2022年6月19日 (日)

お~、、、あんなに、、、

最近、取引先の人が来社してきて、来社時間中に、過去に面識のあった人の姿を重数年ぶりに見掛けて発する言葉、多くが『お~、、、あんなに、、、』との事。

何を意味するか?っていうと、十数年の時間は人の見た目を大きく変化させているという事。

どういう風に?っていうと、

99%が、ポッチャリ+猫背体型への変化だ。

自身、そういう対象の人は毎日見ているから差程気付かないけど、長い年月の開けてから見ると、変化が強烈らしい。

逆に言えば、出先で久しぶりに会う人に、そういう風に言われないようにコンディションを保っていたいモノである。

| | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

腰痛、首痛、肩痛、、、

一年に何度か見舞われる。
最近も、、、、ここ最近は二回ともガンマの整備。
シートカウルを外す作業はネジ四本だから簡単。しかし、タンクを外すのは面倒臭い。ホースや配線がある。コックの取り外しも面倒臭い。
次のカウル脱着が相当怠い。アンダーカウルは車体真下に四箇所、左右のネジを外す、、、、キャブの脱着分解も面倒臭いし、プラグ交換も怠い。これを繰り返し作業すると、ウンコ座りで潜り込んでの作業、、、、これが数時間となると、超苦しい。

他には自転車の分解整備も怠い。手こずる作業が出てくると怠い。

無理な姿勢で数時間、、、これをやると身体中が痛くなる。腰痛、首痛、、、、これが大変。

| | コメント (0)

2022年3月18日 (金)

あれはインフルエンザ?

平成も終わりの頃、微妙に平熱を上回る発熱。体温的には37°前後。体調は微妙に怠い、微妙に身体が重い。ただ、咳や鼻水は出ない。
世間はインフルエンザが大流行していた頃だ。

ただ、この程度のコンディション不良は数年に一度程度はあったような気がするので気にせずスルー。

当然、その時期の運動メニュー、筋トレ、昼ポタリング、ナイトヒルクライム、週末ピストライドは当然行う。プールでノンストップ3000mも行う。

振り返れば、100kmのピストライド後とか、3000mスイムの後ってのは、何時にない疲労感だったのを覚えている。あの時、職場や家族もインフルエンザで体調を崩していたので、もしかしたら、罹患していたのかもしれない。

その週は、こういう運動を行うと結構疲労感を感じていたけど、翌週には何もなかったようになる。

体調変化で、なにかの感染症的な病気を自覚、、、、ただ、体調変化での不調の度合、どの程度を感じて異常と認識して診療を受けるか?ってのは難しい。発熱にしても37℃程度、、、これだと、下手すれば平熱扱いである。

こういう個人の不調認識の体調悪化ってのは、個人の主観に基づくもの。

これ、新型コロナ等の蔓延時に診療を受けるとか、、、これは難しい。

| | コメント (0)

輸血とウイルス感染

手術の際、大量の出血を伴うので輸血が必要、、、、それが一般的らしい。
自身も、一度、大腿骨の複雑骨折で手術を受けたのだが、その際、予想以上に出血が多かったらしい。しかし、小さい病院で手術を行ったために、幸か不幸か、輸血用血液が無く、仕方なく、生理食塩水で量を賄ったとか、、、、

結果、輸血は無しでの手術だったそうだ。

しかし、今となっては、それが幸い。

っていうのは、手術したのが昭和50年代末期。そう、エイズが見付かる前後だ。

その頃、血液製剤でエイズ感染だとか、肝炎ウイルス感染だとかの原因が輸血由来だと後に判明する。

時期的にドンピシャリだったけど、輸血してなかったのでセーフ。

その後の検査でもセーフ。

しかし、同時期に似たような手術を受けた友人の何人かはアウトになっている。

当時的にはアンラッキー。しかし、今考えればラッキーだった訳だ。

| | コメント (0)

2022年3月13日 (日)

体調管理

季節の変わり目、気温は日によって大きく違う。そんな状態で運動する。薄着過ぎると風邪惹く。厚着過ぎて汗かきすぎても汗が冷えて風邪惹く。結構シビア。

こんな時、体調管理するには暑すぎるように感じても寒く感じないようにするのが大事。

その上で、薄手の服を重ね着して調節するのがお奨め。暑く感じたら一枚脱げばよい。それで運動して汗掻けば、汗で濡れた服を脱いで、脱いでいた服を着れば良い。

こういう細やかな配慮が不意の風邪惹きを防止出来る。

結構大事。

| | コメント (0)

2022年3月 2日 (水)

粉瘤その後

背中の出っ張りが気になって、出っ張った先端部にカッターで切り欠きを入れて指で強引に内容物を取り出した。
絶対にお奨めされない方法。
敵は多分、粉瘤。

取り出した時は、脂肪の固まりっぽい物がドバッと出てきて、体液の後に血液。
それでも完全に取り出したいので、強引につまみ出すようにトライ。何も出なくなって絆創膏で血を止めて1時間。その後、放置。

普通は、再びそこから出来るという話だけど、強引な素人処置を施して2ヶ月経過。

今は、痕も見えない。どこだか判らない。痛みも違和感も無い。

多分だけど、治ったんだろう。

そういえば、大昔、高校生の頃、膝小僧に出来たしつこいイボ。当時、何度かカットしても直ぐにイボ復活していたのだけど、それは芯が残っていたからだろう。
その時、痛いのを我慢して、一寸深めにカッターナイフでくり抜いた事がある。その後、イボは出来ていない。これも芯が取れたからだろう。

当時のイボと今回の粉瘤は異質な物だったけど、なんとか治ったのでヨシとしよう。

| | コメント (0)

2022年2月18日 (金)

首回し

首、暇見てグルグル回す習慣は良いかも知れない。

過去を振り返れば、超前傾姿勢でピストバイクに乗り続けているけど、これを初めて何年か経過してから気付いたのは、前傾時は気にならないけど、その状態から首を動かしたりすると痛みを感じるようになったこと。
その状態が長く続いたけど、痛みを恐れず首回しを毎日続けていくと、首をグルグル回しても痛みは一切感じなくなった事。

同じ姿勢を長時間続ける、、、、これって、首に限らず宜しくない。

凝り固まるんだろう。

この凝りは定期的に取り除く事が大事。首、肩、肩甲骨、腰、、、こういう凝り固まりやすい関節部位は頻繁にグルグル動かすのがお奨め。

| | コメント (2)

2022年2月13日 (日)

汗を冷やすと、、、

ピストに乗って走る。走り終えると汗、かきまくりである。
これ、注意が必要。
特に、冬場。

汗が出たらウェアが濡れる。

大事なのは、直ぐに風呂入って汗を流し服を着替えること。

これを怠ると、、、、濡れたウェアが身体に残ったまま。上がった体温でウェアの汗が蒸発する。そしてウェアは乾くけど、体温は熱を奪われて一気に下がる。その際、ウェアが未だ濡れていたりすると更に熱が奪われる、、、、そうなると、突然、鼻水が出たり、クシャミが出る。こうなると風邪惹きになってしまう。

仮に、そうなってしまうと、、、、その日の夜はしっかり風呂に入って暖かくして早く寝る。

そうすれば、間一髪、風邪惹きになるのが避けられるかもしれない。

しかし、そんな感じで風邪惹く場合もある。

注意が必要。

急激な体温低下を如何に防ぐか?これは健康管理の基本だ。

| | コメント (0)

2022年2月 3日 (木)

口臭

歯周病になると口が臭くなる。多分、間違いない。自身も39歳の頃、起床時、自分の口が微妙な感じを感じた。周りは気付いていなかったようだけど、自身はイヤで歯磨きを念入りに毎朝行っていたのだが、思い切って40歳になってからは予防検診ということで月一のペースで15年以上歯科検診を受けている。一回目に歯石等を全て除去。その後は定期的な検査、フッ素処理等々、それから外れそうな銀歯の補修、就寝時のマウスピースの定期的な製作等をずっと行っている。
お陰でここ十年以上は基本的に問題無し。口の違和感もケアのための毎月の通院で二月目には気にならなくなっている。勿論、だからといって終了ではない。その後も、月一ペースでの歯科診療を受けて予防的に処置する。磨き残し等も一ヶ月単位で完璧にクリーニングされる。

最近では、口のイヤな感じは皆無。当然、匂わない。

歯科医からの警告としては、歯にマイクロクラックが発生しているので、就寝時の歯ぎしり等に気を付けろとのこと。まぁ、マウスピースで対応しているけど、これを何処まで保たせるか?これが課題。

取り敢えず、歯石等蓄積による歯周病のリスクは回避済み。

不惑過ぎたら、、、、月一ペースでの歯医者さん通い、お奨めします。

手遅れになったら間に合いません。

今は、朝昼夕食後の三回+就寝前の一回、そして何処かの一回は歯磨き時間は40分程度と超ロング状態。歯磨きのコツは歯一本ずつ、表裏、歯茎境界をしっかり磨く事。そして、歯間ブラシ、糸楊子で隙間もしっかりケアして異物を取り除く事。これが大事。

日々の積み重ねが大きな安心になります。

皆さんも歯のケアは行った方が良いですよ!

| | コメント (2)

健康増進法

屋内では完全禁煙。喫煙は閉じたエリア内のみ。
ただ、喫煙コーナーは、当初はリフレッシュコーナーでコーヒーの自販機+煙草の灰皿が普通だったのだが、今は喫煙コーナーでは飲食禁止、、、

これって、変じゃないか?

喫煙者の休憩コーナーがあるならば、非喫煙者のリフレッシュコーナー、つまりコーヒー等飲料スペースがあっても良くないか?

微妙に違和感を感じる。

正直、喫煙に対して神経質過ぎる気がする。

煙草、別に良くないか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧