2022年12月31日 (土)

2022年下期バイクトレーニング

自転車日記の2022年下期用である。

前回から今回で、サイコンに記録された走行距離の変化を纏めると、、、
・やBICECO・・・・・・・・・ 66524km→68961km(+2437km)
・西DAHON・・・・・・・・・・・・1311km→1311km(±0km)
・オ・モイヨWW・・・・・・・・・・4474km→4474km(±0km)
・HARP CM-1000・・・・・52744km→55084km (+2340km)
・ユーラシア・スポルティーフ・・ 555km→555km(±0km)
・ルイガノMVF・・・・・・・・・・・524km→524km(±0km)
・ステンレス953ロード・・・6762km→6762km(±0km)
・純チタンロード・・・・・・・・・・・129km→129km(±0km)
・シルクR1ピスト・・・・・・・94854km→98754km(+3900km)
・東叡スポルティーフ・・・・・・・28km→28km(±0km)
###########################
★531ロード→シルクR2ロード→東叡スポルティーフ
★ラングスター→CM-1000
★BSTTロード→CP-CrMoロード→ステンレス953ロード
★ルマン→ユーラシア
★スピママGTR→やBICECO
※太線車は現役

 である。6ヶ月で8528kmの走行だったのが、8677kmとなったから、149km増加。月の走行距離が1446km/月ということ。前 の6ヶ月が1421kmだったから、25km/月程増加である。

最近、乗っている自転車はシルクR1ピスト、HARPのCM-1000、DAHONのOEM、やBICECO号だ。距離は計算に入れていないけど、BMXのフィナーレも結構乗っている。ルイガノMVFも子供とサイクリングするのに使っている。

この自転車生活、18年目突入です。良く続きます。

で、下半期初日は7/1です。

★2022/7/1のバイクトレーニング
☆天気:晴れ
・やBICECO
 昼ポタリング等:23km(17km+6km)、PM0:13~PM0:48
 移動平均速度:21.9km/h
 瞬間最高速度:39.6km/h
 ケイデンス :80~130rpm
 使用ギア:52T×12~14T×406HE
※コース:猿候側東岸~駅前大橋~八丁堀~比治山トンネル~段原~猿候川西岸~仁保橋~青崎~茂陰トンネル~みくまり峡~猿候川東岸を周回
・シルクR1ピスト
 ローラー台:450W×60分、PM10:30
 平均心拍数:133rpm
 最高心拍数:161bpm
 最高ケイデンス:79rpm
 仕様ギア:48T×18T×700C



| | コメント (3)

2022年7月 5日 (火)

駆動系ではなさそう、、、

さて、BBの分解清掃再組立、、、つまりOHだ。更に、久しぶりにチェーンを交換。チェーンは3年で交換する。ピスト用チェーンだ。

これでどうだ?

走ってみる、、、、、さすがに新しいチェーンである。駆動ロスが相当に減ったようだ。

しかし、、、、高速巡航を行うと、、、ピキッ、、、、ピキッ、、、、ピキッ、、、、と鳴る。

直っていない。駆動系でもない?

ということで、スペアのホイールでチェック、、、こちらは新品のコグを付けているけど、これでどうだ?

| | コメント (0)

ホイールでもない、、、

新品のホイール(新品のリム、スポーク、ピストハブ、コグ)で交換したチェーンで走るも、、、、やっぱり、ピキッ、、、、ピキッ、、、、ピキッ、、、、ピキッ、、、、と鳴る。

こうなると、駆動系とは関係無い箇所、、、、

思い当たるのは、フレームか?

ということで、もうフレーム交換するしかないかも、、、、フレーム、このCM-1000のフレームが廃盤になるとき、タキザワさんに聞くと在庫があったので、ストックで一本購入済み。
今のフレームは足掛け12年使えたので、今度のフレームも12年は使えるだろう。その頃には、ピストを踏める身体ではなくなっているだろうから問題無しだ。

もう暫く、いろいろチェックはしてみるけど、いよいよ、フレーム交換の時期が近づいてきたのかも知れない。

まずは応力が集中しやすいパイプの溶接部、しっかりチェックして見ようと思う。

ラングスターのアルミフレームは2年でゴミに、、、CM-1000のクロモリフレーム、取り敢えず12年は使えた。この差はデカイ。

| | コメント (0)

2022年7月 4日 (月)

ピストの異音

週末早朝走行用のタキザワハープ、CM-1000。
このCM-1000は2008年頃から稼働している。その前、ラングスターで走っていたけど、これは2006~2008年。交換した理由はフレームクラックが原因。シートチューブがわれたのだ。その後、CM-1000に交換後、基本不調箇所は無いけど。2018年、コース走行中、アスファルトのクレーターで後輪バースト。チェックすると、リムが一部変形。その際、振れ取りを極力行い修理した。その際に異常は感じなかった。
2020年時点で、走行中、微妙にピキピキ音、、、これ、ペダリングとは連動していない。トルクとも連動していない。低速でダラダラ走っていても音はしない。ヒルクライムで常時ダンシングで高トルク走行しても音はしない。
ただ、、、、35km/h以上で、それなりに踏んで、それなりに高速走行していると、不定期で下の方からピキッ、、、、ピキッ、、、、、、、とする。

気にしなかったけど気になる。

何故だろう?思い当たる節は、駆動系?ということで、帰宅後、チェーンを交換、序でにBBを解体チェックしよう。

| | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

フロントバッグサイズ

自転車のフロントバッグ、積載性を求めて大きめをチョイスしがち、、、まぁ、自分の場合だけど、、
だけど、大きめというのは傍目から見ると大きすぎる場合が多い。
逆に小さめというチョイスをしたら、逆に丁度良い感じとなる。

フロントバッグってのは、大きいとハンドリングに大きく影響する。
さらに、大きすぎるのはハンドルの操作性にも影響する。

そんな訳で、フロントバッグチョイスに際しては、自分では一寸小さいか?と思えるサイズ感をチョイスするのが良い。最近、そう思う。

| | コメント (0)

2022年7月 1日 (金)

新型105

遂に解禁だそうだ。シマノのロードバイク用コンポーネントの三番目のグレードである『105』シリーズ、これもDi2化、セミワイヤレス、12速化だそうだ。

これも、恐らく電子化、、、メカ式は無さそう。

メカ式というと、前世代11速が最後かも、、、、となると、メカ式ラストの11速コンポを入れるのは悪くないかも、、、、、

エンメアッカのステンレスロード、現在の7800系DURAをR9000系に入れ換えようかな?
そして、東叡のスポルティーフを9速から7800系DURAの10速に入れ換えようかな?

| | コメント (0)

目測ミスだろ

自転車で直進中、目の前で巻き込むように左折したり、目の前を横切るように右折したり、反対車線側の枝道から進路を塞ぐように突入したり、、、、危うく衝突、或いは、軽い接触という事態に遭遇する事は少なく無い。

ドライバーは、こっちを見ていないのか?或いは、見ていても速度を見誤っているのか?そのどっちかだろうけど、ロードバイク、ピストバイクで走行している時は、恐らくは、速度を見誤っている可能性がある。

自転車でも直進路を巡航していたら35km/h以上で走行していることもある。その場合は、明らかに目測ミス。

ただ、市街地で広い歩道を走行しているとき、歩道を横断するようなクルマが激突突入してくる時、或いは、交差点で直進中に、真横から被せるように突進してくる場合は、そもそも見ていない感じ。

二輪車にのっていて、単車の場合は、機動力で脱出出来るけど、自転車には動力性能的に厳しい。

四輪運転時には自転車の無茶な運転にイラッとするけど、自転車に乗っていたら四輪の恐さにゾッとさせられる。

自転車も四輪も、ルールを守って運転して欲しいモノである。

| | コメント (0)

2022年6月30日 (木)

2022年上期バイクトレーニング

自転車日記の2022年上期用である。

前回から今回で、サイコンに記録された走行距離の変化を纏めると、、、
・やBICECO・・・・・・・・・ 64254km→66542km(+2288km)
・西DAHON・・・・・・・・・・・・1311km→1311km(±0km)
・オ・モイヨWW・・・・・・・・・・4474km→4474km(±0km)
・HARP CM-1000・・・・・50854km→52744km (+1890km)
・ユーラシア・スポルティーフ・・ 555km→555km(±0km)
・ルイガノMVF・・・・・・・・・・・524km→524km(±0km)
・ステンレス953ロード・・・6762km→6762km(±0km)
・純チタンロード・・・・・・・・・・・129km→129km(±0km)
・シルクR1ピスト・・・・・・・90504km→94854km(+4350km)
・東叡スポルティーフ・・・・・・・28km→28km(±0km)
###########################
★531ロード→シルクR2ロード→東叡スポルティーフ
★ラングスター→CM-1000
★BSTTロード→CP-CrMoロード→ステンレス953ロード
★ルマン→ユーラシア
★スピママGTR→やBICECO
※太線車は現役

 である。6ヶ月で7769kmの走行だったのが、8528kmとなったから、759km増加。月の走行距離が1421km/月ということ。前 の6ヶ月が1295kmだったから、126km/月程増加である。

最近、乗っている自転車はシルクR1ピスト、HARPのCM-1000、DAHONのOEM、やBICECO号だ。距離は計算に入れていないけど、BMXのフィナーレも結構乗っている。ルイガノMVFも子供とサイクリングするのに使っている。

この自転車生活、18年目突入です。良く続きます。

で、上半期初日は1/1です。

★2022/1/1のバイクトレーニング
☆天気:雪
・シルクR1ピスト
 ローラー台:450W×60分、AM8:00
 平均心拍数:151rpm
 最高心拍数:159bpm
 最高ケイデンス:72rpm
 仕様ギア:48T×18T×700C


| | コメント (180)

2022年6月29日 (水)

空気圧チョイス

パナレーサー、クローザーの適正空気圧、みれば~155PSIとの表示。
どこで使うか?

110PSIで走ると結構硬い。

で、最近は100PSIくらいで良くないか?使用下限域だけど、大きなギャップだけ気を付けられればパンクリスクも抑える事ができるかも、、、

最近、太さは変えず、空気圧を低めでチャレンジ中。更に下げるためにタイヤを太くするという今時のチャレンジはパス。

| | コメント (0)

リムフラップ以外で

ピストでのパンク、殆どがリムサイド。症状的にはリム側で二つ並びだから、リム打ち的。ただ、パンク時における前後の走行時にリム打ちするような衝撃を自覚したことは無い。

ただ、一応のパンク対策ではないけれど、リムフラップをしっかり装着している。リムフラップ、無意味かも知れないけど、ナイロン製リムフラップを二枚重ねにしている。

それでも、、、、パンクする。リムフラップ自体を重ねても無意味、、、パンクした箇所辺りを調べても原因となるモノは見付からない、、、

こうなると、パンク対策はどうなるか?

一時期、ソリッドタイヤを考えた事もあるけど、評判は別れるところ。となると、微妙か?という気がしないでもない。

で、今一番有力なのが、折り畳み自転車で効果実感済みのスーパーチューブっぽい肉厚チューブの利用。

ただ、スーパーチューブでリリースされているのは28~32C用、35~40C用、、、出来れば、もっと細い奴でスーパーチューブが欲しいところ。

ただ、リム打ちの衝撃が無いのにリム打ち的な症状となると、チューブの広がる力が強すぎているのも一つの理由とも言える。

なかなか妙案が思い浮かばない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧