2019年8月10日 (土)

実用車

質実剛健、頑丈、、、こういうのが当て嵌まる。
例えば、二輪車であればカブ、前に紹介したCG125、この辺りが、その権化と言えるだろう。
車なら商用系だろう。ハイエース、プロボックス、タウンエース、ボンゴ、、、こういう存在が象徴的な存在。

商用車、実用車っていうのは、二輪、四輪に限らず、耐久性、整備性、実用性を重視して作られている。二輪、四輪に求められる一番大事なモノが一番重要視して作られている。

高速道路では商用バンであるプロボックスの走行速度が異様に速いと言われている。それを解説した書籍も販売されている。そこには、プロボックスの生い立ち、性能の真実が色んな切り口で紹介されている。

車でもバイクでもだけど、下手な色気に惑わされて今時のモデルを選ぶのも楽しいかも知れないけど、実際に運転して疲れない、役に立つってのは、実用性重視のモデルがそうかもしれない。

二輪では乗用、商用の登録上の差異は無いから、実用車が欲しければ買えば済む話。
ただ、四輪では乗用、商用では登録が異なる。これが非常に残念。商用系でも自家用車登録が出来るグレードがある時代は良かったけど、今は無い。

プロボックスもワゴンは消えている。非常に残念。個人的には、ハイエース、タウンエース辺りにワゴン登録が出来るモデルが登場してくれればと思う。

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

我先に、、、

センターラインのある片側一車線の道路を通行中、反対車線側に荷下ろしのトラック等が停まる事がある。この場合、トラックの後方の車両は対向車線側にはみ出して追い抜いて進むのだけど、対向車が普通に走っているにも拘わらず、対向車にブレーキを踏ませるように猛スピードでトラックを追い抜くために車線をはみ出す車が少なく無い。

自身、対向する車が見えたら車列が途切れる迄トラック後で待機するけど、それが出来ないドライバーが多い。

後は、交差点で横断歩道や自転車横断帯を徒歩や自転車で渡ろうとすると、歩行者や自転車の横断を堰き止める形で勢いよく左折していくドライバーが多い。

他に気になるのは、突然、道路上で停まって、躊躇無く運転席のドアがガバ開きすることもある。後の様子を気にすることなく車道側のドアを開けるドライバー、、結構居る。

共通するのは、多いのは、やはり女性。年齢的には30代以上が特に多いような気がする。上は上限無しだ。自転車で走行中、進路塞ぐ形で突っ込まれた事もあるけど、白髪老婆が運転していた。

見る度に運転資格、無いな、、、と思う。運転に不向きなのかもしれない。

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

女性ドライバー、高齢ドライバー、無知?

離合困難な狭い道、下から車が上ってきているのが見えても、上から道の真ん中を蹴散らすように突っ込んで下りてきたり、止まれ標識のある交差点で、止まらずに突っ込んでいったり、直進二輪車の通行を妨げるように強引に右折に突っ込んできたり、駐停車車輌を避けながら走る場合に、反対車線の通常走行している車輌に急ブレーキを掛けさせるように強引にはみ出して突っ込んできたり、S字に曲がった道をショートカット気味の走行ラインを選び対向する車の真正面に突っ込んできたり、、、、、

こういう運転をするドライバー、女性、高齢者が多いような気がする。自身が運転していて、そういう有り得ない運転をするドライバは、女性と高齢者で80%以上を占めているように思う。

運転者の顔を見ると、自分の何が悪いのか?自分が正しい!という風な表情で、相手を怪訝な表情で睨み付けるような人が多い。

最近は、二輪でもレコーダーで記録しているから後から見直しても、やっぱり有り得ない運転する人が少なく無い。

最初はチョットした事でもアップしていたけど、最近は、こういう運転する人、あまりにも多い。多すぎてアップする気も起こらない。異常状態では無いだろうか?

二輪の場合、運転者目線が高いので四輪の運転席が丸見えだけど、停止中のスマホはOKとしても、赤信号に備えて停止中の状態で既にスマホ操作する人も少なく無い。スマホ夢中で再発進遅れが多いのも、実は女性が一番多い。
そう言えば、以前、ピストで走行中に脇道から強引に合流して進路を塞ごうとしたカローラは高齢の女性だったし、、

最近の酷い事故、高齢者の運転も目に付くけど、琵琶湖沿いで園児を殺した当事者は二人とも女性ドライバーである。

運転すると性格が豹変するという話もあるけど、ヒステリックな運転というのは突っ込んできて自分の何が悪い!?と思う女性の表情は、モロにヒステリー表情。

女性とか高齢者とか、何となく、交通ルールを正確に把握していないのではないだろうか?さもなくば、あの様に自分が一番という風な強引な運転は出来ないと思う。

高齢者の運転がボケから来ているのではなく、高齢者、女性の運転は無知から来ているように思う。単純に自分中心のワガママ運転というのも少なく無いだろう。ペダルの踏み間違いなんて運転は、集中力欠如で、足の置き場認識をせずにダラダラ運転してパニクっただけのようにも思う。

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

イラッとするな?

運転中、イラッとするか?というと、、、するなぁ、、、、。

異様にノロノロ走る癖に一時停止しないような女性とか、狭い坂道を減速せずに、真ん中を突っ込んで降りてくる女性とか、、、、そういうのに遭遇したら、当然、イラッとする。

正直、それで引き下がるべきというのは、最近の煽り運転でイラッとしないのが吉という解説を聞いていたとしても、その現場に遭遇したら、やはりイラッとする。

っていうか、イラッとしない方がおかしいような気がする。

これでイラッとするのは、危険性があるとの話だけど、それ以前に、法規に応じた運転が出来ない人の方が資格欠損者のような気がする。

運転技術が未熟から親切に、、、という論理は有り得ない。未熟だけでなく無知、、、そもそも免許資格が無いような連中が運転するというのが大間違いのような気がする。

もっと免許は難しく、、自動運転ではなく、全車MTで坂道発進アシストなんて無しの車だけとかにすれば良いのと違うか?
もっと言えば、パワステ無しでも良いような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年7月30日 (火)

旧車がやっぱり気になる、、、

いざ、買うか?というと、買わない可能性が高いけど、、、、四輪車、最近は、古めのセダンタイプのMT、FRのモデルが気になる。

最近のモデルならコンフォート、古めならクラウンセダン、マツダのコスモ、ルーチェ、FR最終のカペラ、或いは、過去に所有していたJB31シエラ、、こういうモデルが密かに欲しい。

古いモデルならクラウンでも5ナンバー、そんなに大きくない。平成初期ものなら5MT車もある。

旧車で名の通った人気車ならベラボーなプレミア価格が付いているけど、自分のねらい所は年式なりの価格の車。日産車は全体的に高め。それに対して、トヨタ車、マツダ車あたりは、それなりのサイズのFRモデルは結構安い。

勿論、維持するとなると大変なんだろうけど、それでも、こういう車を小綺麗にして乗るのも悪くない、、、、そんな気がする。

正直、最近の自動運転だとか、ネット接続性だとか、電動化とか、、、全然興味が湧かない。

最近は、パワステ、パワーウインドーも要らないと思う事が多い。必要最低限でシンプル、、、、それで十分なような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年7月29日 (月)

スマホ中毒?

日曜、単車で徘徊して目に付くのは、女性、若年から老年迄、スマホ中毒か?と思う。

今日は、T字路で前の車が突然停まる。停止線で停まった後、少し動いた後停止、そのまま動かない、見ると、、、突如、御婦人がスマホを始める、、、、

信号待ちの寸暇を惜しんでスマホしてスタート遅延女性は多いけど、交差点の真ん中で停まってスマホを始める、、、、考えられない。

死んで欲しい。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

低出力程乗り易い

最近、車、単車を買う時は、出来るだけ馬力が低いのが良さそう、、、そういう意識が強い。そもそもトルクはリッターあたりで言えば、9kgf・m前後である。最近の高効率エンジンだと10kgf・m/Lというものも見られるけど、一般的には9kgf・m/L程度だ

ただ、出力については様々だ。リッターあたりの出力で言えば50PS/L程度から100PS/Lオーバー迄色々だ。

そこで思うのは、馬力辺り出力は極力低いのが良いような、そんな印象である。特に、排気量が大きいモデル、気筒数の少ないモデルではそうだ。

単車なら650ccクラス以上なら馬力は小さいほど良い。四輪なら2000ccクラスになると200PSも要らない。100PS程度で十分である。

トルクが同じで出力が小さい、、、、これは、低回転大トルク型エンジンということ。排気量が大きいというのはトルクの絶対値が確保されている。それが低回転でしっかり燃焼してトルクを生み出している。ゆっくり走る時、大きなトルクで高いギア比で低いエンジン回転数でゆったり走れるのだ。

これが美味しい。

我が家で言えば1100ccのBTが65PSというのは理想的とも言える。車なら昔の車に見られたけど2000ccで100PS程度で十分だ。そういう無理の無いエンジン、これが嬉しい。

小排気量だと実用的で無いかも知れないが、ソコソコの排気量でゆったりなら実用上も大丈夫だ。

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

何年前迄OK?

単車、車、実際乗るなら、何年前迄OK?
今のCXが一番古く1982年式。ガンマは1985年式。入手したのは少し後だけど、何れにせよ相当古い。
ただ、意外と大丈夫。
SVは1999年式、全然普通。BTは2005年式、こうなると新車?と変わらない気もする。
SVで20年前である。ただ、全く古い感じはしないし、乗っていて止まる?ってヤバイ感も感じない。大丈夫か?を感じるのは、CX辺り。これは、さすがに大丈夫か?感がある。

一方で、車はどうか?っていうと、2010年式プロボックスだけど、これは9年落ち、最近は不調を呈する事少なく無い。メカ的な部分なら対応可能だけど、電気部品関連になると、全く判らない。最近の不調はエアフロ?というところで対応したけど、そういう時点で気分は不安。そういえば、2001年式エリオは2010年に乗り換えたけど、これも機関が不安定になって警告灯が点いたり、、、で乗り換えた。その前のエスクードディーゼルは不調感は感じず家庭環境の変化で乗り換えただけ。その前のエスクードV6以前の車輌は生産年から乗り換えが数年以内だったので不調は感じていない。

トータルで考えると、電子部品が多く使われている現代のモデルは10年が一つの区切りっぽい。一方で単車を始めとするキャブ車のようなベーシックなモデルは20年、30年でも大丈夫っぽい。ずっと継続的に使っている限り、キャブ周りの不調も出にくいようだ。

まぁ、車なら定期的にタイミングベルトを交換しておけば大丈夫っぽい。

先日、昭和の車って番組を見たけど、古い車も結構頑張って走っている。

自身も古い車にしようか?チョイ考え中。

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

急き立てる運転

苛つかせる運転以前に、単純に急き立てるような忙しない運転も少なく無い。
通学路でも出るだけ出す的な運転だ。当然、横断歩道で歩行者が居てもお構いなし。
そういうヘビーな運転も結構多い。特に通勤時間帯、恐らく、急いでいるのだろう。車間距離詰め詰めの運転だ。

後から、そういう車が来れば先に行かせるだけで済むので別にどういう事無いけど、稀に、遙か前方迄渋滞しているのに、後から急き立てる運転もある。そういう場合でも先に行かせるけど、前に出ると、更に前方の運転を急き立てている。そういうのを見ると、胸くそ悪くなる。

苛つかせる運転も嫌だけど、急き立てる運転も嫌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年7月23日 (火)

苛つかせる運転

煽り運転の話題が多いけど、道路を走っていると、他のドライバーを苛つかせる運転というのも少なく無い。

制限速度を大幅に下回る速度でノロノロ走る。青信号になっても発進しない。追い越し車線を永遠にのろのろ走る。複数の車線を跨いで走る。道路左端から右折待ちして車線を完全に塞ぐ。対向車と離合する度にブレーキランプを点灯させる。

こういう運転は、相手を苛つかせる運転。

この苛つかせる運転というのは、集中力を欠いた運転。

何故に集中していないか?

今の時代、90%、苛つかせる運転の原因は、ながら運転、、、つまり、スマホ操作して集中していないのだろう。それが周りを苛つかせている可能性が高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧