2017年12月31日 (日)

2017年血圧測定記録

 2017年血圧記録の親記事である。

 測定器具は、以前は、勤務先休憩室にあるオムロンの機械とスポーツセンターに置いてある同じくオムロンの機械。何れも、座って腕を差し込んで 自動的に計測するモノを使っていた。機種は、オムロン製のCOLIN『全自動血圧計 BP-203RVⅢC/D』ってタイプで医療関係者向けの機器なんで 結構信用できるのでは?って思う。愛称は『健太郎アドバンス』らしい。

 最近は自宅測定に切り換えたのだが、同じ様な上腕部で測定するA&Dの製品に変更した。A&DのUA-621って安価な上腕式モデル。詳細情報は、こちら。

 なお、計測は3回測定して、中央値(最高指示値、最低指示値の間の数値)を記載してある。

血圧についての当ブログ最新記事は、こちら!

http://replica2st.cocolog-nifty.com/diet/2007/12/post_78ea.html

 最高血圧、最低血圧に加えて

・脈圧=最高血圧-最低血圧≦60(推奨条件)
・平均血圧=(脈圧/3)+最低血圧≦100(推奨条件)

 についての記事記載中。
 最近は、血圧の変化の傾向にも感心がある。記事は、

http://replica2st.cocolog-nifty.com/diet/2009/12/post-28e5.html

http://replica2st.cocolog-nifty.com/diet/2009/11/post-a23f.html

 更に、脳卒中体質を見極めるのに有用な情報を得た。

http://replica2st.cocolog-nifty.com/diet/2013/12/post-7565.html

 よって、最高血圧、最低血圧は起床時、就寝前の定刻二回測定。そして、各回共に、座って一回、立ち座り動作の後にもう一回測定することにした。

で、新年一発目の測定結果は、

◎1/1(日)
朝:最高:111/最低:71/脈圧:40/平均:84/心拍数:50(午前7時00分:起床後)
朝:最高:108/最低:64/脈圧:44/平均:79/心拍数:49(午前7時00分:立ち座り後)

| | コメント (93) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

2017年上期生活習慣日記

2017年上半期用記録の親記事。
 目標体重は70kg未満である。目標体脂肪率は10%台狙いです。しかし、現状厳しい感じです。まぁ、 筋量が相当に増えたので仕方ないですね。実質的には現状維持でOKです。運動としては、骨盤矯正体操+峠越えランニングが2014年末頃から加わっていま す。実質的には、体重72kg、体脂肪率11%未満でOKと判断します。

2017/1/1の食生活+活動日記
◎朝食(AM7:00):おせち料理+雑煮+ヨーグルト
◎昼食(PM0:00):ドーナツ+巻き寿司+おせち料理+ヨーグルト
◎夕食(PM7:00):焼き肉+みそ汁+御飯+サラダ+ヨーグルト
●間食(PM7:45):ヨーグルト
●飲料:ブラックコーヒー

・運動:ローラー台30km60分+バーベルベンチプレス90kg×50回+(ダンベルベンチ各 35kg*10回+ダンベルフライ各 35kg*10回+ダンベルリストカール各18kg*30回+ダンベルアームカール各18kg*左右10回+サイドベンド各10kg*30回+ダンベル ローイング 各18kg*10回+トライセップスキックバック各15kg*10回+フルストロークスローダンベルスクワット計24kg*10回+ダンベルサイドレイズ 各12kg*10回+ダンベルフレンチプレス各12kg*10回+ダンベル腹筋、計15kg*30回+ダンベル背筋、計15kg*30回)×5セット60 分+インナーマッスル筋トレ(ダンベルシャフト2kg×30回)+クールダウンストレッチ30分+骨盤矯正ストレッチ朝昼夜計30分
・生活:歩行歩数22398歩
・押圧:朝:2、昼:2、夜:2
・遠近交互凝視:朝:1、昼:1
本日の体重:73.5kg(開始から:+3.3kg、前日比:±0kg、目標(69kg)まで4.5kg)
★本日の体脂肪率:12.8%
★本日の体温測定:36.5[℃](PM7:30)
※断煙3399日

| | コメント (146) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

二輪車と老化

四輪車と違って、二輪車を操作する時には、身体コンディションが大きく影響する。
これは、自転車でも単車でも言える事。

自転車、単車で共通して必要な能力は、やはり自立不可能な乗り物ということで、平衡感覚、バランス感覚といった部分。ただ、バランス感覚といっても、必要な要素は等しいとは思えない。純粋にバランス感覚の必要度を言えば、速度域が低く、不安定な状況となる自転車の方がバランス感覚は重要となってくる。

自転車の場合、他の体力を決める要素、筋力等々に較べると平衡感覚の重要度は割合が高い。単車の場合、速度域が高い事とも関連するが、挙動の変化の大きく急激であるという特徴がある。これに対応するには、平衡感覚も重要だけど、反射神経といった部分も重要である。

この反射神経という部分は、平衡感覚以上に年齢による衰えが顕著かもしれない。
ただ、反射神経というより反射動作というのは、反射動作に応答すべき挙動に対する慣れも大きく影響するために、反射動作が問題無く行える状態を保つには、積み重ねる経験が非常に大きいものと言える。
また、単車の場合は、操作すべき重量、慣性が自転車と較べると比較にならない程大きいために、その扱いを行う上で筋力も重要な要素である。

あとは、二輪車ということで、バランスを失えば転倒するというリスクは、何れも抱えている。この転倒のリスクでうける障害で最大のダメージといえば、骨折ということ。骨折というと、大きな速度からの衝突が最大の原因であり、大きな重量物の衝突というのも大きな原因となる。そういう意味では、ダメージを回避するには頑丈な骨というのも重要となる。

二輪車による転倒で、骨折、ヒビといった状況を耳にする事も少なく無いけど。こういったリスクを回避するには、骨密度の確保、それから骨を覆う筋肉の鎧を纏う事とも言える。

三十代後半以降、四十代、五十代と加齢するに伴い、反射能力は衰え、平衡感覚も失われていく、筋量も減じて、骨量も減ずるものである。楽しみながらリスクや怪我を予防的に回避するには、乗り続ける事による慣れを身に付ける事、慣れによる反射能力の維持、それから、扱うために必要な筋力を蓄え、万が一の転倒等によっても重傷といえるような骨折に至らないようなフィジカルを整える日頃の蓄積が何よりも重要なのだろう。

そういえば、自身、結構派手な転倒を繰り返しているけど、骨折等のダメージを受けた事はない。恐らく、骨量、筋量が、高い状態で保たれているということも少なからず影響していると言える。

乗り慣れるという部分は、如何に長い期間乗り続けているか?が大事、骨や筋肉が頑丈で強力か?というのは、鍛錬する期間の長さ次第である。こういうのは、長い積み重ねが必要で、思ったから始めても効果が出るには十年、二十年後とも言える。二十年後の健全性を維持するために、今活動する、、、そういう考え方が重要とも言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

健康管理

体調管理、健康管理に、毎日の体重測定、毎朝の血圧測定を続けてきたけれど、これに加えて体温測定も行うことにした。
まぁ、家庭で使っていた体温計が壊れて買い換えたのだけど、壊れた体温計を解体してみると、測温部からのリード線が切れており、それをハンダで修理して、取り敢えず使えるようになったので、捨てるのも忍びないということで活用する事にしただけであるが、、、

体温は、36.5度前後、血圧は上が120mmHg前後、下が70mmHg前後、体重は曜日、時間帯によって異なるけど、72.5~74.5kgの範囲、体脂肪率が11%前後という状況。

基本的に変化していない。

このような数値が変化していないというのが健康の目印。

何かの指標が急激に変化したとすれば異常の兆候とも言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

肩甲骨の内側の痛み

色んな説がある。良く見掛けるのが筋繊維の損傷が原因という話。
また、左右の一方が痛む場合は、痛みを感じない方をかばって負荷が掛かり痛むという話。

他には、頸椎ヘルニア。首の骨と骨の間の椎間板から組織が飛び出して神経を圧迫すると、これが原因で手の痺れ、肩、肩甲骨の痛みが出る場合もあるそうだ。この場合、左右の一方に症状が出る。

左右の一方に出る場合、右肩甲骨の場合は、肝臓、胆嚢の異常が原因、左肩甲骨の場合は、心臓や胃の異常が原因だという説もある。

改善方法には姿勢の改善、肩甲骨を動かすストレッチが有効と言われている。背骨の歪みを無くし、肩甲骨を剥がすような動きが推奨されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

節目に補給

このところ、運動の節目、運動の途中にこまめな補給を心掛けている。
具体的には、筋トレ後に150cc程の牛乳を飲んで、ローラー台を漕いでいる時は60分で500ccのミネラルウォーターを飲むことだ。
筋肉痛を伴う運動後に、こまめに乳製品を入れて、汗をかく運動の際には、水分を失わないようにするのが目的。

これまで、運動後のくつろぎタイムに水分の摂取を纏めて行っていたけど、そういう方法だと、就寝中にトイレに行きたくなるのがNG。

そこで、運動しながらというパターンにかえると、就寝中にトイレという事は無くなったので正解。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

体調悪化

春というと気温差が激しい。日較差が大きいのもあるし、当日、翌日での差が大きいのもある。
基本、自転車装備は、最低気温が12[℃]以上になると短パン、Tシャツ+ウインドブレーカーである。最低気温が18[℃]以上になると短パン、Tシャツである。
で、4/22の土曜日は、最低気温が12[℃]、最高気温が22[℃]程で、短パン、Tシャツ+ウインドブレーカー、指切りグラブである。で、翌日4/23も同じだろうと思い、同じ格好で出掛けると、、、、寒い、、、、太田川沿いに出て負荷を掛けても寒い、、、、帰って気温をチェックすると、最低気温7[℃]である、、、、予想外。

お陰で、喉の調子も今一、鼻の調子も今一、、、熱は高くないけど、頭痛気味、、、喉も今一である。

月曜から、、、、気分は最悪である。この状態で昼ポタするも、、、脚、重いし、気分優れないし、、、水曜迄に治したいところ。

季節の変わり目というか、気温差が大きな時期は注意が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

サイズ

長袖の冬向けの保温シャツ、革ジャンの下に一枚着るのに数年前から愛用している。
当初はユニクロのヒートテックだったけど、次第にスーパーの商品に代わり、三年前からはイオンの似たようなシャツを使っている。
因みに、ユニクロ、イオンで買った奴は、サイズはLLである。これで丁度良い。

で、最近は初期の頃に買ったユニクロの製品は生地が延びて着たので買い換えようと思ったのだけど、ブランド等、何処でも良いので、季節外れ商品でディスカウントされていたので、ホームセンターで購入した。

その商品、現品限りでサイズが無かったので、チョット大きいかな?と思いつつ、3Lのサイズを買って帰ったのだが、、、

このサイズ、3L表記ながら相当にタイト。今まで着ていたLLのサイズよりも小さいのでは?という印象である。

メーカーによってサイズは大きく異なるけど、ココまでのサイズ感の差に驚くばかり。

因みに、レザーブルゾンは、上半身はLL~XLを使う。下半身はM~Lを使う事が多い。

久しぶりに身体の各部のサイズを測ってみると、、、脹ら脛:39cm、太股:63cm、胴囲:71cm、胸囲:111cmである。一回り大きくなっている感じ。サイズ的には上体は、LL~3L(XL)というのは、もしかしたら適正なサイズなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

高血圧ワクチン?

注射一回で効果が数年持続?もし、ホントなら画期的と言えるワクチンだが、、、
そんなニュースが流れている。

このワクチンがターゲットとしているのは、欠陥を萎縮させて血液量を増加させる物質であるアンジオテンシンⅡと呼ばれる物。この物質を生み出すためののDNAを抗原として体内に投与。すると、免疫活動によってアンジオテンシンⅡは減らされて血圧の上昇が抑えられるというもの。

ただ、このアンジオテンシンⅡというものが本来は必要だから存在している訳で、その機能が抑制されることによる弊害というものが、思い掛けないところに潜んでいる可能性も否定出来ない。

臨床試験が慎重に進められるとは思うけど、一度の注射で数年間効果が持続となると、人によっては不適合となった場合に、その効果をキャンセルする方法とも併せて開発されるべきのようにも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

疲労と筋違い

運動して疲労が蓄積した状態っていうのは、筋肉が非常に脆い状態かもしれない。
最近、背中とか脇腹の筋を違える事があるけど、決まって運動後の着替えの最中である。

疲労が溜まって筋肉の動きが鈍くなっている時に慣れない姿勢を取る、、、これが筋を違える大きな原因かもしれない。

このような故障は、ぎっくり腰のように動きが制約される訳ではないけど、全く気にならなくなる迄には、ソコソコに日数を要する。

運動後は、暫く安静状態で筋肉を休めた後に着替えるなり、次の行動に移る方が良いのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧