2019年6月24日 (月)

電話魔

幼少期、自分の母親の長電話が印象に残っているが、中高年女性は電話長話が好き、、、

最近、軽四、リッターカーに乗った中高年女性、タラタラ走るのが多いけど、コイツら、スマホならず携帯電話でお話に夢中で運転。

本日もガンマ、SVで走行中、車線跨ぎのノロノロ運転、蛇行運転、、、、みれば、スマホを水平にかざし、マイクを口元に添えた通話運転、、、、

ババァ、3名、、、、

若い連中はスマホ操作、オバハンは通話、、、、

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

信号待ちスマホ

信号待ちでスマホしている人、非常に多い。
停止中のスマホ、グレーゾーンでセーフらしいけど、信号が青になっても気付かず、前の車が居なくなっても下向いて停まっている。

後ろの車はずっと待つ、、、、渋滞の元、後方車両の苛つかせる煽り誘発の元、、、、非常に多い。

信号待ちの僅かな時間にしなければならない事があるのか?的な不思議。

信号待ち中の端末操作も取り締まり対象にすればよいのに、、、

| | コメント (0)

ワゴン、SUVのリアスタイル

最近思う。ワゴンとかSUVという基本的にはユーティリティービークルだけど、リアのハッチゲートが結構傾いている車両が多い。
売れ筋のSUVは殆どが強く傾斜したウインドーだ。

ユーティリティービークルといえば空間は大事。それ故に、個人的には、歴代のステージアとか昔のボルボのように垂直のスパッと切り落としたようなリアゲートの方が好み。

こういうスパッと切り落としたようなゲートを持つ車両といえば、今やライトバンしかラインナップされていないプロボックス/サクシードくらい、、、、

スパッと切り落としたゲートは、ゲートをオープンしてゲートを水平に保つと、雨天時には、ゲート自体が屋根になる。荷室は濡れないし、荷室前での荷物の出し入れ作業時に作業者も濡れない。合理的なデザインだと思うけど、こういう質実剛健は流行らないのだろう。

ゲートを寝かせると、確かにスポーティかもしれない。まぁ、窓の位置迄荷物を積み重ねて積載することは一般的には無いから不要かも知れない。それでも、少しでも積載性を稼ぐなら切り立ったゲートはアリだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年6月20日 (木)

停まらん、、、

自転車、歩行者の立場で横断歩道を渡ろうとする、、、、平気で突っ込んでくる四輪が多すぎる。
文句言いたげに睨むバカが多い。老年と言っても良いようなオッサン、普通のオバサン、、、非常に多い。
今日も横断歩道横断中、老夫婦の運転するシビックセダンが止まらず突っ込んできた、ずっとこっちを見ているから、文句の一言でも言ってやろうか?と思うほど、、、もしかしたら、高齢者は何しても許されるとでも思っているのか?

そう言えば、広島の車、横断歩道で停まる割合は1%で全国でワースト2だという。100台に1台しか停まらない。何故に停まらない?

自身は100%停まるように運転しているけど、周りを見ると停まらない奴ばっかり、、、

他にも、歩道を横断して自転車、歩行者の往来を遮断して車道出待ちするバカも多い。意味不明である。車の前を歩いて通過するけど、稀にクラクションを鳴らしてくるバカも居る。

停まらんといえば、止まれ標識のある場所での一時不停止も極めて多い。中高年のババァ、ジジィも停まらん。徐行すれば良いと思っているのだろう。

他にも狭い道での離合も端に寄る事が出来ない癖に、停まらずに真ん中で進行してくる奴も多い。

何故に停まらんのだろうか?

| | コメント (2)

○○間違い

四輪の暴走、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違い。アクセルペダルをブレーキペダルと思って踏み続けているから果てしなく暴走、、、、、これは理解出来る。

しかし、パーキングチケット操作からの一旦停止からの発進でフル加速、、、、これってアクセルペダルを踏もうと思って踏んで、フル加速っていうのはペダルの踏み間違いとは違うような気がする。

これは、無意識でNポジションでアクセルを踏んでも進まない。そしてアクセルペダルを踏んだままNポジションからDレンジに入れて吹っ飛ぶという印象。

そう思ったのは、今朝の店舗飛び込み事故映像を見て、、、ドライバーは後を見て後退しようとしているけど、車は勢いよく前に進む、、、これ、Rポジションに入っていると思いこんでDレンジのままアクセルを踏んで前に動いたという感じ。

ギアポジションの入れ間違い、勘違いが吹っ飛び発進の事故原因っぽい。

こういうのはマニュアルミッションでは考えづらい。AT特有っぽい。ATではポジションが何処にはいるかはインジケーターを見ながら操作しないと行き過ぎたりしそう、、、。

一度車速がゼロになると、Nレンジ以外のポジションに入っていると、今がDレンジで前進するとか、Rポジションで後退するとか五月蠅いくらいにアナウンスさせたりしないと間違いは解消出来ないかも知れない。

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

暴走運転防止のために、、、

またもや、車が歩行者に突っ込んだ、、、、60歳女性のミニバン、本人曰く。意識が、、、らしい。

高齢者がばかりが問題となっているけど、もっと根本的な問題かも知れない。

逆走暴走したエスティマも然りだけど、高齢者というよりも意識が飛んだ状態が原因っぽい。

暴走には運転者の意識が無くなるパターンも少なく無いようだ。

これって、、、、運転を不健康者に許可しているのが問題。運転というのはシビアな操作を伴う行為であり、健康が大前提。

そもそも、病院通いに車を使う、、、それがおかしな話。病院通いは公共の交通機関だろう、、、、

持病持ちは、運転免許停止させるべき。特に、高血圧とか、心不全、脳卒中、、、そういうリスクがある人、不健康者は運転免許の効力を制限させるべき。

免許更新には、視力検査、認知症検査だけでなく、運動能力検査に加え、健康診断書の提出も義務付けるべき。もしくは、血圧測定くらいしても良いのでは?少なくとも40代以上は、治療に急を要するレベルの高血圧だと免許更新NGとさせるべき。例えば、上の血圧が160mmHg以上、下が120mmHg以上はNGにすべきだろう。

高齢者限定ではなく、老若男女問わず、運転能力、技能、健康が無ければ更新不可にすべき。

不健康で意識が飛ぶリスク、、、それが通院に車を使う?有り得ないだろう。

| | コメント (0)

旧車も、、、

次の車、何にしようか?
新車待ちも悪くないけど、MT希望の自分からすれば、シンプルなMT車が登場する可能性は期待出来ない。

微かな期待といえば、ジムニーの1.5Lワゴンくらいだけど、これも噂で終わる可能性が高そう。

となると、、、、今の車が動かなくなるまで乗って、その後は、旧車狙いで行くべきか?とも考えてしまう。

子供も大きくなってきたので、車が実用用途的な役割を期待しなくても良い。

ならば、好きな車を短距離乗るというので良いような、そんな気もする。

80年代のシンプルな車に回帰する、、、、そういうので良いような、そんな気もする。

有名な車は高いから、有名でなくとも自分で好きな車。昔のコスモのレシプロとか、ランサーセレステとか、、、、そういうのが欲しい気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年6月18日 (火)

トヨタとルマン

ルマン二連覇、これは凄いことだと思うけど、メディアの扱いにしても、盛り上がり方にしても、マツダがルマン初制覇した時と較べると熱量が全く違っているような、そんな印象。
最大の違いは何か?というと、やっぱり、同等のカテゴリーで競う相手の有無というのが一番大きな差かも知れない。
せめて、アウディ、ポルシェが参戦していた時に勝っていたらイメージが違っていたのだろう。アウディ、ポルシェが撤退してトヨタのみがカテゴリーに残って勝利する、、、、ライバル不在感が、24時間レースというよりも24時間テストという空気感を出しているとも言われている。総合優勝を争うのが、ポルシェ、アウディのワークス車両だけという時代がしばらく続いていたけど、それでも、この二つのワークスが存在していれば、総合優勝を争う車両が10台以上になるけど、この二つのワークスが無ければ、総合優勝を狙う車両はトヨタワークスだけ、、、、

そういう時代と耐久レースが賑わっていた90年代以前というのは、優勝を狙う車両が十数台以上存在し、メーカーの威信を掛けたワークスが複数存在していた時代である。
現代ならポルシェ、アウディ、トヨタしか思い浮かばないけど、昔といえば、それに加えてザウバーメルセデス、シルクカットジャガー、プジョー、日産、、、、やはり、レースならば対決の構図が欲しい気もする。
ところで、ライバル不在で勝ってきたといえば、2000年代半ばのアウディも然りだけど、その頃、アウディが優勝していても、やっぱりアウディ=ルマンというイメージは無かったし、そんなもんかもしれない。

ライバルが存在するから、本来のプランに対して勝負を掛けるプランで挑むというのがレス。ライバルが不在ならば、トラブルがあってもリスクを冒さないでOKというのが選択になるんだろう。その違いは、見ていてドキドキするかどうか?という形で現れる。ライバル不在なら、それが無い。そういう風に受け取られるのかもしれない。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

介護タクシー

荒っぽい運転者が多いような気がする。運転者は概ね2パターン。一つは女性ヘルパーさんの運転、もう一つは男性の運転。この2パターンの内、気になるのは男性の運転。

正直、結構荒っぽい運転が多い。簡単にクラクションを鳴らす。狭い道でもぶっ飛ばす、、、、、そんな感じ。

以前も、広島駅近くに拠点を置く介護所の運営する介護タクシーが、夜間に警察の検問に遭遇した際に、逃走して激突炎上して運転者死亡なんて事故があったけど、検問で逃走すること自体がナンセンス。

介護職といえば、賃金の割りに過酷な労働と言われており、担い手が足りないとされているけど、採用の門戸が広くなった分、モラル欠如な社員も増えている?
そんな印象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者でなくとも、、、、

今朝、通勤中、前方にNC型ロードスター、ドライバーは30~40代だと思われる。前後撮影のドラレコが装着してあるのが見える。
ナンバーが印象的だったので覚えている。
ただ、ビックリ、、、、優先車線走行中に、合流に止まれ表示と停止線がある脇道から流入する車を何台も入れている。ロードスターの後、自分を含めて数台が優先車線で停止を余儀なくされる、、、、意味不明。
まぁ、ここだけか?と思いつつ走れば、次の十字路でも優先車線走行中に、止まれ表示のる停止線がある交差路を走行する車両に道を譲ってばかり、、、、この車の後を走る自転車さえもイライラしている様子が見える。

変な運転するなぁ、、、と思いながら数百メートル走行後、今度は自身が止まれ表示のある停止線の十字路を通過する時は、停止することなくスルー、、、、意味不明。

優先と非優先の意味、つまり国語が理解出来ないドライバーなんだろうか?

高齢者以上に質が悪い。頭の中が日本人でない?言葉の意味が理解出来ない?

運転の雰囲気から安全運転を心掛けているのはわかるけど、進むべきを止まり、止まるべきを進むチョイスとなっている運転行動は有り得ない。

最近は高齢者の事故が多いけど、日本語の意味が理解出来ない若年者は更に質が悪い気もする。若い世代には、スマホながら運転とかも多い。
昨今は高齢者事故ばかり報道しているけど、発生件数に占める割合は昔も今も変わっていない。一寸したニュースでも報道しているから凄く増えた印象だろうけど、実際はスマホながらでの事故とか、ルール誤理解での事故の方が多いだろう。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧