2017年12月31日 (日)

2017年下期バイクトレーニング

自転車日記の2017年下期用である。

前回から今回で、サイコンに記録された走行距離の変化を纏めると、、、

・スピママGTR・・・・・・・・・・ 42917→45712km(+2256km)
・西DAHON・・・・・・・・・・・・1311km→1311km(±0km)
・オ・モイヨWW・・・・・・・・・・4474km→4474km(±0km)
・HARP CM-1000・・・・・34956km→36926km (+1970km)
・ユーラシア・スポルティーフ・・ 555km→555km(±0km)
・ルイガノMVF・・・・・・・・・・・524km→524km(±0km)
・CP-CrMoロード・・・・・・・・・・・829km→829km(±0km)
・ステンレスロード・・・・・・・・・・・38km→38km(±0km)
・シルクR1ピスト・・・・・・・・・58854km→63054km(+4200km)
・東叡スポルティーフ・・・・・・・・28km→28km(±0km)
###########################
★531ロード・・・・・・・・・・・・・25387km→25387km(±0km:退役)→シルクR2に載せ替え
★シルクR2ロード・・・・・・・・・0km→0km(±0km:退役)→東叡スポルティーフに載せ替え
★ラングスター・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→CM-1000
★BSTTロード・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→CP-CrMoロード
★ルマン・・・・・・・・・・・・・・・フレーム交換で退役→ユーラシア

 である。6ヶ月で8064mの走行だったのが、8426kmとなったから、チョイ増加。月の走行距離が1404km/月ということ。前 の6ヶ月が1344kmだったから、増加。久々に月間走行距離が1400kmをオーバー。

最近、乗っている自転車は、シルクR1ピスト、HARPのCM-1000、DAHONのスピママ号だ。距離は計算に入れていないけど、BMXのフィナーレも結構乗っている。ルイガノMVFも子供とサイクリングするのに使っている。

この自転車生活、10年目突入です。良く続きます。

で、下半期初日は7/1、早朝、小雨+ウエット路面でピスト走は見送り、ローラー台スタートです。

★2017/7/1のバイクトレーニング
☆天気:雨後晴れ
・シルクR1ピスト
 ローラー台:60分、AM7:30
 平均心拍数:132bpm
 最高心拍数:160bpm
 最高ケイデンス:201rpm
 仕様ギア:48T×18T×700C

| | コメント (143) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

夏の終わりの天気

夏前からローラー台を止めて雨が降っていなくて路面がドライならヒルクライムにしていたけど、盆過ぎてからは夕方以降は夕立的な雨が降る日が増えてきた。
土砂降り時は走らないけど、土砂降り後のウエット路面も避けたいところ。

とうことで、止めたローラー台を引っ張り出して回す機会が結構ある。

で、思うのは、、、自転車で負荷が掛かるのは、標高100mのヒルクライムを10本というメニューが一番ハードっぽい。休日早朝の平地を35km/h以上で30~70km走行するのは、思った程ハードではない。ローラー台っていうのは、実走に比較すると負荷はゼロに近い程と言っても良い。

今の考えでは、ローラー台するくらいなら早く寝た方が良いかな?という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

柔らかサドルも

街乗りDAHONのスピママ号、革サドルの金属ベースが破断したので、交換したのがブリヂストン純正の普通のサドル。ニシダサイクルさんで購入して取り付けて直後の感想は、これ、異様に柔らかすぎる、、、、という感想。

しかし、使ってみると、柔らかいけど沈み込みに限界があるので、限界以上は沈まない。感覚的に、サドル座面の沈み込みは15~20mm程だけど、それ以上は沈まない。身体の芯がぶれていると、沈み込むと身体の軸が傾くけど、そうでなければ気にならない。

使ってみると、そんなに悪くない印象である。

これまで、頑丈なサドルということで、ハードに硬いサドルに偏ってきたけど、こういう安物の柔らかいサドルも悪くない気がする。少なくとも、平地基本で走行する分には問題無さそう。

まぁ、寿命次第だけど、しっかり見極めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレーム

ロードバイクを一台新調したいけど、次の自転車も金属フレームを考えている。金属の中でもステンレスフレームを検討しているけど、検討しているブランドのアラヤ・カールトンは、フレームがステンレスだけど、フォークはカーボンだという。価格は23万円チョイ。

ロードバイクで、フォークにカーボンっていうのは出来れば避けたいので、フォークもステンレスのモデルが良いのだが、カールトンでは、そういう選択肢はNGみたい。他のメーカーも同じパターンが多い。

小規模なビルダーで探してみると、エンメ・アッカさんが、フレーム、フォークともステンレスが可能っぽい。フレームが22万円、フォークが5万円、合計27万円程らしい。

気分的には、エンメ・アッカさんのフレームの方が良さそうな気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

革サドルも、、、

以前、スパイダーサドルをラングスターで使っていて、座面中央部で破断したことがあった。その後、樹脂サドルをいくつか使ってみると、殆どが1年未満に座面が疲労破断するということになった。

そこで、耐久性重視ということで、乗車頻度の高い自転車には頑丈なサドルを使うということにして、ピストでは、カシマの5ゴールドをチョイス、その後は数年が経過するけど良好な状態。そして、昼ポタ用のDAHONには、頑丈な?藤田の革サドルをチョイスしていた。

しかし、この藤田の革サドル、半年前から調子が今一。異音がしていたのだが、この度、座った時にサドルのフラットが保たれなくなっており、遂に交換となった。

破損状況を見ると、革サドル後端で錨留めしている裏側の金属ベースが破断している。そして、破断箇所は、金属ベースを支えるサドルレールを固定する錨の部分。サドルレールは大きく変形した状況。サドルとしての剛性は失われた状態となっていた。

結局、革サドルも保たなかったようだ。

まぁ、走行距離で言えば、年間で5000km程、これまでの革サドルは2006年からですので、11年です。55,000km程の使用で破損にいたったようです。

今回、昼ポタで使っていると、サドルの染料がズボンに移るので、革サドルは止める事にしました。普通の一般車用のサドルで、ダメになったら交換するという考え方に変更です。

ブリヂストンの一般車用のサドルを1500円で調達し、これを使う事にしました。まぁ、一年も保てばOKでしょう。

ただ、一般車用のサドル、フニャフニャで尻のセンターが保持できないほどです、、、でも、買ったからには使いたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

ヘッドナット

我が家の自転車、今時のステムがアヘッド構造の自転車は少数派。アヘッドの自転車は、ピストのCM-1000だけだ。後はスレッドステムだ。レ・マイヨW、ルイガノMV-F、東叡スポルティーフ、ユーラシアスポルティーフ、シルクピスト、ステンレスロード、メッキロード、、、、全部、普通のスレッドステムだ。

ただ、このヘッド小物のロックナットがギャップの多い下り路面を頻繁に走っていると緩み気味、、、、緩んだら締めれば良いのだけど、結構面倒臭い。

ヘッドナットが緩まないように、しっかり締めれば良いのだけど、締めたつもりでも結構緩むのが不愉快なところ。

最近は、メッキロードでヒルクライムを毎日10周回しているけど、これが結構緩む。以前は、中央森林公園をレ・マイヨW改でタイム計測を繰り返していた時も結構緩んでいた。振動に対しては、あまり強くないのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車熱

ピストでの平地周回走行に加えて、ロードバイクでヒルクライムを始めたら、最近は自転車熱>単車熱の傾向が強くなってきた。
夏前で、ピストでの平地周回走行+ローラー台っていうのは、正直、少し飽きてきたところ。平地周回走行自体は嫌いではないけど、設定コースは片道が12km程で、これを折り返して走行すると、いろんな自転車と遭遇したり、車からの嫌がらせを受けたりで、少し面倒臭い気分を感じる事もある。ローラー台っていうのは、やはり少々物足りないにワンパターンというのがある。
しかし、小さい山を何周回もするヒルクライムでは、上りと下りのインターバルである。上りが3分チョイ、下りが2分チョイで1周回が6分だけど、この6分に変化がしっかりある。そして、何より家から出て直ぐ出来るのが便利で楽珍。6分の変化の中で機材を楽しんだり、体力状況を自覚したりする事ができる。更に、他人と全く会わないのも便利だし、車との遭遇率も極めて低い。これは、なかなかのモノ。

最初はしんどいだけだったけど、一ヶ月も経過すれば、漕ぎ方の工夫とか、ペース配分の工夫、下りでのライン取りを試行錯誤したりして、飽きる事もない。

夏以前のピストオンリーの時は、単車の方が圧倒的に楽しかったけど、ロードで遊び初めてからは、もしかしたら、こっちの方が面白いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

やっぱり戻した

ヒルクライムロードのブレーキは前後BR7800キャリパーブレーキ。
ダウンヒルでのシューの消耗が勿体ないので、適当なシューに交換していたけど、効きが今一、作動音も今一、レバータッチも今一、異物を噛みやすくリムへのダメージも気になる。

ということで、シューはBR7800用純正に戻しました。調べてみると、、、、シューの交換部品は調達可能なようです。

ところで、本日のヒルクライム、寒そうだったので、冬装備で出掛けましたが、、、、ヒルクライム3周目から汗だくです。

夏装備では寒いですが、真冬装備だと暑いです。

明日の土曜、朝は雨っぽいのでピスト走は中止でしょう。

ということで、明日の朝は久しぶりに胃カメラを受けに行きます。5年に一度ペースです。

結構、ドキドキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サドル

ヒルクライムを行う時、漕ぎ方は色んなパターンがある。そのパターンに併せてサドルに腰掛けるポジションも入れ替える事が多い。
そんなとき、サドルの形状的に、座る位置を選ぶ自由度が高いサドルが望ましい、、、、、そんな印象だ。

骨盤を寝かせる角度の変化だけでも、使う筋肉を切り換える事も可能だけど、座る位置を変えると更に効果的な気もする。

斜度で5%程度の緩勾配なら関係無いけど、12%級の急勾配の場合、前乗り、後乗りを切り換えてペダリングを行う時、前乗り維持の場合、普通のサドルだと腰の据わり良くないので、サドル先端が広いタイプのサドルの方が好都合な気もする。

現状、サーファス・スティンガー・レースコンプってサドルを使っているけど、昔流トライアスロンサドルで、先端が広く厚くなっているタイプのサドルの方が良いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーコン慣れ

ヒルクライムにオールメッキのツーリング用ロードバイクを使っている。
こちらのロードバイク、当初はDHバーの先端にバーコンを装着していたけど、今は、ドロップハンドルのバーエンドにバーコンを装着している。

今のロードといえばデュアルコントロールレバーが一般的だけど、自身はブレーキレバーの操作感から、ブレーキレバーは専用レバーの方が好き。

で、専用レバーとなると、普通はWレバーが一般的であり、事実、我が家のスポルティーフは二台ともWレバー。だけど、このロードは元々トライアスロン用という事で組んでいたのでバーコンを使っているけど、自身はバーコンの自転車は、過去に殆ど乗っていないのが実際のところ。

今回、ヒルクライムにバーコン仕様のロードを用いているけど、当初はシフターの操作に結構戸惑っていたけど、使い始めて一ヶ月経過したところで、随分と慣れてきた。

確かに、デュアルコントロールレバー程の操作性は持ち合わせていないけど、ハンドルバー沿いのバーエンドにレバーが付いているのは、割とハンドル操作等が忙しい状況でも、変速操作を行う事が可能。少なくともWレバーよりもハンドルから手が放れない分、操作は楽である。

レバーも安価だし、操作性もまずまず。悪くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧