2017年7月14日 (金)

路駐二輪

団地を走っていると、単車が電信柱に括り付けられてカバーを掛けられて駐輪している例を良く見掛ける。明らかに、道路が駐輪場扱い状態である。その数はハンパでない。単車に限らない。安価な実用自転車も路駐されている事が多い。

ガレージの小さな30坪未満の土地の一戸建て住宅、恐らく、小規模開発で生まれた建て売り住宅が多いだろうけど、そういう住宅前、アパート、マンション前の道路には99%路駐の自転車、単車が停められている。

場合によっては、常時路駐されているような四輪車も多い。

四輪で道路を駐車場代わりに停める奴は論外だけど、単車や自転車でも道路を駐輪場代わりに停める奴もアウトだ。

置き場所が確保出来ないのであれば、単車、自転車でも購入して利用する資格は無い。

ガレージを造るか、無理ならば、そういう場所を借りるかすべきである。一時的に居住地前の道路を利用するくらい、例えば、洗車とか入出庫での出し入れなら何とも思わないが、24時間ずっと停め続けるのはNGのように思う。

四輪では駐車禁止、車庫法違反で明確に分けられているけど、実際、取り締まりはされていない。二輪では完全放置状態である。駐車禁止という取り締まりではなく、二輪、四輪で駐車場、駐輪場代わりに道路を利用しているような車両に対しては、車庫法違反等別のルールを適用して厳格に取り締まりして欲しいような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

スマホ操作しながら、、、

スマホを操作しながら歩く人、非常に多い。下手すれば80%位は居るかも知れない。
でも、スマホ操作しながら移動するのは、歩いている人に限らない。
自転車でヘッドホン+スマホ操作というのは、学生世代を中心とした若い世代では殆どデフォルトである。意識が前方に無い状態で自転車に乗るって言うのは非常に怖い存在。

ただ、学生世代ばかりがそうでもない。最近多いのは、車の運転でスマホ操作しながらというのが多い。通話の場合は、外から目視で通話しているのが判るけど、スマホの場合は膝の上で操作しながら運転っていうのが非常に多い。

自転車、バイクで街中を走行していると、視点が高いので車の運転席が丸見えだけど、車の運転中にスマホを操作する人が想像以上に多い。
年齢的には比較的若い世代が多い様子。中高年の場合は、年齢層が高くなる程、スマホ操作よりも通話する人の方が多い傾向。

で、思った。最近問題となっている自転車対歩行者の事故、考えられない車の暴走事故、、、、何れも、踏み間違えたとか、脇見したとか、高齢化のためとか、、、そんな原因が言われているけど、もしかしたら、スマホ端末を操作しながら運転していたために、衝突回避が不可能な状態迄気付かず、パニクって事故に至るのでは?という気もする。

事故後の聴取において、みっともないので、そういう操作をしていたということを言わなければ、誰にも判らない訳で、結局は、ながら操作による注意力散漫状態が事故原因のような、そんな印象である。

便利になる程、ながら操作が普通となる。しかし、人間は同時に複数の作業を行うのが苦手、、、結果的に事故に至る、、、そう考えるのが普通のような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

スマホ

今更ながら、スマホを使いながら移動する人が多い。歩行者、自転車、車の運転の三つのパターンが99%である。稀に、単車でも見掛けるけど、単車運転しながらスマホというのは殆ど見掛けない。

歩行者を見ると、恐らく95%くらいはスマホしながら歩いている。
自転車の場合で、約40%くらいだろうか?
四輪の場合で、10%位かと思う。四輪の場合、電話としての操作を併せると20%くらいかもしれない。

スマホの操作の場合、通話と違って、視線も完全に画面に奪われているのが怖いところ。特に、歩行者の場合、スマホ操作中は前方を全く見ていない。自転車の場合も、前方を見ていない事が非常に多い。

今時の交通事故原因への関与率を考えると、スマホ操作というのは相当な割合を占めているように思える。

スマホが便利なのは、何となく理解出来るけど、スマホによる事故増加等の弊害を考えると、その利便性から迷惑度を引くと、下手すると無い方が良かった存在かもしれないという気もする。

スマホの利便性の部分というと、電子マネー、カードといった決済サービスの部分かもしれないけど、それならば、その機能だけを与えるだけで良いような気もする。

アプリの利便性を否定するものではないが、必ずしも必要か?というと、それ程でもないような気もする。スマホを、『ながら操作』する事で、人の命を奪うような事故が起きている事を考えると、普及の在り方が現状通りで良いのか?という点に再考の余地があるのでは無いだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

元飼い猫、今野良猫、、、

ガレージに単車を並べて停めてある。最初、燃料タンク~シートに掛けて、何らかの液体がかかっている。タンクの上からシートだから、エンジンから漏れた訳では無さそう、、、、で、最初は屋根の雨漏り?と思い、拭き取って済ませたけど、その後、何度か続く。

そこで、何某かの動物の小便?と思い、カバーを掛けてみる。

すると、タンク、シート周りには液体はかかっていないけど、、、、クランクケースの上側に液体が散った痕跡、、、、更に、エキゾーストパイプにも、、、、エンジンを掛けて熱が掛かると異臭、、、、やはり小便?

次は、エンジンの下辺りに、猫除けのプラスチックの突起の付いたパネルを引いて対策するも、、、、最初は効果があったように見えたけど、暫くすると、やはりクランクケースの上側に液体が散った痕跡。拭き取って乗り始めると、停車時に異臭、、、エキパイにも液体が掛かっていた模様。

水冷車でも無い。オイル漏れとも違う。

今度はプラスチックの突起の付いたプレートをエンジン前面に密着してセットした上で、シートカバーを密着させて覆ってみる。

猫除け等を設置するも効果無し。

ただ、取り敢えず、猫が近付けないような仕組みというか罠というか、そう言う対策も必要かもしれない。

猫といっても近所で飼われていた猫だ。飼われていたというのは、飼い主がマンションに引っ越すにあわせて、猫を放置してでていったもの。つまり、元飼い猫の今野良猫である。

以前は花壇を掘り返して糞をしていたので、花壇に五寸釘で作った剣山風トラップを仕掛けて、それ以来見なくなったけど、今度はガレージである。ガレージにも絶対に近付けない罠を仕掛けたい。

動物愛護云々の前に、飼う奴は、最後迄面倒見て欲しい。迷惑この上無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

殺人未遂?

今日の朝ピスト、安佐大橋から安芸大橋の土手の道路走行中でのこと。
走行速度は40~45km/hで移動中、トラックが抜いていったけど、追い越して直ぐに幅寄せ、、、、リアタイヤのゴム製もマッドフラップが肩に当たる程、、、感覚は5cmも無い。
左の路肩で15~30cm近辺を走行中だったので、完璧嫌がらせだ。

広島100ひ87-45の白の4トンダンプ、、、、コイツ、殺人未遂行為と一緒。

頭に来て追っかけて55km/h迄は出したけど、追い付く筈もない、、、、

危なすぎ。

ところで、午後は単車で走行中、大芝水門で簡易検問中。停められるか?と思い、停止仕様とすれば、手信号でスルーさせる合図、、、、前を走っていたスクーター、後ろの軽四は停止を求められていたので、凄く違和感。

まぁ、直前の交差点左折時に、巻き込み確認+歩行者待ちしてたのが自分だけだったのが、その理由かも、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

イラッと、、、、

車の運転中、イラッとする事がある。
それは、信号待ちの最中、信号が青に為ってもスタートしない車が前に止まっている時だ。
後方から見える様子といえば、、、、、下向いてスマートホンの操作に夢中で信号が変わった事に気付いていない、或いは、女性で化粧に一生懸命で青信号に気付いていない場合。

こういう集中力が欠如した運転というのは、車の動きからも直ぐに感じられるけど、こういう運転を見掛ける頻度は昔より多くなったような気がする。

女性の化粧ボケは、昔も今も変わらないかも知れないが、携帯電話が携帯端末となったスマートホンになってからは、特に、その頻度が増えたような気がする。

個人的には、運転中までも小さな携帯端末を操作しなければならない理由が判らない。

信号待ちで操作に夢中で発進しないだけでなく、運転中の端末操作で車両の動きが緩慢化しているのを見掛ける場合も少なく無いけど、こういうのは一発で判る。

個人的には、携帯端末自体にGPSも付いているのだろうから、一定の割合で移動中は機能を停止するようにすべきのような気もする。電話着信で強制的なメッセージ送信モードに切り替わるとか、アプリでは表示のみで実行操作を受け付けないとか、そういうモードにすべきのように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

スマホ迷惑

車の運転で携帯電話で通話する人っていうのは、以前から少なく無かったけど、最近は、車の運転で通話だけでなく、スマートホンを操作しながら運転というのが非常に多い。

渋滞路でスタートが遅れて取り残される車を見れば100%近くがスマホで何かしている。

この携帯端末、最近は通話以外で使えるせいか、車の運転中、自転車の運転中、歩行中に操作しているのが非常に多い。

携帯電話で通話の場合、視線は前方にあるからマシだけど、スマホの場合は端末画面に視線が落ちているので前も見ていない、、、、非常に危険である。

スマホを使わない自分からすれば、歩きながら端末を操作しなければならない場面が思い浮かばないけど、不思議でしょうがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

普通っぽい通勤自転車オジサンが実は迷惑。

これが一番厄介。
パターンとして、そもそも自転車どころか、車、単車にも関心が無い普通のオッサンで、通勤にチョイスする自転車が軽快車ってパターンの人だ。

車、単車に関心がない。そんなオッサンのチョイスする車は?といえば、昔ならカローラ、今ならプリウスだろうか?まぁ、そういう売れ筋の大衆車ってパターンの人、、、

ただ、プリウスチョイスとは言っても、G’s的なエアロを纏ったりしない。完全ノーマルなパターンである。

車両を趣味にしていないためか、交通法規にも無頓着、、、こういうオッサンが車を運転すると、世間一般には普通かもしれないけど、キープレフト意識が薄く、四輪でも曲がり角をショートカット気味にラインを取るので右側寄りに突入する運転する人が多い。

自転車では、軽快車で通勤中に小雨が降れば、平気で傘差し片手運転するパターンだ。片手運転、出来ないことはないけど、今の時代、明示的に禁止されているので、車両系に趣味を持つ人は敢えて行わないけど、そういう意識が無いオッサンは、普通に傘差し運転する。

近所にも居る。車で走行していたら、傘差し電動アシストが煽り気味に下り坂で接近してきたり、自転車で左端を走っていたら、プリウスでショートカット運転で突っ込み気味に走ってきたり、、、、、一度、死んで欲しい。

一見、普通かもしれないけど、こういうのが一番質が悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

アンダーパス

自歩道で車道を潜るのにアンダーパスが所々に配置されている。
このアンダーパス、基本的に車道を横切らずに渡ることが出来るので便利だけど、最近は全く利用していない。

何故ならば、、、自転車の進行方向が明示されて車線区分されているアンダーパスでも、高校生のスマホ操作の逆走自転車に突っ込まれた事があるので、基本的に利用しないことにしている。アンダーパスの多くは、視界が今一で、前方の状況が確認出来る範囲が限られているのも危険を感じるポイント。

更に遡れば、ソフトバンクモバイルの社員の運転する自転車にも突っ込まれて治療費請求したこともある。

そんな訳で、アンダーパスを走るのは止めている。面倒でも、車道と交錯する横断歩道を利用しているのだ。

自転車に乗っていて自動車も怖いけど、一番怖いのは、前見ずに運転している通勤、通学自転車である。傘差し運転、スマホ運転、ヘッドホン運転、、、、、こいつらが一番怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

プロの仕事

これ、仕事の難易度、種類の問題ではなく、姿勢の問題。
難しい仕事が出来ても、プロとは言えないクオリティの仕事は少なくないような気がする。
プロの仕事に求めるのは何か?

先ずは、その分野において専門の知識無くしては対応出来ない処置が施せる事、、、これは最低限の資質だ。

ただ、専門性があって、それによる対応が出来たらプロだ!とは言えない。

専門性があるだけなら、言葉は悪いが『マニア』止まりのように思う。『プロ』というのは、処置によって報酬を得る訳で、報酬を得るレベルか否かというのは、作業が出来るかどうか?ではない。

『プロ』というレベルは、簡単な作業であっても手を抜かない。これが一番重要な様に思う。一寸した作業、面倒な作業でも、回り道せずに確実に施工するという姿勢が最も重要と言える。

因みに、プロの度合というか熟練度というのは、見落としの少なさという気がする。プロであって、専門性は在って、そして手を抜かずとも、経験が浅ければ、見落としたり、見抜けなかったりという場合は当然あるだろう。ただ、それは経験を深めれば少なくなっていくもの。この見抜く力が弱いからプロではないという事はない。

どんな分野においても、プロというポジションで最も大事なのは、手を抜かない事のように思う。

因みに、手抜きというのは、見えないところ、気付かれにくいところでこそ、それが現れやすい。少なくとも、、、、プロに依頼する側に気付かれるような手抜きが見えた時点で、それはプロ失格と言える。

そういう意味で、手抜き、横着、偽装、、、、こういう実態が溢れかえっているけど、そういうのは全部引っくるめてプロ失格。プロとは言えない。

自身、プロかどうかの判定では、見落とした部分とか、見抜けてない部分を見つけたぐらいでは、仕方ないかな?という判定だけど、手抜き的な部分が見つかると、判定は完全にアウトとなる。手抜き作業はNGだ。効率とか手際という言葉に置き換えて、一見良さそうでも、良く見れば不完全作業、、、、こういうのが完全にアウト判定となる。

結構、少なくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧