2021年6月30日 (水)

2021年上期バイクトレーニング

自転車日記の2021年上期用である。

前回から今回で、サイコンに記録された走行距離の変化を纏めると、、、
・やBICECO・・・・・・・・・ 60121km→62515km(+2394km)
・西DAHON・・・・・・・・・・・・1311km→1311km(±0km)
・オ・モイヨWW・・・・・・・・・・4474km→4474km(±0km)
・HARP CM-1000・・・・・46684km→49174km (+2490km)
・ユーラシア・スポルティーフ・・ 555km→555km(±0km)
・ルイガノMVF・・・・・・・・・・・524km→524km(±0km)
・ステンレス953ロード・・・6624km→6762km(+138km)
・純チタンロード・・・・・・・・・・・50km→129km(+79km)
・シルクR1ピスト・・・・・・・82464km→86154km(+3690km)
・東叡スポルティーフ・・・・・・・28km→28km(±0km)
###########################
★531ロード→シルクR2ロード→東叡スポルティーフ
★ラングスター→CM-1000
★BSTTロード→CP-CrMoロード→ステンレス953ロード
★ルマン→ユーラシア
★スピママGTR→やBICECO
※太線車は現役

 である。6ヶ月で8484mの走行だったのが、8791kmとなったから、304km増加。月の走行距離が1465km/月ということ。前 の6ヶ月が1414kmだったから、51km/月程増加である。

最近、乗っている自転車はシルクR1ピスト、HARPのCM-1000、DAHONのOEM、やBICECO号だ。距離は計算に入れていないけど、BMXのフィナーレも結構乗っている。ルイガノMVFも子供とサイクリングするのに使っている。

この自転車生活、17年目突入です。良く続きます。

で、上半期初日は元日です。

★2021/1/1のバイクトレーニング
☆天気:雪後曇り
・シルクR1ピスト
 ローラー台:350W×60分、PM10:00
 平均心拍数:132bpm
 最高心拍数:155bpm
 最高ケイデンス:61rpm
 仕様ギア:48T×18T×700C

| | コメント (109)

2021年4月17日 (土)

ハイパーリム

固定トレーナーの負荷ユニット、ハイパーリム、、、、速度に応じて自動的に負荷が変化する。そして、設定負荷も基本的には自由に変更出来る。
因みに、負荷ユニットは駆動ローラーにはマグネットが埋め込まれており、その対面から鉄板を近付ける構造。鉄板が近付くとマグネットの磁力によって回転抵抗が生まれるというタイプ。

これはミノウラのハイパーリムという固定トレーナーだけど、長らく使わずに放置していたけど、事情あってロードバイク、ピストバイクを中断しているので、ヒルクライムの仮想トレーニング機材として引っ張り出してみた。

負荷ユニットを最大にして漕ぐ。速度にもよるけど、走行速度域が20~30km/hでは、もろ立ち漕ぎのダンシングを行わないとペダルは下りない。
これを30分やるのだけど、15分目から汗だく。これを1日で休憩を挟んで二セット行うと、超ハード。

ローラー台で軽負荷60分とは較べモノにならない。走り終わった時の発汗の量は、週末のピストライドをも上回る。

結構ハード。これはこれで面白いかも知れない。

体調次第だけど、制限が無くなって元に戻すとしても、三本ローラーは止めて、固定トレーナーで高負荷ダンシングトレーニングの方が良いかも知れない。

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

新しいウエストバッグ

久々にウエストバッグを新調した。
これまで愛用していたレザーウエストバッグ、思ったより今一で使いづらかったけど、細かい改造で納得していたのだが、レザーが朽ちて裂け始めたのだ。そこで、その前に勝っていたナイロンのウエストバッグを使ったけど、密着度が今一で使いづらかった。

そこで、10年ぶりに新調。

今度もレザー製。サイズは極力コンパクト、厚みで3cmである。
大容量、厚みの或るタイプは装着すると垂れやすく腰に負担が生じる。薄く身体に密着するのがベスト。それで敢えて小型の製品をチョイス。

ただ、表記で3.5cm幅のベルトとのことだったけど、今一細い。食い込みやすい。

それからベルト調整が92cm~ということ、、、女性でもピッタリとの感想を信じて勝ったけど、大きすぎ。ズレズレになる。

で、到着当日にベルトを交換。前回もベルトを交換していたので、ベルトを廃棄前のバッグから外して付け替えることに。ベルト幅は4cm、この5mmの違いが大きい。

長さも70cm迄詰めて使えるので目的の80cmで完璧。服の上から80cm長でしっかり固定できる。

後は、、、、携帯電話ホルダー固定用のスナップを装着して完璧である。

| | コメント (0)

理想のボディバッグ、ウエストバッグ

基本は身体への密着性。
しかし、これが満足な製品は殆ど皆無。
一番ダメなのは、メイン収納部の上、更にファスナー収納、更にホック収納と収納部を積層した構造。これは身体との密着面から離れたところに重さが重なる構造、、、実際問題、使い辛い。
使い易いのは、身体に重量物が分散して密着する構造。そして、入れたモノが動き回らない構造、これがベスト。

となると、、、、密着面には平べったい鞄の形が型くずれしないのが必須。

一番良いのは、身体との密着面には型くずれしない幅広いベースプレートを仕込んだ構造で、このベースプレートから幅広のベルトで身体に装着出来るのが良い。このベースプレート上に携帯電話、財布、キーケース等の小物を単独で収納出来るポケットが分散して取り付けられているような構造が良いと思う。大きな鞄だと、鞄の中に入れたモノが下方に集まって重なってしまう。それだと密着圧がばらついて負担になるのがオチである。

ワンポケットに一つ収納、、、、こういうポケットを3~4つ程度をベースプレートに配置したような構造、これが個人的にはベストだと思う。歩いたり走ったりして身体が揺れても荷物の位置が変わらないバッグ、、、、ボディバッグの類はこれが重要。広めのポケットを用いるにしても基本は薄めでポケット内で重ならないような配慮が必要だと思う。

また、ベルトは為るべく幅広なのが理想。ポケットの開閉も、財布用なら落ちにくいファスナー、キーケース等なら頻繁な出し入れと落下防止ならマグネットホック+Dリング、携帯電話等なら機械式スライドホック、そういう工夫が為されるのが望ましい。

一番いけないのは、ボディと密着面側、つまり鞄の裏側にファスナーで収納を設ける方法、、、これだと装着時の密着が阻害されるので一つも良い事はない。

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

立ち漕ぎはしんどい、、、2

固定式トレーナーでダンシングのトレーニングを行う切っ掛けになったのは、サドルに乗らないペダリングが理由。PSA高値の原因を特定するために、刺激の強いロードバイクサドルの使用は控える方が良いというお達しに従うのが理由。
ただ、自転車に乗らないというのは少々違うので、ペダリングでも腰掛けないペダリングを行ってみる、、、

すると、立ち漕ぎっていうのは、日頃行っていないせいか、非常にしんどい。ペダリングでは片足に殆ど体重が全て乗っている。ハンドルを持たなければ、どんなに脚力が在ったとしても体重以上の力はペダルに伝わらないけど、上半身を強固に固定する事ができれば脚力が上乗せして伝わる。ただ、ハンドルを持つ事で体重の一部を支えたとすれば、ペダルに伝わる重力の配分は少なくなる。そうであっても、体重配分+脚力のトータルが体重を上回れば大きな駆動力を得る事が出来る。

しかし、その場合、片足に自分の体重以上の力が常に作用する。それが左右交互に連続的に掛かる訳だ。

このペダリングを行うには、それだけ大きな駆動力を加えた時に、ペダルが一気に踏み抜けるようだと駆動力を左右に入れ換える事が出来なくなるので、大きな駆動力を加えてもペダルの回転数が高く為りすぎず、ペダルが踏み抜けないだけの負荷が必要なのである。

この良いバランスポイントが立ち漕ぎでパワーが最大限出る状態である。この状態というのは、非常にハード。簡単に汗が噴き出すような状況である。

街乗りの、やBICECOでは内装外装の27段変速。これ、内装をHiポジション、外装をトップ11Tで踏むと立ち漕ぎするとイイ感じに負荷が掛かる。

そして、マグターボを用いた負荷ローラーでは負荷最大で漕ぐと、僅か数分で汗だく、、、この汗だく感、とても楽しい。

時間は断続的に合計1時間、、、、、三本ローラーで負荷レスで回すのより効果絶大かもしれない。

PSA高値の原因が特定出来るまで、暫く、こういうメニューでいく予定だ。

ただ、立ち漕ぎでハードというのは、ピスト走でサドルが砕けた時に気付いた事が切っ掛けだけど、それって、これを暗示していたのかもしれない。

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

ピストライド中止対応

健康診断のオプション検査でPSA検査をチョイス。初年度は異常無しだったけど、二年目に異常兆候。
ということで、地元の専門医、決して大きくない病院だけど、そちらで診療を受けて様子見中における生活制限、二週間目からの三週間はロードバイクライドは控えた方が良いとの話。そこで、自転車レス三週間は非常に長いので、対応を考えることに、、、

ということで、久々に登場させたのが固定式サイクルトレーナーである。
こちらはリモコン操作でローラー負荷を調整出来るタイプ。久々に使ってみると利用感覚に違和感、、、、そこで、分解、、、分解前は調整しても違いが判りづらく壊れている?という感覚だったからだ。
しかし、分解するとスプリングテンションが解放されてしまったようで、元の状態が判らない、、、ただ、それでは困るので動作を理解しながら組立を試行錯誤。
すると、負荷ユニットにマグネットを近付けたり遠ざけたり出来る構造のよう。これをリモコン式ワイヤーで行うようだ。そう出来るように調節を試みる。流体式負荷ユニットの回転部分にマグネットを近付ければ負荷アップ、遠ざければ負荷ダウンである。そこで負荷アップ状態というと、基本はダンシング専用モードとなるような感じ。

分解後構造を把握して組み立てた後に実際に使ってみる。

すると、30分もペダリングすれば汗だくである。三本ローラーで転がす1時間よりも効果的っぽい。

ということで、これからの三週間、固定式サイクルトレーナーで設定負荷を最大にしてダンシングして運用することにした。まぁ、全く乗らないのよりは効果がありそう、、、、

それにしても三週間は長いなぁ、、、、。

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

自転車乗りだけど、自転車乗りは、、、、

自身、自転車乗りだけど、街の自転車の運転、無茶すぎる。
枝道からバス通り等に猛スピードで飛び出す、、、こんな例は日常茶飯事。
枝道が下り坂だったりすると、速度で20~30km/hもザラ。それが完全死角から道路に突入である。
キープレフトに注意する自転車のり、特に学生には皆無。道路の真ん中、或いは逆走状態で我がモノ顔で突っ込んでくる。

殆ど、テロである。

自転車の危険運転、何とかして欲しい。

他には、歩道において歩行者をパイロンのように扱ってのジムカーナ的暴走も多い。特に、電動アシスト自転車に乗った連中の暴走は激しい。歩道における衝突事故で歩行者へのひき逃げ事件案件、非常に多い。

自転車は車道、或いは、自転車専用道、、、、これを絶対的に義務化するようにして欲しいし、自転車事故においては弱者優先の原則なんて当て嵌めないで欲しい。

脇道等からの飛び出しでは、ちびっ子の飛び出しも有り得るけど、その場合、精々、速度は数km/hレベル。これなら単車、四輪を運転中においても十分対処可能である。路地の存在と走行時の位置取り、速度さえ留意していれば確実に回避可能だ。ただ、下り坂脇道からの突入では無理。元気な中高生レベルだと35km/hクラスの場合もある。

30km/hは秒速で8m/secである。35km/hなら10m/secに迫る。死角脇道から飛び出し、道路脇の歩道幅、路側帯幅は1m程度である。1mを8m/sec、10m/secを横切って飛び出す場合、衝突までの時間は0.1秒だ。本線運転中だと対応不可能だ。子供の飛び出しなら5km/h程度である。秒速で1.3m/sec程度だ。これなら路側帯から現れて衝突するとしても1秒弱の余地がある。これなら回避+制動は可能だ。視界に現れて、距離が1m以内、そういう場合、対処必要時間は最低でも0.5秒は欲しい。それ以上っていうのは基本的に対応困難である。これで弱者優先で四輪、単車が責められるのは理不尽以外の何物でもない。

回避可能な案件で回避しないのであれば弱者優先は通用するけど、計算上、回避不可能な事例においても弱者優先の論理を当て嵌めるのは無理がある。

少なくとも、自転車の対単車、対四輪に対する扱いにおいては弱者案件なんて適応すべきではないと言える。

| | コメント (2)

自転車教育

この記事がアップする頃、我が子も中高生、或いは、もっと上かもしれないけど、何れにせよ、自転車を普段の足として利用しているのは間違いない。
娘は中一から電動アシスト自転車、息子は小学生の間はMTB、中学生になると、恐らく電動アシスト自転車の筈だ。

で、こいつらに口を酸っぱくして言っているのは、自転車は車両ルールを守って運転すべし。スマホ等のながら運転は当然厳禁。夜間無灯火もNG、逆走もNGで左側一列通行を厳守、脇道からの飛び出しも厳禁、、、、そう言い聞かせているけど、果たしてそうなっているか?というと、常時付いて見ている訳ではないのでなんとも言えない。

それでも、ことある毎に、自転車運転では歩道は暴走するな、車道走行では左端をはみださず、そして飛び出し運転は厳禁と言っている。

ただ、教育指導出来るのは我が子だけである。街を走っていると、多くの自転車の運転の無法度合は年々酷くなっているような感じ。

歩道の暴走は当然、車道では並進、逆走、飛び出し、無灯火、、、これが日常茶飯事。

自転車の運転ルール、このままでは交通社会が崩壊しかねない。現状、殆ど放置で無策、、、何とかしろよ、、、。

正直、弱者優先という問答無用原則+無法自転車が溢れる街中、、、車を運転しようという気にならない。単車なら反射的に回避可能だけど、正直、自身は四輪だと視界と操作形態からテロチャリを回避するのは無理、、、、

| | コメント (0)

駐車場代わりから、廃車置き場に、、、

駐車禁止の標識の有無に拘わらず、道路に自家用車、単車、自転車を駐車場、駐輪場代わりに停めるのは如何なものかと、、、、

駐車禁止場所での夜間路上駐車は少ない一方で、駐車禁止標識が無い場所は、多くが無法地帯。そんなに広くない道路であってもお構いなし。標識にワイヤーロックで固定した二輪車とか、住宅地では当たり前の風景。

ただ、そういう道路は、往来する車の邪魔になったり、離合が出来なくなったりと、実は結構迷惑。

駐車禁止で無いのであれば、日中の限られた時間に路上に出して庭掃除するとか、洗車するとかなら判るけど、己の家の駐車場の如く路駐するのは如何なものか?と思う。

とっても迷惑。正直、停める場所が確保出来ないなら、所有するなと言いたくなる。

未だ、住宅地でも人が住んでいるような宅地なら兎も角、寂れた集合住宅で、道が突き当たりで通り抜けられないような場所では、タイヤのエアが抜けたような四輪、或いは、前後輪パンクしてサドルが無くなった自転車、真っ赤にボロ錆状態の単車が現れる。こういうモノが現れると、それは似たような車輌を引き付けるのである。すると、いつの間にか廃車置き場のような状態になる。道路というのは往来するもの。そこに停めておく、、、、使われている内は邪魔なだけだけど、そういうモラルの無い連中は、乗らなくなったら、そこに放置ってパターンも少なく無い。そういうモノが集積すると、治安悪化にも繋がる。

なんとかならないものか?

| | コメント (0)

うーん、居ない。

二輪趣味ということで、自転車、単車はずっと乗り続けている。
ただ、同じ様な傾向の趣味で、同じ様な走り方をする人、特に同世代では殆ど居なくなってしまった。
自転車に関して言えば、一緒にサイクリングに出掛ける人というのは、殆ど年下。一回り以上年下の人が多い。
単車に関して言えば、グネグネ道を好んで走り回る人、皆無状態。

学生時代の同じ趣味の友人で乗っている人は、自転車ゼロ、単車ゼロ。そんな状況。

自転車では、40代の頃は乗っている人も居たけど、そんな人も50代になると乗るのを止めている人の方が多い。

聞けば、、、、金掛けても速く走れない。金掛けても疲れる。尻が痛い、首が痛い。思った程痩せない、、、そんな理由だそうだ。

ならば、ということで一緒にBMXで遊ぼうぜ!といっても、そんなのは興味が無いとか、、、

単車では、50代過ぎてリターンして大型二輪免許を取って、そしてハーレーってのも居るには居るけど、彼らは、購入したショップに出向き談笑するパターン。購入したショップ以外だと、皆が集まる道の駅とか、パーツショップに集まって談笑するパターン。これ、どうも違う。誰も居ない場所で気持ち良く走ろうぜ!には、誰も来ない。

ならば、小さなレジャーバイクで探険ゴッコしようぜ!といっても、今更、原付系には金出せないとか、、、

聞けば、、、、重量車は運転したら疲れるんだそうだ。

オッサンになると、随分と趣味が違う。

まぁ、同世代と連む必要は無いけど、歳取ると、そうなるんだろうなぁ、、、、。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧