2018年6月30日 (土)

2018年上期バイクトレーニング

自転車日記の2018年上期用である。

前回から今回で、サイコンに記録された走行距離の変化を纏めると、、、

・スピママGTR・・・・・・・・・・ 45712→48151km(+2439km)
・西DAHON・・・・・・・・・・・・1311km→1311km(±0km)
・オ・モイヨWW・・・・・・・・・・4474km→4474km(±0km)
・HARP CM-1000・・・・・36926km→38866km (+1940km)
・ユーラシア・スポルティーフ・・ 555km→555km(±0km)
・ルイガノMVF・・・・・・・・・・・524km→524km(±0km)
・CP-CrMoロード・・・・・・・・・・・829km→3619km(+2790km)
・ステンレスロード・・・・・・・・・・・38km→38km(±0km)
・シルクR1ピスト・・・・・・・・・63054km→64494km(+1440km)
・東叡スポルティーフ・・・・・・・・28km→28km(±0km)
###########################
★531ロード・・・・・・・・・・・・・25387km→25387km(±0km:退役)→シルクR2に載せ替え
★シルクR2ロード・・・・・・・・・0km→0km(±0km:退役)→東叡スポルティーフに載せ替え
★ラングスター・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→CM-1000
★BSTTロード・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→CP-CrMoロード
★ルマン・・・・・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→ユーラシア

 である。6ヶ月で8426mの走行だったのが、8609kmとなったから、チョイ増加。月の走行距離が1494km/月ということ。前 の6ヶ月が1404kmだったから、増加。久々に月間走行距離が1500km迄あとチョット。

最近、乗っている自転車はメッキロード、シルクR1ピスト、HARPのCM-1000、DAHONのスピママ号だ。距離は計算に入れていないけど、BMXのフィナーレも結構乗っている。ルイガノMVFも子供とサイクリングするのに使っている。

この自転車生活、11年目突入です。良く続きます。

で、上半期初日は1/1、早朝、元日なのでピスト走は見送り、ローラー台スタートです。

★2018/1/1のバイクトレーニング
☆天気:晴れ
・シルクR1ピスト
 ローラー台:60分、PM2:30
 平均心拍数:130bpm
 最高心拍数:160bpm
 最高ケイデンス:203rpm
 仕様ギア:48T×18T×700C

| | コメント (51) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

乗り続けると

ロードバイクなり、ピストバイクを習慣的に長時間乗り続けると、窮屈な姿勢を続ける事によるトラブルが表れるようになる。

このトラブルの原因が自転車に乗りすぎた事が原因と気付くには、その症状を初めて体験した時には気付かないので、治癒に結構な時間を要する事になる。

自転車で同じ姿勢を取り続けたトラブルに限らず、体の不調というのは、原因に気付けば対応出来るけど、原因に気付かなかったり、見誤ったりしていると、原因となる動作を続けてしまうので、結果的にトラブルを解消させる事が困難となる。

十年程前に、左手首の違和感、痺れに気付いて、その原因が不明だったけど、これが沐浴時における左手首への負担が原因のドケルバン腱鞘炎と気付いて以降は、沐浴の方法を変えると、割と短時間で回復したけど、原因に気付くか否か?っていうのは結構重要である。

最近では、数年前にピストバイクで何時も通りに走行中、進路変更のために後方確認を行おうとした瞬間に首が動かせない事に気付き、動かすと激痛がはしる事に気付いたけど、その時は、これが自転車の姿勢固定が原因とは考えなかった。この痛みと固着感、違和感は、その後、数年抱えていたけど、前の春の段階で、これは自転車で姿勢を持続し過ぎたための首コリ?と疑い、首ほぐしを十分に行い、ピストやロードに乗った時はしっかりほぐすストレッチを行うようにした結果、夏前の段階で違和感は90%解消するに至っている。

結局、原因を究明できるかどうか?が一番重要なのである。自転車に乗り続けると、首コリの問題、人によっては膝痛、腰痛等の問題もあるだろうけど、その原因が何処にあるか?をしっかり見極める事が大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

車道でも危険な場所

自転車は原則車道ながら、車道を走るには覚悟が必要なエリアがある。
それは、、、、通常の車道より少しタイトになる場所。具体的には、トンネルと橋だ。

トンネルの中を自転車で車道走行するのは、ちょっと覚悟が必要。そして、被視認性を高める灯火器類が必須のように思う。トンネルの中程ではないけど、橋の上も怖い。橋の車道は少し狭い。路側帯も無きに等しい。そんな場所を自転車で走っていて、トラックに迫られると、気が気でないのは確か。

最近は横断歩道から自転車横断帯が撤去されたりして、車道走行原則が徹底できるような準備が進んでいるけど、上述のような危険エリアでの走行の仕方等もしっかり決めて周知徹底して欲しいモノである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

ダウンヒルでもタイム短縮を、、、

団地周回ヒルクライムの所要時間、始めた頃は10周で70分程度だったけど、二ヶ月目以降は55分切り、最速時は48分とかである。この状態となると、上りでヒルクライムのペダリングを工夫しても速度に差異は出ない。基本は15km/h程度に収束している。
上り800mの所要時間は3分前後である。800mを3分ということは、単純に計算して16km/hということ。これ以上の速度アップは10周持続前提だと多分不可能。

で、本来の目的とは変わってきたけど、最近は下りの所要時間を如何に短くするか?も早く帰るためには考えるべきポイントとなってきた。

最近は、下りでは短時間で効果的な減速。減速時以外の滑降では速度が乗りやすく、車体が安定するようなライン取り、重心移動に特に心掛けて行っている。

ギャップを避けて、不可避なギャップでは衝撃をいなして、、、、そういうのに最大限留意している。

ダウンヒルもそれなりに面白い。ただ、自転車のダウンヒルは絶対的に単車より遅い。それ故に、恐怖感は殆ど無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好みの峠のレイアウト

自転車で峠を越える時、好みなのはどんなレイアウトか?
峠というと、上り坂、下り坂がある。
上り坂なら、先が見通せる真っ直ぐの急勾配のような上り坂が大好き。一般的には先にきつい勾配が壁のように見えるのはNGかもしれないけど、個人的には、速度が落ち気味となる上り勾配では、追い抜いていく車に早い段階から認識して貰うのが安全に最も有効ということで、真っ直ぐの上り坂が好き。
逆に、下り坂では、勾配が緩くなりやすいつづら折れの勾配路が好き。下り勾配では、速度的には、ソコソコ出る。車に抜かれるとか、そんな心配も無い。となると、貧弱なブレーキな癖に速度が出すぎる真っ直ぐの直滑降的な下り勾配は嫌い。曲がりくねったワインディング的な下り勾配が好みだ。

因みに、単車で峠を走る時、、、上りも下りも基本は曲がりくねった峠が大好き。ただ、曲がりくねり具合は、緩やかなS字の連続とか、断続するコーナーを直線で繋ぐようなコースではなく、嫌らしいくらいにヘアピンが連続するような道の方が好み。そして、下りでは勾配が厳しければ厳しい程楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

長い上り坂も、、、

現在、距離800m、標高100m程度の上り坂を含んだコースを10周回しているけど、これでは積算としては8kmを走行するけど、連続走行ではない。
連続的に8km走行して、標高で1000mを一気に上るようなコースとは少し違う。
やはり、ヒルクライム3分毎に、ダウンヒルが2分程度あって、この2分は休息であり、回復である。

連続的なヒルクライムパフォーマンスがどのくらいあるのか?が興味があるけど、距離で8km程度で一気に500~1000m駆け上るようなコースというと、山間部に行かないと見付からない。

暖かくなったら、山間部に遠征して兎に角上り続けるようなトライを行ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平地と坂道

ヒルクライム中の速度は如何ほどか?
10~13%勾配の坂道で、10~16km/h程。個人的には10km/hでも結構なペースで進んでいるような気がするけど、街中で移動中、超ノンビリダラダラ走っている時のスピードは10km/h。この時は、色んな自転車に抜かれて非常に遅く感じる。

同じ速度でも、走る場所によってでている速度感が全く異なるのが興味深い。

因みに、ヒルクライム中はペース維持を重視している。勾配に応じてギアポジションを偏向している。勾配が13%近辺のエリアだとカセットで一番軽いギアを使う。その際の速度は9km/h程度、逆に10%程度の斜度に収まるとカセットでローから二枚目を使って、速度は12km/h程度、部分的に表れる8%程度のエリアではローから三枚目で15km/h程度となる。ペダリングの回転数自体は殆ど変わっていない。ギア比が変化した分、速度が変化する。
速度の変化量は僅か2km/h程度だけど、走っている最中は、その2km/hが凄く大きな速度差のように感じる。

坂道では、大した速度でないのに、漕いでいる本人的には、凄くスピードが出ているような感覚になる。或る意味、安全にスピード感を感じられるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

自転車の灯火

これまでは、夜間走行時にこちらを気付かせるのが最大の目的で、車からの被視認性を高めるのが最も重要と考えていたけど、ナイトヒルクライムを行っていると、その考えは改められる事になった。

ヒルクライムでは周回コースとなるようにルート設定している。上りは、メインストリートで直線的な登坂路。街灯が豊富で比較的明るい道路。しかし、下りは、曲がりくねった裏道、路地を選んでいる。街灯は少ない、道幅は狭い、、、、しかし、夜中にも拘わらず犬の散歩をする人が少なく無い。普通に右側通行してくれれば問題無いけど、道幅一杯に大人二人+犬一匹が横並びで占有歩行する人も居る。
ただ、道幅が狭く、見通しが悪く、真っ暗だと、結構危険。被視認性を確保する程度の灯火だと危険、、、、ということで、このようなルートを走行するには、真っ暗闇の中を歩く歩行者を迅速に発見する必要がある。

ということで、走行速度を殺せる範囲でしっかり暗闇を照射して視界を確保出来る事を重視した灯火器を選んでいる。

ただ、自転車の照明としては明るくても、対向する自動車の灯火に較べると光量が圧倒的に不足している。逆光で照らされると視界を失うのは結構怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

700Cタイヤのパンク

これまで、パンクとは無縁と思っていたけど、月に1500kmを伺う距離を走り続けると、なんだかんだ言ってパンクに遭遇する。

パンクに遭遇しないように、エア管理だけは行っている。それ故に、パンク原因でリム打ちに遭遇した事はない。

ただ、エア管理を怠ると、細い700Cタイヤではリム打ちパンクは不可避だ。

因みに、リム打ちは空気圧が低く、段差等の衝撃でタイヤが潰されて内部のチューブがリムに押しつぶされてパンクするというパターン。このリム打ちはエア管理を徹底する事で回避可能。

しかし、700Cのパンクはエア管理の徹底によってリム打ちを回避すれば確実に回避出来るとは限らない。

これが、自分の700Cパンクの原因。

それは、、、、走行距離過多によるトレッド摩耗、ブリスター剥離、カーカス露出でゴムが薄くなり、鋭利な小石がタイヤに埋まり、これがチューブを貫通するというモノ。これが、年に2~3回発生する。走行距離で3000km毎に発生というパターン。ただ、発生はタイヤの摩耗が進んでからの話。

一応、20km毎にタイヤのトレッドを確認して異物の埋まり込みをチェックしているけど、それでも不可避。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節の変化

ナイトヒルクライムを始めたのは梅雨明け前の7月頭。最初の頃は、ダウンヒルで風に当たっているだけでも皮膚がべたつく感じで湿度を感じる状況。ヒルクライムでは、気温が高くなくとも一周目から汗が噴き出す。湿度が高く、汗が全て蒸発することなくしたたり落ちる感じ。
梅雨が明けて7月中盤以降は、ダウンヒルの際は生暖かくとも、風が当たれば多少は涼しさを感じる状況。皮膚の汗が風で蒸発するためか、潜熱で少し涼しく感じたのだろう。
ただ、夜中でも気温は25℃以上で、登りでは兎に角汗が噴き出す事に変わりない。
しかし、盆を過ぎて8月後半になると、峠越えの頂上付近を吹き抜ける風に、時折一瞬の涼しさを感じる日も出てくる。基本は登りが汗だくなのが変わりないけど、吹き抜ける風に心地よさを感じる時もある。
8月から9月に掛けては、そういう日が少しずつ増えてくる。この一瞬の涼しさを最初に感じたのが8月終わりだけど、ここが夏の終わり、秋の気配を感じた時だ。
ただ、9月の間は、ヒルクライムでは汗だくになる事に違いは無い。
ただ、10月になると、ヒルクライムで汗だくになるのが10周回の内、3周目以降だ。1周目、2周目は汗が噴き出るという感じではない。10月も半ばを過ぎると、ダウンヒルでは時折寒さを感じる日も出てくる。大抵は、台風が過ぎた翌日で北風と共に寒気が入った日がそうだ。この頃から、上着はTシャツ一枚が厳しいか?という意識になる。
ただ、最初の台風だけでは、未だ夏の空気も残っているせいか、翌日以降はやはり夏スタイルでOKと思ってしまう。
しかし、このような台風が二度、三度とやってくると完全に空気が入れ替わるのが体感される。こうなると、ウインドブレーカーは必須で、秋が深まった事が判る。

毎日、夜のヒルクライム+ダウンヒルを行うと、季節の移り変わりが明確に判る。

これも自転車ならではの感覚だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧