2019年6月30日 (日)

2019年上期バイクトレーニング

自転車日記の2019年上期用である。

前回から今回で、サイコンに記録された走行距離の変化を纏めると、、、

・スピママGTR・・・・・・・・・・ 50614→52986km(+2372km)
・西DAHON・・・・・・・・・・・・1311km→1311km(±0km)
・オ・モイヨWW・・・・・・・・・・4474km→4474km(±0km)
・HARP CM-1000・・・・・40926km→42784km (+1858km)
・ユーラシア・スポルティーフ・・ 555km→555km(±0km)
・ルイガノMVF・・・・・・・・・・・524km→524km(±0km)
・CP-CrMoロード・・・・・・・・・・・5514km→6324km(+810km)
・ステンレスロード・・・・・・・・・・・38km→38km(±0km)
・シルクR1ピスト・・・・・・・・・66744m→70104km(+3360km)
・東叡スポルティーフ・・・・・・・・28km→28km(±0km)
###########################
★531ロード・・・・・・・・・・・・・25387km→25387km(±0km:退役)→シルクR2に載せ替え
★シルクR2ロード・・・・・・・・・0km→0km(±0km:退役)→東叡スポルティーフに載せ替え
★ラングスター・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→CM-1000
★BSTTロード・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→CP-CrMoロード
★ルマン・・・・・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→ユーラシア

 である。6ヶ月で8668mの走行だったのが、8400kmとなったから、チョイ減少。月の走行距離が1400km/月ということ。前 の6ヶ月が1444kmだったから、44km/月程減少、、、、。

最近、乗っている自転車はメッキロード、シルクR1ピスト、HARPのCM-1000、DAHONのスピママ号だ。距離は計算に入れていないけど、BMXのフィナーレも結構乗っている。ルイガノMVFも子供とサイクリングするのに使っている。

この自転車生活、12年目突入です。良く続きます。

で、上半期初日は1/1、元日なのでピスト走です。

★2019/1/1のバイクトレーニング
☆天気:曇り
・シルクR1ピスト
 ローラー台:60分、AM9:30
 平均心拍数:129bpm
 最高心拍数:160bpm
 最高ケイデンス:201rpm
 仕様ギア:48T×18T×700C

なお、この記事は個人の備忘録なので、コメントは入れないで下さい。

| | コメント (145) | トラックバック (0)

2019年5月26日 (日)

ブレーキを慎重に掛ける

ヒルクライムコース走行では、ダウンヒルパートが確実に存在する。よって、平地走行と較べるとブレーキを掛ける頻度が高くなる。

ブレーキを掛けるとどうなるか?

急勾配程、ロックのリスクが高くなる。そうなると、タイヤにフラットスポットが出来やすくダメージを受けやすくなる。

タイヤを長持ちさせようと思えば、異物は踏まず、ロックさせない。

急勾配下りでは、特段の配慮が必要。

リアブレーキは程々。フロントブレーキ中心というのが大事だ。

距離的には少ないけど、ピストよりもロードの方がタイヤ交換インターバルが短い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年5月25日 (土)

トークリップ、ストラップも、、、

どうやら寿命があるようだ。
ストラップは、数年に一度、切れる。使っているのは、MKS製とか、クリフトフのレザーストラップだけど、使っていると切れる。
寿命といえば、ストラップだけだったのだけど、先日は、MKSのスチール製トークリップも先端で破断してしまった。

どうやら寿命があるようだ。
因みに、ストラップは?といえば、一時期、内部に繊維芯を含む樹脂ストラップを使っていたけど、樹脂割れが起きること、締まりづらい事で使うのは辞めて、今は、中学生以来の革製。

ただ、レザーストラップも切れる。

で、ふと思った。

MTB用等でナイロン布製のストラップだ。

このナイロン布ストラップは、そういえば、ローラー台で使っているピストに使っているけど、十年以上切れていない。

もしかしたら、、、、レザーストラップよりもナイロン布ストラップの方が頑丈かもしれない。食い付きも良好。締まりも良好。緩みも無い。

今、外出バイクにはレザーストラップで、スペアストラップをサドルバッグに巻いて一本携行しているけど、ナイロンストラップなら、そんな事も不要かもしれない。

ナイロンストラップも何種類かストックしているので、使っているレザーストラップが切れたら交換してみよう。

因みに、ストラップをトラックペダル等に付ける時、ペダルフレームの間で一回ツイストさせるけど、こういう事をしない人も最近はいるようだ。一回捻りを入れる事でストラップがずれるのを防止出来る。ただ、ストラップ自体がマイナーだから知らない人が多いのだろうなぁ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

応急修理時間

習慣で自転車に乗っている。
トラブルへの遭遇は不可避。
どんなトラブル?といえば、パンクとスポーク折れ。

ただ、これへの対処可能な準備は万全。

パンクの場合、タイヤ自体のトレッドに損傷を受けると、エア圧控え目で徐行して帰宅するパターンだけど、普通のパンクの場合はチューブ交換。

チューブ交換に要する時間は、概ね10分未満。

スポーク折れも稀に遭遇。その場合、折れたスポークを交換して振れ取りをして帰還する。

スポーク交換に要する時間も、概ね10分未満。

近隣でのトラブル対応といえば、パンクとスポーク折れだけど、10分程度あれば対処可能。

因みに、ワイヤー切れは遭遇していない。スペアワイヤーを持ち歩く事はしない。

スペアチューブ、スペアスポークがあれば、大抵は対応可能だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年5月24日 (金)

ヘッドライト位置

自転車、単車のヘッドライト位置、スポーツモデルだと気にする事はないけど、荷物積載前提のモデルの場合、ライトの位置は結構重要。

最近、ナイトヒルクライムをしていると一見無灯火っぽいスクーターと遭遇する事が少なく無い。

それは、前カゴに荷物満載で、前照灯を完全に塞いで走っている車両。

同じ様な事は、クロスバイクに後付けバスケット、ハンドルライトの組み合わせでも多い。バスケット内の荷物が照明を遮っている。

これは危険。

ヘッドライトは前カゴの前か、前カゴを載せるキャリアの下か、そういう場所に装備すべきだ。

軽快車タイプの電動アシスト自転車ではカゴ下が灯火位置だから正解だけど、クロスバイクタイプはハンドルマウントが多いので前カゴを後付けすると今一。

因みに、我が家の息子のMTBではカゴを載せるキャリア部に自動点灯ヘッドライトを装着してあるし、自分のヒルクライムロードもフロントキャリアの下部にヘッドライトを装着している。

スクーターについては、前カゴオプション車は、少なくともライトを移設するのを標準化すべきだと思う。

結構、危険である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年5月22日 (水)

アドベンチャーロード

近年、こういう言葉のカテゴリーのバイクが人気のようだ。
太いパターン付きのタイヤの700Cロードバイク、、、、チョイ前ならシクロクロスという言葉が一般的だったけど、このシクロクロスの定番のカンチブレーキではなく、前後ディスクブレーキを装備したモノを、アドベンチャーロードとか、グラベルロードという言葉でカテゴライズしてラインナップされている。

太めのタイヤにドロップハンドル、ブレーキは前後ディスク。これがスタンダードスタイルらしい。

悪くない。

太めで圧を抑えたタイヤ、、、、エアボリュームが多く、大気圧との差圧も少ないのでエア漏れも少なく、漏れてもエア低下が少ない。長期においてエア管理は程々でOKである。

ブレーキはディスクブレーキで制動力抜群。

一昔前、MTBをドロップハンドル化して乗る人がいたけど、それの製品版とも言える仕様だけど、なんたって700Cである。

これは、段差の多い市街地で毎日乗るには最強かもしれない。

これにフェンダー+積載能力を確保するキャリアでも装備すれば、頑丈さという点から着目すれば、現代に蘇ったロードマンみたいな存在にも為りうる。

そういえば、ロードマンの下のクラスといえば、ヤングウェイとかのジュニアスポーツ車が過去には存在したけど、そういうジュニアスポーツ車の上級グレードは、リアにディスクブレーキを装備したモデルが各社からリリースされていたのを思い出す。ただ、ブリヂストンだけはダイネックスブレーキというバンドタイプのブレーキだったけど、、、、そして、こういうディスクブレーキ等は当時は後輪装備が一般的。
ナショナルか光自転車の一部には前後ディスクブレーキのモデルがラインナップされていた記憶がある。

現代のアドベンチャーロード、、、、頑丈さと機能からいえば、当時のジュニアスポーツ車的な部分も見受けられるような、そんな気もする。

ただ、、、、この言葉、凄く違和感がある。

そもそも、ロードバイクというのは、チューブラー装備で綺麗な路面を走る競技用自転車ということ。クリンチャーのモデルは、昔はファーストライディングなんて呼ばれていた記憶がある。
そういう意味では、近年のロードと呼ばれるモデルは全てファーストライディングといってもよい。

つまり、ロードという言葉は、原則として舗装路モデルという事。

しかし、グラベルロードとか、アドベンチャーロードというと、ロードというのは舗装路ではなく道路という意味合いのようだ。

昔で言えば、こういうのを日本語読みすれば、『悪路舗装路』のような印象で強い違和感を感じる。

まぁ、言葉は兎も角、ドロップハンドルながら、頑丈な車体構成と強力な制動力、街乗り最強スポーツサイクル、、、、悪くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンブロシオ

このリムをピストで愛用している。
基本はエクスカージョンだけど、モノが入手出来ない時はデザインが同じエボリューションを使っている。
朝ピストは、元々、前後ともエクスカージョンを使っていたけど、以前、フロントはダメージを受けてエボリューションに交換している。これはエクスカージョンの在庫が無かったからだ。

これが10年前の話。その後、エクスカージョンのリムを2本調達して、DURAのピストハブでスペアホイールを組んでストックしているけど、、、、

先日、路面上に転がるコンクリート片を避けきれずフロントで跨いでバーストとリムダメージを負った。

リムの左右振れ取りは出来たけど、局部的な凹みを受けたようで0.5~0.8mm程度の局所的な凹みがどうにもならない。

そこで、リムをオーダーすると、、、、エクスカージョンは既に廃盤らしい。更に、エボリューションも廃盤で流通在庫のみとのこと。

ただ、エボリューションなら調達可能ということで、一本調達。

入荷したら組み換えて使う予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年5月21日 (火)

ALEXRIMS DA16 36H!

街乗りDAHONの後輪はINTEGO C530のハブを使っている。昔の内装3段×外装8段のフリーハ部である。これの8段部のプロテクターを外して9段カセットを入れている。
ハブは36H仕様である。当初、36Hのリムが無く、24本スポークで組もうと思ったけど、同時期のビーンズハウスBH-06モデルでは後輪スポーク折れが多発してBH-062モデルではスポークが36本になった経緯もある。
そこで、リムを探してDA16の36Hを使っていた。
このカスタムを行ったのが2006年頃。つまり12年前だ。

その後、、、、リムのブレーキあたり面が痩せてヤバイ状態。

で、HE406で36Hリムを探すも、、、、DA16は廃盤。ネットでBMX用36Hを調達するもリム幅が広すぎて対応は厳しい。

現行36HリムはアラヤGP-710だけど20×1.5だからリム内幅は25mmだろう。対応タイヤ幅は35mm以上となると、シュワルベとかパナレーサーの1.125~1.25幅のタイヤは厳しい。

で、更に探していると、ネットで2本セットでホイールを発見。これを調達してみた。

で、届いてみると、リムはシルバーのリムだけど、なんと、、、、廃盤になっているALEXRIMSのDA16である。つまり、今のリムと色違いの全く同じもの!

超ラッキーである。

これで、2本確保。交換しても予備リムも確保出来たこととなる。

前輪は28Hだけど、こちらはブランドに拘らなければ細いリムは何種類か普通に流通しているので、何時でも調達出来るし、今もダイナモハブで組んだホイール等でOLD74mmハブで組んだモノを2本ストックしているのでOKである。

DA16の36H仕様、結構貴重品である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤー切れ

自転車ブレーキのワイヤー切れと言えば、思いっ切りレバーを握った時にワイヤー先端の太鼓部分が外れるというのがパターン。

逆に言えば、急制動、パニックブレーキのような強い力を加えない限りは殆どは切れないということ。まぁ、雨ざらしでワイヤーが錆びて太鼓部分の接合が腐っている場合は、その限りではないけど、通常使用では殆どワイヤー切れというのは起きない。

ワイヤー切れのトラブルといえば、パニックブレーキ状況に起こりやすい人とも言える。
具体的には、交通ルールに疎い人、通勤通学に実用自転車を使う人かもしれない。

こんなワイヤー切れというのは遭遇すると恐い事になる。切れたらブレーキは効かなくなる。まぁ、前後両方が切れることは稀だけど、片方が切れるだけで制動力は大幅に低下する。

そう考えると、自転車の手入れしない、雨ざらしデフォルト、そういう自転車にはワイヤー式ブレーキは危険かもしれない。

過去を振り返ると、、、、ブレーキの作動にワイヤーを使わないロッド式があった。実用車には長く使われていたけど、一般自転車のロッド式は割と早い段階で消滅した。それでも子供車を含めてロッド式のブレーキを装備した自転車はあったのを覚えている。

自分は小学校1年の時に、広島にあったダイエーで売られていた22インチの自転車を買い与えられたのを覚えているけど、あれはロッド式のブレーキだったのを覚えている。タイヤのトレッドパターンは象さんだったのも覚えている。手入れしない自転車には、あのロッド式ブレーキというのは非常に安全な装備と言える。

今時の子供向け自転車は、ホームセンター等で激安販売されているけど、安い商品はワイヤーもいい加減な鉄製で直ぐ錆びる。太鼓部分が外れる可能性は低くない。

ロッド式ブレーキの自転車、悪くなかったように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年5月20日 (月)

二輪は煽られやすい、、、だから!

二輪車、単車&自転車、、、、離合とか、追い越されの際、無意味に幅寄せされたりしやすい。

離合となると、出会うまでの干渉は無いのだが、それでの嫌がらせといえば、一方的な煽り行為。

自転車での追い越されも一緒。四輪から見れば、初めて見た自転車に対する嫌がらせ行為。

四輪ドライバーからみれば、驚かせるとか、軽い気持ちなんだろう。速報間隔で50cmを切ると二輪から見れば相当驚く。

ということで、二輪運転時に遭遇すれば、率先して公開する。

最近、多すぎる。

http://replica2st.la.coocan.jp/etc/dora_kuso.htm

チョイ前は、まぁ、イイか、、、で終わっていたけど、もう全部載せ。見付けてビックリしたら全部掲載。ナンバーも載せる。

正直、超むかつく。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧