2018年12月31日 (月)

2018年下期バイクトレーニング

自転車日記の2018年下期用である。

前回から今回で、サイコンに記録された走行距離の変化を纏めると、、、

・スピママGTR・・・・・・・・・・ 48151→50614km(+2463km)
・西DAHON・・・・・・・・・・・・1311km→1311km(±0km)
・オ・モイヨWW・・・・・・・・・・4474km→4474km(±0km)
・HARP CM-1000・・・・・38866km→40926km (+2060km)
・ユーラシア・スポルティーフ・・ 555km→555km(±0km)
・ルイガノMVF・・・・・・・・・・・524km→524km(±0km)
・CP-CrMoロード・・・・・・・・・・・3619km→5514km(+1895km)
・ステンレスロード・・・・・・・・・・・38km→38km(±0km)
・シルクR1ピスト・・・・・・・・・64494m→66744km(+2250km)
・東叡スポルティーフ・・・・・・・・28km→28km(±0km)
###########################
★531ロード・・・・・・・・・・・・・25387km→25387km(±0km:退役)→シルクR2に載せ替え
★シルクR2ロード・・・・・・・・・0km→0km(±0km:退役)→東叡スポルティーフに載せ替え
★ラングスター・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→CM-1000
★BSTTロード・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→CP-CrMoロード
★ルマン・・・・・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→ユーラシア

 である。6ヶ月で8426mの走行だったのが、8668kmとなったから、チョイ増加。月の走行距離が1444km/月ということ。前 の6ヶ月が1404kmだったから、増加。

最近、乗っている自転車はメッキロード、シルクR1ピスト、HARPのCM-1000、DAHONのスピママ号だ。距離は計算に入れていないけど、BMXのフィナーレも結構乗っている。ルイガノMVFも子供とサイクリングするのに使っている。

この自転車生活、11年目突入です。良く続きます。

で、下半期初日は7/1、早朝、日曜なのでピスト走です。

なお、この記事は個人の備忘録なので、コメントは入れないで下さい。

★2018/7/1のバイクトレーニング
☆天気:曇り時々雨
・CM-1000
 CRコース走行:白島~可部
 走行距離:6km+24km=30km
 往路区間:11km/17分36秒(信号停止含む)
 往路移動平均速度:34.1km/h
 往路瞬間最高速度:38.8km/h
 ケイデンス :av120rpm
 使用ギア:44T×16T×700C
 復路区間:11km/15分54秒(信号停止含む)
 復路移動平均速度:37.7km/h
 復路瞬間最高速度:44.3km/h
 ケイデンス :av135rpm
 使用ギア:44T×16T×700C
・CM-1000
 二葉山ヒルクライム:平均斜度12%×800m×二本
 所要時間:3分27秒
 登坂速度:13.9km/h

| | コメント (109) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

7800系DURA-ACE

自転車に使うコンポーネントで好みなのが、表題のコンポーネント。
仕上げがアルミポリッシュというのが嬉しい。
7800系以前でもOKだけど、アルミポリッシュの最終ということで7800系だ。

7900系からは黒の結晶塗装風仕上げ、9000系以降も黒塗装が増えている。

黒塗装も良いのかも知れないけど、自転車といえば、昔流に言えば『銀輪』である。

銀輪という言葉なら、コンポの類は全部金属のメタルポリッシュが望ましい。
リムも当然シルバー、スポークもメタル、、、、これが理想だ。

因みに、フレームは理想はクロモリだけど、頑丈で錆びない材質といことで、最近ならステンレス材が気になる。クロモリも良いけど、、、、錆びるのがチョイ嫌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重さはハンディ?

今時のロードバイクといえば、軽さが正義的な面が強い。
フレームだけでなく、ありとあらゆるパーツのカーボン化が進んでいる。
確かに重量は軽い。

ただ、軽さはホントにメリットだけを生み出すか?というと、何とも言えない感じ。

軽さは必要だけど、過度に軽さを求めるのはどうか?という気がしないでもない。

印象的には、そこそこ軽いレベルで十分な様にも思う。

ところで、軽さによるメリットって何か?というと、それはヒルクライムに尽きるだろう。絶対的な高度を稼ぐ場合、持ち上げる質量は小さい程有利なのは間違いない。そうならば、軽さは最大の武器というかメリット。

では、軽くないメリットっていうのは何か?というと、慣性の大きさ。一度乗った速度が抵抗等によって失われにくい。重力の大きさによる突進力の大きさもメリット。ダウンヒルにおける下る力の大きさもメリットだ。平地における走行では車両重量は殆ど抵抗に影響しない。質量の大きさは慣性力の強さに直結する。平地走行では、風の抵抗、荒れた路面の走行抵抗による減速力に対して進行方向の慣性力が大きければ速度を失いにくいのもメリット。空気抵抗は兎も角、路面抵抗というのは軽くて硬い車体での跳ね回りは、速度を更に失わせ易くする。
こうして考えると、上り以外は重さは大きなメリットとなる。

軽い車体は、硬い材料を必要最小限の量で使って構成する一方で、重たい車体は、比較的柔らかい材料を沢山使って構成する。構造的に、重たい車体程、多くの部材で車体を構成する。つまり、部材単体あたりが受け持つ荷重が小さくなる。つまり、部材単体は柔らかく作ることが可能。こういう特性から、重たい車体の方が乗り心地が良くなる傾向にある。

軽さを諦めることで、乗り心地が良い、安定して速度を保ちやすい車体が生まれるということである。実際、ヒルクライムとそれ以外の走行頻度を考えると、軽い車体よりも重たい車体でメリットを最大限狙って作る方が良いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

バーテープ

コルク地のバーテープが最近のトレンド。ただ、自分の意識としては、バーテープといえば、コットン、レザー、ビニールという認識。
でも買いに行けば、基本はコルク地。

当初は悪くないと思い使っていたけど、、、、、ヒルクライム走で使っているとグリップ部が摩耗してすり減って無くなって、、、というパターン。

コルク地のバーテープ、消耗が激しい。

昔ながらのコットン、或いは、レザーのテープの方が良い感じがする。

ヒルクライムロードにはコットンのバーテープを使っているけど、、、半年毎に巻き替える、、、そんなインターバルになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアゲージ

ロードバイクのタイヤのエア管理は、基本的に週一で行っている。
毎日行っても良いけど、、、、走行距離等を鑑みての判断。

ただ、、、、、エア圧の認知をインフレーター装着のエアゲージで確認していたのだけど、あれは止めておいた方が良さそう。

概ね間違いでは無いと思っていたけど、どうやら実際の圧より低めに出るのかもしれない。

先日、125kmサイクリングを行った。その出発前にゲージ表記で110PSIでセットして置いて、翌日はノーチェックで走行。

すると、ヒルクライムコースの下りの荒れた路面を走行するも、乗り心地が非常にマイルド、、、、エア圧が下がったか?という認識。

で、帰宅後に専用ゲージで測定すると、フロント100PSI、リア105PSI、、、しかし、インフレーータのゲージでチェックすると90PSI、、、、、なんと一割以上違う。

どっちが正しいか知らないけど、専用ゲージの方が正しいような気がする。インフレーターのゲージは高めに出るのかも、、、、

今度から、専用ゲージでエアチェックして乗る方が良いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

へぇ、、、12速なんだ、、、、

この春にカンパからレコード、スーパーレコードは12S化されていたようだ。
必要性は感じないけど、新しい12Sコンポーネントのデザインは、正直、カッコイイ。シマノも殆どのコンポが11S化しており、シマノ、カンパに差は無いか?と思っていると、今度はカンパが12S化である。

後は、シマノが12Sに追随してくるか?というところだけど、恐らく、時代の流れ的にそうなるのだろう。
ただ、シマノはチョイ前の噂ではないが、フロントシングルでリア12Sなんて構成になるのかな?という気もしないではないが、良く判らない。

個人的には、リアの多段化は10Sでも多すぎる感がある。9S程度で十分のような、そんな印象である。

少なくとも、素人サイクリストにはカセットトップに11Tとか12Tとか、そういう歯数は不要だ。小さくても14Tで十分。理想は16Tもあれば事足りる。

そうなると、カセットの段数は12S-3S=9Sで十分という気がする。

まぁ、そうでない人も多いので、考え方はユーザー次第。

自身の場合、フロントアウターに50Tを選ぶならカセット16Tトップで十分だし、カセットトップに14Tならフロントアウターは46TでOKという選択。

一番好きな歯数構成は、14-25Tの9Sカセットだ。ただ、最近は入手性が悪いのが寂しいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

最新のロードよりも、、、

先日、職場の有志でサイクリングに出掛けた。自分以外は普通のロードバイク。自分のバイクは、ロードバイクといえばそうだけど、前にキャリアが付いて、夜間走行の装備、スペアタイヤ、チューブ、ワイヤー、チェーンカッター等も一通り装備し、フロントバッグには色々と満載した状態で出撃。車体だけでも15kg近くあるので、装備品+ボトルを併せた装備一式での重量は、概ね20kg弱である。殆どママチャリ級だ。

それに対して、参加した方の自転車を見ると、一番軽いモデルでカーボンフレーム仕様のモデル。恐らく、装備で8kgくらい。

ただ、平地走行も、ヒルクライム走行も、我が家のフル装備ロードでダメか?というと、そういう感じは受けない。っていうか、寧ろ、重さがあってイイ感じ的な印象。

重さのハンディといえば、恐らくはヒルクライム時だろうけど、ヒルクライムで重さをハンディとして感じるか?といえば、それも無い。印象として、自分にとって軽量化っていうのは程々で良いかな?というのが正直な感想だった。

それよりも、トルクを掛けてペダリングしている時の異音というか打音というか、その方が気になる。平地で背後に付いて気になったのは、空走時ではなくペダリング時における異音。音の周期はペダリングに連動している。そして、ペダリングトルクが掛かっている時に聞こえる感じ。

原因は判らないけど、とても気になる。

自身のバイクは、自分が先頭に出てトルクを掛けて踏んでも、ヒルクライム時でも異音はゼロである。殆ど無音状態。

自転車に乗って快適か否か?というのは、漕いでいる時に無音状態が実現できるか?という事のような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走行時の負担

複数で相当の距離を走る時、疲労を如何に最小限に留めるか?が結構重要。
ただ、思い返せば、ここ数年のサイクリングで、先頭を走る頻度が極めて高い。
全行程を走る事はないけど、80%以上は先頭を引っ張る事が多い。

平地で、相応の速度を維持するのも先頭に風を切って速度を保つのは結構怠い。

この怠い状態でヒルクライム区間に望む場合、一つ、二つはなんとかなるけど、それ以上になるとヒルクライム区間における余力を考えると、結構なハンディを抱えているような気もする。

只でなくとも、年齢的に高齢?故のハンディも抱えている。

今後は、このダブルハンディを少しでも減らす方向で考えるのが必要かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

お土産

ロードバイクで休みの日に徘徊する。半日以上掛けて出掛ける場合、何が大事?というと、出先から帰る時のお土産だ。

家族が居ると、一人で単独で出掛けて手ぶらで帰るのは微妙かもしれない。

因みに、単独で半日以上のお出かけというと、年に2~3回程度。その度にお土産は必要。

単車で出掛ける時は、タンクバッグ等に土産物を入れる事は出来るけど、自転車で出掛ける場合、お土産を入れるスペースは相当に厳しい。

そんな訳で、我が家の外出用自転車には、フロントキャリアが装着されてフロントバッグが搭載可能となっている。これによって、少々の荷物なら積載可能。日帰りで150km程度のコースの場合、天気予報等をしっかり把握していれば雨具も省略出来る。そうなると、コンパクトなバッグであっても、それなりの土産を入れる事が出来る。

我が家では、スポルティーフでは犬印の鞄で荷物を搭載出来るし、メッキロードでも小型フロントバッグで荷物を積むことが出来る。

重量物を積載して走るのは厳しいけど、御機嫌取りの土産は必要。走行中の重量ハンデよりも、帰宅後の気遣い疲労の方が厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の燃費

短距離なら燃料代は殆ど掛からないけど、長距離を走ると、その燃料費は、二輪、四輪を大きく上回る。
今年、久々にマスツーリングを行った。距離的には120km+αだから大したこと無い。
この距離を単車で走ると、、、、使用燃料は10L程だろう。燃料代は1500円程で事足りる。

しかし、、、自転車で出掛けて、途中の補給で使った金額は、、、、500mlペットボトルを5本、アイスクリームを3本、1.5Lペットボトル1本、、、、これだけで1000円越え。
これだけなら安上がりだけど、帰宅後は空腹感が止まらない、、、食っても食っても空腹状態。お好み焼き、牛丼、ケーキ、スナック菓子数袋、ハンバーガー、アイスクリーム数本、、、5000円超えで食っても満腹に至らない。

結局、寝るまで、腹が減りっぱなし、、、、

自転車っていうのは、距離を走ると飲食費というか、燃費的な経費が凄く掛かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧