2017年12月31日 (日)

2017年下期バイクトレーニング

自転車日記の2017年下期用である。

前回から今回で、サイコンに記録された走行距離の変化を纏めると、、、

・スピママGTR・・・・・・・・・・ 42917→45712km(+2256km)
・西DAHON・・・・・・・・・・・・1311km→1311km(±0km)
・オ・モイヨWW・・・・・・・・・・4474km→4474km(±0km)
・HARP CM-1000・・・・・34956km→36926km (+1970km)
・ユーラシア・スポルティーフ・・ 555km→555km(±0km)
・ルイガノMVF・・・・・・・・・・・524km→524km(±0km)
・CP-CrMoロード・・・・・・・・・・・829km→829km(±0km)
・ステンレスロード・・・・・・・・・・・38km→38km(±0km)
・シルクR1ピスト・・・・・・・・・58854km→63054km(+4200km)
・東叡スポルティーフ・・・・・・・・28km→28km(±0km)
###########################
★531ロード・・・・・・・・・・・・・25387km→25387km(±0km:退役)→シルクR2に載せ替え
★シルクR2ロード・・・・・・・・・0km→0km(±0km:退役)→東叡スポルティーフに載せ替え
★ラングスター・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→CM-1000
★BSTTロード・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→CP-CrMoロード
★ルマン・・・・・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→ユーラシア

 である。6ヶ月で8064mの走行だったのが、8426kmとなったから、チョイ増加。月の走行距離が1404km/月ということ。前 の6ヶ月が1344kmだったから、増加。久々に月間走行距離が1400kmをオーバー。

最近、乗っている自転車は、シルクR1ピスト、HARPのCM-1000、DAHONのスピママ号だ。距離は計算に入れていないけど、BMXのフィナーレも結構乗っている。ルイガノMVFも子供とサイクリングするのに使っている。

この自転車生活、10年目突入です。良く続きます。

で、下半期初日は7/1、早朝、小雨+ウエット路面でピスト走は見送り、ローラー台スタートです。

★2017/7/1のバイクトレーニング
☆天気:雨後晴れ
・シルクR1ピスト
 ローラー台:60分、AM7:30
 平均心拍数:132bpm
 最高心拍数:160bpm
 最高ケイデンス:201rpm
 仕様ギア:48T×18T×700C

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

自転車通行帯

広島市内、歩道の中の車道側に自転車通行帯が表示されている場所も少なく無いけど、最近は、車道の左端に小豆色で自転車通行帯表示がされている場所も増えてきた。

まぁ、自転車は車道も歩道も走れるよ!的な解釈をすれば有り難いといえば有り難いけど、混在した状況を見てしまうと、結局、何処でも走れるという印象を強く与えているだけのようにも思う。

やはり、どっちかハッキリ決めた方が良いけど、現状、車道の左端を自転車通行帯に割く事が出来る道路は限られているから難しいかも、、、、交通量が多く、道幅が広くない道路で車道を自転車が走るのは、やはり危険。最近は車のドライバーもスマホ操作で集中指定無い人が多いので、自転車ユーザー的には怖い。

自転車専用のレーンを整備するようにして欲しいもの。少なくとも、片側二車線とか、路側帯が確保できるような道路では、早急に整備するべきのような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

この週末

三連休、三日ともピストで走ることが出来た。
土曜日は、午前6時~午前8時10分、太田川土手を二周回+ヒルクライム(牛田山、二葉山)だ。自宅を出発するのは午前5時50分頃である。交通量は少ない。牛田から口田の区間は車道走行だけど、車が居ないので非常に快適。この時間帯、他の自転車も居ないのも良い。
この季節、北上往路は向かい風、復路が追い風である。片道は12km弱で、時間計測するのは、その内の10kmチョイ。往路向かい風での平均速度が32km/h程。信号待ちによる加減速を考慮すると、まぁまぁのペース。復路追い風での平均速度は37km/h程。信号待ち加減速で速度を失っているけど、平地走行時は40km/hオーバーだ。
因みに、一周目は人が居ないけど、二周目で7時半を過ぎると自転車も見掛ける。ただ、自分は帰宅に向けての南下復路であり、多くの人はお出かけで北上だから交錯しないのでOKだ。

日曜日は、同じコースを一周回+ヒルクライム。一周回少ない分、出発を遅らせている。出発は午前6時半。土曜に較べると日曜日の交通量は、一時間遅らせても少ない。この日は、珍しく北上往路が追い風、南下復路が向かい風である。追い風は速度のノリが良いけど、向かい風は速度のノリが悪い。ピストでギア比固定だから、向かい風での負担は結構大きく感じるもの。帰宅は午前8時前である。一般のサイクリストが活動する前に撤収である。

最終月曜日、息子が日本珠算連盟主催の珠算練習会に朝から出席といことで、午前7時半には帰宅の必要がある。よって、一周回ながら午前5時30分スタートである。土日以上に交通量、人は少ない。風向きは北上往路が向かい風、南下復路が追い風で何時も通り。
速度のペースも何時も通り。追い風での平均速度が37km/h程、平地での走行速度は42km/hほい度、向かい風では平均速度が32km/h程、平地での走行速度は35km/h程である。
因みに、ヒルクライムでは10%強勾配を12km/h程で登坂する。ピストだから基本はダンシングで、ほぼ筋トレ状態である。

家族での行動を優先すると、走る時間帯は、皆が活動する前の時間となるけど、交通量が少ないので結構快適だ。

以前は午前8時頃からのスタートが少なく無かったけど、他の自転車からの挑発も少なく無かったので、毎週ドラマ?があったけど、朝6時前後からのスタートとなると、そんなドラマも何もない。非常に快適だ。

さて、連休明けの今週は、夜は先週末から始めたロードでヒルクライム周回を行う予定。負荷付きローラー台は、雨天時限定とする予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

広い歩道を自転車で通行すると、、、

日曜日の早朝、川土手をピストで走行する。ただ、川土手の車道部分を走行する。
その理由は、危険回避が目的だ。

で、その川土手を午前10時頃、車で走行中、川土手の歩道部分で事故を目撃。
この歩道は幅員で5m程で十分広いのだが、そこでの事故は、子供乗せ装着の電動アシスト自転車+子供車の母親+子供二人の自転車と、レーパンルックのロードバイク。

恐らく、ロードバイクの速度出し過ぎ、子連れ自転車の並進蛇行、ロードバイクが追い越す際に引っ掛けたんだろう。

子供がうずくまっている様子。ローディは携帯電話で通話している様子。

どっちが悪い?というと、並進、蛇行も問題だけど、追い越しも問題。似たり寄ったりだ。

自身、こういうリスクを想定しているから車道走行。ただ、自動車との事故も避けたいので、交通量の殆ど無い早朝を選んで走行している。

自身、歩道を通行する時は、基本はゆっくり車道側を一列で走るのが前提だけど、仕方なく歩道を走っている時、そんなに広くない場所でも、強引な追い越しを掛ける自転車は少なくない。抜かれる際、ヒヤッとするというか、驚く事は少なくない。より大きな速度差で、抜かれると、低速自転車、例えば、高齢者、子供は驚いてふらつく可能性は高い。
すると、、、、事故に繋がる。

本来なら歩道での速度規制が必要かと思うけど、取り締まりが難しいし、速度計が付いている訳でもない。となると、、、、自転車の歩道内での自転車の追い越し、自転車同士の並進を禁止して取り締まるというのが有効かもしれない。

自転車って、、、結構、走り方の幅がユーザーによって物凄く広い。これを同じ空間で利用すると、事故が起こって当然のような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

サスペンション付き自転車

チョイ前迄、オンロード用自転車にサスペンションなんて有り得ない、、、、そう考えていたけど、今はそうは思わない。MTB自体にサスペンションが装着されていても違和感は感じないけど、先日、オンロード用タイヤを装着したMTBを街乗りで使ってみて、これはこれで悪くないような印象。

これまで、サスペンションの駆動効率の悪さから敬遠していたけど、この抵抗感の大きさというのは、サスペンションというよりも低圧のブロックパターンのタイヤによる抵抗が諸悪の根元なんだろう。

オンロード向きの細めの中圧程度のタイヤにサスペンションという組み合わせでは、思った程の抵抗感を感じないのである。

街中では、常に漕いでいる訳ではない。漕いでいる時はロスになるかもしれないけど、空走時はサスペンションの動きはロスになるどころか、衝撃の緩和によってロス低減に効果があってもおかしくないのである。

漕ぐ頻度が高くない街乗り用のオンロードサイクル、、、、これならサスペンションはアリかもしれない。

それで、漕ぐ際においてサスペンションの伸縮による駆動ロスを抑えたディメンジョンを与えた自転車というのが一番の理想のように思う。

駆動ロスを抑えるとなると、昔のホンダNSRのウイリー症候群となったフレーム対策が思い付く。クランク軸、ピポット軸、アクスル軸の三点を同一直線ではなく、チェーンテンションが掛かった瞬間にサスペンションの動きを高速するようなくの字配置にすれば、駆動時におけるロスを最小限に抑えたフレームデザインが実現出来そう。

そんな形のオンロード向けサスペンション付きクロスバイクでも登場すれば面白いかも知れない。そういう自転車を作ってみたい気もする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

自転車走行設定速度と車種

一昨年から昨年、今年の初めに掛けては率先して単車に乗って峠、山を走り回ってきたけど、今年の春以降、単車熱が少し下がり気味、、、、代わって、自転車でウロウロ、、、そんな欲求が再び、、、、

ただ、単車熱が再発する前の、自転車といってもピストバイクでガシガシ走ると言う事よりも、一歩退いた感じでマイペース(といってもスローペースではない)の30km/h前後で快調に走って遠くに行ってしまいたいという欲求が沸いてきている。

切っ掛けは、元々は小林フレームのロードからBSテーラーメイドのフレームを経て、オールメッキフレームのロードとなったものの装備を改変した結果である。

このロード、日帰りロードとして企画して組み立てたけど、DHバー装備でバー先端にバーコンを装着していたトライアスロン用途的な車体だったけど、今は、バーコンはドロップハンドルバーエンドの正規位置に戻し、軽量パイプキャリアを装着してフロントバッグを装備した状態。これを使って60km程度の距離を流すように走りたいという気持ちがとても強くなっている。

ピストに乗ると35km/h以上、40km/h近辺で走りたくなってしまうけど、30km/h程度で楽に走りたいという風に考えている。ピストで決まったコースを走るのではなく、ロードで適当に距離を稼いで徘徊する、、、、そんな走り方が楽しそう。目的地を設定して長距離を走るなら、想定速度は25km/h程度に落としてスポルティーフで走るのが良さそうだけど、距離数だけ設定して思い付くままに走るなら30km/h想定のツーリングロードが良い。

因みに、近距離を散歩的に走る場合は、想定速度20km/hで小径車がベストだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

サドルバッグ

自転車の積載性アップというと、最初に思い付くのがフロントバッグだ。
他は?っていうと、昔のキャンピングモデルに良く装着されていた前後の振り分けバッグである。
サドルバッグというのは、それ程大きな積載性を持ったサイズでは無かったように思う。
サドルバッグというのは、サドル下のサドルレール部に小さな鞄が装着されるパターンが今も昔も多い。

で、サドルバッグを調べてみると、、、今時のサドルバッグはナイロン製で装着対象はロードバイク向けの製品が多いようだ。取り付けはシートポストにアタッチメントを装着するタイプ。

どうも、しっくり来ないというのが印象。

サドルバッグというと、そこそこの容量を求めた時に辿り着く解答。そこそこの容量=自転車旅行であり、そこに今時のロードバイクというのがイメージ出来ないのである。

大容量サドルバッグというと、フロントバッグだけでは入りきらないということで、ロードとか日帰りサイクリング向けツーリングロード用ではない。最低でもスポルティーフ、出来ればランドナー向けという気がする。

ランドナー、スポルティーフ向けということで、帆布製のスタンダードな形状のサドルバッグが理想。そして、そんなサドルバッグを支えるリアキャリア、バッグサポーターというのが理想だけど、そういうサドルバッグっていうのは、オーストリッチ製くらいのようだ。

そして、サドルバッグを支える?、車体との干渉を避ける?ための、サドルバッグサポーターというと、VIVAのピラー取り付け型だ。

このサポーターと帆布サドルバッグこそ、サドルバッグの王道で、これが似合う自転車といえば、ランドナータイプという事になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

幼児車、子供車も、、、

今中三の娘が三歳の頃に最初に買い与えたのが、パナソニックのミッフィ号だ。14インチの日本製幼児車。娘が3年間乗った後に、息子が2歳から4歳の間乗っていた。

その後、近所の子供が居る家に譲ったのだけど、その家から、更に近所の小さな子供の居る家に譲られて未だに現役で稼働している模様。

この自転車、幼児車ながら21,800円とかしていた記憶がある。塗装もしっかりしていて錆びにくく結構頑丈な自転車だけど、13年経過して未だ現役で稼働中である。

ホームセンターに行けば数千円から自転車が買えるけど、自身の意識としては、買うならメーカー品と決めている。

因みに、娘が6歳から9歳迄乗っていたRITEWAYのZIT-2020は、息子が4歳から7歳迄乗った後に、ニシダサイクルさんの自転車友達のお子さんに貰われていった。ZIT-2020は、リアを7速化していて、屋内保管だったので結構綺麗な状態だった。

娘は9歳からルイガノのFive-Proを12歳迄のって、その後はアルベルトEに乗っており、息子は7歳からルイガノのFive-Proに乗っている状態。

因みに、ZIT-2020は38,000円程度、ルイガノ5Proは軽量化と低床化のために購入時にフロントをアルミリジッドフォークに交換したので、58,800円+10,000円程度は掛かった筈。

子供用として与えるには高価な気もするけど、何れの自転車も数年乗せても錆びまくることもなく、変なトラブルや故障が起こることもなく、使っている間はずっと快適に使えている。

自転車に或る程度の品質を求めるのは、幼少期に名古屋車辺りを買い与えられて直ぐに壊れる等、良い思い出が無いからだ。それ故に、自分が買い与えるのに、激安の自転車を与えるのは極力避けたいという意識が働くのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

固定ギア×フラットペダル

街行く自転車で、自分の目に留まるのはシングルスピードの自転車だ。つい、目が行ってしまう。

そして、確認するのは固定ギアかどうか?って事。

ペダルを停めて惰性で進んでいる様子を見ると関心は無くなる。

殆どの場合、シングルフリーだけど、稀に固定ギアを見掛ける。ただ、稀に見掛ける固定ギアの殆どがフラットペダル、、、、これに凄い違和感を感じる。

自身、固定ギアをフラットペダルで乗るのは恐ろしくて乗れない。足がペダルから離れたら、走行時にペダルに足を戻す事が想像出来ないから。

しかし、幅を詰めたハンドル+フラットペダル+固定ギア、、、、こういう組み合わせを街中で見る事がある。結構、恐ろしい乗り物のような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロントバッグ装着

ツーリングロードに26インチファッションサイクル用のパイプ製フロントキャリアを装着した。見た目は今一かもしれないけど、軽量でしっかり固定されており安定感は抜群である。26インチ用のキャリアを700Cに併せているので、キャリアとホイール間のクリアランスもタイトでイイ感じである。

これに、AlwaysRidingのフロントバッグを装着してみた。このロードにはDHバーも装備しているけど、DHバーとドロップバー、キャリアに囲まれた空間にピッタリ装着可能である。前面に二分割の大きなファスナー式ポケット、鞄は前面側にファスナーが装備されており荷物へのアクセス性も良好である。

これまで、輪行バッグを収納する鞄を利用していたけど、このAlwaysRidingのフロントバッグは大きさともに使い易い。

ただ、他にも興味のあるフロントバッグがある。それは、モンベルのフロントバッグ、R250ドラム型フロントバッグという製品。サイズは同じくらいだけど、サイドアクセスフロントアクセスの両方が可能で、大きさ、サイズ的にも良さそう。

まぁ、AlwaysRidingのフロントバッグを使ってみて不満が出れば買い換えるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧