2018年8月22日 (水)

自転車も車両だから、、、

自身、巻き込まれる交通トラブルといえば、99%が四輪を運転中である。で、相手は100%が自転車。
傘差し、スマホ操作で非優先の交差点から逆走して飛び出してきた自転車が、車の右前輪に突っ込んできた件が一つ、もう一つがT字路で脇道から逆走して飛び出してきた自転車が車の左側面に前から後ろ迄豪快に接触してきた件

過去、30年の交通トラブルは?というと、無法自転車による突入によるこの二つの案件のみである。

相手が車だったりすると、何れの件も圧倒的に相手の過失が主となるけど、相手の過失が事故原因であっても、こっちが四輪というだけで過失割合が不利になる。

これはいつもながらに理不尽な話。

今時の自転車利用者の運転マナーを見ると、縦横無尽の無法運転だらけである。

自転車の取り締まりを強化するというのは理解できるけど、事故原因が自転車なら、相手が四輪というだけで、四輪に過失を大きく求めるのは如何なモノか?と思う事が多い。

自身も自転車を利用するけど、信号無視、並進、逆走は行わない。ただ、そういう自転車利用者は少数派。多くの自転車利用者、特に、ママチャリ系、電アシ系実用自転車に乗っている連中は無法者が多すぎる。

取り締まりを強化するだけでなく、交通トラブルにおけるペナルティも甘く判断するのは止めるべきだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

唾、吸い殻

街中で運転中、ミニバン、半キャップメットのビグスクの運転者で良く見る光景が、唾や吸い殻を吐き出しながらの運転。

後方を走行していたら、そういうモノに掛かりたくないし、路面上に落ちたところを踏んづけたくもないので、車間を大きく取るか、道を変えるか、或いは、一気に抜くのどれかの行動を取る。

そういう行動を取る運転者というのは、大抵は、横道な運転姿勢であったり、運転行動だったりして、周囲に対して威圧的な雰囲気を敢えて発散させているような人が多い。

品もないし、ガラも悪い。

逆に、唾や吸い殻を吐き出さなくとも、運転行為で、そういう行為をやらかしそうな空気も出ていたりする。

恐らく、唾を吐き出す行為、吸い殻をポイ捨てする行為が、本人的には、威圧的な己の姿を示す上でカッコイイ行為とでも思っているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

放し飼い散歩

先日、ピスト走で太田川沿いを走行していたら、突然、小型犬が追いすがってきた。
まぁ、自転車の方が速いので追い付かれる事は無かったけど、折り返し地点で停まっていると、後方から犬が走ってくる、、、、途中の民家の庭には犬小屋があって、鎖に繋がれた中型犬が居るけど、その小型犬は、その犬小屋に突入、、、、すると、犬同士の吠える声が聞こえる。当然、中型犬の方が強い、、、、小型犬が中型犬に干渉するも、返り討ちにされて噛み付かれている、、、、すると、程なくして飼い主が息を切らしてやってきて、中型犬を攻撃、、、その隙をついて小型犬が今度は逆方向に走って行く、、、飼い主は追いつけず、その距離は200m以上、、、、、

コレを見て思う。犬の散歩を放し飼いなんて有り得ない。飼い主は女子中学生っぽいけど、有り得ない。

そう言えば、自宅近くにも大型犬を放し飼いで散歩する人が居るけど、やはり有り得ない。

放し飼いは勿論だけど、ロングリードで放し飼い同然の散歩も考え物。

夜、ヒルクライムしていると、道路に糞をしても放置して去る散歩も結構見掛ける光景、、、

なんだかなぁ、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

散歩リード

夜中の道路で道幅を犬と飼い主がリードで塞ぐようなのが横行しているけど、正直、跳んでもない迷惑。

自治体によってはリードの長さが条例によって制限されている。しかし、最近は伸縮式のロングリードで散歩させる人が少なく無い。伸縮式というとリール式だけど、この場合、リード自体が細く、遠目からは確認出来ないので、これは非常に危険。

リードの長さは常識的に考えたら2m未満にするべきだと思う。条例で定めている自治体の決めた長さを見ると、1.5m~2mが上限となっている所が多いけど、その通りだと思う。

夜間の犬の散歩で、街灯の無い道で長いリードで通せんぼ状態で散歩するオッサン、オバハンが多すぎ、、、、、自転車、バイクと離合すると、大事故を引き起こしかねない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

歩道の歩行者

歩道は歩行者の通行のためにあるもの。
まぁ、理解出来る。特に、自転車歩道通行可の歩道を自転車で通行しているとき、歩行者と遭遇すると、隙間が開くまで待って通過する。

しかし、自身が歩行者で歩道を利用している時、そこで他の歩行者の利用の仕方を見ると、それって、アリ?という風に疑問を抱かざるを得ない事は少なく無い。

地元の幹線道路沿いの歩道は幅員が8m程ある幅広い歩道。普通なら、交錯することなく利用出来るけど、大州中学の生徒は、8mの歩道一杯に横並びでゲラゲラ笑いながら歩いている。それでも前見ながら歩いて、離合の際に除ける等すれば気にならないけど、くるくる回ったり、後ろ向きで歩いたり、幸せそうな行動を全身で表現しながら歩道を移動してくる。

そうなってくると、除けるに除けられないから立ち止まって待つけど、そういう中学生は衝突の30cm前で驚くように気付くパターン。

正直、一度死んで欲しい気がする。歩道は歩行者のモノ。それは間違いない。ただ、歩行者みんなのもので、中学生のダンシングステージではない。

踊るんなら、、、学校の校庭とか講堂で踊って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

団塊の世代か?

リタイヤ直後っぽい老人、最近、変な奴が多い。

先日、スーパーの前の横断歩道で中学生が横断待ちしていたので停車して譲っていると、後ろからラクティスに乗ったオッサンが、追い越し掛けてくる。驚く中学生に罵声を浴びせると、中学生は走って横断、チョット、頭に来たので、追い越しさせず、ラクティス停めて文句を言うと、「オラ!誰の道路だ?」と訳の判らない事をほざく、、、、

本日、ピストで車道走行中、赤信号を無視して横断歩道をママチャリ老人が渡ろうと突っ込んでくる、、、思わず、危ない!っていうと、「オラ!何が悪い!?」とほざく、、、、

こいつら、年齢的には70歳直前っぽい、、、、脳が腐っている。

死んだ方がよいのでは?

団塊の世代って、どんなキャラなんだろう?

印象として、自己主張が強い癖に、中身なさそう、、、、まぁ、どうでも良いけど、糞みたいなのが多い印象だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

喫煙者マナー

煙草の煙は気にならない。ただ、二輪車運転しながら喫煙し、吸い殻を捨てるバカ、四輪を運転しながら、吸い殻を車外に捨てるバカ、こういうのは、見るだけでムカツク。

そういえば、未だに道路上に大量の吸い殻が纏まり気味に散らかっているのを見掛ける事がある。そう、車のアッシュトレーに吸い殻が溜まったら車外に捨てるのだろう、、、こういうのもムカツク。

煙草を吸うのは構わない。煙や灰が外にこぼれるのも仕方ない。しかし、吸い殻を捨てるのはNGだ。

そうそう、混雑した人通りの中で歩き煙草をするバカが未だに居るけど、あれも一度死んだ方が良い。

ただ、個人的には、マンションのベランダで吸っている人迄は非難しない。そこ迄非難するのは言い過ぎのような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

イヤホン

1980年代初頭、ウォークマンが登場し、2000年代にシリコンメディアを用いた形態音楽プレーヤーが登場して以降、このような携帯音楽プレーヤーを使いイヤホンで音楽を聴きながら歩いたり、移動したりする人が増えている。

スマホ操作しながらの人の多くが、やはりイヤホン装着したりしている。

このイヤホンを装着してバスや電車の座席で座っている人に対しては、大した違和感を感じないが、イヤホンをして自転車運転したり歩いたりする人には、何となく違和感を感じる。

その理由は、移動する際に安全を確保するために、視覚情報、聴覚情報っていうのは非常に重要だけど、イヤホンをすることで聴覚情報を放棄しているからだ。

耳が聞こえない状態で、街中を移動するっていうのは、万が一の危険の接近に対して、それを認識するのに重大な遅れを来す事だって在りうる。

便利な世の中だけど、便利と言う言葉は、複数の行動を同時に行える並立化を生んでいるけど、この並立化っていうのは、非常に危険。こういう行為は、本来なら『ながら』運転のような行動と同じ。

二つの事を同時に行うっていうのは、基本、危険だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

番号、教える?

携帯電話の番号、第三者に他人の番号を聞かれたら、教える?

会議中に見知らぬ番号から電話が掛かってきて、何?と思い、部下に聞くと、コイツが勝手に教えた模様。

一度、死んでくれ。

コイツからも着信拒否、教えた先からも着信拒否。

教えるか否かは自分で判断するもの。

携帯電話の番号も個人情報に該当するという見方が増えてきて、民事上は損害賠償を負わされる場合も最近はあるのだが、、、、

常識、マナーの無い奴は大嫌いだ。頭も悪いし、常識も無い。

アホだろ。最悪だ。顔を見るのも嫌な気分。メンタルヘルスでストレスの原因みたいなもんだ。

そもそも、コイツに番号を過去に教えたのが間違い、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

歩道が広くても、、、

歩道が狭いと、自転車、歩行者が接触するリスクがあるというのは誰でも理解出来る事。
しかし、歩道が広くても、そのリスクは同じっぽい。

近くに、歩道の幅員が並進する車道よりも広くなっている場所がある。そんな場所は、人と自転車の交錯が無く安全、、、、という訳ではない。歩行者は、目一杯複数人数が並進するし、自転車は走行速度が高く、並進、追い越し当たり前になっている。

結果、、、、実は怖い。歩行者が前方を見てない割合が高くなり、自転車の走行速度が高くなる。結果、リスクが増しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧