2022年1月26日 (水)

レインクリアリングミラー

ミラー表面の親水性を高め水滴を玉状に残さず視認性を確保するミラーだそうだ。
ただ、我が家のプロボックスには、そんなものは無い。
後付けのミラーヒーターを取り付けている。雨の日に雨粒が付いた状態でも数分も掛からず水滴は蒸発し視認性は確保されているし、雨中走行しても一定程度の視認性は確保されているので問題はない。トンネル内を走行してミラーが曇ってもスイッチを入れれば短時間に視界は確保されているので問題は無い。

しかし、最近はヒーテッドミラーのオプションよりも、レインクリアリングミラーのオプションの方がカタログ冊子で目に付く気もする。因みに、一部の車種、寒冷地向け車種では、ヒーター付きレインクリアリングミラーってのもあるようだ。

昔は、超音波式雨滴除去ミラーだとか、ミラーワイパーといった装備が在ったけど、最近は見掛けない。

果たして、何がベストなんだろう?

| | コメント (0)

2022年1月24日 (月)

プロサクトイ

プロボックス、サクシードのオモチャ。結構ある。
トミカのプロボックスはしっかり確保済み。

先日、カプセルトミカだろうか?トミカの製作する小さなトミカ、違いはダイキャストではないプラスチックだけど、こちらもゲット済み。

他には、サクシードのチョロQも確保済み。

まぁ、この3種類だけど、それでも十分。結構多い方だと思う。

| | コメント (0)

2022年1月20日 (木)

4人乗車

プロボックス、一応調子は改善したけど、ある日、微妙に走りが悪い、、、何故?
アクセルレスポンス、、、、悪いというか、車速の伸びがマッタリしている。

気が付いた。

今、家族全員乗車である。既に、全員大人サイズ。自分だけなら70kgだけど、家族3人となると50kg×3=150kgだけど、それ以上である。

150kgのウエイトが掛かると、やっぱり車両の動力性能に影響するのは仕方ない。

2人乗車程度なら気にならないけど、4人乗車は明らかな違いが出る。

| | コメント (0)

2022年1月15日 (土)

日産Z

2022年に登場する新型Z、過去の良いところを全部取り入れて、、、だそうだ。
ただ、Zらしいといえばそうかもしれないが、過去に引っ張られすぎている感が強すぎる。

ZといえばS30。これは文句なしにカッコイイ。S130は、S30をベースにGTカーっぽくした感じ。良くも悪くも感じない。Z31型は、S130のように前モデルとは決別して、その時代なりの新規性で登場した印象。ただ、カッコイイか?というと別問題。

で、ZでインパクトというとZ32型。これは過去のイメージに囚われることなく実にカッコイイデザイン。新しいイメージを築き上げたという意味ではS30に並ぶ名作。

しかし、Z33型以降のZは、S30を時代なりに解釈して無理矢理作った感が否めない。

もっと新しい提案が見たかったようにも思う。

まぁ、一目見てZとは判るけど、個人的にはZ32の方がカッコイイように見える。

| | コメント (0)

2022年1月 5日 (水)

荷掛けバンド

プロボックスのラゲッジには軽トラ荷台用の樹脂パネルを敷き詰めている。これにL字金具を固定、これにリアシートアンカー左右と併せバンドフックを掛けて荷物を固定している。フックに使うバンド、最初は百均で売っていたゴムバンドを使っていたけど割と簡単にダメになる。

で、最近は古タイヤチューブのゴムを輪切りにして売っている荷掛けゴムをホームセンターで購入。これの両端に金具を取り付けて使っている。

最初はゴムバンドを一本つかって両端に金具をつけていたけど、これだと重量物を支えるのに不十分。

で、最近はゴムバンドの輪っかを切らず二重にして両端にフックを付けている。ゴムが二重である。こうなると、折り畳み自転車を自立させて固定しても倒れない。十分な固定力を発揮する。更に、百均ゴムバンドのように朽ちてダメにもならない。結構良い。

お奨めがゴムバンドは幅20mmのタイプ。太すぎるタイプは使う金具も大きくなるので逆に使い辛い。

荷掛けバンドはタイヤチューブを使ったゴムバンドがお奨め。ただ、車で使うにはフックを増設しないとダメ。最近の車、ラゲッジは広いけどフックが足りない。フックの増設は車体にしっかり固定しないとダメだけど、高級な内装の車にはフック増設は難しいかも、、、そんな時、軽トラマットは便利。床面に併せてカットして敷き詰める。そのマットに金具を付ければ便利だ。これもお奨め。

最初はベニヤ板を使っていたけど、すい針が立って止めた。樹脂パネルが良い。

| | コメント (0)

2022年1月 2日 (日)

プロボックス、燃費変化

アクセル操作に反応しない、ペダルを踏んでスロットルを開けてもハンチング的な動き、所謂、失火っぽい状況が現れている時の燃費というか給油量は、通勤中心で上限速度30km/h程での路地、市街地を300km走っての給油量が33L程だったけど、細かい機器の交換、電気系統のハーネス追加部分の修正を行ってからは、同じ走行パターン(距離、コース)でも300km走っての給油量は28L程。燃費が大幅に改善している。

低速走行では回転が安定していると高いギア+低い回転数が多様出来るけど、回転が不安定で被りを気にしていると、低いギア+高い回転数で走りがちとなる。これによる燃費差が大きい様子。

これなら、もう少し乗れそう、、、、。

| | コメント (0)

2021年12月30日 (木)

高回転高出力よりも、、、

スポーツカー、スポーツバイクといえば、エンジンは高回転迄回してパワーを絞り出す。そのパワーを絞り出せる回転域を保ちながら走る、、、これが日本の一般的な概念。

しかし、個人的には、低回転から溢れるトルクを弾き出して、極力低回転で僅かなスロットル開度で爆発的なトルクを楽しみながら走る、、、、こっちが好き。

高回転の咆吼的な楽しさも否定しないけど、楽しむ瞬間が少なすぎる。サーキットならOKだけど、一般道での楽しみ方的にはマッチしない。

普段の楽しみ、、、それには、爆発的なトルク、、、、これが大事。

スーパー7とACコブラ、どっちが好き?というと、ACコブラ的なの。

| | コメント (0)

2021年12月29日 (水)

メーター誤差考慮

今の時代、どのくらいだろうか?
車検での許容範囲は決まっている。
例えば、示度40km/hの場合、実測範囲は、、、
10×(40-6)÷11≦実測≦(100÷94)×40
つまり、30.9~42.6km/h

基本、低めに出る感じだろう。ただ、イメージ的には一割くらい甘め、、、そんな認識である。

50km/h表示なら45km/hくらい。100km/h表示なら90km/hくらい。
逆に、制限速度があれば、その1割アップくらいまでなら出してもOKという認識。
50km/hなら55km/h、100km/hなら110km/hでもOKという認識。更に言えば、実際の取り締まりでは下道で10km/h、高速で20km/hならスルーっぽいと感じているので、50km/h規制路なら60km/h、100km/h高速なら120km/h迄ならセーフ認識である。

因みに、メーターで何キロ出た的な話があるけど、例えば、200km/h出た的な車や単車でも、精々180km/h弱という認識。大排気量なら気にしないけど、コンプレックス排気量、具体的には400ccでは何キロ出た?的な話で、俺もネイキッドは190km/h出た!的な話を聞くけど、この場合でも多分170km/h程度的な認識。

最高速の定地テストが70~80年代は盛んだったけど、その印象から言えば、、、

2ストレプリカでも初期で185km/h、後期で200km/h、30年落ちで一般人が一般道なら初期で160km/h、後期で180km/hが精々。400ccマルチなら、レプリカで200km/h、ネイキッドで180km/hが新車なら、残存車両ならレプリカで180km/hも出れば御の字。ネイキッドなら160km/hも届かんだろう。そんなイメージ。

まぁ、チッコイバイクでは、現実、相当長い直線でも無いと出ない。重量車ならこの辺りの速度域はアッという間だけど、一般道だと直線区間が足らない。足りる場面では取り締まられるのが関の山。

速度計示度で速度云々、、、これは正に中二病的な感じ。

| | コメント (0)

2021年12月21日 (火)

アトレーも遂に、、、、

17年続いたモデルがFMC、、、、近代的になっているけど残念な事、、、、
それは、ターボモデルにMTが選択出来なくなってしまった。
一応、プロボックスの次期愛車候補の一台だったこともある一台。そんな一台だけど、MTが選択出来ないということで、このモデルを新車で買う事は無さそう、、、、

新しいモデルも10年以上作り続けるんだろうけど、ターボモデルにMTが追加される事は無さそう、、、、

軽四のはたらく車、、、、MTは必須な気もするが、、、、

| | コメント (0)

2021年12月17日 (金)

突っ込むのは何故?

勾配路で下から上っている車が居るのに、上から道路の真ん中を勢い良く下って突っ込んでくる車、或いは、道路で荷下ろし等で車線を塞いでいるトラックが居る状態で、トラックの向こうから対向車が居るにも拘わらず、トラックを避けるために対向車に飛び出して強引に突っ込んでくる車、、、、

この突っ込んでくる車の運転者の思考回路、理解出来ない。

下り車両は上り車両の通行を阻害出来ないし、反対車線へはみ出しての通行は対向車両の走行を阻害してはならない。

こういう大原則が理解出来ないのは何故だろう?

高齢者ドライバー、女性ドライバー、そして白ナンバーの大きくないトラック、ダンプに多い。

自分勝手か、或いは、低脳低学歴か?、、、まぁ、その両方だろう。無学な連中に運転を許すのが大きな間違いだろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧