2019年4月19日 (金)

四輪の悪意には、、、

追い抜きや追い越しで幅寄せ、クラクション、あからさまな嫌がらせ行為は多くは無いけど確実に存在する。大抵は頭の悪そうな奴が多い。アルファード、ヴェルファイヤ、エルグランドといったオラオラ系ミニバン、エアロゴテゴテのSUV、プリウス、それから自家用4ナンバー車に多い。明らかに自身が二輪に乗らないパターン。こういうのは酷い運転だけど、そうでない連中でも少なく無い。

普通に街中を走っていても多い。まぁ、悪意ではなく無意識かもしれない。
四輪で無意識でウザイのは、歩道を跨いで車道に合流待ちして停まるバカ。歩道、路肩の歩行者、自転車の通行を遮断している事に気付いていない。

四輪の悪意を感じるのは、路肩走行中の自転車を被せるように追い越して強引に左折して進路妨害するバカ。巻き込みギリギリで自転車を停めるような運転をするバカも少なく無い。

四輪側の論理は、自転車は邪魔、迷惑を考えろ的な意見が殆ど。

自転車側からすれば、そういう揉め事で時間をロスするのは時間が勿体ない、、、特にスポーツサイクルで運動中は運動が中断されるのが最大のNGだから、極力スルーで相手にしない人が多いけど、自転車を嫌がらせる四輪は基本暇だから揉め事大好きな奴が多い。
以前、和服染み抜き屋『カショウ』の跡取り息子と揉めた時、揉めるの大好きだから、、、なんて言っていた。殆ど中学生が歩いて肩が当たった当たらなかったのノリで馬鹿すぎる。

そういう場合、一番の策は、警察に通報するのが一番。通報して恫喝、煽りで訴えるのが良い。その時、暴力を受けたりすると最高である。訴える事も出来るから。

面倒臭いけど、執拗な煽りが続いたら、何はともあれ通報がベスト。四輪の悪意への対抗策で一番良いのは、通報である。通報に勝るモノ無し。

なお、繰り返し記事にしているけど、通報に併せ、証拠映像、動画があれば更に良し。

一般に、自転車の車道利用者と自動車利用者を比較すれば、圧倒的に自動車利用者が多い。それ故に、意見としては『車道自転車が邪魔』という方が多い。しかし、道交法では車道が自転車、自転車への煽りはアウトである。世間の認識では車道自転車が不利だけど、法の正義では煽り四輪がアウトなのである。法の正義で黙らせるには秩序を守る警察に通報する、、、、これがベストだ。下手に揉めるより、揉めたら即通報、、、大抵10分以内にパトカーがやってくる。そして謝罪させる。それが一番だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年4月15日 (月)

車×スマホ

これ、最近非常に多い。携帯電話として通話しながら運転は毎度の事。最近は、片手でスマホを操作しながら運転というのが非常に多い。運転に注意力の無い散漫さが出るので直ぐ判る。信号待ちでスマホ操作に夢中で青信号に気付かず停まったまま、、、そういうのも多い。
老若男女問わず多い。どちらかと言えば、女性が多いかも知れない。

自身、携帯電話は常時マナーモード。必要な時、自分から通話のために掛ける以外には使わない。っていうか、常時画面を見て操作する必要性を未だに感じない。

運転しながら、自転車乗りながら、歩きながら、、、、兎に角、スマホする人が多すぎ。

そろそろ、移動中は機能停止するようなインターロックが必要ではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月30日 (土)

バッテリーと失火は?

プロボックスS/C、昨年から時折調子が悪い。
調子の悪さの症状は、アクセルを踏んでも失火気味で回転が落ち着かない。プラグが火を打ってないような、そんな感じ。機械的なトラブルなら再現性があるはずだが、再現性は無い。時折、突然発生する。
最初は、S/Cのベルト?プーリー?チェックバルブ?電磁ソレノイドバルブ?バイパスバルブ駆動アクチュエーター?という所、つまり改造部分を疑って、予備パーツと交換するも、、、、症状が改善したとは言いきれない。

この症状、S/C搭載時には発生していない。最近の話だ。

一昨年の春くらいに初症状。最初は月一程度だった筈。その後、暫く収まっていたけど、昨年夏くらいから月一程度で発症。昨年暮れからは週一程度で発症。
パターン的には、寒い時期の夜に多い。

取り敢えず、S/Cユニットを見渡す限りオイル漏れも無し、ベアリングガタも無し、ベルトも健全、、、、異常は見られない。

再現性が無いのが分からない。運転の仕方も関係無い。症状が発生すると暫く持続する。少し回転を上げて吹かし気味にして走ると症状が消える。

原因は不明だ。

ただ、症状的に再現性が無いのと、アクセルを開けても失火して回転が上がらない、、、、で、ふと思った、、、、バッテリー?

そう言えば、症状が現れたタイミングと連動して現れた不調は、朝のエンジン始動でセルを回す時間が数秒以上を要する事がある、、、、そういえば、セルの周り極端に弱かった事もある。、、、、、、更に思い当たる節は、車検の際に、ディーラーでバッテリーが少し放電気味ですよとの報告。

もしかしたら、バッテリーが経たっているのが原因か?

冬場、夜間、、、電気食いの状況で低回転時に失火気味、、、、その前後、朝の始動性が悪い。

ということで、今回、バッテリーを充電してみる事にした。バッテリー充電して果たして効果はどうか?である。

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

次期ボンゴ?

雑誌を立ち読みしていて気になる記事、、、、それは、6月からマツダ版ハイエースが登場という話し。これって、オリジナルボンゴの廃盤ということなのだろうか?
一寸前はボンゴはライトエースのOEMで登場なんて囁かれていたけど、、、

ハイエースは確かに優れた車両だけど、ハイエースはハイエース、ボンゴはボンゴである。トヨタのラインナップを見るとハイエース、ライトエースだけど、ボンゴはサイズ的に、丁度その中間サイズである。ハイエースでもライトエースでも無いのである。

まぁ、現状の販売状況を見るとハイエースサイズでOKなのかもしれないが、マツダブランドからボンゴが消えるのは、なんだか悲しい。
マツダの伝統ブランド名であるファミリアが日産ADバンのOEMになって久しいが、そんなファミリアバンは今やプロボックスのOEMである。
ファミリアとかボンゴとか、60年代からマツダを支えて来た由緒あるブランドがOEM車両である。プロボックスとかハイエースは確かに悪くないけど、それがファミリアとかボンゴと言われても、、、、である。
そういえば、マツダの伝統車名であるキャロルだけど、これも元はと言えば軽4ナンバーからスタートしたアルトのOEMである。因みに、タイタンもいすゞのエルフのOEMになって15年以上が経過、、、

伝統ブランドが他社の商用車OEM車両ばっかり、、、、、それで良いのか?

マツダ3とか、CXホニャララとか、人目を惹くけど、固い商売の商用車を邪険にするのも考え物である。

| | コメント (0)

キーレスエントリー

これが標準的に装備されはじめたのは90年代後半だ。最近はスマートキーでキー自体を使うことも稀になってきている。
自分の車を振り返ると、1996年購入のノマドV6、1997年購入のノマドDE-Tにはキーレスエントリーは未装備。しかし、2001年購入のエリオではボタン二つ式のキーレスエントリーが付いていて、2010年購入のプロボックスではワンボタン式のキーレスエントリーが付いている。

そのキーレスエントリー、2018年秋になるとボタンの反応が異様に悪くなって運転席近辺でないと反応しなくなってきた。

ということで、ボタン電池の消耗である。

キーをばらしてみると、リチウムボタン電池が入っている。ボタンはCR1220というモデル。因みに、エリオではCR1216である。
このボタン電池、ホームセンターで売っているので交換。

すると、バッチリ反応する。

ボタン電池の寿命、10年弱のようだ。これで、10年弱は大丈夫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月25日 (月)

飛び石で

会社の同僚が、通勤中に前のクルマの跳ね上げた石でフロントウインドーにヒビが二箇所、、、、で、修理交換費用が15万円だったそうだ。

道路に石が転がっていた理由、、、、それは、西日本豪雨の被災地近辺の道路で、崩れた土砂が道路を大量に覆っていた箇所らしく、それが取り除かれたとは言え、路肩近辺には未だ小石等が溜まっていたとの事。そして、飛び石でガラスが割れるクルマが少なく無いとの事。

クルマで飛び石といえば、学生時代、後輩が乗っていたファミリアXG-R(ターボ)が国道二号線でダンプと離合する際に落ちてきた小石の直撃を受けてウインドーが破損したというのを覚えているが、それ以来。

テレビでグラスピットというクルマのフロントウインドー交換の会社のCMを見た事があるけど、こういう事故はもしかしたら少なく無いのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月23日 (土)

一時不停止、、、

車で路地を運転中、十字路に差し掛かる。こっちの車線には停止線は無し、目の前を横切る車線は、左から右への一方通行で、左から横切る前には停止線がありだ。

そこを15km/hで通行しようとすると、右の視線から速度を緩めない車、、、、

驚いたようで、こっちは停止したけど、その目の前で停まる、、、、っていうか、停まりきってないだろう、、、、

https://www.youtube.com/watch?v=h0khnuhL1Yw

アウディのTTだ。春日部ナンバーのアウディ、、、ぶつからなくて良かったけど、こういう奴、多すぎ。

車の一時不停止、自転車の並進、逆走、、、、クズばっかりだな。

因みに、正面ドラレコはユピテルのDRY-FH23、横は三つ葉商事のEMDV DR.9
DR.9はさすがに古い、、、、撤去かな、、、

| | コメント (0)

迷惑な路駐

街中の路駐で特に迷惑なのが、交差点、T字路の角に停めてある車。角での路駐だ。
これ、交差点を通過時に車両往来を確認する時に大きな死角を作るので非常に邪魔。

しかし、道幅の広い角には結構路駐が多い。道幅が広いと路駐しやすい心理が働くのが原因だろうけど、道路を使う側からみれば、この角の路駐は激しく邪魔である。

路駐自体は全般的に邪魔だけど、この角の路駐だけは特に邪魔。

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

タイヤ交換

さて、プロボックスの車検は2019年の春。買い換えるか?と思いつつ、買い換えたい!と思えるモデルが出てこない。これが問題。
新しいフィールダーも良いかも知れないけど、カローラを名乗るには大きすぎる。ホイールベースは驚きの2700mm、3ナンバーサイズで全長は4500mmとかとも言われている。
正直、でかすぎる。サイズ的には許容限界最大サイズなのは間違いない。
もう一回りコンパクトな使い勝手の良いワゴンが希望なんだが、、、、

で、もう一つ買い換えに躊躇しているところ。

ところで、夏タイヤの溝が少ない。冬タイヤも、換え時。
夏タイヤは15インチ、冬タイヤは14インチにしているのだけど、どうしようか?
両方換えるべきか?
それとも、、、、最近、再び注目のオールシーズンタイヤにすべきか?

チョット迷うところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月21日 (木)

停まらない停止線

最近、ニュース、ワイドショーで取り上げられている。信号機の無い交差点。停止線で停まらない車が多く、事故多発中。

道幅が狭いので信号機が設置出来ないとか、、、、

こういう場所に良い案を一つ。

それは、オービス的な装置で簡易的なもの。そう、防犯カメラを設置する。
防犯カメラを設置して、停まらない車を不定期で取り締まるという事。メッセージを付けて分かりやすく防犯カメラを設置しておけば違反は減るだろう。

定期的に不定期で撮影映像から違反者を検挙する。そうすれば、撮影されているという意識だけで停まるようになるだろう。

信号が高コスト、自動取り締まりも厳しい、白バイ巡回も無駄、、、となると、停まるべき側の車両のみを撮影できるようなカメラを設置しておけばよい。不定期に画像チェックして違反者を検挙するというポーズだけで、違反抑止効果は期待出来る。

っていうか、、、、一時停止を取り締まるような場所は、全部、そうして欲しいくらい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧