2019年10月19日 (土)

サウンド

音はうるさく無くても良い音というのはある。
我が家の単車、四輪は自分的には納得の結構良いサウンドである。

BT1100はノーマル、CXもノーマル、プロボックスもノーマル。VはKENZプロファイヤー+自作バッフルである。
因みに、プロボックスはS/Cで過給しているから吸気量自体は増えているから排気系に掛かる排圧は上がっている。

そんな状態だけど、何れも排圧が掛かった良い音がしているような気がする。排圧が掛かっているのでトルクは太い。

良い音というのは、しっかりとトルクが取り出せているような音というのが自分の判断。

良い音=爆音、バッフルを抜いたり、サイレンサーを抜いたり、大口径のマフラーを付けたり、、、、が多いけど、自分は、チョット嫌い。

良い音=低温、排圧をしっかり掛けた音、、、、その方がトルクが太いし走りも活発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーアクセル

随分昔に話題になったアイテム。今はスーパーアクセルⅡらしいけど、昔のはスーパーアクセルである。これ、ヴィッツ系のモデルではアクセルを目一杯踏んでもスロットルが前回に為らないけど、このアイテムを付けたら全開になるので速くなる!というのも一つの文句。

速くなるというよりも、或る意味、錯覚的なモノかもしれない。

感覚的に、足の位置に応じたスロットル開度が純正より大きく開くというもの。開度率が変わる訳でもない。単車でのハイスロは開度率が変わるけど、このスーパーアクセルというのは、足の慣れた位置におけるスロットル開度が上乗せされているようなモノ。
交換したら効果は判るけど、最初から付けていたら、そんなモンだと思うようなモノといえる。

因みに、スロットル全開出来るかどうか的な話については、日常はスロットルを全開にする頻度は殆ど皆無だから、その部分で速さ云々というのは、殆ど関係無いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煽られた原因は?

この問い掛けに対する回答。
「車線変更をした後」(19.3%)、「周囲よりも遅い速度で走っていた後」(17.7%)、「追い越した後」(14.9%)がきっかけの上位3つとなったが、そもそも「思い当たる行動はない」(36.0%)方が4割弱を占めた。
だそうだ。

これから言える事。煽られる奴は、自分勝手な運転、或いは、自分の運転行為が無自覚というパターンだろう。

車線変更で煽られるのは、合図を出さない、合図が遅いのが原因。
遅い速度で煽られるのは、遅すぎるから。追い越し車線をダラダラが原因。
追いこして煽られるのは、そもそも追いこすから。
思い当たらないのは、自分の運転行動が無意識無自覚運転だから。

恐らく、遅すぎる、合図遅延、一時不停止、優先減速無視、、、、これが怒りに触れるだけと思う。

そもそも、普通に運転していたら、煽られる事はない。

エアガンで撃たれるにしても追い越し車線ダラダラが発端。ガラケー女に映されるのも然り。結局、多くの車の中でターゲットに為るのは、ターゲットにされる奴の運転が周囲から浮いているからに過ぎない。

煽るのはNGだけど、煽られる奴も免停、取り消しで良いと思う。

稀に嫌がらせ運転もあるだろうけど、その場合、執拗に追い掛けるなんては稀。嫌がらせる側も直ぐ逃げたいから、一瞬の場合が多い。長時間の煽られというのは、恨みを買っているから。煽りと嫌がらせの違いは、行為の時間、執拗さだろう。長い時間というのは執拗なということ。つまり、ターゲットになる明確な理由があるから恨まれている。一寸した嫌がらせとは違うのだ。そんなモンである。

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

イライラの元

車、単車で走っていて違和感を感じるのが、車間距離とか、停止からの発進。
一般的に、煽り運転というと、詰めすぎた車間距離だとか、脅迫的な急発進というのが思い浮かぶけど、逆に、空けすぎた車間距離、青になっても直ぐに発進しない遅れ発進、制限速度を10km/h以上下回る速度でのノロノロ運転、、、、これは、本人は安全運転と思っているかも知れないけど、周りを苛つかせる意味で、或る意味、煽り運転の一種ではないか?と思う。

50km/h制限の道を40km/h程度でノロノロはしったり、車間距離を二十メートル以上空けて、ゆっくり走ったり、青になっても、なかなか発進しない、、、、これって、直後を走っていたら結構イライラする。

ドライバー的には高齢者のような場合もあるけど、これで多いのが集中力を欠いたスマホ運転だったりする。こういう運転も積極的に取り締まって欲しい。

自身の思う安全運転というのは、しっかり加速、はっきり停止、メリハリ付けて運転。停まるべきは停まる。走るべきは走る。これが基本だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツダ3、最近、良いと思う。

マツダ3、価格は高いけど、デザインはやっぱり素晴らしい。っていうか、他の何とも似ていない。これはなかなか。特に魅力的なのが1.5LのMT車、これ一択。2Lガソリン、1.8Lディーゼルには興味は無い。1.5LのMT、これは結構楽しそう。

ただ、如何せん、排気量にたいして車重が在りすぎる。ボディも大きい。

しかし、今の時代のラインナップからすれば、非常にコンベンショナルでシンプルな車体構成である。このシンプルさというのは長く付き合うには非常に安心出来る構成に感じる。

この一番安いグレードが一番気になる。

色々言われているトーションビーム式サスペンションだけど、廉価車ならOK。それよりもシンプルさが魅力的だ。

このモデル、ジワジワ売れるモデルになるかも知れない。

案外、M/Cを受けると魅力が拡大するかもしれない。1.5LのMTモデルに価格据え置きで発進時トルクアシストのマイルドハイブリッドでも加われば俄然魅力的になりそう。

世間では、2.2Lディーゼル復活を願う人もいるようだけど、所詮、このカテゴリーである。300~400万円の車とは思えない。本来なら高くても250万円に納めて売るべき車。
車の立ち位置を狂わせず、選ぼうとすれば、1.5Lモデルが一番魅力的だ。

| | コメント (0)

新型ヤリス

新しいヤリス、ヴィッツ改めで登場。シャーシは新型TNGAプラットフォーム、排気量は1L、1.5L、ハイブリッドの3パターンでの登場だそうだ。エンジンは3気筒化しているそうだ。中身的には著しい進歩を遂げている様子。新型フィットとの勝負が興味深いけど、3気筒化した新型エンジン搭載の新型ヤリス、ハードウェアの出来は相当に良さそう。

ただ、パッと見の印象は、、、、遂に初代ヤリス、初代ヴィッツの凄い車が、今の時代の普通の車になった感じ。

デザインについてはヴィッツは初代が一番。FMCを繰り返す毎に魅力が無くなってしまった感じ。

デザインはアクアっぽい印象。新型アクアとして見れば文句の付けようがないけど、ヴィッツの置き換えとなると、どうしても初代デザインのインパクトと較べてしまう。

デザイン的には今時のトヨタ車のローエンドを支えるモデル、、、、、これが普通の印象。

製品としては圧倒的に進化してライバルを圧倒しているのかもしれないが、、、、そんな事よりデザインが残念。新しいカローラもそうだけど、小手先のディテール処理に凝りすぎた印象で陳腐化が早そう、、、、初代ヴィッツのインパクトが強すぎて、厳しい。

ディテールに凝らず、ハンサム顔に寄せず、雰囲気で一目でメーカー、ブランドが判るような、そんなデザインが欲しい。初代ヴィッツは出た時のデザインのインパクトは半端なかったけど、今回のヤリスは悪くないし、欠点も無いし、メカ的に見所満載なんだろうけど、デザインに訴求感が無い。

正直、マツダ3のデザインを見てしまうと、どれも今一。インパクトが足らない。

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

フォグランプ

プロボックス、オプションでフォグランプを装着している。
使う事は極稀だったけど、最近は割と使っている。
これは、自宅のある団地の入口の通り、ここが犬のウンチが大量にあるのだ。所謂、ウンチストリート状態。結構大きなウンチである。多分、大型犬だと思う。

このウンチを見付けて車で踏まないようにするために、ウンチストリートを通過する時はバンパー下グリルに装着してあるドライビングフォグランプを点灯させて徐行しながらウンチを探しながら運転しているのだ。

この区間でのウンチサーチのためにフォグランプを使っている。

学生時代、深い霧が有名な東広島で活動していた時は車にフォグランプを装着していたけど、広島市内に生活を移してからはフォグランプの活躍頻度は極僅か。しかし、最近は上述のようにウンチが散乱しているのでウンチサーチに活用している。

フォグランプではなく、ウンチランプのような感じ。

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

MTにハイブリッド

今のプロボックス、暖気後のアイドリング回転数は500rpm程。この状態でもクラッチミートだけでスタート可能。そこから走行に入ってアクセルを踏まずとも速度が5km/h程度になったらセカンドギアでアイドリング走行可能。
超ノロノロ渋滞ならローギヤ+アイドリングでブレーキ操作だけでクリープ的に走行するし、人の早歩き程度ならセカンドギア+アイドリングで走行可能。
渋滞レベルならアクセルを踏む必要はない。
通常の発進では、ローギヤ+アイドリングでスタート、アクセルペダル状で親指に力を入れる程度の800rpmで十分走る。

これは、1.2Lターボのカローラスポーツと雲泥の差。1.2LターボのiMTではアイドリング状態でクラッチミートを試みると1200~1500rpm迄エンジン回転が上昇する。500rpmでスタート出来るのが普通だとすれば回しすぎ。

エンジンで大事なのは、アイドリング近辺での実用トルクの有無。所謂、最低速度が大事だ。トップギア5速で30km/hも当然可能。エンジン回転数で1000rpm以下でのトルクが使いやすさに効いている。
勝手にエンジン回転を上げて走らせるATなら気にならないだろうけど、MTでは結構気になる。

そこで思ったのはマイルドハイブリッド技術。ハイブリッドと言えばAT専門だろうけど、希薄燃焼でトルクの薄いエンジンの極低速域、1000rpm以下をモーターでアシストするのであれば悪く無さそう。特にMTで便利かも知れない。iMTのようにエンジン回転をアップさせるのではなく、小型モーターで発進時だけトルクアシストする。発進の瞬間だけなら十分。それ以外は、アクセルオフで回生させるために働かせる。クラッチミートの瞬間にトルクアシストするという制御、こういうハイブリッドが在っても良いような気がする。MT車でハイブリッドなら、こういうのなら悪くない。駆動バッテリを与えるのでなくキャパシターで十分のような気がする。クラッチミート時だけトルクアシストなら問題無い筈だ。アシストは瞬間で1秒未満、、、

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

カローラ見た後のマツダ3

どっちもどっちだけど、第一印象的にはカローラの方が上回っていた印象。
ただ、少し時間が経って改めてラインナップ、価格、デザイン、仕様を見ると、今はマツダ3の方が良いか?と思う。

カローラならツーリングよりスポーツの方が未だ良い。

このカテゴリー、所謂エントリーコンパクトカー、昔のカローラ/ファミリアである。

ボディサイズが大きすぎるのは両車NGだけど、大衆車として買うならエンジンは1.5LのNAというのがポイント。
カローラツーリングは1.8Lスタート、MTは?というと1.2Lターボで高すぎる。
スポーツの1.2Lターボのベーシックグレードは価格相応だと思うけど、同価格帯ならマツダ3の1.5LのMTが良いと思う。ただ、1.5LのNAなんだから競合車であるカローラスポーツの1.2Lターボよりは価格を抑えて欲しかった気がする。正直、プレミアム路線に行きたいのかもしれないけど、車輌のイメージから見る直感価格と比較してマツダ3は全グレード20万円高い。

マツダ3の1.5Lモデル、スタート価格が195万円なら結構魅力的な存在と言える。それだけに非常に惜しい。

実車を街中で見掛ける事が増えてきたけど、このデザインは、それだけで買う価値があるようにも思える。このフォルムは素晴らしいと思う。ただ、デザインでコストが20万円上昇するのは考え物。

マツダ3、スカイアクティブXが登場前だけど、この車での買いは、個人的には1.5Lモデルの一択だと思う。それ以外は要らない。寧ろ1.5Lモデルにモーターアシストを加えて燃費アシスト、アイドリングスタートアシストをした方が良かったのでは?とも思う。

ファミリーカーには1.5L、何となく、そういうすり込みが為されているから、カローラシリーズにそういうのが無いのは一寸苦しい。

カローラスポーツの残念ポイントは1.2Lターボというエンジン。MT車選定のポイントはアイドリング+クラッチミートでスタート出来るか?が問題。これを適えるにはNA1.5Lが必須。実際、試乗してみると勝手にエンジン回転数が上がる。非常にウザイ。何故に1500rpm迄上げる?アホだろう。これって、それ以下でのトルク不足を隠しているだけだ。発進時アシスト制御というのは欠点隠しの反則技。スロットルの開閉にインテリジェントな介在は無い方が好み。足だけで行いたいのだ。

だから渋滞路で歩くスピード以下、これならセコで流せる筈だけど、それが出来ない。過給前のトルクが無さ過ぎる。圧縮比自体は確保されているけど絶対的な排気量不足。1.2Lだとトルクが無い。惰性状態からでも相当に慎重なミートしてもストールしそう。当然、ミート後のアクセルオンでも加速はしない。

1500rpm回れば十分だけど、街中では、其処まで回さない。1000rpm近辺のドライバビリティーが最悪なのが1.2Lターボ。これなら上はそれなりだけど下で頑張るマツダ3の1.5Lの方がマシ。

まぁ、どっちにしろ、マイカーのアイドリング領域のトルク、そこからのトルクと較べると全くダメだけど、マツダ3はMTでも実用的な走りが望めば出来そうな点は見込みがある感じ。

| | コメント (0)

今日も適当運転

止まれ標識無視の一時不停止、それから合図を出さない、出しても曲がると同時という運転、、、、多すぎる。
真っ直ぐ行くと思いながら後方を走っていたら、急制動と同時に曲がり始め、その瞬間にウインカーとか、、、揚げ句、横断歩道を塞ぐように、横断歩道から歩道に乗り上げ車を止める、、、、

これ、今朝見た女性ドライバー、こういうアホが多すぎる。軽四ハスラーにのって子供を小学校に送る途中っぽいけど、そういう運転は如何なモノか?

止まれ!では確実に一時停止、右左折はしっかり手前から意思表示の方向指示機操作、横断歩道から歩道に突入する時くらい一時停止しろよ、、、、

っていうか、身勝手運転、自分勝手運転多すぎ。質が悪いのは、こいつらは自分の運転スタイルが迷惑そのものという自覚が無いこと。狂ってる。

こういう輩は一度死んだ方が良い。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧