2018年8月12日 (日)

中古のメルセデスベンツ

も、次期愛車候補の中の一つ。どんなモデルが欲しいか?というと、一番は190E、第二がA210Lだ。他のモデルは?というと、それ程興味がない。
190Eというと、今のCクラスの祖先とも言えるもでるだけど、歴代Cクラスと較べても190Eより魅力的と思えるモデルは無い。190EならアンファングのMTが理想だけど、恐らく手に入らないだろう。190Eに興味を持った切っ掛けは、2.3-16Vのスパルタンなデザインを目にしたのが切っ掛けだけど、2.3Lが2.5Lと拡大するにつれてベースモデルの190Eのシンプルさが逆に気になり、それ以来、常に興味を持っているモデルだ。特にアンファングは、パワーウインドーも装備しない超シンプルな一台。
ただ、190Eアンファングというのは車に必要な最低限のモノが最適にパッケージされた希有な一台のような印象。

一方でA210Lというのは、ベンツながらFFのモデル。ただ、FFのベンツならW168型以降の派生モデルには魅力を感じない。そもそも初代Aクラスというのは、燃料電池搭載を前提の二階建てフロアという特異な構造で、FFありきというものではなく、次世代乗用車の模索で生まれた結果的なFFモデルとも言える。以降のAクラスがラインナップを埋めるための存在にしか見えないのに対して、初代Aクラスは別の何かを感じるし、FF乗用車として他とは異なる新しい提案が見えるのも惹き付けられるポイント。
Aクラスの中でもA210は独立シートの4シーターというのが特に魅力的。一般にFFというと室内効率優先だけど、A210Lでは、そうではない何かがあるのだろう。

まぁ、現実的に入手するということは無いとは思うけど、買うタイミングで、身近な場所で見つかれば、もしかしたら手に入れる事があるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

自動運転化

最近の自動車技術の目指す方向は、運転の自動化のようである。究極的には乗って目的地さえセットすれば車が勝手に目的地を目指すというものかもしれない。
運転の自動化を達成するためには、操作系統のフライバイワイヤー、ドライブバイワイヤーが進むのが必要。これは、車の構成としては電動化が不可欠。
電動化といえば、操作系統の電動化に留まらず機関の電動化も当然の流れとなるだろう。
この流れが進むことで、車はどうなるか?といえば、少なくとも自分にとっては味気ない楽しくないモノになるような、そんな印象である。
究極的には、個人対応の公共交通機関みたいなモノである。純粋に車は移動手段としての存在を目指しているようにしか見えないからである。

車や単車の面白いのは、自分が自分のために、自分の思い通り動かす事が出来るからである。操作の自由度が確保されている事が楽しさの根源である。それが益々失われていくのである。自由度が失われる程、操っている感が感じられなくなる。結果、乗せられている感を感じるようになる。そうなると、とても楽しいという感覚は持てない。

操作はアシストであるべきで、そのアシストが度を過ぎれば御節介のように感じる。

車の操作の手助けで有り難いと感じるのは、パワーウインドー、パワステレベル。個人的には、ABSとかEBD、TCSといった制御デバイスも、どちらかと言えば御節介的な印象が強い。ATによる自動変速、今時なら自動的なブリッピングとか、色んなパターンがあるけど、正直、全部ウザイ。坂道発進アシスト、自動車庫入れ、自動ブレーキとか、車線保持、前走車追随とか、機能はドンドン進んでいるようだけど、個人的には、殆ど必要性を感じない。

ただ、最近の技術の進み具合を見ると、運転者の関与が減らされても増えることは無いのは間違いなさそう。

ただ、人間は、行っていたことを行わなくなると、いつの間にか出来なくなるモノ。これまで熟練の感覚で行ってきた作業が、出来なくなる人がドンドン増えそう。出来ることは極力自分で行うというのが大切。機械任せは、機械は進歩するけど、人間は退化していくものである。

カーナビが普及してからは、ロードマップを読んで目的地に迷わず辿り着ける人が相当少なくなっているのではないか?今時、地図を読むなんて作業は無いのかも知れないが、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

80年代女性アイドルソングベスト・・・・

こういうタイトルの番組がCSの『歌謡ポップスチャンネル』で放送されている。
以前、懐メロドライブミュージック・ミッドナイトハイウェイ編を録画してメディアプレーヤーに入れた事があるけど、70年代、80年代、90年代の音楽を色んな枠組みで編集して放送しており、ドライブミュージックに使うのに結構お気に入りなのだが、最近は表題の如く、80年代の女性アイドルソングが様々な括りで順位付けして放送している。

年代別ベスト100の放送では、1時間枠で25曲が紹介されており、曲全てが放送されている訳ではないけど、歌手別ベスト20の放送では1時間半枠で20曲が紹介されているので、各曲が全て省略されず放送されている。
歌手別では、中森明菜、松田聖子、中山美穂、小泉今日子のシリーズが放送されているのだけど、これもメディアプレーヤーに入れて聴けるようにしている。

そもそも、一寸古めの曲を車のメディアプレーヤーに入れるようになったのは、やはりCS放送で放映された『新・完全走破 高速道路の旅』を見付けて良かったから。その後、先に紹介した『懐メロドライブミュージック・ミッドナイトハイウェイ編』、次がNHKのBSで放送されていた『BS洋楽グラフィティー80's』、そして今回が『80年代女性アイドルソングベスト20』というシリーズだ。

実は、『懐メロドライブミュージック』では、地域のドライブコース別の放送があったけど、映像的に今一なのと、楽曲が結構オーバーラップしていたので、それはメディアプレーヤーには入れなかった。

色んな括りで音楽がチョイスされているけど、一番グッと来るのは、80年代ソングだ。洋楽にしろ、歌謡曲だろうと、やはり80年代ソングが良い。80年代といえば、高校、大学、大学院時代である。この時代の音楽が一番楽しい。90年代以降となると、なんだか少し違う感があるし、70年代以前となると、少々古い感を感じる。

CS放送では80年代特集が多いので結構楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

ドライブレコーダー複数配置

ドライブレコーダー、最初に装着したのが2010年である。その時に三ツ葉商事のEMDV DR.9というモデルをフロントウインドーセンターに装着していた。
これは、画像素子に高感度CCDを採用し、最低感度0.01Lux以上という優れもの。

その後、AV入力可能なミラー型レーダーを装着し、後方視界撮影用のKEIYOエンジニアリングのAN-R005を装着して運用していたけど、これが不調となり、AV映像出力を持つドライブレコーダーとして、後継のAN-R012に変更して使っている。

その後、フロントのDR.9の映像が厳しくなって来たので、DR.9をCANSONICのCDV-280に交換。

ただ、DR.9は未だ使えそうなので、三ツ葉商事さんでOHして活用する事にした。
ただ、フロントの装着するのだけど、フロントウインドーセンター位置から左斜め45°の方向を撮影するパターンである。横方向からの飛び出し等を撮影するために装着してみた。

結局、前、後ろ、横の三方向となっている。

ここまで増設してしまうと、次は全方位のドラレコが良いかも知れない。

因みに、斜め左前方に視界を変更したのは、先日、脇道から逆走しながら飛び出してきたクソガキ自転車に車のサイドに接触し、ドアミラーを叩き落とされたけど、その時の反省で、より多角的な飛び出し映像を採取する方が良いという判断によるものだ。

ドライブレコーダー、結構重要。大抵、交通トラブルになると、都合の良い話をして己の過失を認めないバカが多い。ただ、過失が提示されても、それを見ずに問答無用で言い掛かりを付けるバカも多い。バカの戯言に対抗する唯一の手段が、映像記録。これ、結構重要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女×自転車=最悪

全てがそうだとは限らないけど、事故相手としては加害者の癖して被害者面するので質が悪い。
正直、一度死んでくれ!、、、そう思う。

一回目は、水商売のお姉さん。雨の日に傘差し+スマホで脇道から逆走の右側通行で飛び出て車の前輪の横っ腹に突っ込んできて、逆上して言い掛かり、、、、
そして、足が痛い?腰が痛い?、、、、、警察読んで現場検証するとき、こっちも文句を言おうとしたら、お巡りさんが、相手が悪くても自転車の立場の方が強いから、我慢して文句を聞いていた方が良いと諭されて、ジッと堪えていたけど、今考えてもムカツク。
車という立場だけで、こちらが我慢するのは超理不尽。

二回目は、嘘吐き中学生の父兄。こちらも、見通しの悪いT字路で直進中に、脇道から右側通行で中学生の乗った自転車が側面に接触。
現場検証していると、キレ気味の母親が登場してきて、車がスピード出し過ぎとか、、、保険の交渉では、自転車を全損扱いとか、塾通いの中学生が持っていた携帯ゲーム?音楽プレーヤーが壊れたから全損扱いとか、そして、中学生の息子が悪いはずが無い!車が悪い、、、、と一方的にまくし立てる。冷静さを失っているのか?
で、文句を言おうとすれば、お巡りさんが、ここはジッと堪える方が賢い、、、と諭されてジッと我慢。しかし、これもストレスの限界を超えそう。
そもそも、塾通いでゲーム機、ミュージックプレーヤーを持って行くようなガキなら、その時点で受験なんて有り得ない。
中学生の言い訳も、最初は停まっていたら車が突っ込んできた!次が、車を避けようとしたけど車が寄ってきた!
ただ、3方向のドラレコと0.2秒間隔撮影したスナップショット画像があるので、保険交渉が纏まらない模様。

共通するのは、ヒステリックな女性ということ。オバサンに近い人だけど、こいつら、冷静な判断が出来ず、自分は一銭も払いたくないから、相手が100%悪い!にしたいだけの様子。
お巡りさん的には、ジッと堪えてスルーするのが得策とは言うけど、ストレスは非常に激しい。

今のルール、何でもかんでも大きい方が悪いというのは、おかしすぎる。

大抵は、自転車、歩行者の方がルール無視で無法者が多い。大間違いだ。

度の過ぎた言い掛かりとか、中傷が過ぎると、名誉毀損で訴えてやろうか?とも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

最近の燃費

プロボックスのS/C、この冬から燃費が改善傾向にある。燃料計の目盛りの減り方が穏やかである。
走り方は変えていない。給油のインターバルが約50km程伸びている。

燃費にして、1.0km/L程度の改善だ。

走る場所も同じ、基本的に車体に手は加えていない。

っていうか、最近、一寸時折アクセルレスポンスが異様に悪い事があるので、どちらかというと不調気味なんだが、燃費数値自体は大きく改善されている。

やや不思議である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

トヨタスポーツ

トヨタがスポーツイメージを高める戦略になって久しい。
その象徴が、現行86であったり、次期スープラだったりする。
それ以外の一般モデルには、GRという呼称でスポーツラインナップを増やしているようだが、、、、なんだか、今一ピンと来ない。

やはり、、、86といっても、これは良し悪しは別としてスバルの水平対抗4気筒エンジンありきで、スバル生産のモデル。これを、どうも昔のAE86とオーバーラップして考えるのが難しい。

そして、この度登場予定のスープラ。これは、BMWのZ4との兄弟車。シャーシ、エンジンはBMW製とのこと。やはり、A80以前のスープラと重ねて見るのも難しい。

そもそも、トヨタのスポーツモデルの真骨頂は、安価なパッケージにユーザーの自由度でスポーツモデルを成立させるイメージが強い。

パブリカベースのトヨタスポーツ800、70系カローラベースのAE86、基本は同じで2BOX化して登場したKP61、FFドライブトレーンを利用した初代MR2といったモデルである。他の多くのスポーツグレードも、基準車両にスポーツエンジンという組み合わせである。トヨタ2000GTとか、LFAという力の入ったモデル以外の通常ラインナップのスポーツモデルの多くは、汎用かつ安価に造り出すというイメージである。

別に低重心のボクサーエンジンとか、余所のメーカーの直六とか、それに拘るよりも、自前の販売力とラインナップを利用して安価なスポーツモデルを生み出すというのが、それらしい印象が強い。

BMW製スープラよりも、開発中止となったS-FRとかの方がトヨタらしいという気がする。

トヨタの手持ちのコマを使って安価にスポーツモデルを提供する、、、、そういうモデルの方が待ち遠しい。

そういう意味では、今ならマークXが一番トヨタスポーツらしい存在かもしれない。
正直言えば、アルテッツァのAS系を続けて欲しかったような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

HVとS/C

代車アクアを返却して、S/Cプロボックスが戻ってきた。
アクアは1.5Lエンジン+モーター、プロボックスは1.5Lエンジン+S/Cである。
アクアに乗る時は、極力EV走行を心掛けるような走り方。プロボックスに乗る時は極力インマニ圧力が負圧状態を保つような状態での走り方。

較べてみると、、、駆動トルクは、おそらく2倍以上はプロボックスの方が強力。まぁ、その分、燃費は稼げないのだろうけど、アクセルを踏む感覚としては、絶対的に不足したトルクを如何に無駄なく使って走るか?が重要なHVと、溢れ出るトルクを如何に抑えて必要最小限のトルクで走らせるS/Cかの違い。基本、アクアはアクセルを踏まないと坂道等は走らない。アクセルを踏みつつもエンジンを回させないポイントを探すのは結構難儀だ。エンジンを回させないで最大のアクセル開度を探すっていうのはストレスである。

無い力を上手い具合に使う走らせ方と、溢れる力をセーブして最低限のアクセル開度を狙う走らせ方というのは、似て非なる行為である。

速度が同じレベルであっても、ストレスの度合は全く違う。

個人的には、現状のHVは関心が持てない。

高いギア比+低い回転でゆっくり走れる、、、、そういうのが理想。この感覚は、1994年頃乗っていたJB31シエラと感覚的に近い。70PSのG13B型エンジンを搭載したリーフスプリング最終型のシエラだけど、低回転+高いギアでゆったり走るのが心地よい車だったけど、こういうのが理想だ。

プロボックスS/Cでは、シエラとは違い、踏めばしっかり力が出る事。シエラは踏んでも上は回らないモノだったけど、アクセルを踏まなくても、そこそこ走る力強さというのが、街乗りでのゆとりや余裕に繋がる。

プロボックスS/Cの買い換えの候補は?というと、ライトエース、タウンエースの4WD・MTモデル、シエラの5MTモデルだけど、低速で力の強いモデルっていうと、クロカン、商用車というのは悪くない選択のようにも思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンペダル?

最近、日産のリーフ、ノートeパワーで、運転がワンペダルで、、、というCMを見掛けるけど、これって、敢えて言う程の事か?という気がしてならない。踏んで加速、離して減速。まぁ、リーフについては回生ブレーキ+メカブレーキで停止保持迄可能だそうだが、基本的にMT車ばっかり乗っている身から考えれば、踏んで加速、保って保持、離して減速というのは、至極当たり前のような印象。更に、MT車の場合、ギアポジションを選ぶ事でエンジンブレーキによる制動力の調整も自在故に、敢えて宣伝している事に対して違和感を感じる。

確かに、今時のAT車は燃費を稼ぐためか、アクセルオフでニュートラル的になって空走して惰性で距離を稼ぐような動きをするけど、MT車の場合、ギアを抜くなり、クラッチを踏むなりすれば、そういう惰性で空走して距離を稼ぐ走りも普通に可能。

まぁ、そういう操作を3ペダルではなく1ペダルで出来るというのが凄いかも知れないけど、結果として得られるパターンが同じなら、正直、言う程の事ではないような、そんな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

アクアまとめ

20日間に及ぶ代車アクア生活。ECOモード、EVモードのスイッチが何処にあるか?判らないまま二週間以上乗ってきての感想。

アクアは初代、二代目プリウスの1.5Lエンジンとモーターのハイブリッドカーである。
エンジンを如何に始動させずに走るか?が燃費向上の鍵のようだけど、エアコン付けっぱなしで急勾配のある団地を通る使い方では、なかなか難しい。一応、20日でそれなりに使えたように思う。モードスイッチの効果も確認したし、シフトポジションでBレンジでの充電傾向も判った。Dレンジ+ブレーキよりもBレンジの方が回生充電している量が多いように感じたけど、これはネット情報とは違う気もする。

通常モードで、出社経路での平均燃費は32.3km/L、退社経路での平均燃費は12.8km/L、ECOモードと時折EVモードを併用すると出社経路での平均燃費は29.2km/L、代謝経路の平均燃費は12.6km/Lとなった。不思議な事にECOモードの方が燃費が伸びない。
通勤以外で町内短距離走行だと、勾配+町内で走行距離が3kmとかだと11km/Lレベル。勾配+市内で走行距離が15kmくらい稼げれば28km/Lとなる。20日間乗って、走行距離が332kmで、使ったガソリン量が13.2L、平均燃費は25.2km/Lである。

因みに、EV走行モードに速く移らせるには、緩やかな加速でインジケーターを見ながら加速するというのも一つだけど、発進でサッと加速して車速を乗せた瞬間にアクセルペダルから足を外して惰性走行での失速を防ぐ程度にアクセルをジワッと踏む方がEV走行しやすい。

ただ、街中の一時停止の多いストップアンドゴーの多い区間では、EV走行は難しい。

燃費を稼ぐには如何に停止して再発進という状況を作らないか?速度を如何に保つか?が非常に大きく影響する。燃費を悪化させない加速というと、電動アシスト自転車並の加速かもしれない。広い道路を走っていると、殆ど全て、他の車に抜かれる感じである。

燃費数値を稼ぐのを目的に運転する楽しさがあるのは理解出来るけど、そういう運転が楽しいか?というと、全く楽しくない。エンジンが始動した時に安っぽさも非常に悲しい印象である。個人的に、、、この程度のハイブリッドカーというのは購入の選択肢には為り得ない。これだけ自我を殺した運転をしても、カタログ燃費には遠く及ばない。登坂路の影響が出ないような状況なら、せめて30km/L位は叩き出して欲しかった。出社時には5km走行時点で34km/Lなんて数値が出た事もあるけど、信号のタイミングだけで大きく左右される値に信憑性は無い。

因みに、通常の車とアクアで走ると、同じ時間に出発して5km強走って到着時間差が3分である。距離の割りに大きな差と言える。何が違う?というと、一時停止からの加速の違い。走行速度自体は同じで、加速が違う。加速が違うと、それで掛かる信号の数も増える訳だ。これが3分の差である。これは小さくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧