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

椅子の高さ

デスクワークで使う椅子の高さは43cm。一番低くしても少々高い。組み合わさるテーブルが高さ調整NGで67cmである。これが70cmなら問題無いけど、67cmのテーブルと43cmの椅子は微妙に腰への負担がキツイ。
周期的に腰痛を感じていた。
そこで、廃棄予定の椅子を引っ張り出してきた。こちらの高さは37cmである。これに併せると67cmのテーブルでも大丈夫。

座面とテーブルの高さの差、結構重要。

事務棟では、テーブル70cm、椅子が40cmで問題無し。高さ差で30cmは欲しい。

このミスマッチは、腰痛の原因となりやすい。腰痛持ちの人はチェックしてみると良い。

腰痛というと、筋力の衰えが原因の場合が多いけど、デスクワークで姿勢に無理を強いるような場合も原因となる。こういう原因を如何に回避するか?が大事。

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

ラジオ体操

これは小学生が夏休み期間中に早起きしてやる体操としてポピュラーな体操。
でも、社会人になると勤務先において始業前に行う事も少なく無い。
自身もそうだ。
気が付くと、社会人で続けている体操の方が遙かに長い間になっている。

で、最近、気付いた事がある。

小学校の頃に行っていた体操の細部の動作の記憶はない。

会社員になって最初に指導されたラジオ体操が正解と思っていたのだが、、、、

このラジオ体操、NHKのテレビ番組の合間にも定期的に行われている。

体操のお姉さんがやっている。まぁ、体操のお姉さんが何故にレオタードでやっているか?は不明だが、その体操の動作を見ていると、どうやら会社で教わった体操とは違うようだ。

ラジオ体操、色んな所で普及しているけど、実は、ローカライズされた体操がかなりありそう。

因みに、このラジオ体操では、第二の最初の首回しが特にお気に入り。これ、持病的だった肩甲骨から上の違和感解消に効果的。この首回しをしっかり行っている限り、首の不調は収まっている。体操を適当にすると首の不調が再発する。

そんな訳で、今はラジオ体操は真面目にやっている。因みに、体操動作は勤務先で習った体操ではなく、NHKの体操のお姉さんがやっているタイプに準拠している。

やはり、あれが正解だろう。

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

毎日管理

2005年以来、毎日、定刻に体温を測定して、血圧を測定して、心拍数を測定して、筋肉量、骨量、脂肪量等々の体組成も測定している。
ずっと不変。
これは今後も継続中。過去に家族がインフルエンザになっても問題無し。ノロに感染しても問題無し。問題無かったのは、常に手洗いうがいを励行しているから。
高免疫獲得に効果的な食物の定期摂取も15年以上継続している。

今も不変。ここで異常を検知したら、即自宅待機する予定。何事も継続が大事である。

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

寝ぼけて、、、

夜中、水を飲むために起きて、階段を降りて、水を飲んで、階段を上がってベッドに戻る途中、暗闇の中で足を踏み外して臑を角で強打、、、、

痛みを堪えつつも、そのまま就寝。

しかし、朝起きてみると、結構酷い傷。えぐれて流血、、、負傷してから数時間後に痛みが、、、

夜中、活動する時は面倒でも電気は点ける方が良い。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧